地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

奈半利町の観光スポットTOP10!ふるさと納税でお楽しみコースが人気!

高知県の海沿いにある奈半利町。海はもちろん、川や山など自然豊かな地域です。観光は勿論ですが、ふるさと納税でもその地域を知る事ができます。ふるさと納税と観光を通じて奈半利町の魅力を紹介させて頂きます。どちらの方法でも満喫できると思いますよ。

ふるさと納税を使って、奈半利町を満喫しよう!見出し

奈半利町は高知県安芸郡、海沿いにあります。人口は3,300人程の小さな町ですが、海・山・川と自然の恩恵がたくさん受けられる素敵な町です。日本最後のローカル新線「ごめん・なはり」線があり、南国市と奈半利町を結び活躍している路線になります。ふるさと納税や寄付金を募り奈半利町の魅力を広めようと色々な取り組みを行っています。今回は、奈半利町の観光スポットだけでなく、ふるさと納税を活用したお得な情報も紹介しますね。

ふるさと納税って何?見出し

ふるさと納税という言葉も認知されてきましたよね。簡単にふるさと納税を簡単に説明すると、「自分が好きな地域(都道府県・市区町村)に寄付できる。」という感じです。そして、寄付のする代わりに御礼の品が貰えたりする訳ですね。後で、もう少しだけ補足はしますが、複数の地域に寄付する事が出来るので、各地域の特産物を楽しんだりする意味でふるさと納税を通して、寄付する人も増えているようです。

ふるさと納税を始める前に「さとふる」見出し

CMで見たり、聞いたりした方もいるのではないでしょうか。ふるさと納税サイト「さとふる」です。その名の通り、ふるさと納税に特化した情報サイトです。ただ単に寄付する訳ではありません。あくまでも寄付を通じた納税になります。その為、確定申告にも関わるのですが、「さとふる」の中に納税に関する概要も載っています。少しふるさと納税に興味・関心がある方は、一度見ても良いと思いますよ。もちろん、納税等の堅苦しい内容だけじゃなく、お礼品ランキングなども載っているので、見るだけでも楽しいサイトですよ。ご自身のふるさとの内容を見たら、懐かしくて寄付したくなるかもしれないですね。

高知県奈半利町に寄付をして、ふるさと納税を活用している方のコメントです。今年は大量のカレーが届いたそうですよ。コメントの通り、これだけあれば、カレーの心配はいらなそうですよね。今年と記載したように、お礼の品は地域や、寄付した年によって異なります。海産物、カレー、牛肉、鶏肉、豚肉、果物等々です。地域によって特産物は自ずと変わります。複数の地域に寄付をする方がいるのも頷けますよね。

奈半利町のふるさと納税はどんなの?見出し

少しはふるさと納税に関して、知ってもらえたなかなと思います。ここからが本題です。高知県奈半利町のふるさと納税について触れていきます。この後にある言葉が複数出てきます。今の内に覚えておいてくださいね。キーワードは「お楽しみコース」です。その内容は文字通り、お楽しみに。

奈半利町のふるさと納税は「お楽しみコース」がおススメ見出し

実際に、高知県奈半利町の「お楽しみコース」を頼んでいる方がいらっしゃいました。届いたのは高知県奈半利町の名物「かんば餅」。かんば餅とは、サツマイモともち米を一緒についた餅の事だそうです。高知県の方言で、「かんばー」とはサツマイモを丸キリにして干した物の事を言ようです。高知県に縁がないと知る事は難しいかもしれませんね。こんな地域の特産品を知れるのもふるさと納税を通して、地域に寄付したからこそですね。次は少しだけ「お楽しみコース」に関して触れますね。

画像からもお気付きかと思いますが、「お楽しみコース」は1回届いて終了ではありません。年間12回、つまり毎月ご自宅に品物が届けられます。「お楽しみコース」おそるべしですね。気になる中身なんですが、お手元に届くまで分かりません。流石は「お楽しみコース」最初から最後まで楽しませてくれます。旅行でいう所のミステリーツアーに似ているかもしれませんね。

こんなにも大きなある物も、ふるさと納税で手に入るんです!見出し

こちらも奈半利町の「お楽しみコース」の品物です。鶏肉ですね。これだけ画面いっぱいに鶏肉が写っているとインパクトも凄いですよね。鶏肉好きには嬉しい贈り物ですよね。きっと届いた週のおかずは、鶏肉料理が食卓に毎日並びそうですね。届いたら、ネットで直ぐに鶏肉料理のレシピを調べて、鶏肉料理マスターになれるかもしれませんよ。

鶏肉のサイズ感が分かって頂けましたでしょうか。かなり立派ですよね。

奈半利町に興味が沸いてきましたか?見出し

ふるさと納税を通じて、奈半利町に少し触れてきました。お礼品を通じて各地域に寄付するだけでも十分だとは思います。ただ、実際に観光を通じて足を触れてみたいとは思いませんか。観光で見たり、触れたりした品物が届いたら、観光の思い出が鮮明に思い出せそうですよね。ここからは奈半利町の観光スポットを簡単に紹介させて頂きます。ちなみに、写っている女の子は、奈半利町ふるさと納税PRキャラクターの「きんめちゃん」です。

ふるさと納税以外にも奈半利町の魅力は盛り沢山!見出し

お礼品だけでも、少しは奈半利町の魅力が伝わっていると嬉しいです。ただ、百聞は一見にしかずです。実際に自分の目で見て、手で触れる以上の情報はありませんよね。ここからは、奈半利町の観光スポットを紹介させて頂きます。是非とも、観光ルートの中に入れてくださいね。

奈半利町の魅力はなんと言っても、自然の恩恵を受けた町という事です。観光スポットにも自然を感じられたり、絶景の写真が取れる場所が盛り沢山です。気に入ってもらえるように、ここからは頑張って観光スポットを紹介させて頂きますね。

奈半利町観光スポット第10位【土佐神社】見出し

神社内には樹齢が200年を超える杉やひのきがあります。由緒ある人材の1つで、高知県でも知名度の高い神社です。とんぼ様式の幣殿や拝殿があるので、訪れた際にはその様式にも注目して参拝してみてくださいね。

見ているだけで、力を貰えそうですよね。自然の力って凄いですね。

奈半利町観光スポット第9位【野良時計】見出し

ローマ数字の文字盤がオシャレな雰囲気を醸し出す時計です。周りにはのどかな田園風景が広がっているので、野良時計が一際目立ちます。明治20年頃に地主である畠中氏が独学で手作りした時計というのだから、驚きです。民家なので、内部見学は出来ません。手作りの時計である事知った上で、野良時計を見てきてくださいね。

奈半利町観光スポット第8位【室戸ジオパーク】見出し

ジオとは「地球」を現す言葉です。正に、地球の魅力を伝えてくれる場所が、室戸ジオパークと言えます。地質や生態系の多様性なども知れるので、行った後には博識になっているかもしれませんね。ジオの秘密を発見してきてくださいね。それにしても、この木の根っこはどうなっているんですかね。

奈半利町観光スポット第7位【中岡慎太郎像】見出し

中岡慎太郎氏は海援隊長の坂本龍馬とともに活躍した明治維新のメンバーです。僅か30歳という若さでこの世を後にしました。近江屋(京都川原町)で刺客の手により、坂本龍馬と共に命を落とす事になりました。ここにも、日本を変えようと戦った偉人がいたんですね。

サイズ感が分からなかったかもしれませんが、実は結構大きいですよ。

奈半利町観光スポット第6位【馬路温泉】見出し

毎月1日の女性風呂はバラ風呂になるそうですよ。温泉の印象が大きく変わりそうですよね。女王様気分に浸れそうな温泉です。温泉でポカポカに身体が温まった後は、「ごっくん」をごっくんと飲み干してください。「ごっくん」は馬路村公認飲料の名前です。

奈半利町観光スポット第5位【北川村「モネの庭」マルモッタン】見出し

モネと聞くと有名な画家を思い浮かべると思いますが、そのモネに関する庭です。モネの庭は自らの作品を描く為にモチーフに作り出した庭として有名です。北川村「モネの庭」も高知の自然を最大限利用して再現した庭です。フランスより正式に名称を貰っている、世界で唯一の庭でもあるんですよ。世界で唯一認められた庭を見に行きたくありませんか。

奈半利町観光スポット第4位【道の駅田野駅屋】見出し

道の駅にはその地域の特産物が見れる観光スポットとしては、定番ですよね。田野駅屋にも、地元で取れた新鮮な野菜たちが皆さんをお待ちしてますよ。特に田舎寿司が人気です。お昼過ぎには無くなってしまう事があるそうなので、足を運んだ際には田舎寿司を探してみてくださいね。

奈半利町観光スポット第3位【岩崎彌太郎生家】見出し

岩崎彌太郎氏の名前を知らない方は多いかもしれません。でも、大財閥の「三菱」を知らない方は少ないと思います。岩崎彌太郎氏はその三菱を築き上げた人物です。大財閥の三菱のスタート地点とも言えますね。何かのヒントがここにあるかもしれませんよ。

銅像とは言え、貫禄ある方ですよね。

奈半利町観光スポット第2位【道の駅キラメッセ室戸】見出し

キラメッセ室戸はレストラン、鯨館、里楽市の3つ場所から成り立っています。鯨館はその名の通り、鯨に関する建物です。鯨の生態が展示してありますよ。里楽市は野菜・果物など特産物が販売されています。写真は最後の1つのレストランです。太平洋を展望する事が出来ます。景色も楽しみつつ、鯨料理も満喫してくださいね。

奈半利町観光スポット第1位【室戸岬】見出し

太平洋に突き出した岬はなんと、四国で東南端です。2kmに及ぶ乱礁遊歩道があり、ゆっくりと散歩しても良し、記念写真を撮って残る思い出にするも良し。太平洋につき出た岩礁と岬を覆っている亜熱帯性樹林は是非とも自分の目と写真に残してきてくださいね。

夕焼けの室戸岬です。日中とは表情が別物ですね。行く時間帯に寄っても印象が変わるはずですよ。

ふるさと納税と観光、どっちから始めますか?見出し

ふるさと納税と観光の2軸で奈半利町をお伝えしてきましたが、如何でしたか。共通するのは「魅力がたくさん」って事ですね。

自然の恩恵が沢山の奈半利町を堪能しよう!見出し

最後までお付き合い頂き、ありがございます。奈半利町を「観光」と「ふるさと納税」と違う切り口で紹介してきました。観光で自分自身で感じるか、ふるさと納税でお礼品を通じて堪能するか。欲張りにどちらも試しちゃうのもありかもしれませんね。自分に合った方で奈半利町を感じ取ってくださいね。

関連キーワード

投稿日: 2017年3月3日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote