地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ロッキー山脈観光の見どころや楽しみ方紹介!標高はどのくらい?

ロッキー山脈観光の見どころや楽しみ方紹介!標高はどのくらい?

北はカナダから、南はアメリカのニューメキシコまでつながっているロッキー山脈。その最高峰であるエルバート山は、アメリカのロッキー山脈国立公園にあります。自然が豊かで、清らかな美しい景色が魅力的です。ロッキー山脈の標高や観光の見どころ、楽しみ方をご紹介します!

ロッキー山脈観光に行こう!見出し

ロッキー山脈は、沢山の山々が連なっています。そのロッキー山脈の中の、特に美しくすばらしい場所を保存するために、アメリカのロッキー山脈(ロッキーマウンテン)国立公園が作られました。壮大で自然豊かで美しく、ハイキングや登山、野外スポーツも楽しめるとあって、毎年数百万人の観光客が訪れるほど人気です。そんなロッキー山脈観光の見どころ、楽しみ方をご紹介します!

日本からロッキー山脈へ見出し

日本からロッキー山脈観光へ行くには、東京の成田国際空港からアメリカコロラド州のデンバー国際空港へ直行便が出ています。この空港、すでに標高1655メートルあります。富士山で言えば2合目と3合目の間位です。デンバーの気候は、大陸性気候なので、いろいろな気温に対応できるような服装がおすすめです。

デンバーから約2時間ほどで着くエステスパーク。ロッキー山脈国立公園の入り口の街として知られています。富士山の5合目と同じ高さの標高約2300メールのところにある小さな町です。ホテルやレストラン、山をテーマにしたお土産屋がメインストリートに並んでいます。この町の建物の裏などで、動物たちに出会う事もできます。

空港からエステスパークまでは、レンタカーを借りての観光が一番おすすめですが、空港シャトルバン、タクシーを利用方法もあります。また、夏の時期は、エステスパーク市内無料シャトルバスが運航されています。

ロッキー山脈とは見出し

ロッキー山脈は、北はカナダのブリティッシュコロンビア州から、南はアメリカのニューメキシコ州サンタフェの近くまで、およそ5000キロの長さで、山々が連なっています。2つの国にまたがっているので、気候も山の様子も、住んでいる動物まで様々です。

カナディアン・ロッキーという言葉も思い浮かぶかもしれません。カナダからのロッキー山脈の眺めが有名で、ロッキー山脈自然公園群は、カナダでは世界遺産です。レイクルイーズの湖からみるロッキー山脈は有名で、とても魅力的です。

ロッキー山脈の中で一番標高が高いとされる山がアメリカのコロラド州にあります。「コロラド・ロッキー」と呼ばれています。この山を含めた広い地域がロッキー山脈国立公園(ロッキーマウンテン国立公園)に指定されています。

ロッキー山脈国立公園も魅力的見出し

ロッキー山脈の中には、魅了される場所が多数ありますが、その中でも最高峰の山があり一番美しいとされる場所、アメリカのコロラド州にあるロッキー山脈の中心あたりを、1915年に「ロッキー山脈国立公園(ロッキーマウンテン国立公園)」として指定されました。

ロッキー山脈国立公園の入り口は、ビジターセンターから車で5分ほどの所にあります。季節によっては、通れない場所なども出てきますが、国立公園自体は1年中営業しています。この公園内には、ホテルなどがないので、近くで宿泊したい場合は、エステスパークで宿泊します。

ロッキー山脈の最高峰見出し

ロッキー山脈の中での最高峰は、アメリカのコロラド州のエルバート山です。標高は、富士山よりも高い4401メートルもあります。このロッキー山脈の最高峰へ登山する目的で、国立公園に観光に来る人が多数います。

このロッキー山脈最高峰のエルバート山、南登山口「南エルバート・トレイル」がすでに標高3119メートルあり、そこまで車で登る事ができます。山頂までの標高差は約1300メートルで、特別な技術が必要ではなく、途中までは平坦に近い歩きやすい道が続いているので、もっとも登りやすいので、おすすめな登山ルートです。

エルバート山への登山は、一番楽な南登山口「南エルバート・トレイル」以外にもあります。2番目に楽な北登山口「北エルバート・トレイル」からは、約7.4キロで山頂へ登る事ができます。乗馬で、またマウンテンバイクで登山する人もいます。一番きついと言われているブラッククラウド・トレイルというルートもあります。

ロッキー山脈の気候は?見出し

国立公園内だけでも様々な気候があります。砂漠地帯のステップ気候、森林気候、寒帯のツンドラ気候に分かれています。色々な気候に加えて、標高によっても空気や景色が変わります。国立公園入口付近では草原が広がっていますが、標高が上がるにつれて、高いところでしか生えない草しかみられなくなります。

ロッキー山脈の楽しみ方「ドライブ」見出し

天空の山岳道路と呼ばれる「トレイルリッジ・ロード」です。標高が高い山を車で走る事ができると、とても人気のドライブコースです。この道は、高い所で標高3713メートル!富士山の山頂と同じ高さを車で走るということになります。

標高が高いところをドライブできるのは珍しいので、レンタカーを借りてドライブしてみるのは、おすすめです!ただし、気候によっては、通れない場合もあります。冬の間は通行止め。いつからいつまで通る事が出来るのか、確認が必要です。

ロッキー山脈の楽しみ方「ハイキング」見出し

ロッキー山脈国立公園は、平坦で歩きやすい場所が沢山あります。特別な装備や運動は要りません。ロッキー山脈の気候や標高に慣れるために、動物に会うために、自然を満喫するために、気軽にできるハイキングはおすすめです。

ロッキー山脈の楽しみ方「トレッキング」見出し

ハイキングより少し高度なトレッキングです。馬やマウンテンバイクでトレッキングするのも良いのですが、トレッキングポール(登山ストック)やトレッキングシューズを用意して、少し岩などがある場所をトレッキングするのも、ロッキー山脈に来た!という実感が出て、おすすめです。

ロッキー山脈の楽しみ方4「クライミング」見出し

ロッキー山脈国立公園には、沢山の岩があります。ロッククライミングの為に、訪れる人も多くいます。ボルダリングやロッククライミングの経験がある人は、観光の合間にぜひ岩登りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ロッキー山脈の楽しみ方「乗馬」見出し

ロッキー山脈国立公園のすぐ外には、国立公園を楽しむために、必要な物が売ってあり、乗馬用の馬も借りる事が出来ます。トレッキング用の物を買ったり、馬を借りたり、また乗馬でのツアーに参加することも出来ます。

ロッキー山脈の楽しみ方「フィッシング」見出し

魚釣りが大好きな人には、せひフィッシングがおすすめです。沢山の湖があり、フィッシングする事が出来ます。特におすすめの「ドリームレイク」は、標高3021mでフィッシングする事が出来ます。

ロッキー山脈の楽しみ方「お土産」見出し

ロッキー山脈国立公園入口や、エステスパークで、ロッキー山脈国立公園に来た!という、山をイメージしたお土産がたくさん売られていますので、買う事が出来ます。ロッキー山脈観光を楽しんだ後は、お土産選びで楽しむ事が出来ます。

ロッキー山脈の見どころ「展望台」見出し

ロッキー山脈国立公園の楽しみ方の一つである「トレイルリッジロード」をドライブしていると、ロッキー山脈を観望出来る展望台が数か所設けられています。その箇所その箇所で景色も違い、ショートウォークが出来る場所もありますので、おおすすめです。

ロック・カット

「トレイルリッジロード」をドライブし始めると、最初はツンドラ地帯を通ります。そこにある「ロック・カット」。ここには駐車場があり、車を止めてショートウォークする事ができます。アスファルトで舗装してあるため、気軽に歩くことができますが、平らなので、風が強く吹き付けます。

レインボーカーブ

展望台の一つである「レインボー・カーブ」。この展望台では、森林気候の限界を展望する事が出来ますので、お勧めスポットです。下の方には森林気候で木々が茂っているのに対し、展望台近くでは、背の低い草程度しか見る事が出来ません。風も強く吹きますので、防寒具は必須です。

フォレストキャニオン

この展望台にも駐車場があります。車が沢山止まっているので、分かりやすい展望台です。駐車場から少し歩いていくと、展望台があります。この展望台からは、標高4000メートルクラスの山々が見えて、絶好のポイントなので、おすすめです。

アルパイン・ビジターセンター

標高3595メートルのところにあるアルパイン・ビジターセンター。「トレイルリッジロード」の中で、一番標高が高い場所です。ここには、お土産が沢山揃っています。また、カフェもあり、景色を見ながらホッと一息出来るとても素敵な場所なので、ドライブするならここは絶対におすすめです。

ロッキー山脈の見どころ「湖」見出し

ベアレイク

ロッキー山脈には、沢山の魅力あふれる湖があります。湖周辺を散歩するのもおすすめです!この画像は「ベアレイク」。標高2888メートルのところにあります。ロッキー山脈国立公園の「ベアレイクトレイル駐車場」からすぐにあり、夏はバスでも行く事が出来るので、観光として行きやすい湖で、おすすめです。

ニンフレイク

ハスの葉が湖の表面に浮かぶ、小さくて静かな湖です。標高2958メートルにあります。ハスの花がきれい咲く時期に来ると、ハスの花とロッキー山脈のベストショットです!素晴らしい景色を見るために、ぜひおすすめの湖です。

ロッキー山脈の見どころ「動物との出会い」見出し

ロッキー山脈国立公園の素晴らしいところは、何といっても動物と出会えることです。ヘラジカは、苦労しなくても見る事が出来ます。この公園の人たちは危害を加えないのを知っているのか、動物たちは、近くまで寄ってきます。ビッグホーンやムースには、なかなか出会えないので、出会えたらラッキーです!危険な動物もいますので、注意が必要です。

ロッキー山脈は見どころがいっぱい!見出し

ロッキー山脈を堪能できる、アメリカにあるロッキー山脈国立公園(ロッキーマウンテン国立公園)。体を動かすことが好きな人でも嫌いな人でも、自然が好きな人ならどんな人でも楽しむ事が出来る観光名所です。広大な自然の中にいると、日常のストレスから解放されます。ぜひ、自然あふれるロッキー山脈への旅してみて下さい!

もっとアメリカの情報を知りたいアナタへ!

アメリカのおすすめ国立公園10選!桁違いなスケールの絶景を楽しもう | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
アメリカのおすすめ国立公園10選!桁違いなスケールの絶景を楽しもう | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アメリカ合衆国と言えばニューヨークやロサンジェルスなどの有名な観光都市とともに、グランドキャニオンやロッキー山脈など、壮大な大自然を満喫できる国立公園が人気です。そんなアメリカの国立公園のおすすめ10選を集めてみました。
アメリカ旅行の費用や注意点まとめ!ビザは?マナーやチップなども網羅 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
アメリカ旅行の費用や注意点まとめ!ビザは?マナーやチップなども網羅 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今年の夏休みアメリカ旅行へ計画されていませんか?もし計画中の貴方へ「知って得するアメリカ情報」を、特に気になる渡航費用、アメリカでのチップの費用や注意点等又留学や長期の旅行などの時に必要なビザについてお伝えしますので準備のひとつに加えてみて下さい。
アメリカ旅行の持ち物一覧!おすすめから必需品まで!持ち込み制限品も網羅 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
アメリカ旅行の持ち物一覧!おすすめから必需品まで!持ち込み制限品も網羅 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
初めてのアメリカ旅行!でも何を持っていけばいいのかわからないという方に向けておすすめのアイテムから絶対にチェックしてほしい持ち物までまとめました。アメリカ旅行の持ち物についていくつかの部門に分けたので出発前にぜひチェックしてみてください。

  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote