地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

北海道・冬の観光スポット11選!モデルコースあり!おすすめの絶景は?

北海道・冬の観光スポット11選!モデルコースあり!おすすめの絶景は?

1年を通して楽しむ事ができる観光スポットを有する北海道ですが、そんな中でもやはり観光のメインイベントは冬に集中しています。日本国内のみならず海外からも多くの観光客が訪れる冬の北海道。そんな極寒の北海道、おすすめ観光スポット11選をご紹介します。

冬の北海道、人を惹き付ける魅力たっぷりの観光スポットをご紹介します。見出し

春夏秋冬と1年を通して、さまざまな観光が出来る北海道ですが、厳しい寒さが身に沁みる冬の時期にしか見る事の出来ない観光スポットは必見です。北海道の冬に、おすすめの観光スポット、絶景スポットなどを順にモデルコースとしてご紹介します!

【1】旭川市旭山動物園(旭川市)見出し

北海道、冬の観光モデルコース最初のご紹介は旭川市旭山動物園です。

冬の北海道、モデルコースの一番最初におすすめとしてご紹介するのは、旭川市にある【旭川市旭山動物園】です。日本の最北に位置する動物園で、従来の動物の姿形を見せるための「形態展示」から、動物本来の行動や生活を見せる「行動展示」を行っているのが最大の特徴です。夏のシーズンにも外せない観光スポットなのですが、この冬の時期に寒い地域に生息するホッキョクグマやペンギン、アザラシなどの元気一杯な野生に近い行動を目の当りにすると驚きの連続です。

キングペンギンのお散歩

また、この冬の時期だけに限定公開されているのが「キングペンギンの散歩」です。深い雪の上を、えっちらこっちら歩く姿は思わず抱きしめたくなるほどに可愛く大人気のイベントです。実を言うと、この「キングペンギンの散歩」は冬場、ペンギンの運動不足を解消することを目的に実施されていて、お客様へのサービスではないのが残念なところです。

【2】雪の美術館(旭川市)見出し

北海道大学の故小林禎作先生が収集していた雪の研究資料を寄贈されたのが切っ掛けで作られた、旭川市の北海道伝統美術工芸村にある雪をテーマにした美術館です。美術館内にある雪の結晶写真を展示している「スノークリスタル・ルーム」や展示ガラスの内側が常に氷点下15度に保たれ無数の氷柱が立ち並ぶ「氷の回廊」は圧巻です。

氷の結晶写真を展示している「スノークリスタル・ルーム」です

写真の右から左に行くにつれて、結晶写真を撮影した気温がマイナス5度、10度、15度と段々低くなるように写真を展示しています。

氷の回廊は必見のおすすめスポットです!

「氷の回廊」はガラスが2重構造になっていて、ガラスの向こうは氷点下15度の世界が広がっています。

【3】青い池と白髭の滝(美瑛町)見出し

北海道、冬の観光モデルコースは旭川からお隣の美瑛町へ

北海道のほぼ中央、美瑛(びえい)町白金にある「青い池」は、町の中心街から車で約20分ほどの場所にあり比較的、アクセスし易い場所にあります。プロカメラマンの高橋真澄さんが最初に発見したとされていて、ご自身の写真集の中で発表した後、写真愛好家の間でその絶景が口コミで広がった人造池です。

白髭(しらひげ)の滝は、青い池から車で約5分ほどの場所にあり、滝の落差は約30m、幅は約40mで流れ落ちる水が青い池と同じくコバルトブルーの美しい色をしています。雪化粧をまとった白髭の滝と流れ落ちる青い水の白と青のコントラストは見る人を圧巻します。

青い池と白髭の滝の冬季夜間ライトアップは、昼間とは違い幻想的です

冬場の期間には「青い池」と「白髭(しらひげ)の滝」は、夕方17時から21時までライトアップされて更に幻想的な絶景を作り出しています。

【4】美瑛の丘、マイルドセブンの丘、ほか(美瑛町)見出し

美瑛町には先にご紹介した「青い池」や「白髭の滝」のほかにも有名な絶景スポットがあり、なだらかに続く丘陵地域に雪が降り積もった景色は、360度見渡す限りに広がる白銀の世界はまさに絶景、一見の価値ありです。

マイルドセブンの丘

たばこのマイルドセブンのパッケージになったことで有名になった丘陵です。

【5】しかりべつ湖コタンで氷と雪の絶景を体験見出し

北海道、冬の観光モデルコースは美瑛町からしかりべつ湖コタンへ(河東郡鹿追町)

しかりべつ湖では分厚い氷の張った湖の上に、1月から3月にかけて冬季期間限定の「しかりべつ湖コタン」が開催されます。湖から切り出した分厚い氷を使って建てられたアイスロッジやアイスチャペルなどが幻想的な世界を作り出していて必見です。

幻想的なアイスチャペル

このアイスチャペルで本当の結婚式を挙げられるカップルもいらっしゃるそうです!このアイスチャペルは3月には消えてしまいますが、お二人の愛は消えないということでしょうか。

アイスバーで飲むお酒は格別です!

アイスバーで出されるお酒は、全て氷のグラスで提供され格別の味がするそうです。

氷上の絶景露天風呂はモデルコース一押しの絶景スポットです。

氷上露天風呂も設営されていますので銀世界の絶景を一望しながら、冷え切った身体を温めてみては如何です。

【6】星のリゾートトマム、絶景の霧氷テラスがおすすめです。見出し

北海道でも有数の巨大スキーリゾート地「星野リゾートトマム」にもおすすめの絶景スポットがあります。

晴れた日には、空の蒼と雪の白のコントラストを楽しめる絶景ポイントです。

標高1,088mのトマム山にある「霧氷テラス」で、その名の通り冬季限定の絶景スポットです。トマムスキー場からゴンドラ1本で行く事が出来ます。

【7】千歳・支笏湖(しこつこ)の 氷濤(ひょうとう)まつり見出し

氷の柱が幻想的な雰囲気を醸し出しているおすすめスポットです。

千歳市にある支笏湖(しこつこ)の水をスプリンクラーで噴霧上に撒いて氷のオブジェを作り出します。昼間は空の青を綺麗に映し出し、夕方からは様々なカラーリングでライトアップされ幻想的な世界を見せてくれるお祭りです。

夜間のライトアップは昼間とは雰囲気が変わりますので必見です。

【8】登別温泉でのんびり一休み見出し

前半の旅で疲れた体を、日本有数の温泉地で保養してみては如何ですか?温泉が湧き出す量は、1日に1万トンと豊富な湯量と硫黄泉をはじめとする9種類の泉質を誇っています。

また登別温泉郷の近くには、天然記念物の登別原始林が近くにありミズナラの巨木などを見る事も出来ます。

【9】小樽運河見出し

夕方からのんびりと小樽運河周辺の散策がおすすめスポットです。

言わずと知れた小樽運河ですが雪の降る冬の季節だからこそ、夕方18時以降に灯るガス灯の明かりが優雅で穏やかな雰囲気を醸し出しています。水面に写る光が幻想的です。

【10】小樽雪あかりの路見出し

雪と氷の灯篭にろうそくの光が優しく映ります。

小樽運河の周辺には毎年2月に雪の灯篭にろうそくの火を灯す小樽雪あかりの路と言われる幻想的なイベントが開催されます。ろうそくの柔らかい灯りに照らされた運河周辺には是非足を運んでみて下さい。

【11】札幌雪まつり見出し

北海道の冬の名物と言えば、札幌の雪まつりと言っても過言ではないほどの規模の雪像で大通り公園が埋め尽くされるのは圧巻です。

トラック数百台分の雪が使われて雪像が作られますが、雪まつりの期間が終われば残念ながら解体されてしまいます。こんなに綺麗なのに勿体ないですね。

寒い冬の北海道だからこそ観光をして回りたいですよね。見出し

今回は、旭川市をスタートして札幌に戻って来る形式でのモデルコースとなりましたが如何でしょうか。 旭川市旭山動物園、雪の美術館と旭川市を回り、美瑛町へ移動して青い池や白髭の滝、美瑛の丘やマイルドセブンのの丘などの自然の造形美を感じつつ、然別湖コタンで氷上の冬季限定村を堪能し、トマムリゾートの霧氷の絶景を楽しんでから支笏湖のひょうとう祭り、登別温泉で少し疲れた身体を癒してから小樽運河と雪あかりの路を楽しんで最終の札幌雪祭りへ戻るという盛沢山の行程となりました。

冬の寒い北海道には今回、ご紹介した以外にも太平洋側には流氷船があったりとまだまだ遊び尽くせていない状態ですが、またの機会にご紹介させて頂きます。是非、是非、冬の北海道を一度は体験してみて下さい。

関連キーワード

投稿日: 2017年1月30日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote