地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

リベリア観光ランキング!人気スポットやおすすめの見どころも

リベリアのおすすめ観光スポットをランキング形式でご紹介!複雑な歴史を持つリベリア共和国には自然豊かな観光スポットが沢山あります。まだまだ観光国としてはマイナーですが、そんな今だからこそ満喫できるスポットが満載です。魅力的なリベリアの世界を是非、ご堪能ください。

リベリア人気観光ランキング特集!見出し

西アフリカの位置するリベリア共和国はギニア、シエラレオネ、コートジボワールと国境を接しており、大西洋に面しています。首都モンロビアをはじめ、まだまだ未開拓なリベリアには、おすすめの見どころが沢山あります。自然豊かな観光スポット満載のリベリア共和国の人気の見どころをランキング形式でお届けします。

リベリア人気観光ランキング10位:ウォーターサイドマーケット見出し

リベリアでお土産を購入するのにおすすめの「ウォーターサイドマーケット」は連日、地元の方と観光客で盛り上がっています。活気のあるマーケットには、食料品や生活用品をはじめ、お土産には最適なリベリアらしい柄の布生地や雑貨が所狭しと並べられています。お店の数も多いので楽しくショッピングできるでしょう。カラフルな街並みも見どころです。

リベリアの若い人の間で流行っている派手ながらの洋服は日本でもさり気なく着こなせそうなデザインのものがあり、見ているだけで楽しいです。布生地も豊富に販売されているので、この生地を元にハンドメイドでクッションカバーやテーブルクロスなどを作るとオリジナリティが出て楽しめること間違いなしです。

リベリア人気観光ランキング9位:Kpa_Taweの滝見出し

リベリアの首都モンロビアから車で約3時間ほどで到着するジャングルを進んだ先にあるのが「Kpa_Taweの滝」です。巨大な滝と大きな岩岩がリベリアの人気の観光スポットとして多くの観光客で賑わっています。どこか神聖な気持ちにさせてくれる雰囲気を持っている場所でパワースポットと呼べる不思議なところです。

Kpa_Taweの滝周辺はジャングル以外に何も無いため、自然を満喫するには最適の場所と言えます。大きな岩に座って時間を忘れて瞑想にふけったりバードウォッチングをしたりなど、広大なジャングルならではのレジャーを満喫できます。美しい自然を壊さないためにもゴミ袋などを持参してポイ捨てなどは絶対にしないようにしましょう。

リベリア人気観光ランキング8位:Wulki_Farms見出し

「Wulki_Farms」はリベリアの首都モンロビアにある農場であり観光スポットとしても人気のスポットになっています。Wulki_Farmsのは様々な動物や植物が育成されており、自然を大切にするリベリアの生活を垣間見ることができます。広大な敷地は開放感があり整備されているので非常に気持ちが良い場所になっています。

Wulki_Farmsは農場の中を見学できるだけでなく軽食やビールなどを味わうこともできます。エアコン完備の宿泊施設も兼ねているため、丸一日リラックスすることも可能です。プールもありしっかりと掃除されているので安心して利用できますね。週末は込み合うことも多い人気の観光スポットになっています。

リベリア人気観光ランキング7位:プロビデンス島見出し

「プロビデンス島」はリベリア共和国が始まった場所と言える歴史の転換点になった場所です。1816年にアメリカに奴隷として拘束されていた人々が開放され、最初に上陸した場所がプロビデンス島でした。リベリアの人にとって、とても意味深い場所であり、観光地としても非常に見応えのある島になっています。

リベリアの観光ツアーの定番の人気スポットになっているプロビデンス島はリベリアという国が再起動したシンボル的な場所になっており、島全体が史跡になっています。一時期は内乱で荒れてしまった時期もありましたが、現在は情勢も安定し、観光地化を目指しています。リベリア観光では外せない場所ですので、是非訪れてみてください。

リベリア人気観光ランキング6位:センテニアル・パビリオン見出し

首都モンロビア市内にある「センテニアル・パビリオン」はリベリアの人気の観光スポットでもあります。リベリア国立博物館の隣にあるので、スムーズに両方を観光することができます。リベリアの大統領就任式を行う場所となっており、国内の建造物の中でも整備が行き届いた綺麗な建物になっています。

白を基調とした館内は美しいシャンデリアなどの装飾で飾られており、高級感が漂っています。建物の周りも彫刻や銅像がなどがいくつもあり、観光にはもってこいの場所になっています。リベリア国立博物館とセットで観光すれば、リベリアの今と昔を味わうことができる非常に有意義な時間になるでしょう。

リベリア人気観光ランキング5位:マイアミビーチ見出し

「マイアミビーチ」と聞くと誰でもアメリカのビーチを思い浮かべる思いますが、実はリベリアにもマイアミビーチがあるんです。アメリカの文化が流れ込んでいるリベリアには各地でアメリカの観光地と同じ名称を目にします。ここマイアミビーチもそんな観光スポットの1つで水質の綺麗なビーチとして観光客や地元の方で賑わっています。

マイアミビーチはリベリアの首都モンロビアの中心地からも近くアクセスのしやすいビーチとして人気です。ビーチ周辺には宿泊施設やバーが何件かあり、リラックスした雰囲気が漂っています。リベリアの海は波が高いので海水浴には不向きですが長く続くビーチは絶好の夕日スポットであり、のんびり過ごすには最適な場所と言えるでしょう。

リベリア人気観光ランキング4位:ニンバ山厳正自然保護区見出し

「ニンバ山厳正自然保護区」はギニアとコートジボワールにまたがる標高1752mのニンバ山の主要部分を含む国立公園で、ギニア、コートジボワール側は世界遺産に登録されています。3つの国にまたがるニンバ山厳正自然保護区には多種多様な生き物や植物が生息しており、珍しい動物の宝庫として知られています。

ニンバ山厳正自然保護区の見どころは何と言っても、その豊かな自然です。保護区内には、ダイカー、ジャコウネコ、ニシコモチヒキガエルなどの非常に珍しい生き物を観察することもできます。太古からの自然が残る貴重な場所で地球は決して人間だけのものではないということを心の底から理解させてくれる神聖な場所になっています。

リベリア人気観光ランキング3位:ピソ湖見出し

リベリア共和国の最大の湖である「ピソ湖」は、様々なレジャーが楽しめることで観光客に人気のスポットになっています。アウトドア好きには非常におすすめでカヌーや水上スキー、釣りなどを楽しむことができます。キャンプやバーベキューにも最適なスポットです。日本では釣れない魚と出会えるのもピソ湖の楽しみの1つです。

海と勘違いしてしまうほど大きなピソ湖は波も少なく静かなのでリラックス気分を味わいたい方にはおすすめのスポットです。緑豊かな湖の周辺を散策したりイスに座ってゆっくり読書を楽しむなどリベリアにいながらリゾート気分を味わうこともできます。日差しが強いので日焼け止めと帽子などを忘れないようにしましょう。

リベリア人気観光ランキング2位:サポ国立公園見出し

「サポ国立公園」はリベリアの広大な自然を満喫することができる非常におすすめの観光スポットです。国内最大の熱帯雨林の保護区であり、約1800平方kmの密林が広がる光景が最大の魅力です。サポ国立公園には絶滅危惧種とされる動物も沢山生息しており、リベリアでは貴重な自然を守ろうと日々管理をしています。

サポ国立公園では、自然の生態系を壊さないためにキャンプや釣りなどのレジャーは禁止となっています。敏感な野生動物達は人間の匂いがするだけで反応してしまう性質があるため、場所によってはガイドを付けて慎重に見学する必要があります。哺乳類の多様性は特筆すべき数と言われているほど貴重な自然が残る場所になっています。リベリアらしい観光スポットと言えるでしょう。

リベリア人気観光ランキング1位:リベリア国立博物館見出し

リベリアの首都モロンビアにある「リベリア国立博物館」は国で唯一の博物館で見どころ満載の観光スポットになっています。リベリアの歴史を学ぶ場所として非常におすすめのスポットで手工芸品や絵画の数々が展示されています。アメリカの奴隷国だった複雑な歴史と文化の背景は知っておいて損はない貴重な情報となるでしょう。

リベリア国立博物館の展示物の中でも観光客に人気の見どころが、リベリアの伝統的なダンスの際に使用される仮面です。迫力のあるデザインで、天然素材を使用して作られた仮面は必見です。リベリアをより深く理解することによって観光自体もより面白くなります。観光にきた際は一度はこちらの博物館に足を運ばれることをおすすめします。

リベリアは見どころ満載の素敵な国見出し

豊富な自然があるリベリアならではのおすすめの観光スポットをランキング形式で特集しました。まだまだ未開拓なリベリアには今回紹介したスポット以外にも沢山の観光スポットが潜んでいます。今後、観光地として成長していくリベリアの今を是非、体験しに訪れてみてください。

関連キーワード

投稿日: 2017年8月5日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

記事はありません。

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

記事はありません。

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote