カザフスタン観光!治安は?首都アスタナ!未来都市は見逃せない!

2017年8月11日 (2020年1月8日最終更新)

中央アジアの大きな国カザフスタンは未来都市とも言われるアスタナを中心におすすめ観光スポットがたくさんあります。まだ知られざる魅力が多数あるカザフスタンで観光を楽しむための観光スポットや治安・ビザの情報をいくつか紹介します。ぜひ旅行の際の参考にしてください。

目次

  1. 未知の国カザフスタン観光の楽しみ方を知ろう!
  2. カザフスタンってどこにある?
  3. カザフスタンってどんな国?
  4. カザフスタン首都アスタナの必見観光スポット1:平和と調和の宮殿
  5. カザフスタン首都アスタナの必見観光スポット2:バイテレク
  6. カザフスタン首都アスタナの必見観光スポット3:ハズィレット・スルタン・モスク
  7. カザフスタン首都アスタナの必見観光スポット4:ヌル・アスタナ・モスク
  8. カザフスタン首都アスタナの必見観光スポット5:ハーンシャティール
  9. カザフスタン首都アスタナの必見観光スポット6:カズムナイガスビル
  10. カザフスタン首都以外の観光地1:ビッグ・アルマティ湖
  11. カザフスタン首都以外の観光地2:ゼンコフ教会
  12. カザフスタン首都以外の観光地3:ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟
  13. カザフスタンで食べたいおすすめグルメ1:ラグマン
  14. カザフスタンで食べたいおすすめグルメ2:マンティ
  15. カザフスタンで食べたいおすすめグルメ3:バウルサク
  16. カザフスタン観光で気になる治安
  17. カザフスタン旅行でビザは必要?
  18. カザフスタンで未来都市を観光しよう!

未知の国カザフスタン観光の楽しみ方を知ろう!

多くの日本人にとってまだ馴染みのない国、中央アジアのカザフスタンには首都であるアスタナを中心に観光地として魅力的なスポットがたくさんあります。カザフスタンに旅行する際、より楽しめるよう未来都市とも言われるアスタナの観光スポットや治安・ビザ・グルメ情報などをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

カザフスタンってどこにある?

カザフスタンは中央アジアにあり、ロシア、中国、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタンと接しています。海ではカスピ海とアラル海に面しています。日本からの直行便はなく、中国や韓国もしくは中東を経由していく必要があります。時差は3時間ですが、長旅になります。近くて遠い国という印象ですね。

カザフスタンってどんな国?

20180829 101209143870435 2139931154168414208 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
kurumatani

1991年、ソ連崩壊後にカザフスタン共和国として独立を果たしました。その広い国土面積は世界で9番目に大きいですが、その大部分は砂漠や乾燥した地域です。ロシアや中国、そしてヨーロッパの多くの国と友好関係を保っています。独立後は天然資源輸出によって著しく経済発展していきており、都市開発が進んでいます。

特に首都のアスタナは建築家・黒川紀章の都市計画案を基に開発が進められており、未来都市とも呼ばれるように、近代的でユニークな建物が続々と建設されています。カザフスタン最大の都市は旧都のアルマトイですが、アスタナは今後更に世界から注目を浴びる都市になっていくと予想されます。

2017年夏(6月から9月)には首都アスタナで万博が開催されており、世界中から多くの人が集まり、賑わっています。日本からも多くの人が参加しており、日本の魅力を伝えるとともにアスタナの魅力を発見しています。今後ますます日本人観光客が増えていくでしょう。

カザフスタンの首都アスタナは未来都市と言われますが、特に夜景を見ると未来都市という言葉に納得できる気がします。どこかアラブ首長国連邦のドバイのように見える気もします。カザフスタンを知らない日本人にとっては、中央アジアにこんな都市があったんだと驚くことが多いでしょう。新しい発見の多い、面白い旅行先です。

カザフスタン首都アスタナの必見観光スポット1:平和と調和の宮殿

未来都市のようなカザフスタンの首都アスタナにあるピラミッドのような建物は平和と調和の宮殿です。日本語では平和のピラミッドと呼ばれることもあります。イギリスの有名な建築家ノーマン・フォスター氏によって設計されました。フィボナッチ黄金比を用いて設計されています。

20633300 337837339961329 2726834050005204992 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
rafa_vizuete_castro

中に入ると非常に不思議な構造で入り組んだ階段があります。そしてたくさんの植物もあります。外観もユニークですが、中も不思議な建物です。地下部分には立派なコンサートホールがあります。設計の話や民族衣装の展示などもあって短時間ではありますが、楽しめます。

20482330 852992341517002 4011043775613763584 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
prakornk

最上階に登ってくとたくさんの白い鳩が描かれています。全部で130羽もいるそうで、ちょっと圧倒されます。ピラミッドの頂上部分はガラスになっていて、太陽の光が射し込むので、鳩がはっきりと浮かんで見えて綺麗です。ぜひカザフスタンのピラミッドを見に行ってみてください。

カザフスタン首都アスタナの必見観光スポット2:バイテレク

20225955 272603776477768 1726882882296741888 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
toshiyaseki

カザフスタンの首都アスタナで一際目立つのがバイテレクという塔です。この塔の上にあるのは、幸福を呼ぶ魔法の鳥サムルグの卵を表現したものです。民話を基にしているもので、サムルグが木の2本の枝の間に卵を置くことからこのデザインになったそうです。塔の高さは約105メートルあります。

36900252 236478047174858 2012544309659697152 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
dankabuki

金の卵の部分には展望台があります。地上97メートルの展望台からは360度アスタナの街が見渡せます。そして最上階にはカザフスタン初代大統領の手形が置いてありますので、興味がある方はぜひ登ってみてください。大統領の手形が指す方向には大統領宮殿があります。バイテレクはライトアップされた姿もとても綺麗で必見です。

カザフスタン首都アスタナの必見観光スポット3:ハズィレット・スルタン・モスク

20481960 267505943736158 8953624292252188672 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
annel_p

首都アスタナにあるハズィレット・スルタン・モスクは2012年に建てられた新しいモスクです。敷地は11ヘクタールと非常に広く、ミナレット(塔)は約77メートルもあります。5000人もの人を収容できるそうです。遠くから見てもその大きさでとても存在感があります。

内装は白とライトブルーで落ち着きのある美しいデザインです。女性は肌の露出NGなので、入り口でアバヤを借りて入りましょう。アバヤは無料で借りられます。敷地面積からも想像できるように、中もかなり広く開放感があります。壁や天井、どこを見ても細かい装飾が美しいので、じっくり回ってお楽しみください。

カザフスタンで一番大きく、一番美しいモスクは必見です。イスラム芸術もお楽しみください。首都アスタナは、こういったイスラム文化の美しいモスクも見られ、未来都市と呼ばれるような近代的な建物も見られるのでおもしろい街です。面積が広いこともあり、建物がどれも巨大で圧倒されます。まだ開発が進んでいるので今後も楽しみですね。

カザフスタン首都アスタナの必見観光スポット4:ヌル・アスタナ・モスク

19120321 251897861960002 3853391366016991232 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
glaubeundislam

ヌル・アスタナ・モスクは近代的な建物が多いアスタナの中心部で独特の存在感を放つ美しいモスクです。ハズィレット・スルタン・モスクができるまではカザフスタン最大のモスクでした。大きさは一番ではなくなったものの、金のドームが特徴的で、前にある噴水もモスクを更に美しく魅せています。

21373798 131648090790590 5378970638683734016 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
loic80l

イスラム教徒以外でも中を見ることができます。とても広く開放的な室内、そして美しい天井の模様は必見です。とても便利なところにあるので、アスタナ観光の際は2つのモスクどちらも見に行ってみてくださいね。それぞれ違った良さがあります。未来都市だけでなく、イスラム教徒が多いカザフスタンならではの観光地も見逃せませんね。

カザフスタン首都アスタナの必見観光スポット5:ハーンシャティール

20634009 2051155005113772 3777906297882542080 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
emelyanov_yurii

未来都市的なこの建物はハーンシャティールというショッピングモールです。四角い方がたくさんお店が入る気もしますが、ここはアスタナらしく独創的な建物を見て楽しみましょう。ハーンシャティールとは王のテントという意味らしく、これは世界最大のテントと言っているそうです。大きすぎてテントには見えませんけどね。

20687347 190286711511048 6662393118261772288 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
ollywainwright

中には意外と多くのお店が入っています。飲食店もあるので、買い物を楽しみ、ここで食事もできます。更にこのショッピングモールはショッピングだけでなくレジャーも楽しめるらしく、中に遊園地のアトラクションのようなものまであります。アスタナ観光中は本当に驚きの連続です。

ハーンシャティールの最上階にはなんと!ビーチ風の屋内プールまであります。ショッピングモールで南国ビーチ気分って不思議ですが、ちょっと気になりますよね。カザフスタンの冬にここで常夏気分を味わうのもいいですね。とりあえずこの巨大なテントに入ってみて買い物や気になった施設をお楽しみください。

カザフスタン首都アスタナの必見観光スポット6:カズムナイガスビル

20759404 1406081759512211 1166487068616949760 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
saya_______b

国営企業で石油や天然ガスを扱う会社カズムナイガスの建物も独特で、未来都市を代表する建物と言えるでしょう。ドバイのパームジュメイラにあるアトランティスというホテルに作りが似ています。そしてちょうど正面からは巨大なテント、ハーンシャティールが見える写真撮影スポットです。

19761436 1901920123406517 4966117323967561728 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
empedles

建物の前には噴水、夜には派手なライトアップもあり、本当にドバイにもありそうな雰囲気です。豊富な資源保有国は羨ましいですね。中の見学はできないので、ここは夜ライトアップを見にいくのをおすすめします。巨大テント(ハーンシャティール)もライトアップされて綺麗ですよ。

カザフスタン首都以外の観光地1:ビッグ・アルマティ湖

18947370 859423237544337 7359947110516523008 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
mrpulidoj

アルマトイ市内から車で約1時間ほどでビッグ・アルマトイ湖に行くことができます。標高2511メートルにあり、周りを巨大な山が囲んでいます。雪をまとった山も綺麗ですが、寒くなるので防寒対策をしっかりしていきましょう。湖だけでなく山の木々や花などがつくりだす景色は絶景です。

カザフスタン首都以外の観光地2:ゼンコフ教会

20398682 249155735596349 554833611988140032 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
strada.claudio

アルマティにあるロシア正教会の建物がゼンコフ教会です。1904年から1907年の間に建造され、複数の地震に耐えてきました。1973年から1976年まで修復工事が行われ、1995年から再度ロシア正教会が管理するようになりました。ロシア正教会の特徴であるカラフルな外観が美しい教会です。

18645795 1298229076962271 6270106512140533760 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
waterfan_ig

ゼンコフ教会は28人のパンフィロフ戦士公園の中にありますので、公園内もゆっくり散歩しながらお楽しみください。ちょっとしたアイスなどの売店もあるので、ご活用ください。木造建築の建物で世界第2位の高さを誇るゼンコフ教会、アルマティでおすすめの観光スポットです。

カザフスタン首都以外の観光地3:ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

16110212 559621800829139 6060088933557993472 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
ojayw

テュルキスタンにあるホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟はヤサヴィー教の歴代の指導者の墓が置かれており、中央アジアにおけるイスラム教徒の聖地の一つとされてきました。2003年にはカザフスタン初の世界遺産として登録されています。最初に建造されたのは1397年で1990年代にトルコの援助を受け、修復されました。

18011441 260887421041008 4221926515228540928 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
beautyturkestan

ティムール建築で最も大きく、保存状態が良いものとされています。あまり派手ではありませんが、ドーム部分をよく見ると非常に細かくデザインされていて美しいです。周りに何もないところなので、その巨大な姿は存在感抜群です。内部は撮影禁止なのですが、必見です。

カザフスタンで食べたいおすすめグルメ1:ラグマン

14597473 191987404541081 5126379914039132160 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
jiae9028

ラグマンは中央アジアでよく食べられる麺料理です。麺は小麦粉を塩水と合わせて捏ねたもので、その麺を茹でてから羊肉や野菜などをトマトペーストで煮た具をかけて食べます。具の肉や野菜は1時間以上じっくりと煮込んでいるので肉の美味しさがしっかり出てとても美味しいです。

ラグマンに関しては、あまり羊肉のクセのある味や香りは気になりませんが、苦手な方は牛肉のラグマンがないか聞いてみましょう。また、この具をご飯にのせて食べる料理もあり、そちらも牛丼のようで美味しいです。旅行中にぜひ食べてみてくださいね。麺好きな日本人には食べやすく美味しい料理です。

カザフスタンで食べたいおすすめグルメ2:マンティ

10261302 1411867732422736 978483711 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
cknewsstand

マンティは主にトルコや中央アジアで食べられている料理です。小麦粉で作った皮に具を包んだ餃子(水餃子)のようなものです。カザフスタンでは羊肉を細かく切り、胡椒でしっかりと味付けしたものを具にします。屋台で売られる場合はシンプルに唐辛子をかけて提供されます。

レストランなどで食べるときはよく、玉ねぎやニンジン、バター、サワークリームなどが上にのっています。具に羊肉以外に牛肉や馬肉を使っているお店もあります。熱々のマンティを一口食べるとジューシーな肉汁が出てきてとても美味しいです。あまり食べる機会のない羊肉に挑戦してみてはいかがでしょうか。

カザフスタンで食べたいおすすめグルメ3:バウルサク

13694681 156266688129036 1051318765 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
chevymagc

バウルサクはカザフスタンなどの中央アジア、モンゴルでよく食べられている揚げパンです。外はカリカリ中はふわっとしていて、一口サイズなので食べやすいです。甘すぎないので何個でも食べられそうな気がします。小腹が空いたときはカザフスタンスイーツも食べてみてくださいね。

カザフスタン観光で気になる治安

未知の国だとより治安が気になりますよね。カザフスタンの治安について、実際に行くとそれほど治安が悪いとは感じなかったという人が多いです。ただし、外務省の治安情報ではテロの可能性があるとして危険レベル1となっています。旅行者を狙った犯罪も少なくありません。最新の治安情報を確認しつつ安全第一で行動しましょう。

治安を心配して行ったけれど、むしろ治安が良かったと感じる人もいます。それはきっとカザフスタン人の優しさもあるからでしょう。現地の人は基本的に朗らかで優しい印象です。困っていたら助けようとしてくれる人が多いので助かります。治安情報に注意しつつも楽しめることは十分楽しみましょう。現地の人との交流も旅の楽しみです。

カザフスタン旅行でビザは必要?

カザフスタンは以前は観光でもビザが必要で事前にビザ申請をしていく必要がありました。それが近年多くの国に対して観光ビザなしの訪問を許可するようになり、少しずつ観光客が増えてきました。日本もその一つです。2017年現在ビザなしで渡航できます。近くて遠い国が少し身近に感じられるようになっています。

 

ビザなしで滞在できるのは最大30日間なので、観光には十分です。日本とカザフスタンは友好的な関係にあり2016年にはナザルバエフ大統領を日本に招いています。今後もずっとビザなしでの渡航許可を継続してほしいですね。30日以上滞在する場合はビザ申請が必要です。ビザの情報は大使館ホームページで最新情報を確認しましょう。

カザフスタンで未来都市を観光しよう!

いかがでしたか?未来都市と言われるアスタナを中心にカザフスタンの魅力を紹介しました。ビザなしで行けるようになり、より気軽に旅行できるようになったカザフスタンに行ってみませんか?近代的な街並み、美しいモスク、雄大な自然を全て楽しむことのできる魅力的な観光ちです。ぜひご検討ください。

関連記事

関連するキーワード

1419.thumb
この記事のライター
YS
国内外問わず旅行が大好きです!休みを見つけてはどこに行こうか考え、現地のグルメも満喫したいのでよく下調べをして出かけています。みなさんが出かけたくなるような魅力的な情報を発信していきたいと思います!

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する