白川郷で宿泊するなら?合掌造りなどおすすめの旅館を紹介!

白川郷で宿泊するなら?合掌造りなどおすすめの旅館を紹介!

岐阜県白川村にある白川郷。自然豊かな山間に、合掌造りの家々が佇み、ノスタルジックな風景が広がっています。世界遺産でもある白川郷。そんな白川郷で、宿泊するならココ!という人気の宿泊施設やおすすめの宿泊施設をピックアップしてみました。

記事の目次

  1. 1.世界遺産―白川郷
  2. 2.白川郷―合掌造りの家
  3. 3.観光も宿泊も―白川郷へ行こう
  4. 4.白川郷に温泉はある?宿泊できる?
  5. 5.白川郷で宿泊するなら?おすすめ旅館
  6. 6.白川郷に宿泊するならココ!【城山館】
  7. 7.白川郷に宿泊するならココ!【一茶(いっちゃ)】
  8. 8.白川郷に宿泊するならココ!【伊三郎】
  9. 9.白川郷に宿泊するならココ!【大田屋】
  10. 10.白川郷の素敵な旅の思い出に…。飛騨のおみやげ
  11. 11.白川郷は、懐かしい雰囲気で宿泊できる旅館ばかりです

世界遺産―白川郷

岐阜県の庄川流域一帯のことを白川郷と呼び、白川村の中央や北側にある萩町地区は、昔ながらの合掌造りの景観がある地域として特に有名です。その景観が評価され、1995年五箇山地域と共に、白川郷・五箇山の合掌作り集落としてユネスコの世界遺産に登録されました。萩町地区では現在でも、実生活が営まれているのが大きな特徴です。

白川郷―合掌造りの家

合掌造りは、急勾配の茅葺屋根が特徴で、白川郷の合掌造りは「切妻合掌造り」と言われ、屋根の形が本を開いて三角形に立てた様な見た目をしています。白川村一帯は、積雪が多く雪質が重い地域で、そんな自然条件に合わせた構造になっています。

一般的な住宅と大きく違うのは、大きな屋根の屋根裏は広い空間になり、その屋根裏を作業場として利用していたことです。白川村は幕末から昭和初期にかけて養蚕業が人々の生活を支えてきました。茅葺の切妻造りと屋根裏の空間が蚕を飼うのに適したものだったのです。家の構造が生活に活かされている、理にかなった住宅と言えます。

観光も宿泊も―白川郷へ行こう

観光も宿泊も、昔ながらの風景とともにゆったりとした時間が流れる白川郷。電車の旅も車の旅も、素敵な思い出になることでしょう。白川郷へのアクセス方法をしっかりとcheckして、迷わず快適な旅を楽しんでください!

車でのアクセス

最寄りのICは東海北陸自動車道の白川郷ICになります。平瀬温泉エリアの合掌造りの町並みを楽しみながら行くルート、東海北陸自動車道の荘川ICを下りて、国道158号線→国道126号線を通り白川郷へ入るルートもおすすめです。白川郷内の駐車場は村営せせらぎ駐車場(料金:1000円)を利用しましょう。

白川郷の展望台は城山天守閣がおすすめ!駐車場がないって本当? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
白川郷の展望台は城山天守閣がおすすめ!駐車場がないって本当? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
白川郷の合掌造りは世界遺産にも登録されている大人気の観光地ですが、少し高いところからの有名な景色がありますよね。実はこの写真は城山天守閣という展望台から撮られた写真なんです。この記事では、白川郷にあるその展望台への行き方や駐車場方法などをお伝えします。

公共交通機関でのアクセス

名古屋駅、金沢駅などで下車。各駅から白川郷行き高速バスが出ています。白川郷内のバスターミナルが、2016年10月に新設されました。白川郷の観光名所へのアクセスも便利に。バスターミナル内には待合所の他、観光案内所、コインロッカー、トイレなども完備。白川郷の新しい玄関口です。

白川郷に温泉はある?宿泊できる?

日帰り温泉はもちろん、宿泊もできます。世界遺産唯一の天然温泉で人気の施設です。白川郷の萩町地区で温泉に入りたい時は、こちらを利用しましょう。日帰り温泉の料金は、大人700円、小人300円、6歳以下が無料となっています。お食事処もあるのでランチと日帰り入浴と合わせて訪れるのもおすすめです。

白川郷の温泉おすすめは?日帰りOKや混浴などの施設を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
白川郷の温泉おすすめは?日帰りOKや混浴などの施設を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岐阜県の大野郡白川村『白川郷』は、日本を誇る世界遺産の一つです。日本の原風景とも言える里山の風景に合掌造りの古民家が立ち並ぶ光景は、しばし騒がし現代を忘れさせてくれます。そんな白川郷周辺で温泉宿、露天風呂、混浴の出来る温泉などをご紹介します。

白川郷で宿泊するなら?おすすめ旅館

素敵な思い出作りには、宿泊先の旅館も大事なポイント!白川郷らしい古民家や合掌造りの旅館を集めてみました。白川郷を楽しめる旅館の人気サービスやおすすめポイントや料金を紹介します。白川郷の宿泊先の参考にしてみてください。どの旅館も素敵なところばかりです!

白川郷に宿泊するならココ!【城山館】

家族で営むアットホームな旅館。宿泊客一人一人に細やかなサービスを提供したいという思いから、一日4組限定となっています。建物は明治末期に建てられた歴史と風情が感じられ、ノスタルジックな雰囲気を楽しめます。

日本料理の老舗店やお寿司屋、割烹などで修業を積んだ4代目館主が腕を振るう料理はどれも秀逸。料理が美味しいと定評があります。地元の食材を使った四季折々の料理を味わうことができます。

飛騨名物の朴葉味噌をメインとした豪華だけどヘルシーな朝食。自家製の朴葉味噌は100年以上前から伝わる伝統の味。「ご飯が何杯でも食べられる!」と好評です。朴葉味噌は城山館店頭のみで販売もしていますので、お土産に好適品です。朝食から飛騨牛が堪能できる日もあります。

4代目館主が白川郷を案内する、笑いあり、涙あり、ギャグありの「白川郷ツアー」を無料で行っていて、城山館人気サービスの一つです。宿泊料金は、大人2名利用で一泊二食付きで19800円/人~。尚、一部屋を除きお風呂がついておらず、入浴は隣接する天然温泉「白川郷の湯」を利用。一回分(700円)の入浴券が人数分もらえます。

白川郷に宿泊するならココ!【一茶(いっちゃ)】

田舎のおばあちゃんの家のような、懐かしい趣のある合掌造りの旅館です。夫婦で営む一日数組限定の宿で、奥様とご主人の心温まるもてなしが人気。バスターミナルから出会い橋を渡るとすぐのところにあり、アクセスも良好です。

食事は地元食材や地元で採れた山菜を使用したお料理。ご主人が丁寧に育てたお米や採取した山菜などを使って、奥様が手料理をふるまってくれます。どれも心がほっこりとする優しい味で美味しいものばかりです。朝食後にはコーヒーのサービスもあります。

こじんまりとした客室は小さなテーブルがちょこんと鎮座しています。冬にはコタツになり懐かしい雰囲気に。テレビはなく静かな時間の流れを楽しむことができます。障子を開けると縁側があり、日本の田舎らしい風景が広がります。

お風呂は貸切の家族風呂です。温泉ではありません。近所にある銭湯の割引券をもらえるので、大きいお風呂はそちらを利用しましょう。銭湯へ行く際には懐中電灯の貸し出しもしてくれます。細部まで気を使った、夫婦のおもてなしもおすすめポイントの一つです。宿泊料金は一泊二食付きで8800円~/人です。

白川郷に宿泊するならココ!【伊三郎】

合掌造りの旅館で、昔ながらの民家そのままの風情があふれています。こちらも一日数組限定の旅館。食事は飛騨牛や地元の食材、山菜などを使った素朴で心温まるものばかり。お風呂は温泉ではありませんが、ジェットバス付きの貸切家族風呂です。

とても気さくな女将さんの手作りのおはぎなど、飾りっけのない素朴なおもてなしが心地よい、ホテルでは味わえない素敵な空間です。飾らないけどあたたかい。それが人気の秘密なのかもしれません。女将さんとの食事中の会話も楽しいひと時を過ごす、おすすめポイント!宿泊料金は一泊二食付きで9000円/人~です。

白川郷に宿泊するならココ!【大田屋】

萩町地区の集落の端に位置する合掌造りの旅館です。観光客で賑わいをみせる、少しの喧騒から離れている静かなところです。バスターミナルまで無料の送迎サービスがあります。家族で営む旅館で、心温まるサービスが人気です。お風呂は温泉ではありませんが、檜風呂があります。

食事は、囲炉裏のある部屋でいただきます。地元の食材や山菜、飛騨牛、川魚などを使い、素朴で優しいお料理が味わえます。岩魚の骨酒(別途注文)はご主人のおすすめのお酒。美味しいお酒とともに味わうお料理は格別です。朝ごはんの後には女将さんが地元の伝統的な楽器や踊りを披露してくれます。翌日の朝まで楽しい時間は続きます。

飛騨牛の飼育をしているので、牛の餌やりの体験ができます。その他にも餅つきなどの体験もあるので、ちょっとしたアクティビティにおすすめです。宿泊料金は、一泊二食付きで9800円/人~です。

白川郷の素敵な旅の思い出に…。飛騨のおみやげ

白川郷の美しい風景と、昔懐かしい旅館での宿泊を堪能したら、旅の思い出にお土産もGETしちゃいましょう!飛騨の代表的なお土産を紹介します。紹介した他にもたくさんのお土産があります!ぜひあなたの目で確かめてみてください。

朴葉味噌

言わずと知れた飛騨名物の朴葉味噌。飛騨地方のお土産屋さんには必ず並んでいます。宿泊先の旅館でも朝食などにふるまわれます。味噌に薬味や山菜、きのこなどを混ぜ朴葉の上にのせて焼き、ご飯に絡めていただきます!ご飯のおともには最適です。魚やお肉などを混ぜて焼くと夕食のごちそうにもなります。

赤かぶ漬け

岐阜の飛騨・美濃地方の伝統野菜である飛騨紅かぶ(ひだべにかぶ)を使った漬物です。飛騨紅かぶは漬物にすると中の方まで赤く付け込まれます。ご飯やお茶漬けの添え物にピッタリの一品です。

さるぼぼ

飛騨地方に古くから伝わる「さるぼぼ」。健康や安産、夫婦円満などを願って、また、魔よけや厄除けのお守りにと作られてきました。見た目が猿の赤ちゃんに似ていることから、「さるのぼぼさ」飛騨弁で「さるの赤ん坊」→「さるぼぼ」と呼ばれるようになりました。親しい方へのお守りとしてお土産にするのも喜ばれると思います。

白川郷は、懐かしい雰囲気で宿泊できる旅館ばかりです

白川郷の旅館はノスタルジックな歴史ある建物ばかり!合掌造りの旅館もいっぱいです。白川郷らしい合掌造りの旅館に宿泊するのもよし。風情あふれる古民家で宿泊するのもよし。宿泊料金もリーズナブルな設定の旅館が多いのも人気の一つです。大きなリゾートホテルとは一味違った素朴でほっこりとしたひとときをお過ごしください。

古き良き日本の風景を今も残す白川郷は、国内にとどまらず海外の方にも人気のスポットです。合掌造りや古民家の旅館などの宿泊先で、もしかしたら海外の方と過ごす機会があるかもしれません。海外の方から見た日本のことや、その国々の話などが聞けるかもしれません。白川郷観光とはまた違う素敵な思い出になることでしょう。

白川郷のライトアップの時期はいつ?服装や撮影ポイントも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
白川郷のライトアップの時期はいつ?服装や撮影ポイントも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
世界文化遺産として登録されている岐阜県の白川郷は多くの観光客を魅了する人気観光地です。そんな白川郷ではライトアップイベントも行われるんです!集落全体がライトアップされた光景は幻想的で息をのむ美しさ。今回は必見の白川郷ライトアップについてご紹介します。
飛騨大鍾乳洞が子宝祈願で人気?所要時間なども調査しました! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
飛騨大鍾乳洞が子宝祈願で人気?所要時間なども調査しました! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
飛騨大鍾乳洞は、日本一標高の高い所にある鍾乳洞です。1965年に大橋外吉に依って発見され、その後整備され1968年6月15日に観光鍾乳洞として一般公開されました。子宝祈願の為に飛騨大鍾乳洞を訪れる人も多い様です。子宝祈願の言われやアクセス、料金等調べました
高山のグルメまとめ!飛騨牛料理のおすすめは?人気のお店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
高山のグルメまとめ!飛騨牛料理のおすすめは?人気のお店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本の真ん中、岐阜県にある高山市は伝統ある町並みが美しく、観光客が多く訪れます。近年外国からの観光客も多い高山は、観光だけではなく町全体で美味しいグルメが堪能できます。今回は、飛騨牛をはじめおすすめの高山グルメを人気のお店を取り混ぜてご紹介します。
Yu_ma mikino
ライター

Yu_ma mikino

全体的にミニマムに構成されている、3児の母です。 小学校中学年の我が子にもうすぐ身長が追い付かれそうです…。家族旅行、友旅、ひとり旅☆様々な楽しめるスポットやグルメ情報を紹介できればと思います。あなたの素敵旅♫お手伝いさせてください(*^ω^*)

関連記事

人気記事ランキング