地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

シンガポールへの飛行時間は?日本との時差・距離・行き方を徹底解説!

シンガポール旅行をご計画中ですか?シンガポールは近年旅行先としてますます人気ですが、飛行時間や日本との時差、距離はご存知でしょうか。今回は、直行便や乗継などの飛行時間や行き方について調査しました。ぜひ、ご旅行を楽しんできてくださいね。

シンガポールへの飛行時間は?日本との時差や距離をご紹介見出し

シンガポールが好きな方も多いと思います。週末など、ちょっと旅行したい場合にぴったりの行き方があれば良いですよね。そこで実際の飛行時間や時差が気になるのではないでしょうか。今回は、近くて遠いイメージのシンガポールの飛行時間や日本との時差、距離、行き方を調査しました。ぜひ、快適な旅行をお楽しみください。

シンガポールへの飛行時間と行き方見出し

シンガポールの行き方としては、直行便と乗継便でシンガポールまで飛行機が主な行き方になっています。シンガポール線は日本の主要な空港に就航していて、乗継を含めると多数あります。利用者の多い路線となっています。ここでは、直行便と乗継便それぞれ乗り入れている航空会社などをご紹介いたします。

シンガポールへの飛行時間は?:「直行便」見出し

シンガポールと日本は往来が盛んで、日本からシンガポールへは直行便が多数出ています。チャンギ空港まで成田空港または羽だ空港からは7時間30分、関西国際空港からは7時間、中部国際空港からは7時間15分、福岡空港からは6時間35分で到着します。各地から直行できて便利です。また、深夜に出発して朝到着する行き方もございます。

シンガポールへの飛行時間は?:「乗継便」見出し

台北などの乗継便もありますが、トランジットで2時間以上は待ち時間があったり、移動日数も増えたりして大変です。乗継分にするメリットとしては、格安航空券が利用できたり、シンガポール周辺の東南アジアやオーストラリア、その他の国や都市を周遊したりできることでしょう。また、マイレージの利用もできますよね。

乗継での行き方は、ジェットスター・アジア航空で台北経由、ジェットスター・アジア航空でマニラ経由があります。乗継時間が半端などの理由や、マイルを意識すると、タイ国際航空でバンコク経由、フィリピン航空でマニラ経由、ベトナム航空でハノイ経由、ニュージーランド航空でオークランド経由も魅力です。

シンガポールへの飛行時間と日本との時差見出し

シンガポールへの飛行時間が直行便でも7時間かかることから、遠いところにあるイメージですが、実際は1時間の時差です。飛行機をおりたら時計を1時間戻すことになります。これは、シンがポーリアンには中華系の子孫や華僑が多いことから、中国本土と時差や違和感をなくすため、このようになったといわれています。

同じ東南アジアでも、ベトナムとタイは2時間、ミャンマーは2.5時間、マレーシアは1時間となっています。また、時差が1時間という事は、日本から来てみると飛行機の中で1時間得した気分になります。日本の家族や友人とも連絡しやすい時差であり、帰国や打ち合わせの際は、少し早めに連絡することになります。なにも、不便さはないですよ。

シンガポールへの飛行時間と日本との距離は?見出し

シンガポールは日本の南西5000kmほどの場所に位置する島です。また、マレー半島の先端、マレーシアのジョホールバルと橋でつながっており、1時間あれば行き来できます。さらに、赤道直下にあるため常夏で、時差は少ないとはいえ、日本とはだいぶ離れている感覚も生じるでしょう。

シンガポールへの運航便見出し

成田、羽田空港からは、シンガポール航空、全日空、日本航空、ユナイテッド航空、デルタ航空などが直行便を運行しています。乗継は台北、バンコク経由があります。大阪・関西国際空港からは、シンガポール航空や全日空や、ヴァージン・オーストラリア航空などが運航しています。乗継はベトナム経由便などがあります。

さらに、中部国際空港からは、シンガポール航空が直行便を運航しています。乗継便は、韓国、中国、台湾、香港、東南アジア各地の都市を経由する便が運航しています。そして、福岡空港からは、シンガポール航空が直行便で運航しており、乗継便は中華航空などが運航しています。また、飛行時間は西日本は少し短くなります。

シンガポールへから近場の離島へは?:「ビンタン島やバタム島」 見出し

近隣のリゾート島へ簡単にいくことができます。シンガポールも島ですが、大都会です。のんびりと島のリゾートライフやフェリーでのクルーズをちょっとした気軽さで楽しむことができます。ビンタン島はマングローブツアーやリゾートホテルでのゾウ乗りやプールなど屋内外でアクティビティが楽しめます。

バタム島は小さな島ですが、近年リゾート地として整備が進み、シンガポールから日帰りできることもあって、ゴルフ客なども多くなっています。シンガポールから少しだけ足を伸ばしてビーチで遊びたい人などにおすすめです。家族でも安心して訪れることができます。早目にホテルやフェリーの検索をしてみてください。

シンガポールへからの飛行時間は?:「シンガポールからタイへ」見出し

タイはバンコクのような大都市以外にも、離島が多いですが、シンガポールからの利便性も抜群です。プーケットはもちろん、クラビといった日本からはなかなか行きづらい秘島にも比較的安い便で行くことができます。クラビは日本人少な目で、欧米系の観光客が長期滞在しています。異国情緒満点です。島から周辺の周遊もできます。

シンガポールへからの飛行時間は?:「シンガポールからインドネシアへ」見出し

シンガポールからインドネシアへは便が多いですが、バリ島も路線があります。バリ島はエキゾチックな雰囲気が抜群で、日本でとても人気の観光地ですよね。大都会シンガポールでは得られない、エキゾチックなリゾートが満喫できますので、シンガポールとバリ島両方を旅行する人も増えています。

シンガポール内よりは日本の方がバリ人気は高いようですが、チャンギ空港からは多数便がありますので、意外と座席が確保しやすく穴場かもしれません。わざわざ日本から行くよりも安い費用で足を伸ばせますので、バリ島への機会をうかがっている方はぜひいかがでしょうか。

シンガポールへからの飛行時間は?:「シンガポールからマレーシアへ」見出し

シンガポールはマレーシアで近年開発中のジョホールバルとは橋でつながっており、イミグレもありますが、タクシーを雇えば一時間ほどでレゴランドなどに行けます。マレーシアはリゾート開発をすすめており、交通も便利になってきました。シンガポールからのツアーバスも多数あり、シンガポール島内の人々が気軽に行き来しています。

週末は橋が混雑します。早朝など時間を考慮して行ってみてください。ジョホールバルの北にも、リゾート地は多数あり、豪華なショッピングモールなどもあり、阿曽美に行く場所として充実しています。また、シンガポールの高い物価が嘘のように安いため、滞在しやすいのも魅力です。さらに、離島のリゾートでは、コタキナバルなどが家族に人気です。

シンガポールへからの飛行時間は?:「シンガポールからモルディブへ」見出し

シンガポールのチャンギ空港からモルディブにも直行便が運航しています。ツアーも多数ありますが、個人でも気軽に行きやすいといえます。マーレ空港到着後に、島から島の移動に飛行機を使うとさらに数時間移動にかかるため、利便性の良いマーレ空港近くのリゾートを選ぶ人も多いようです。

シンガポールへの旅行だけではなく、出張のついでに立ち寄るといった人もいますし、会社の会議の場所として使われたりもして、非常にアクセスが良いことが分かります。もちろん、費用もかかるリゾートではありますが、日本からよりは安くて近く、移動も簡単ですので、ぜひおすすめです。シンガポールでも人気ですので、早めのご予約が望ましいです。

シンガポールへからの飛行時間は?:「シンガポールからフィリピンへ」見出し

シンガポールからセブ島への旅行も一般的です。セブ島以外にも美しいビーチが多いフィリピンですので、高級リゾート以外も検索してみてはいかがでしょうか。また、フィリピン人はシンガポールにも大勢いますし、シティにはフィリピン人が集まるショッピングモールもあり、そういった場所で雰囲気を楽しむ方法もございます。

飛行時間を快適に!気軽に旅行に行けるあこがれのシンガポール見出し

シンガポールは人の出入りの多い国です。さらに、シンガポール航空は世界一サービスが良い航空会社ともいわれていますし、そのようなハイレベルな路線ですので、機内では7時間とはいえ快適なサービスが用意されています。リラックスして旅行を楽しめるのではないでしょうか。赤ちゃん連れには特に丁寧に対応してもらえますよ。

シンガポールの飛行時間はいかがですか。意外と、なんでもないことに思えませんか。シンガポールからの日本旅行も非常に人気です。様々な人が気軽に日本を訪れています。中国語を話しているので中国人や中国本土の人なのかと勘違いしそうですが、

シンガポールに行くなら立ち寄り地も人気!何度でも行きたい見出し

シンガポールからの飛行時間はいかがですか?意外と、7時間はあっという間、時差も気になりません。しかも、日本人は顔パスで入国できるといわれるほど、シンガポールで信頼されています。そのためか、非常に過ごしやすく何度も行きたいと感じるでしょう。路線が多く、また、乗継便には経路の魅力があります。ぜひ、旅程を立ててみてください。

投稿日: 2017年8月25日最終更新日: 2020年9月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote