フィリピンの物価や通貨レート事情!両替は現地交換がおすすめ?

2017年6月28日 (2020年9月6日最終更新)

日本から飛行機でわずか4時間ちょっとのフィリピン。旅支度が始まったら、物価とか通貨のレートはどのくらいか気になりますよね。ここでは、現地の物価から、通貨のレート、両替はどこですべきかなど、お金事情についてご紹介。「微笑みの国」フィリピンへご案内いたします。

目次

  1. フィリピンの物価やレートは?
  2. フィリピンの通貨は「ペソ」
  3. フィリピン通貨ペソのレートは?
  4. フィリピン通貨ペソへの両替レート
  5. フィリピンの物価はどのくらい
  6. フィリピンの物価「生活用品」
  7. フィリピンの物価「食堂」
  8. フィリピンの物価「ファストフード」比較
  9. フィリピンの物価「理美容費」
  10. フィリピンの物価「交通費」
  11. フィリピンの物価「通信費」
  12. これでフィリピン旅行も安心!

フィリピンの物価やレートは?

18380597 1256384071098059 4567237565089841152 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ciptacipha

「微笑みの国」といわれるフィリピンには、おおらかで明るく、いつも笑顔の人々がいます。そんな人々が生活する場所におじゃまして、フィリピーノエネルギーを充電したい!先立つものは、やっぱりお金。現地の物価水準や通貨のレート、さらにペソの調達方法を紹介していきます。フィリピンへの旅が決まったら、ぜひ参考にしてください。

フィリピンの通貨は「ペソ」

フィリピンの通貨は「ペソ」といいます。紙幣は、1000、500、200、100、50、20ペソの6種類です。硬貨は、10、5、1ペソと1、5、10、25セントになっています。1ペソが100セントなので、セントコインは、日常的にはあまり見かけませんし、使うことも少ないです。日本円よりもカラフルで綺麗ですよ。

フィリピン通貨ペソのレートは?

フィリピン通貨ペソのレート動向

12918498 210444959331957 2064554958 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hitoshi_nakamura_

2017年6月現在のレートは、日本円1万円に対して、フィリピンペソは4511.95ペソ。つまり1ペソは約2.22円。これまでのレートの動きをみていくと、2012年のはじめには1.8円だったペソが、2015年には2.7円まで円安となり、現在に至っています。この後の物価の紹介では、現在のレートを使用し、端数は10円単位に四捨五入して紹介します。

フィリピン通貨ペソへの両替レート

国内でのフィリピン通貨両替は最小限に

やっぱり海外での両替って、ドキドキする、という方は、国内で日本円をペソへ両替することも可能ではあります。銀行での外貨の宅配や空港の両替所で換金することができるんです。しかし、この両替が一番レートが悪い方法。フィリピンへの到着が深夜で、お迎えなし、初めての一人旅でドキドキという方にはおすすめです。

フィリピン国内の空港両替所のレートも低め

どこの国に行っても同じことがいえますが、現地空港にある両替所でのレートはあまりよくありません。しかし、街中までの移動に、どうしても現金が必要という場合は、必要な分だけを両替しましょう。出迎えがあるツアーなどの場合は、現地通貨の手持ちがなくても大丈夫です。

街中の両替所はレートがいい

フィリピンで日本円からペソに両替するなら、街中の両替所をおすすめします。両替所は、街中を歩いていてもすぐに見つかりますが、ショッピングモールや中規模のスーパーなどにもありますよ。大きなショッピングモールであれば、両替所はいくつもあります。

両替所の通貨レートはまちまち

19379175 1850668938530718 3203122558509514752 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
randamfree.d.isn

時間があれば両替所を数件回ってレートのいいところを見つけましょう。日本円マークの表示されている数字が大きいところでの両替がベストですよ。また、どう過ごすかにもよりますが、1000ペソや500ペソはとても大きなお金ですので、それ以下の紙幣にしてもらうと過ごしやすいです。

ATMでフィリピン通貨の引き出し可能

12276833 523204807837012 2035092756 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
vincentleejf

ATMを利用して、クレジットカードやデビットカード、国際キャッシュカードから現金を引き出すことができますよ。キャッシングには所定の手数料が必要になります。カードの種類にもよりますが、最大15000ペソまで引き出すことが可能です。しかし、そこはフィリピン。引き出しができないことも多々あるのです。

ATMならその日のレートで

これは単純にそのATMに現金の補充が追い付いていない、ということがあるんです。どうしても緊急的に必要であれば、手数料は惜しいですが、引き出し額を2000ペソ程度にして試してみると、あっさり引き出せるかもしれません。ここがフィリピンの面白いところです。

また海外ATMでは、カードがATMの中に吸い込まれるタイプと抜き差しのタイプがあります。吸い込まれるタイプのATMは、セキュリティーやスタッフがいる時間と場所のATMを選びましょう。営業時間内の銀行のATMかスタッフがいる両替所のATMであれば、何かあってもすぐに対応してもらえますので、安心ですよ。

Image011フィリピンを旅行するときの注意点!持ち物や必需品などもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ビーチリゾートとしても人気のフィリピン。今回は、フィリピンの首都マニラを中心に、フィリピン旅...

フィリピンの物価はどのくらい

フィリピン通貨を持って街へ

日本人から見ると、フィリピンの物価は安いです。でもそれは、日本の物価水準と単純に比較するから。フィリピン人の年収は48万円程度ですが、日本人の平均年収はおよそ420万円。8倍以上の開きがあるのです。そんなことも頭に入れて、街の中をのぞきつつ、フィリピンの物価を紹介していきます。

フィリピンの物価「生活用品」

食品や雑貨

購入するお店の水準にもよりますが、おおよそのお値段を記します。袋入りのスナック菓子10ペソくらいから。1.5リットルのコーラ48ペソ。袋入りのインスタントヌードル8ペソ。カップ麺23ペソ。果物は、路上で売られているものが安くて美味しいです。フィリピンブランドのビールといえばサンミゲル。1瓶30ペソくらいからです。

洗濯

洗濯用洗剤は一番小さな袋入りの粉末で7ペソくらいから。泡立ちが良すぎて、正直すすぎは大変です。フィリピンの街中にはランドリーがたくさんあるので、それを利用するのもいいですよ。およそ1キロ30ペソで最低3キロから。2日くらいで出来上がりますが、エクスプレスで仕上げてもらうと料金は倍に。仕上がり水準は高いですよ。

Img contents page 01フィリピン移住生活と現実!仕事や生活費はどれくらいかかる? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
親日国でフレンドリーな人柄の人が多く、海外移住先として人気の高い国フィリピン。そんなフィリピ...

フィリピンの物価「食堂」

19437092 1729637867334968 3262798547812089856 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hytmk8810

ローカル食堂は、お惣菜が一皿10ペソくらいから、串焼きは1本5ペソくらいからです。断然おすすめのローストチキンは200ペソ。上の写真は、3品で120ペソ、日本円で270円です。もちろん、高価なレストランは日本と同水準かそれ以上の場所もたくさんありますよ。

フィリピンの物価「ファストフード」比較

有名ファストフードの物価

19429420 353874441712481 6811028067926933504 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hytmk8810

この顔にピンときたら、あなたもかなりのフィリピン通!フィリピン発祥のハンバーガーチェーン店「ジョリービー」このジョリービーへの国民的支持が熱すぎて、あの万国共通の大手ハンバーガーチェーンすら苦戦する国なのです。ハンバーガー店なのに、お米が好きなフィリピーノのためにライスもあり、そして、甘いソースのスパゲティも。

一番安いハンバーガーのセットで、75ペソ(170円)ですが、フィリピーノはハンバーガーを注文する人より、ライスとチキンかスパゲティをオーダーする人のほうが圧倒的に多いです。スパゲティにドリンクがついて、53ペソ(120円)。物価水準をスライドさせると、日本のほうが少々お安いことになります。

ローカルファストフードの物価

19428918 494622984214239 7007295171272376320 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hytmk8810

有名なハンバーガーショップでなければ、もっと激安のハンバーガーもあります。街中をブラブラしていると、「1つ買ったら、1つおまけ」の看板が。そして、そのハンバーガーの値段が、25ペソ(60円)です。コーラをつけても、80円になりません。シンプルなハンバーガーがお好みであれば、街中の激安ハンバーガーも試してみてください。

フィリピンの物価「理美容費」

19428910 1930774963804291 4433763274453942272 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hytmk8810

男性の散髪は、地域的な差はありますが、だいたい50から100ペソ(110から220円)くらい。ローカルエリアの散髪屋なら、それ以下のところも。この値段にシャンプーは含まれていません。理髪店では、お客さんともなんとも言えない人が、お店の方とおしゃべりしていることがよくあります。そんなフィリピンの日常を垣間見てみませんか。

19428940 208659376325511 6221219811397992448 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hytmk8810

美容室では、カット以外にマニュキュアも施してくれます。ハンドネイルは50ペソくらいから、フットネイルは60ペソくらいからになりますが、これはあくまでもローカル価格。フィリピーノは、定期的にネイルケアしている人が多くいます。そして、気に入ったら、ケアやカットしてくれた方にチップを渡すといいですよ。

フィリピンの物価「交通費」

17932629 1170937269683019 2525960916357349376 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
chiharusoma

タクシーの初乗りは40ペソ(89円)から。中にはメーターをつけずに料金を請求してくる場合もあるので、乗り込んだら確認を。ジープニーは8ペソ(18円)、トライシクルは10ペソくらいです。ジープニーのぎゅうぎゅう詰めの車内で、乗客が運賃をリレー形式で渡していくのが楽しい!運転手さんの近くに座って、積極的に運賃渡し体験を!

フィリピンの物価「通信費」

世界各国どんな生活水準でも通信費は削らない現代。フィリピンも同様です。かなりの朗報なのが、フィリピンはWifi通信天国ということ!街中の食堂では無理ですが、カフェでもレストランでもWifiが使えるんです。フィリピーノも公共Wifiを利用して、通信費を抑えている人が多いです。


16464876 1773072456346408 1656591271436746752 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
smartworldmy

フィリピンの主要キャリアは「SMART」と「Globe」の2社。SIMフリーの携帯電話があれば、SIMカードと通信料金のプリペイドカードの購入でフィリピン国内の料金で通信ができます。種類はたくさんありますが、一例をあげると、SIMカードは40ペソ、通信料金は100から500ペソ。日本円にして300円くらいからで利用できますよ。

これでフィリピン旅行も安心!

19534300 241325596369751 7037170448387276800 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
liron.harari

輝く太陽と、太陽のような笑顔がいっぱいのフィリピン。物価は日本と同等水準のものもありますが、おおむね安いといえます。まずは、両替所でレートを確認して、日本円をペソに換えてみましょう!そして街に繰り出しますよ。明るくて、パワフルで、優しいフィリピーノに触れて、「微笑みの国」を旅しよう!

関連記事

関連するキーワード

574.thumb
この記事のライター
しげしげ
No trip , No Life!! 今日も(気分は)異文化の風に吹かれています。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する