地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

オマーン旅行!世界遺産巡りの観光はおすすめ!治安も安定!

オマーンのおすすめ観光スポットをご紹介!世界遺産をはじめ絶景ビーチや史跡など、様々な観光スポットがあり世界中から観光客が集まるアラブの平和な国オマーンのおすすめの観光情報と治安事情などを特集します。灼熱の国オマーンに是非お越しください。

オマーンのおすすめ観光特集!見出し

オマーン国はアラビア半島の東端にあり、アラビア海とオマーン湾に面しています。サッカーのワールドカップ予選で話題になったのが記憶に新しいオマーンの首都はマスカットで旅行者の多い場所としても知られています。世界遺産に登録されている名所が多くあることから注目を集めているオマーンの治安を含めた観光情報をお届けします。

オマーンの治安の現状見出し

アラブと聞くと一見とても治安の悪いイメージがありますが実際のオマーンの治安はとても安定しています。特に首都マスカットの治安は安全で危険度の高い場所もありません。旅行に行く際の最低限の警戒をしていれば問題ないでしょう。オマーン自体ものんびりした雰囲気になっています。

治安面は非常に安定しているオマーンは年間で雨が5回も降らないため下水道がありません。なので雨が降るとすぐに水浸しになります。治安というよりも天災などに注意が必要ですね。オマーン人の女性は外出する際は必ずアバヤと呼ばれる黒い布を羽織るため、日本人女性の自由な服装をジロジロ見てきますが興味があるだけなので安心して良いでしょう。

オマーン世界遺産1「バット/アル=フトゥム/アル=アインの考古遺跡群」見出し

オマーンには4つの世界遺産がありますが、そのうちの1つが「バット/アル=フトゥム/アル=アインの考古遺跡群」です。首都マスカットに西に位置するソハール近郊のバット、その周辺のアル=フトゥム、アル=アインに点在する遺跡群の総称で世界遺産として旅行者に人気の観光名所になっています。独特の形の遺跡群は紀元前2500年の歴史を持ちます。

はるか昔に、この地にあったマガン国は紀元前2500年頃よりアフダル山地でどうの採掘を行いメソポタミアとの交易で富を得ていたと言います。遺跡群は銅山とメソポタミアの関係を解明するためにも進められました。マガン国時代の住居跡などが多数残っており、格好されていない扁平な石を積み上げて作られた住居や巨大な塔が見どころです。

オマーン世界遺産2「アフラージュ/オマーンの灌漑システム」見出し

国土の80%が砂漠というオマーンに欠かせない「アフラージュ/オマーンの灌漑システム」も世界遺産として登録されています。アフラージュとは井戸の底を横穴で繋ぐ灌漑システムである「ファラジ」の複数形です。オマーンの首都マスカットを含め現在でも3000箇所以上でファラジが可動しています。そのうち最も古い5箇所のファラジが世界遺産になっています。

ファラジは僅かな高低差を利用して水を供給するシステムで、非常に高度な土木技術で作られています。同時に厳しい規則のもとで水を分かち合うシステムになっており平等に水を供給できるように流す時間もコントロールされています。紀元前ころの古い仕組みのようですがかなり高度な技術で興味深い世界遺産になっています。

オマーン世界遺産3「乳香の土地」見出し

オマーンの世界遺産3つ目は「乳香の土地」です。奢侈品の1つであった乳香で栄えたアラビア半島の遺跡のうちオアシス都市遺跡、港湾遺跡、交易路跡と乳香の群生地が境遺産の登録対象になっています。宗教儀式や下痢の薬として用いられていた乳香に由来する遺跡群は紀元前に建設されたものとされており古い歴史を持っています。

10世紀ころには日本にも乳香が伝わり使用されていた歴史もあり長い間使用されている植物ということが分かります。オマーンの気候に適した植物で遺跡群の周辺には今も乳香の樹木が生い茂っています。点在する遺跡の名所を巡る旅行はきっと素敵な思い出になることでしょう。

オマーン世界遺産4「バハラ城塞」見出し

「バハラ城塞」はオマーンの世界遺産に登録されている歴史を感じる要塞です。アフダル山の麓に位置する4つの歴史的城塞の1つで、海や砂漠から侵略を計る低軍から国を守るために13世紀から14世紀にかけて作られました。バハラの都市自体が12kmの城壁に囲まれているという非常に特徴的な場所になっておりオマーンの人気の観光名所として賑わっています。

陶磁器の山地の名所としても有名なバハラはナツメヤシの林が広がっており南国のような雰囲気もある面白い街です。一時期は崩壊が進んでしまいましたがオマーン政府が修復をしたことによって現在では非常に綺麗な状態で見学することができるようになりました。砂の色と緑の色しかない異空間な要塞は素晴らしい体験になること間違い無しです。

住所:21,Bahla 電話番号:22-088-002

オマーンおすすめ観光名所「スルタン・カブース・グランド・モスク」見出し

オマーンに旅行に行くなら絶対に訪れておきたい場所が「スルタン・カブース・グランド・モスク」です。非常に大きく綺麗なモスクで首都マスカットにあるのでアクセスも簡単です。一般的なモスクはイスラム教徒以外は中に入ることが許されないのですが、こちらのモスクは金曜日以外の午前中に中に入ることができる貴重な場所になっています。

スルタン・カブース・グランド・モスクに入る際は旅行者にも服装のチェックがありますので男性も女性も長袖長ズボンの服装をしていきましょう。女性は大きめのスカーフを事前に用意しておくとスムーズに入場できます。靴を脱いで入場する礼拝堂内部の装飾の見事さは圧巻です。わざわざ見に行く価値のある貴重な場所と言えるでしょう。

住所:Sultan_Qaboos_St,Muscat 電話番号:24-505-170

オマーンおすすめ観光名所「ロイヤルオペラハウス・マスカット」見出し

首都マスカットにある「ロイヤルオペラハウス・マスカット」では本格的なバレエやオペラを楽しむことができ旅行者にも人気のスポットになっています。非常に豪華なオペラハウスですが東京でオペラを鑑賞するよりもリーズナブルな価格でより豪華な席で楽しむことができるのでおすすめです。首都マスカットで最も豪華な建物でもあり名所にもなっています。

首都マスカットを代表するロイヤルオペラハウスのチケットは公式ホームページから購入することができます。オンラインでチケットを購入することができるので旅行に出発する前に事前にチケットを購入することができます。チケットは郵送で受け取ることも可能ですが、当日にボックスオフィスで受け取る方が良いでしょう。ドレスコードを忘れないようにしましょう。

住所:Royal_Opera_House,Al_Kharjiyah_St,Muscat_103 電話番号:24-403-300

オマーンおすすめ「ショッピングスポット」見出し

マトラ・スーク

オマーンでおすすめのショッピングスポットとして人気なのが「マトラ・スーク」です。お土産などを購入するのに最適な場所になっており様々な民芸品などが購入できます。こちらのおショッピングモールは13時から16時まで閉店するという変則的な営業時間が特徴ですので、ショッピングに行く際は午前中か夜に行きましょう。

住所:Mutrah_Souq,Muscat

オーメン・アベニューズ・モール

観光地によくある大型のショッピングモールに行きたい方は「オーメン・アベニューズ・モール」をおすすめします。安定の海外ハイブランドやフードコート、アミューズメント施設などが充実しています。カフェなども入っているので休憩もでき終日楽しむことのできる綺麗なショッピングモールです。

住所:Sultan_Qaboos_Street_|_Baushar,Muscat_113

オマーンおすすめ「レストラン」見出し

Turkish_House_Restaurant

リーズナブルな価格でトルコ料理を中心とした料理を味わうことができる「Turkish_House_Restaurant」は旅行者にも人気の高いレストランです。ケバブやシーフード料理に定評があり魚のフライやグリルなども美味しいです。スタッフの対応も非常に良いレストランです。日本人の方は醤油を持参するとより楽しめるでしょう。

住所:Al_Hadiqa_St,Muscat_Postal_Code_133 電話番号:24-488-071

Begum's

インド料理を中心とした「Begum's」はスパイシーな料理が食べられるレストランとして人気を集めています。首都マスカットで絶品カレーとナンが食べたい方には非常におすすめのレストランです。ベジタリアンの方のためのメニューも用意されているのも親切ですね。バターチキンカレーがおすすめです。

住所:Muscat_|_Way_3521_and_Al_Khuwair_Street,Muscat_113

オマーンは魅力的な観光地見出し

アラブの中にある世界遺産の多い国オマーンのおすすめ観光スポットを特集しました。砂漠の都市ならではの考えられたファラジなどは必見の価値があります。イスラム教徒以外の人でも入れるモスクなどオマーンならではの観光名所が沢山あります。魅力的なアラブの国オマーンに是非、訪れてみてください。

投稿日: 2017年8月12日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

記事はありません。

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

記事はありません。

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote