海遊館周辺にある天保山大観覧車!料金・アクセス方法紹介!割引できる?

海遊館周辺にある天保山大観覧車!料金・アクセス方法紹介!割引できる?

大阪港の天保山地区に1990年に開業した「天保山(てんぽうざん)ハーバービレッジ」。世界最大級の水族館「海遊館」と共に愛されているのがこちら「天保山大観覧車」です。大阪観光なら天保山大観覧車と海遊館は外せません。料金・アクセス等チェックして出かけましょう!

記事の目次

  1. 1.天保山ハーバービレッジへ観覧車に乗りに出かけよう
  2. 2.天保山大観覧車・海遊館へのアクセス
  3. 3.天保山大観覧車の料金は?海遊館とセットで!
  4. 4.天保山大観覧車:海遊館とセットでお得な割引!
  5. 5.天保山大観覧車:ホームページから割引券ゲットでお得!
  6. 6.天保山大観覧車:ETCカードやJAFの会員証でお得な割引!
  7. 7.天保山大観覧車と海遊館の営業時間
  8. 8.天保山大観覧車の楽しみ方1:シースルーゴンドラ
  9. 9.天保山大観覧車の楽しみ方2:光のアート・海遊館とのコラボも!
  10. 10.天保山大観覧車の楽しみ方3:てんぽ丸
  11. 11.天保山ハーバービレッジで大観覧車と海遊館レッツエンジョイ!

天保山ハーバービレッジへ観覧車に乗りに出かけよう

大阪港のウオーターフロント開発計画の一環として天保山地区に1990年に誕生した「天保山ハーバービレッジ」。「海遊館」や「天保山大観覧車」などカップルやファミリーで楽しめる魅力的な施設がいっぱいです。まずは「天保山ハーバービレッジ」の中に入っている主な施設及び周辺施設を紹介していきます。

海遊館

1990年7月に天保山ハーバービレッジの中心的施設として開館した世界最大級の水族館「海遊館」。トンネル型水槽「魚のとおりぬけ・アクアゲート」やアザラシやペンギンをより身近に感じられる「新体感エリア」等、海の仲間たちと仲良しになれる仕掛けがいっぱい。毎日夕方5時からは「夜の海遊館」。昼とは一転したムーディーな雰囲気に。

天保山マーケットプレース

ショッピングゾーンやフードコート、レストランなどがギュッと詰まった複合施設「天保山マーケットプレース」。ドラッグストアやコンビニ、ゲームセンターも入っています。ふれあい動物園「天保山アニパ」では犬や猫など身近な動物は勿論アルパカやカンガルー等様々な動物と触れ合うことができます。

なにわ食いしんぼ横丁

昭和40年前後の大阪の街並みの中に関西の味、異国の味を集結させた食のテーマパーク「なにわ食いしんぼ横丁」。約20のお店が軒を並べます。たこ焼き、お好み焼きはもちろん大阪名物「自由軒」のカレーから、いか焼き、串かつなどのB級グルメ、韓国屋台料理や中華料理まで思いきり「食いしんぼ」になって楽しみましょう!

レゴランド・ディスカバリー・センター大阪

2015年4月にオープンしたレゴ公式の様々なアトラクションが楽しめる施設「レゴランド・ディスカバリー・センター大阪」。世界で数人の「レゴマスター・ビルダー」から直にレゴブロックの組み立て方を伝授してもらえる「レゴマスター・ビルダー・アカデミー」や、数々の体験型アトラクション等、大人も子どもも楽しめるレゴの施設です。

サンタマリア(遊覧船)

新大陸に到着したコロンブスの旗艦「サンタマリア号」をモチーフに約2倍の規模で造られた観光クルーズ船「サンタマリア」。天保山ハーバービレッジ・海遊館西はとばから出港し大阪港内を周遊します。デイクルーズは45分、デッキで迫力満点の景色を楽しめます。トワイライトクルーズは60分で予約制。デッキから眺める夕日の美しさは圧巻。

天保山公園

標高4.53mの「日本一低い山」があるのがこちら天保山公園。天保山は人工的に土を積み上げて造られた山。築かれた時の元号から「天保山」と名付けられました。実は2014年に仙台市の日和山が標高3mの山に認定され現在は「日本で2番目に低い山」なのですが今でもやはり「日本一低い山」として人々から認知されています。春は桜の名所に。

大阪文化館・天保山

旧称「サントリーミュージアム」、現在は「大阪文化館・天保山」という名称の美術館。建物の設計は、建築家の安藤忠雄氏。ギャラリーは、話題性の高い魅力的な企画展をはじめ、博物展や美術展など様々な展示会を開催しています。

天保山大観覧車

1997年7月に開業した高さ112.5m、直径100mの観覧車。一周約15分でゴンドラから生駒山、明石海峡大橋、関西国際空港、六甲山を見渡すことができます。ゴンドラは全60基でうち4基はシースルー。また3基は入口の幅が通常より広く、車いすのまま乗車できる仕様となっています。夜のライトアップが翌日の天気予報に合わせて変わります!

天保山大観覧車・海遊館へのアクセス

地下鉄・バスでアクセス

地下鉄中央線「大阪港」駅下車、1番出口より徒歩5分になります。バスでアクセスの場合は大阪市バス「天保山ハーバービレッジ」下車すぐ(大阪駅からは88系、なんば駅からは60系で天保山行き)。または南海バス「海遊館(天保山)」下車すぐ(土日祝のみ運行。夏期は毎日運行。)関空からならリムジンバスで「天保山(海遊館)」が便利。

車でアクセス

阪神高速湾岸線・大阪港線の「天保山出口」からすぐです。1300台収容可能な大型駐車場が海遊館・天保山マーケットプレース地下にあり、各施設に直結で入れます。料金は平日200円/30分[最大料金1,200円]。土・日・祝日250円/30分[最大料金2,000円]。営業時間は8:00~23:00(出庫は0:00まで)となっています。

シャトル船キャプテンラインでアクセス

USJから天保山ハーバービレッジ又はその逆ならシャトル船「キャプテンライン」が便利。キャプテンラインはユニバーサルシティポートと海遊館西はとばを片道10分で結んでいます。海遊館西はとばは海遊館から徒歩1分。海遊館の隣が大観覧車です。乗船料は大人(中学生以上)片道700円、往復1300円。海遊館とのセット割引もあります。

天保山大観覧車の料金は?海遊館とセットで!

天保山大観覧車の基本料金は、3才以上800円、一般団体(20名以上)700名、障害者手帳をお持ちの方400円(同伴の介護者1名も400円)となっています。海遊館とのセット割引等お得な料金割引制度を以下にまとめましたので、ぜひチェックしてからアクセスしてくださいね。

天保山大観覧車:海遊館とセットでお得な割引!

海遊館+大観覧車のセット料金は3000円。海遊館の大人通常料金が2300円、大観覧車は800円なので、別々にチケットを買うより100円お得です。お得なセット券は各施設のチケット売り場で購入することができます。天保山ハーバービレッジの2大中心スポットである海遊館と大観覧車。お得な料金で思いっきり楽しんでください!

天保山大観覧車:ホームページから割引券ゲットでお得!

泉陽興行株式会社が運営する天保山大観覧車のホームページから、お得な「ホームページ限定割引券」をゲットすることができます。こちらの割引券で一般料金(3才以上有料)が100円引きに。割引券1枚につき4名まで有効。携帯電話での提示は不可なので、必ずホームページから原寸大でプリントアウトしてチケット売り場で提示しましょう。

天保山大観覧車:ETCカードやJAFの会員証でお得な割引!

阪神高速のETCカード(スルーウェイカード)があれば利用料金が800円⇒700円とお得に。カード会員を含む5名まで割引対象。スルーウェイHPからプリントアウトしてクーポンに記入後窓口に提出を。JAFの会員証でも同じく利用料金が100円割引に。会員を含め5名まで優待対象。また、コンビニの端末からのチケット購入でも100円割引に。

天保山大観覧車と海遊館の営業時間

天保山大観覧車の営業時間は通常10:00~22:00、繁忙期は8:30や9:30から営業。チケットの最終販売及び最終乗車受付は21:30まで。休業日は海遊館の休館日に準じます。海遊館の基本営業時間は10:00~20:00。9:30~営業の場合も。最終入館は閉館の1時間前まで。休館はほとんどありませんが念の為ホームページで確認を。

天保山大観覧車の楽しみ方1:シースルーゴンドラ

「大阪、マルっと見えまっせ。」というキャッチコピーが印象的な天保山大観覧車のシースルーゴンドラ。全60基のうち4基がシースルー仕様。大人気で40~50分待つことも。料金は一般ゴンドラと同じなのでスリリングな刺激を求めるならぜひ!シースルーゴンドラを利用の場合はチケット購入後3階シースルーゴンドラ乗り場へ行きましょう。

天保山大観覧車の楽しみ方2:光のアート・海遊館とのコラボも!

大観覧車・光のアート

世界初の手法を用いたライトアップイルミネーションで2015年度の「グッドデザイン賞」を受賞した天保山大観覧車光のアート。LED照明による間接光と直接光を組み合わせ、観覧車としては世界初となるライトアップ演出「光のアート」を実現しています。花火や万華鏡等美しいアートのほかアニメーションを用いた天気予報等の情報発信も。

海遊館イルミネーション

11月下旬から3月上旬までは、海遊館でも幻想的なイルミネーションを行っています。海遊館の壁面にあらわれるジンベイザメや大階段で出迎えてくれるマダラトビエイやマンボウたち。時間は17:00~22:00までで、場所は海遊館一帯。観覧は無料です。大観覧車・光のアートとのコラボも楽しみましょう。

天保山大観覧車の楽しみ方3:てんぽ丸

天保山大観覧車のキャラクターをご紹介します!名前は「てんぽ丸」。天保山ハーバービレッジに住む元気な男の子です。観覧車のゴンドラがチャームポイントで、ハーバービレッジに訪れる人々と触れ合うのが大好きだそう。見つけたらぜひ声をかけて仲良くなってくださいね。てんぽ丸は大観覧車の照明演出の中にも登場します。

天保山ハーバービレッジで大観覧車と海遊館レッツエンジョイ!

さあここまで読んでくれたあなたはもう、天保山ハーバービレッジで大観覧車に乗りたくてたまらないはず!バスで行きますか?それともUSJからキャプテンラインに乗りますか?もちろん海遊館とセットで楽しみますよね!?ゴンドラはやっぱりシースルー?光のアートも楽しみですね。素敵な思い出ができますように。

もっと海遊館・天保山周辺の情報を知りたいアナタへ!

海遊館周辺の観光スポットは?食事やホテルおすすめ施設を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
海遊館周辺の観光スポットは?食事やホテルおすすめ施設を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
海遊館の周辺は[くいだおれ大阪]を代表する地域です、30分圏内に今回ご紹介します有名観光スポット、話題の食事、お得なホテル等が集まっています。海遊館周辺は大阪の食、文化、歴史を味わうのに最適の地域ですので海遊館を訪れた時に是非参考にして頂けたらと思います。
海遊館のジンベイザメを見に行ってみよう!初代から現在までの歴史も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
海遊館のジンベイザメを見に行ってみよう!初代から現在までの歴史も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大阪を代表する水族館、「海遊館」。海遊館で特に人気を集めるのがジンベイザメです。ジンベイザメは海遊館のシンボルであり、大人からも子どもからも愛されるアイドル的な存在。今回は海遊館とジンベイザメの魅力を、その歴史を振り返りながらご紹介します。
海遊館のアクセス方法を徹底調査!電車・車・バス・地下鉄・船まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
海遊館のアクセス方法を徹底調査!電車・車・バス・地下鉄・船まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大阪にある海遊館は一度は行ってみたい水族館の一つです。大阪市内にある海遊館のアクセスは様々。港に近い立地で海からのアクセスも可能です。もちろん電車やバスからもすぐの場所にあります。せっかく行くなら、お手頃に早く、そして楽しくアクセスしたいところです。
海遊館に割引クーポンは?金券ショップ・コンビニでチケットを賢く購入! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
海遊館に割引クーポンは?金券ショップ・コンビニでチケットを賢く購入! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大阪の天保山にある海遊館は、一度は行ってみたい!しかし少し値の張る入場料金がきになります。少しでも割引価格でチケットを購入できればありがたいところ。そんな時にぜひ金券ショップやコンビニで海遊館の割引チケットを購入するのもおすすめです。
抹茶林佳子
ライター

抹茶林佳子

関連記事

人気記事ランキング