地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

岡山の「えびめし」は人気名物グルメ!おすすめの有名店を紹介!

中国地方を代表する都市、岡山。晴れの日が多い「ハレの国」として知られており、マスカットや桃、ままかりなどの小魚が名物として挙げられます。そんな岡山を代表するB級グルメ「えびめし」をご存知ですか?今回は岡山名物「えびめし」が食べられる話題のお店をご紹介します。

岡山名物「えびめし」を食べてみよう!見出し

岡山名物といえば、新鮮な果物や瀬戸内の海産物、そしてきびだんごが真っ先に思い浮かぶかもしれません。しかし、岡山では、津山ホルモンうどんや蒜山焼きそばなどの、B級グルメもアツいんです。今回は、岡山を代表するB級グルメ「えびめし」の有名店を、地元民に愛されるお店から、新幹線の待ち時間に便利なお店まで、ご紹介します。

岡山名物「えびめし」の有名店:Lunch&BeerSUN見出し

岡山駅ビル1階にあるお店です。店内は照明が落としてあり、比較的落ち着いた雰囲気。オムライスやデミカツ丼など、岡山名物や定番の洋食をいただくことができます。人気の「えびめし」は770円。真っ黒なご飯に、小エビが入ったシンプルなえびめし。錦糸卵は甘めの味付けでふわふわ感があります。量はやや少なめです。

大きなエビフライが載ったボリューミーなえびめしもおすすめです。地酒や地ビールなども豊富に用意されています。最近話題の岡山地ビール「独歩」も瓶で販売されていますよ。新幹線乗り場までの距離が近いので、新幹線の待ち時間に手軽に岡山名物を味わいたい時におすすめのお店です。比較的空いている、穴場店です。

住所:岡山県岡山市北区駅元町1-1 電話番号:086-801-0060

岡山駅前のホテル人気おすすめベスト21!予約方法は?安い施設をチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
岡山駅前のホテル人気おすすめベスト21!予約方法は?安い施設をチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
桃太郎伝説や後楽園で有名な岡山県。関西地方からだけでなく四国、九州地方からも交通の便がよく、出張や観光などで足を運ぶ機会も多いのではないでしょうか。今回は岡山県の玄関口である岡山駅前にある数多くのホテルの中から、目的別に駅近のおすすめホテルをご紹介します。

岡山名物「えびめし」の有名店:いんでいら見出し

新見駅から徒歩7分、「にいみショッピングタウンプラザ」の1階に併設されているレストランです。昔ながらのファミリーレストランという雰囲気で、地元民に愛されているお店。おすすめは「えびめし&ハンバーグセット」(935円)。パラパラのえびめしの隣には、ジューシーなハンバーグとウインナー、コールスローサラダが添えられています。

スプーンとフォークでいただきましょう。具材のエビはぷりぷりっとした食感で、お米にもしっかり味がしみています。えびめしで甘くなった舌を、コールスローの酸味が上手く中和してくれます。他にも、えびめしとカニクリームコロッケが一緒になったボリューミーなセットがあります。

住所:岡山県新見市高尾2477-1 電話番号:086-772-1808

岡山名物「えびめし」の有名店:ラーメン西本見出し

県庁通り駅から徒歩5分のラーメン屋さん。近くにコインパーキングがあるので、車で行くのもおすすめです。白壁の清潔感あふれる店内は、女性でも入りやすい雰囲気。基本的にラーメンの有名店で、魚介スープが美味しい塩ラーメンが好評ですが、B級グルメ「えびめし」(680円)も人気。

ラーメン(塩か醤油)とえびめしのセットもおすすめです。えびめしの名店「いんでいら」の味を受け継いでおり、コールスローサラダが付いてきます。具材の小エビはやや少なめですが、ボリュームはしっかりあるので、食べ応え抜群。やや甘めで塩分は控えめの味付けが、ラーメンの塩気によく合います。

住所:岡山県岡山市北区表町2-3-63 電話番号:086-234-1755

岡山名物「えびめし」の有名店:えびめしや万成店見出し

備前三門駅から徒歩25分ほどのところにあるお店。駐車場も20台ほどありますので、車で行くのがおすすめです。ハンバーグやカレーなどがメインの洋食店です。人気の「えびめし」は648円。ハーフサイズや大盛り、スープセットなどがあり、様々な用途に対応できます。パラパラ食感のえびめしは、ソースだけでなくエビの旨みも感じられます。

人気メニューの「ポトフ」と一緒にいただくのがツウの食べ方です。コトコト煮込まれた野菜の旨みが凝縮されたスープは、一般的なポトフと異なり、スープが茶色に近い色。お肉もほろほろで、スプーンで簡単に割れるほどの柔らかさです。食事とセットにすると99円と驚きの安さなのが嬉しいですね。

住所:岡山県岡山市北区万成西町2-53 電話番号:086-251-6221

岡山名物「えびめし」の有名店:やじろべー見出し

法界院駅から徒歩10分ほど。黒を基調とした落ち着いた内装は、女性でも気軽に入れる雰囲気です。ラーメンの有名店ですが、B級グルメのデミカツ丼やえびめし、豚足やミミガーなど、豊富なメニューが用意されています。自家製豚足からとられたコラーゲンを使用した「しょうゆラーメン」は大人気。

しょうゆの色が強い真っ黒のラーメンで、固めの麺がよく合います。「えびめし」は680円とリーズナブル。独特な甘さのなかにも、香辛料のほどよい刺激があり、スパイシーな味付けです。ラーメンとセットにすることもできますよ。テイクアウトができるのも嬉しいですね!

住所:岡山県岡山市北区北方2-8-25 電話番号:086-222-6220

岡山名物「えびめし」の有名店:うなりや見出し

最寄駅は新倉敷駅ですが、駅から1キロ以上離れているので、車で行くことをおすすめします。「えびめし」は650円。シンプルでさっぱりとした味付け、大きめのエビが沢山入っているのが特長です。酸味の効いたコールスローとの相性は抜群!てっぺんには錦糸卵ではなく、ゆで卵の砕いたものがトッピングされています。

住所:岡山県倉敷市玉島阿賀崎1-11-30 電話番号:086-522-8705

岡山名物「えびめし」の有名店:道草見出し

笠岡の中心部に位置している洋食屋さん。駐車場も完備しています。街の定食屋さんの雰囲気漂う店内には、カレーや焼きそば、ラーメンなどの定番の定食メニューが並びます。約半数以上のお客さんが注文するというのが「えびめし」。なんど、500円というお安さです。

コロッケやトンカツ、焼肉とセットにして、ボリュームアップすることもできますよ。ソースはあまり主張されておらず、バターの風味が強く、ほんのりカレーの味がするのが特徴です。具はぷりぷりのエビと甘い玉ねぎ。キャベツのオイル漬けが添えられていて、箸休めに最適です。

住所:岡山県笠岡市笠岡5891-2 電話番号:086-563-0404

岡山名物「えびめし」の有名店:キッチンかいぞく見出し

恋人の聖地、牛窓に本店を構える洋食店です。人気は「えびめしオムライス」(880円)。えびめしの上にふわふわとろとろの卵が載った、オムライスのような一品。デミグラスソースがたっぷりかかっています。えびめしは、あっさりとした中にも深いコクがある味わい。添えられているサラダも良いアクセントで、病みつきになる美味しさ。

住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4173 電話番号:086-934-4741

岡山名物おすすめランキング21!おいしい食べ物はお土産にもピッタリ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
岡山名物おすすめランキング21!おいしい食べ物はお土産にもピッタリ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
穏やかな瀬戸内海に面する岡山県。名物と言えば「きびだんご」「桃」「マスカット」くらいしかないと思われがちですが、魅力的なグルメや雑貨が岡山にはまだまだあります。お土産としてゲットしても良い美味しい名物や雑貨を、人気ランキングでご紹介させていただきます。

岡山名物「えびめし」の有名店:吉備サービスエリア(上り線)レストラン見出し

岡山駅から少し北にある、吉備サービスエリア内にあるレストラン。主なメニューは、サービスエリアらしいラーメンやうどん、カレーなど。定番メニューだけでなく、岡山名物の「デミカツ丼」や「黄ニラ」を使用したうどんなどもいただけます。なかでも人気なのが「海老めしセット」(1130円)。

えびめしに、お頭付きのエビフライが贅沢に載った一皿です。こちらのえびめしは、色が濃いめで本当に真っ黒!ほんのりとソースとカレーの風味が感じられます。食後は、岡山名物の桃やマスカットを使ったソフトクリームをどうぞ!土日は朝7時から営業しています。

住所:岡山県岡山市北区今岡705-1 電話番号:086-284-8822

岡山の夜景の人気スポット21!ドライブは鷲羽山スカイラインがNo1? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
岡山の夜景の人気スポット21!ドライブは鷲羽山スカイラインがNo1? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岡山の街はとても美しくきれいな夜景のスポットがたくさんあるんです。自然豊かな場所で見る夜景から、高台から望む工場地帯の夜景など魅力的な場所がたくさんあるんです。ぜひ岡山に立ち寄った際は綺麗な夜景を見にドライブに出かけてみてはいかがでしょうか!

「えびめし」の豆知識見出し

「えびめし」はなぜ黒い?

岡山グルメ「えびめし」。その名を聞いたことはあっても、作り方や材料について深くご存知でない方もいるのではないでしょうか?えびめしとは、簡単に言うと小エビが入ったピラフのこと。お店によってはキノコ類も入っています。その真っ黒なフォルムは、ご飯をソースとケチャップで炒めているから。

しかし、一般的なウスターソースやトンカツソースとは異なるカラメルソースを使用しているので、塩辛さはほとんどなく、むしろほんのりとした甘さがあります。真っ黒な見た目から、胃にもたれそうといった印象を受けますが、意外にもマイルドな味わいで、サラサラと食べられます。てっぺんに載った錦糸卵が良いアクセントとなっています。

「えびめし」は東京生まれ岡山育ち?

岡山名物として名高いえびめしですが、実は東京・渋谷生まれ。渋谷に店を構えるカレーハウスが最初に「えびめし」を考案し、店主が実家の岡山に帰ったときに、岡山で暖簾分けした形で店を開店したところ、それが破竹の勢いで広まったのだそう。岡山人の「濃いめ、甘めの味を好む傾向」が、えびめしヒットの一因になったのかも。

岡山名物「えびめし」を有名店で味わおう!見出し

いかがでしたか?名店ばかりを集めてみました。同じグルメでもお店によって味付けや素材にこだわりがあり、個性が感じられますね。出張や旅行など、岡山に行った際に、ぜひ訪れてみてください。他の岡山名物に比べて、お値段がリーズナブルなお店が多いので、気軽に食べられるのも魅力です。

投稿日: 2017年8月24日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote