オランダで使う言語は英語が便利!公用語は何?観光で活かせる情報を解説!

オランダで使う言語は英語が便利!公用語は何?観光で活かせる情報を解説!

多くの人が英語が話せると言われているオランダ。オランダの観光には実際にどのくらい英語が使えるのでしょうか!?オランダで使われている言語や英語がどのくらい通じるのか、ドイツ語やフランス語など他の言語は使えるかなど、観光で活かせる情報をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.オランダの言語は?英語は使える?
  2. 2.1.オランダの言語:公用語は?英語ではない?
  3. 3.2.オランダの言語:オランダ語は難しい?
  4. 4.3.オランダの言語:英語は通じる?
  5. 5.4.オランダの言語:なぜ英語が通じるの?
  6. 6.5.オランダの言語:英語教育はどのくらい盛んなの?
  7. 7.6.オランダの言語:特に英語が通じる場所は?
  8. 8.7.オランダの言語:英語が通じない場所は?
  9. 9.8.オランダの言語:フランス語やドイツ語は通じる?
  10. 10.9.オランダの言語:オランダ語の挨拶は?
  11. 11.オランダではオランダ語と英語を使おう!

オランダの言語は?英語は使える?

首都アムステルダムまでの直航便もあり、日本からも多くの観光客が訪れているオランダ。そんなオランダで、使われている言語は何語なのでしょうか?英語やドイツ語、フランス語は通じるのでしょうか?オランダの公用語やオランダで使われている言語。観光に便利な言葉の情報をご紹介していきます。

1.オランダの言語:公用語は?英語ではない?

オランダ(正式名称は「オランダ王国」)の公用語はオランダ語です。オランダ語はインド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語群に属していて、オランダおよびベルギー北部を中心に2300万人以上が使っています。オランダでも国民のほとんどが、このオランダ語を使って日常会話をしています。西ゲルマン語群ということで、オランダ語は英語やドイツ語など、ゲルマン系の言語ととても良く似ています。

そのため英語やドイツ語を学んだことのある人は似ている言葉もあると感じるかもしれません、ただ、オランダ語の発音は、英語のそれとはかなり異なっているため、聞いただけでは理解できない可能性があります。オランダ本国で、正式に国の公用語と定められているのは、オランダ語ですが、オランダ本国とオランダ領を含み、オランダ語以外にも、地域の公用語、あるいは、準公用語的になっている言語があります。

2.オランダの言語:オランダ語は難しい?

オランダのおよそ90%の人々が主要言語として使用しているのがオランダ語です。オランダ語は、5世紀頃から発達した言語で、地域ごとの方言がありましたが、オランダ語で聖書を作成する為に、16世紀頃に、オランダ語の標準化が図られました。その際に、オランダのホーランド地方の方言が基準とされたことが「オランダ語」の名前の由来でもあります。

オランダ語は発音がとても難しいと言われています。ドイツ語とオランダ語はよく似ていると言われますが、外国人が同時に学ぼうとするとかなり混乱するようです。しかし、リュックサックやおてんばなど、オランダ語に由来する日本語もたくさんあるので、日本人にとってはすこし親近感のある言葉かもしれません。

3.オランダの言語:英語は通じる?

オランダの首都アムステルダムでは、英語は、公用語して「認識」されています。多くのことを英語で処理することが可能ですが、広報、会議、行政管理などは、やはりオランダ語に限られおり、オランダ語と同等のステータスまであるとは言えません。

しかし、多くの場所・人に英語が通じるのがオランダ。オランダ人は、英語の他にフランス語やドイツ語など、1人で何か国語も話せる人が多く、特に、英語はとても多いため、オランダ語で話をしていても英語で話す人がいると全員が一気に英語に切り替わるということがよく起こります。

英語教育も盛んで、小学校に入る前から英語を学ぶ機会があり、英語で授業が行われている大学も多くあるため、英語が話せれば観光には問題ないですし、日常生活も英語を使って行うことが十分にできます。

4.オランダの言語:なぜ英語が通じるの?

世界3位とも言われるオランダ人の英語力、オランダ人はなぜそんなに英語が使えるのでしょうか?一つにオランダ人の国民性があげられます。オランダ人は好奇心旺盛で、知らないことを知るためには努力を決して惜しまないと言います。その好奇心と探究心を満たすための手段として、英語や他の言語を学び、使うことに非常に意欲的であるとも言えます。

また、実際にビジネスの現場において英語が話せることが便利で役に立つからという面もあります。残念ながらオランダ語は他の多くの国の人に通じる言葉ではなく、自分の意思を相手に伝える際に英語が不可欠となることを心得ています。したがって、英語をはじめとしたオランダ語以外の言語を流暢に操ることは仕事をする上で不可欠と考えられています。

5.オランダの言語:英語教育はどのくらい盛んなの?

オランダではグループ7(日本の小学校5年)から英語を教えるのが義務付けられているが、年々これが早まっていて、現在では英語は必須科目として小学校3年生から週4回、授業が行われています。中は5歳から英語学習をスタートさせて小学校卒業までに英会話をマスターさせる学校さえあります。

日本の九州ほどの面積しかないオランダですが、大学は全部で13校あり、オランダの大学での授業の約60%が英語で行われています。とりわけ修士課程では英語化の傾向が強く、1200あるコースのうちオランダ語で授業を行っているのは30%に留まります。英語で授業を行うため、多くの留学生もオランダの大学で学んでいます。

6.オランダの言語:特に英語が通じる場所は?

アムステルダムなどの大きな街は観光地では当たり前のように英語が通じます。レストランや大きなお店ではもちろんのこと、小さなお店でも英語で話しかけてきてくれるので安心して観光をすることができます。

ホテルなど観光客が多く訪れる場所でも英語が通じます。アムステルダムの週末などの宿泊は、季節外れでも宿泊先探しに苦労することがありますが、英語が話せれば予約を取ることができるので、英語ができればオランダは観光に便利な国です。

7.オランダの言語:英語が通じない場所は?

オランダの街中は標識や電車の車内放送がオランダ語が流れています。しかし、オランダ語が分からなくてもオランダ人に英語で質問すればすぐに英語で教えてくれるので安心して観光をすることができ、とても便利です。

オランダのレストランは、日常使いではなく、記念日に大勢で訪れるのが普通な所が多いです。観光地のイート・カフェなら英語メニューも置いてあり、気軽に入れ便利ですが、基本的にレストランに英語表記はあまりないのが普通です。しかし、店員さんのほとんどが英語が話せるので、メニューの内容も聞けば英語で教えてくれます。観光で行くところで英語が全く通じない場所はほとんどない考えて大丈夫でしょう。

8.オランダの言語:フランス語やドイツ語は通じる?

ドイツ・ベルギーと陸で接していて、ベルギーをはさんでフランスとも近い距離にあるオランダ。ベルギーにはベルギー語がなく、ドイツ語やフランス語を話す人が多くいますが、オランダでドイツ語やフランス語は通じるのでしょうか?

オランダ語とドイツ語は似ていることもあり、また休みの日にはドイツからもオランダに観光に来る人も多くいるため大きな観光地ではドイツ語が話せる人もいます。フランス語を話せる人もいることはいますが、ドイツ語ほどは多くないのが実情です。おとなりのベルギーではフランス語を話せる人が多くいて、挨拶も「ボンジュール」とフランス語で交わされていたりもします。

ドイツ語・フランス語などいくつもの国の言葉を話せる人もいますが、基本的には英語で会話をするのが間違いないでしょう。オランダに限らずヨーロッパにはいくつもの国の言葉を話せる人がいて、中には日本語や中国語などアジアの国の言葉も何カ国も話せることもあるのには驚かされます。

9.オランダの言語:オランダ語の挨拶は?

英語で十分にやりとりをすることができ日本人が観光をするのにも便利なオランダですが、基本的な挨拶をオランダ語で言えると、相手も非常に喜んでくれます。一番気軽に簡単に使えるのは「Hallo(ハロ:こんにちは)」や「Dank je wel(ダンキュウェル:ありがとう)」と言った言葉です。

時間帯に合わせて挨拶をするのなら、朝は「Goedemorgen(フッデモルヘン)」、昼間は「Goededag(フッデダッハ)」または「Goedemiddag(フッデミダッハ)」。夜は「Goedenavond(フッデアボント)」を使いましょう。

オランダ語で「はい」という返答は「Ja(ヤァ)」です。買い物などで「これでいいですか?」と聞かれた時に「Ja」と答えます。オランダ語で「いいえ」という返答は「Nee(ネェ)」です。オランダはエコの意識が強いため買い物の時に「袋が入りますか?」と聞かれることが多いです。その際に「Nee」と返事をすれば「袋は要りません」という意味になります。

「ありがとう」は、オランダ語で「Dank je wel(ダンキュウェル)」以外にも「Bedank(ビダンク)」「 Dank je(ダンキュウェ)」「Dank u wel」という表現があります。「Je」が「u」になることでより丁寧になります。目上の方などに使います。せっかくなので道ですれ違う人や店員さんと簡単な挨拶をオランダ語で交わしたいですね!

オランダではオランダ語と英語を使おう!

オランダの公用語やオランダで使われている言語。英語、ドイツ語、フランス語は使えるかなどをご紹介してきましたがいかがでしたか?オランダは多くの場所で英語が使えて便利なので日本人が安心して観光のできる国の一つになっています。せっかくなのでオランダ語の挨拶もまじえつつ、観光を楽しみたいですね!

オランダの観光&旅行スポット21選!運河や美術館など人気の見所を網羅! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オランダの観光&旅行スポット21選!運河や美術館など人気の見所を網羅! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
人気旅行先として常に上位にある「オランダ」には、美しい風景が見れる観光スポット、穴場の観光スポットなど見所が数多く点在しています。今回そんなオランダでの厳選した観光スポットを紹介していきます。一緒にオランダ旅行を有意義なものにしましょう。
なつ
ライター

なつ

ドイツ在住、旅と廃墟と人とごはんを食べるのが好き。日々いろいろな国の人が訪れる家で暮らしています。ヨーロッパを中心に素敵なスポットをご紹介します!

関連記事

人気記事ランキング