地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

サントリーニ島のおすすめ観光スポットはココ!行き方・ベストシーズンも紹介!

ギリシャの島々の中の一つであるサントリーニ島。エーゲ海に浮かび、白い迷宮と言われ、島の景観も島から見る絶景もうっとりするほど素敵な島です。沢山の観光地もあり観光旅行におすすめです。サントリーニ島の行き方、ベストシーズン、おすすめの観光スポットをご紹介します!

エーゲ海に浮かぶ最も美しいサントリーニ島見出し

エーゲ海に浮かぶギリシャの島サントリーニ島は、最も古くから「カリステー」(美しいもの)と言われています。今でも美しい島、白い迷宮、ロマンティックな島と言われ、素晴らしい絶景を見る事が出来、素敵な島です。日常のストレスを忘れさせてくれます。そんなサントリーニ島の素敵なスポットをご紹介します。

サントリーニ島の気になる治安見出し

ギリシャのサントリーニ島へ旅行する時、一番心配な治安をご紹介します。ギリシャ全体の治安も良いですが、サントリーニ島はギリシャの中で最も良い治安の島です。地元の人もみんなゆったりしていますし、観光客もストレスを解消するために素晴らしい景色で癒されるために来ている人が多いので、不安なく過ごす事が出来ます。

女性一人旅でも、多くの観光客で賑わっているので、治安面で不安を感じる事はありません。夜もそこまで不安になるような治安環境ではありません。綺麗な夜景を見る為に夜も多くの人が観光しています。お店も夜遅くまで空いていますし、ホテルなど宿も多いので、もし何かあればいつでも駆け込むことも出来ます。

治安が良いと言っても、注意は必要です。観光客が押し寄せる場所です。絶景を見る事が出来るスポットは、シーズン中は特にものすごい人数になります。どこを見ても人です。そういう場所では、スリなどに気を付けましょう。一番人が多い時間は、警官が巡回し、犯罪も少ないですが、対策をして観光した方が安心して観光出来ます。

もう一つ注意事項があります。サントリーニ島では、みんな、気持ちが開放的になっています。中にはパーティー気分で浮かれている人たちも必ずいます。そういう人たちが運転するととても危険なので、もし旅行中運転する事があれば、事故に巻き込まれないように気を付けましょう。また、歩くときも気を付けましょう。

ギリシャ観光のおすすめランキング20!気になる治安情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ギリシャ観光のおすすめランキング20!気になる治安情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青い海、そして豊かな大自然に囲まれた人気の観光先「ギリシャ」。数千年の歴史を持つギリシャ神話にまつわる世界遺産や自然の美しい観光地が数多く点在しています。そんなギリシャのおすすめ観光地をはじめ、治安や費用、ベストシーズンまでまとめて紹介していきます。

サントリーニ島の観光ベストシーズン見出し

サントリーニ島のベストシーズンをご紹介します。5月から10月です。サントリーニ島が浮かぶエーゲ海の気候は、年間を通して降水量は少なく温暖です。夏は、湿度は少なく、気持ち良い晴天の日が続きます。5月から10月がベストシーズンと言っても、7月と8月は、とても日差しが強く、エテジアンという北風も吹き、観光目的には厳しい月もあります。

ベストシーズン中、5月はまだ初めで、朝晩は冷える事があり一枚羽織る事が出来る物が必要ですし、紫外線が強くなる時期は、日やけ止めなど紫外線対策を用意する必要があります。また、サマータイムがあり、ベストシーズン前4月から10月まで、夕暮れから夜の限られた時間、ブルーモーメントと呼ばれる絶景を見る事が出来ます。

冬は雨が多くなり、11月から4月まではベストシーズンではなくなります。オフシーズンは、ベストシーズンのような透き通るような絶景はありませんが、素敵な絶景は見る事が出来ます。開いているホテル、お店、飛行機、船なども減りますが、行く事は出来ます。ベストシーズンがおすすめですが、オフシーズンは人が少なく静かです。

サントリーニ島への行き方見出し

サントリーニ島へ日本からの行き方をご紹介します。飛行機です。しかし直行便はありません。ギリシャ内で移動すると楽かもしれないと考え、ギリシャのアテネ空港を考えますが、このアテネ空港へも直行便がありません。アテネを経由していく場合1か所以上を経由してアテネへ行き、そこからサントリーニ島へ行くので経由が1か所多くなってしまいます。

ベストシーズン中は、アテネからだけではなく、ヨーロッパ各国から便が出ています。日本から、ヨーロッパの国を経由してサントリーニ島へ行く場合、少なくて1か所のみの経由で、約16時間から約20時間で行く事が出来ます。しかし、ベストシーズン中以外は、飛行機が飛ばないこともあります。ご注意ください。

一般的には、飛行機移動ですが、ベストシーズン中は、時間があるなら飛行機と船での行き方もあります。船で行くなら、アテネ空港まで飛行機に乗り、アクロポリス駅まで電車で移動し、アクロポリスからピレウス駅まで移動し、ピレウス港からフェリーや高速船で行く事が出来ます。高速船では4時間から6時間、フェリーでは9時間で到着です。

サントリーニ島の観光旅行の移動手段見出し

バス

フィラから他の街へ移動する人が多く、バスが出ています。フィラのバス停は1つなので、そのバス停に行くとバスに乗る事が出来ますが、2、3台バスが止まっている場合、どのバスがどこ行きか教えてくれないので、周りの観光客や運転手さんに聞きながら乗る必要があります。出る寸前になれば、呼びかけてくれる運転手さんもいます。

散歩

サントリーニ島は、大通り以外は、細い路地になるため、ほとんどが徒歩になります。徒歩で昇り降りするのは、とても大変で、結構疲れるはずですが、サントリーニ島は、海を見ても素敵で、建物を見ても素敵で、土産や、レストラン、カフェ、ホテル、どれを見ても見惚れてしまうほどです。疲れを忘れて歩いてしまいます。

ケーブルカー

サントリーニ島は、崖の島なので、島の下から、ホテルなどがある上に登るのはとても疲れます。そこでフィラからケーブルカーでオールドポートまでという行き方があります。ケーブルカーでは、片道約5分で移動する事が出来るので、急いでいる時、疲れている時は、ケーブルカーが安心でおすすめです。

ロバタクシー

サントリーニ島観光の移動手段は、バスやタクシーで、上から下へはケーブルカー、またロバタクシーがあります。街の中の移動は、主に散策です。ロバタクシーは、おすすめです。スーッとケーブルカーで登るのも良いのですが、ロバタクシーは、なかなか体験できませんし、ロバタクシーは、旅の楽しさを感じる事が出来、おすすめです。

ロバなので、獣臭さがありますし、階段には、ロバタクシーのロバが並んで、よく糞が落ちていますが、待っているロバたちを見るだけでもかわいいです。そしてなかなか体験できませんので、乗ってみるのはおすすめです。ロバは、思いも思いに移動するので、楽しい移動手段です。ロバは利口で、最後には目的地まで行ってくれます。

注意が必要な人もいます。ケーブルカーもロバも乗り物酔いする人にはおすすめできません。揺れが酷く、酔います。また、ロバに乗ると、当たり前ですが高くなります。サントリーニ島は崖の島、急な階段や坂道が多くあります。ロバの上の高さで急な坂を登利下りするのは、とても怖い思いをする人がいます。気を付けましょう。

サントリーニ島の観光スポット・フィラ見出し

サントリーニ島の2大都市をご紹介します。拠点となる「フィラ」と絶景を見る事が出来る「イア」です。拠点となるのはフィラで、空港から北西に車で約20分のところにあります。サントリーニ空港からの行き方は、バスやタクシーです。フィラは、サントリーニの土産屋が建ち並び、散策するだけでとても素敵な気分になれる街です。

また、フィラには、ギリシャの美味しい料理を味わう事が出来るレストランやカフェもあり、素晴らしい時間を過ごす事が出来ます。色々美味しい料理はありますが、特に新鮮な魚介類を使った料理や、ギリシャのオリーブオイルを使った「グリークサラダ」などはおすすめです。ギリシャのファーストフード「ギロピタ」もおすすめです。

ギリシャ料理のおすすめランキング20!現地に行ったら外せない人気料理は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ギリシャ料理のおすすめランキング20!現地に行ったら外せない人気料理は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ギリシャ料理はオリーブオイルとヨーグルト、ハーブを多く使い、温暖な気候の地中海地域で手に入る野菜や魚介類のものが多いため家庭料理でもよく使われます。歴史的に関係のあるトルコの影響が多く見られるのが特徴です。そんな豊富なギリシャ料理をランキングでご紹介します。

サントリーニ島の観光スポット・イア見出し

「イア」をご紹介します。有名な絶景を見る事が出来る街なので、とても有名です。フィラからの行き方は、イア行きのバスが出ています。「イアー」か「イオー」と叫んでいる人のバスに乗ります。イアは、道が大理石で出来ていて、とても輝いているとても素敵な町です。夕焼けも有名で、お土産も買う事が出来ますので、おすすめです。

サントリーニ島の観光スポット・フィロステファニ見出し

「Firostefani」(フィロステファニ)をご紹介します。拠点となるフィラの街からフィロステファニへの行き方は、歩きかバスです。フィロステファニはフィラの1キロほど北にありますですので、景色を見ながら歩くのもおすすめです。ここは、スリー・ベルズ・フィラの場所以外は、観光客も比較的少なくのんびりする事が出来ます。

フィロステファニ広場にも教会はありますが、絵葉書に使われる絶景を見たい人は「Three Bells of Fira」(スリー・ベルズ・フィラ)に行きましょう。言葉に出来ないほどの絶景に出会う事が出来ます。海と青い屋根と白い壁のコラボレーションの素敵な風景は、ずっと見ていても飽きません。

海を背景にスリー・ベルズ・フィラを見る場合、なかなか場所が分からない人が多いようです。行き方は、フィロステファニの広場からサントリーニパれるホテルを目指し、坂道を上ります。坂を登ると二手に分かれますので、断崖の方へ行きましょう。上り終わると左側にホテル広場に出るので、そこからの絶景になります。

サントリーニ島は、建物と階段が複雑に入り組んでいて、不思議な街並みを見る事が出来ますが、階段も壁も、ほとんど白で統一されていますので、つい人の土地に入り込んでしまう事もあります。たまに「Private」(プライベート)という看板が見られます。それは、入らないようにする注意書きですので、入らないようにしましょう。

フィロステファニにも、お土産屋があります。また、ホテルもありますので、あまり観光客がいない静かな場所に泊まりたいと思っているなら、フィロステファニの方に泊まる方が、のんびりゆったり出来るかもしれません。この町もただ散策するだけで、沢山写真を撮りたくなる素敵な風景を楽しむ事が出来ます。

サントリーニ島の観光スポット・ レッドビーチ見出し

「Red beac」(レッドビーチ)をご紹介します。レッドビーチへの行き方は、バスと船を使います。フィラのからレッドビーチ行きのバスに乗り、船に乗りかえ、レッドビーチのビーチ際まで連れて行ってくれます。時間がある方は、崖を歩くことも可能です。ビーチの砂は溶岩で出来ていて赤色です。素敵なビーチでおすすめの観光スポットです。

「Black Beach」(ブラックビーチ)「White Beach」(ホワイトビーチ)もご紹介します。船は、全てのビーチへ行ってくれます。ブラックビーチは、崖は白で砂が黒いというビーチで、人が少なくのんびりできます。ホワイトビーチは、素敵ですが、船がビーチ際まで行かない為、泳いで船に乗り込む形なので、覚悟していく事が必要です。

紅の豚の舞台はアドリア海やギリシャのビーチ!モデルになった場所を訪れよう | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
紅の豚の舞台はアドリア海やギリシャのビーチ!モデルになった場所を訪れよう | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アドリア海が舞台となったジブリ映画「紅の豚」。中でも、主人公が隠れ家としてた断崖絶壁に囲まれた入り江の美しいビーチに行ってみたい!と思った方は多いでしょう。そんな「紅の豚」の舞台モデルとなったアドリア海に面するクロアチアやギリシャの美しいビーチをご紹介します。

サントリーニ島の観光スポット・ワイン博物館見出し

「Koutsoyannopoulos Wine Museum」(ワイン博物館)をご紹介します。ワイン博物館への行き方は、車かバスと歩きです。フィラの街から南東へ車で15分の所にあります。カマリビーチ行きのバスに乗り、ワインイミュージアムに行きたい事を言えば、降ろしてくれます。勇気がない場合は、タクシーで移動が分かりやすく助かります。

ギリシャのサントリーニ島は、ギリシャワインの発祥の地と言われています。そのワインの歴史を学ぶ事が出来ます。洞窟に博物館があり、とても面白い観光スポットでおすすめです。もちろん試飲することもでき、トランシーバーで説明を聞く事が出来るので、楽しく観光する事が出来ます。雨が降った時は助かる室内の観光スポットです。

サントリーニ島の観光スポット・サントリーニ火山見出し

サントリーニ火山をご紹介します。火山への行き方は、フィラからケーブルカーに乗り、「Old Port」(オールドポート)へ行き、そこから船に乗り換え、行く事が出来ます。そこへ行くには、サントリーニ島の旅行案内所に行き、サントリーニ火山ツアーに申し込みましょう。また、そのツアーには、温泉もついている事があります。

サントリーニ島のオールドポートから、船に乗り、「Nea Kameni」(ネア・カメニ島)にあるサントリーニ火山に行きます。サントリーニ島は、崖の島です。崖に美しい家が建ち並んでいます。港は、島の一番下にあるので、島の上のホテルに泊まっている人は、歩いて降りるか、ロバタクシーかケーブルカーで降りましょう。

このサントリーニ火山は、大昔は、全てが一つの島でしたが、紀元前1500年ごろの海底火山の大噴火で、島の真ん中が沈み、二つに分かれてしまいました。現在は、船で渡る事になります。ツアーは、ガイドが付くわけではなく、島に着くと各々好きなように時間までに火山を楽しんで、時間になったら船に帰ってくるシステムです。

船で温泉付近まで移動します。この温泉、海です。海が温かいという場所が温泉と言われ、船は30分ほど止まっていますので、飛び込んで温かい海で泳ぎます。着替えたりする時間などありませんので、服の下に水着を着るか、泳げる服装で行く事をおすすめします。日本人から言えば温泉とは言えませんが試しに入ってみてはいかがでしょうか?

サントリーニ島の観光スポット・アクロティリ遺跡見出し

「Akrotiri」(アクロティリ遺跡)をご紹介します。アクロティリ遺跡への行き方は、フィラからアクロティリ行きのバスで行く事が出来ます。約30分です。ここは、クレタ文明時代の遺跡が保管されている場所です。紀元前1500年頃の大噴火で、島の中心が沈み埋没し、1967年に発掘調査で、埋没した当時の物が発見されました。

この火山灰で50メートルの深さの火山灰に覆われていたため、保存状態良く、フレスコ壁画をはじめ、土器、青銅器などが発見されされています。このアクロティリには高度な文明が栄えていた事が判明し、その遺跡がこの場所に納められています。おすすめの人気観光スポットです。

サントリーニ島の観光・サンセット見出し

サントリーニ島のサンセットは、言葉に出来ない程、素敵で絶景です。直接海に沈む太陽は、神秘的で地球に感謝する事が出来ます。また、サントリーニ島には、この絶景を見る為にくる観光客がほとんどです。みんなベストスポットで待機しています。人が多い事は覚悟しておきましょう。毎日イベントのようにサンセットを見る事が出来ます。

サントリーニ島の観光・夜景見出し

サントリーニ島の夜景をご紹介します。日差しが強い晴天のサントリーニ島の風景は、スッキリとした青を白のコントラストで素晴らしい風景ですが、時間で色々な顔を見せてくれるのが、この島の良いところです。夜景は、真っ暗な海の中に街の光が浮かび、これもまた神秘的な風景を見せてくれます。

サンセットが有名なので、サンセットを見た後、観光客はどんどん去って行ってしまいますが、もう少しそこに居続けましょう。そうすると、とても素敵な、宝石箱のような絶景を見る事が出来ます。この夜景もまた、ずっと見ていても飽きないとても素敵な風景で、おすすめです。

サントリーニ島の観光・サンライズ見出し

なかなか知られていませんが、実は、サントリーニ島は、小さな島なので、サンライズも絶景です。サンセットのように、大勢の観光客も居ませんし、素敵な日の出を見る事が出来ます。夕焼けや夜景を見て疲れていても、朝早く起きて日の出を見ると、疲れも吹っ飛びまた1日動く事が出来ます。

オシャレでロマンチックなサントリーニ島へ見出し

ギリシャのサントリーニ島のベストシーズン中は、人気で、晴れ渡る青空の輝く絶景を見る事が出来ます。観光目的とした人が多く、治安も良く、安心して観光する事が出来るのが魅力です。ベストシーズン以外は、輝く絶景より静かな絶景を楽しむ事が出来ます。オシャレでロマンチックで活気のあるサントリーニ島を楽しみましょう!

投稿日: 2017年8月15日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote