地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

クック諸島の観光スポット!おすすめのベストシーズン基本情報まとめ!

南太平洋に浮かんでいる島国のクック諸島の情報について詳しくご紹介します。クック諸島はあまり知られていませんが、世界的にもリゾートアイランドとして、注目を集めている人気の島です。クック諸島の気候や治安、観光のベストシーズンやハネムーンの情報もまとめています。

クック諸島って?見出し

クック諸島という島国を聞いた事がありますでしょうか。クック諸島は南太平洋ポリネシアにあるいくつかの島から成り立っている国で、どの島も自然豊かなまさにリゾートアイランドのような島となっています。そんなクック諸島の治安や気候の情報、観光のベストシーズンの情報などもご紹介していきます。ハネムーンのおすすめ情報もまとめているので、是非参考にしてみて下さい。

クック諸島ってどんなところ?見出し

クック諸島とは一体どんなところなのでしょうか。クック諸島といってもなかなかイメージがわかない人も多いはずです。クック諸島は15個もの島々で形成されています。クック諸島はいくつかのエリアに分けられていて、ノーザン・アイランズというエリアや、サザン・アイランズというエリアに分けられています。クック諸島ではそれぞれの島によっても気候や島の雰囲気が少しずつ違っています。

クック諸島のそれぞれの島はどれも海が非常に綺麗でビーチもたくさんあります。島自体はどれも大きな島では無いですが、美しい海と自然があるので、観光で訪れば魅力が満載のスポットです。クック諸島は島によってはアクセスの良し悪しもあるので、旅行でクック諸島を目指す際にはどの島で過ごすかをしっかり確認してから行くのが良いかもしれません。日本からクック諸島を訪れる観光客も増えてきているようです。

クック諸島では文化圏としてはポリネシアというエリアの文化圏に属しています。そのためポリネシア系の文化や言語が使われています。ポリネシアのほかの国だとニュージーランドやタヒチなどがあります。そのためクック諸島ではニュージーランド系の言語を使う人が多いです。また、クック諸島の雰囲気としてはのどかでゆったりとした文化の島なので、のんびりとバカンスを過ごしたい人にはおすすめのスポットです。

クック諸島のベストシーズンは?見出し

クック諸島のベストシーズンはいつ頃になるのでしょうか。クック諸島に旅行に行くとは行っても、リゾート地に旅行に行く際には現地の気候が非常に重要ですよね。実際に旅行に行って寒かったり、雨季だったりするのは嫌ですよね。クック諸島の観光のベストシーズンとしては日本の4月から11月のシーズンがおすすめです。このシーズンはクック諸島が乾季のシーズンに入っているので雨も少なく過ごしやすいです。

クック諸島では4月から11月のシーズンがベストシーズンですが、他のシーズンも基本的に温暖な気候なのでそれほどシーズンを気にすることも無いかもしれません。ただ、せっかくクック諸島に旅行に行くなら4月から11月のシーズンに行って島を満喫してもらうのがおすすめです。クック諸島のベストシーズンは、湿気も少ないので空気も乾燥して非常に気持ち良い時間を過ごすことが出来るはずです。

クック諸島の気候は?見出し

クック諸島の気候としては、基本的にクック諸島では一年を通じて暖かい気候となっているので、観光で訪れれば南国のリゾートアイランド感を味わうことが出来るはずです。クック諸島はハワイやグアムと比べても、過ごしやすいシーズンが長いようなので、季節をあまり気にせずに観光を楽しめる非常におすすめのスポットです。是非温暖な気候のクック諸島で楽しいバカンスを過ごしてみてはいかがでしょうか。

クック諸島の気候は冬のシーズンには、夏と比べると少し肌寒く感じる時間もあるようです。クック諸島の気候として基本的には暖かい時間帯がほとんどですが、冬の朝や夜はパーカーなどを一枚持って行った方が良いかもしれません。ただ、上に羽織る物がなくても寒いと感じるまでの気温になることはあまり無いので、それほど気候に関して敏感になrなくても良いかもしれません。

クック諸島の治安は?見出し

気になるクック諸島の治安はどうなっているのでしょうか。旅行先でも治安の情報は重要ですよね。南国の旅行先でも、治安が悪く安心して過ごせ無いようなところも多いと思います。その点クック諸島の治安は、リゾート地としては非常に治安が良いので、安心して楽しい旅行を過ごすことが出来ます。どの島も治安は安定していて、あまり大きな事件も起こっていないようです。家族でも安心して過ごせそうですね。

クック諸島の治安は他の国と比べれば非常にようですが、だからといって油断は出来ません。クック諸島は大きな事件などはありませんが、他の観光スポットと同様にスリや置き引きなどはなくは無いので、実際にクック諸島に旅行に行く際には気をつけて行って下さい。さすがに日本などと一緒の感覚で過ごすと、盗難にあったりすることもあるかもしれません。是非、注意しながら楽しいクック諸島の旅行を楽しんでみて下さい。

クック諸島はハネムーンで人気!見出し

クック諸島はハネムーンで非常に人気のスポットとしても知られています。クック諸島では、世界各国からハネムーンに幸せなカップルが訪れています。日本からもハネムーンにクック諸島を訪れる人も増えてきているようで、近年ではクック諸島でのハネムーンを特集する雑誌やメディアもたくさん出てきています。テレビでもクック諸島のハネムーンが特集されているようで、今話題のスポットです。是非チェックしてみて下さい。

クック諸島のハネムーンでは、いろんな島々を巡って楽しむツアーのプランが多いようです。クック諸島はどの島も南国のリゾート感溢れる場所ばかりなので、女性から非常に人気がある観光スポットです。幸せなハネムーンでクック諸島を訪れて、綺麗なビーチでお食事を楽しむなんて最高ですよね。クック諸島では海沿いのホテルなども充実しているので、是非海の見える部屋で宿泊をしてみて下さい。

クック諸島でシュノーケリング見出し

クック諸島では人気の観光スポットやアクティビティがたくさんありますが、そんな人気の体験の中でも特に今注目を集めているのがクック諸島でのシュノーケリングです。シュノーケリングでは、綺麗な海をのんびりと自由に泳ぐことが出来ます。どの島々でもビーチのすぐ近くに魚がいるので、シュノーケリングで少し泳げば美しい海と、綺麗なお魚たちに出会うことが出来ます。海の水も非常に綺麗です。

クック諸島の周辺は世界的にもシュノーケリングにおすすめのスポットとして知られているようで、世界からたくさんの人がシュノーケリングをするために訪れています。シュノーケリングはクック諸島のどの島でも楽しむ事が出来るので、ビーチで美しい海を眺めた後は、実際に海に入ってシュノーケリングを楽しんでみて下さい。あまり泳ぎが得意で無い人でも、ビーチのすぐ近くでお魚を見ることが出来ます。

クック諸島でダイビング見出し

クック諸島ではシュノーケリングと同様にダイビングも非常に人気のアクティビティとなっています。シュノーケリングだけでなく、もっと海を楽しみたいという人は、是非クック諸島でダイビングを体験してみて下さい。ダイビングスポットも島の周辺にたくさんあるのでいろんなダイビングスポットに行ってみるのも良いかもしれませんね。また、日本では見ることの出来無いような珍しいお魚も見ることが出来るかもしれません。

クック諸島のダイビングでは大きなクジラや、迫力ある珍しいシュモクザメ、他にも日本ではなかなか見ることが出来無いグレイリーフシャークなども見ることが出来ます。水族館でしか見たことがないようなホワイトチップ・リーフシャークもいるそうです。

是非実際にダイビングで潜ってどんな魚に出会えるかチェックしてみて下さい。他のところでダイビングするのとは違った楽しみがあるはずです。また、上級者だけでなくダイビングの初心者でも安心して楽しめるダイビングツアーも企画されています。

クック諸島でサファリツアー見出し

クック諸島ではサファリツアーも非常に人気となっています。海でマリンアクティビティを楽しむのも良いですが、それ以外にも陸のジャングルを探検するのも人気です。クック諸島のサファリツアーでは自然豊かな森の中を進んできます。

サファリツアーではいろんな動物に出会うことが出来ます。クック諸島では自然のままに残されているスポットもたくさんあるので、サファリツアーで森の中を行けば珍しい動物たちにたくさん出会えますし、珍しい植物も観察することが出来ます。

クック諸島を楽しもう!見出し

クック諸島の観光のおすすめ情報はいかがでしたでしょうか。クック諸島はリゾートアイランドとして非常に人気のあるスポットです。クック諸島に旅行でもハネムーンでも、是非一度訪れて綺麗なビーチやダイビングなどを楽しんで見て下さい。きっと良い旅行になるはずです。

関連キーワード

投稿日: 2017年8月19日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

記事はありません。

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

記事はありません。

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote