地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

中国の煙台観光情報!古い街並みの景観や空港・交通のアクセス状況など!

関空から直行便の飛行機で140分程で着く中国の煙台は、様々な側面を持つ素晴らしい街並みも魅力的な日本でも人気上昇中の観光地。交通機関も益々発達し更に多くの観光客も世界中からやって来ています。そこで、このページでは、中国の煙台の観光情報を大特集いたします。

中国の煙台の観光情報を大特集見出し

中国の煙台は、関空から煙台蓬莱国際空港まで直行便で2時間半弱で到着できるでの近年日本でも観光地としても人気が上昇しています。街並みの景観も非常に美しく、年々上昇する観光客にも対応して煙台の交通機関も年々整備されて便利になっていっています。このページでは中国の煙台の観光に役立つ様々な情報を網羅して中国の煙台を大特集します。

観光で人気の中国の煙台ってどこにあるの?見出し

中国の煙台市は山東半島の東部にある海に面した港湾都市です。山東省の中でも最大の漁港でもあり、急発展中の産業都市でもあります。こうした側面からも街並みは様々な顔を持っており、高層ビルが並ぶ都市かと思えば、一本路地を入って裏道に出ると老街の様な古き良き時代の文化溢れる街並みに遭遇したり、ベイエリアでは漁港も登場。

中国の煙台は観光地としては、日本ではまだあまり有名な場所ではないようですが、環境が良く街並みの景観も素晴らしいので、中国全土からは多くの観光客がやってくる人気の観光都市でもあります。日本から煙台へ出張で来る日本のビジネスマンの良い口コミの影響もあり、ここ近年、日本からの観光客も急増している場所です。

観光で人気の中国の煙台の気候は?見出し

北半球の温暖地帯にある中国の煙台市の気候は、海洋性の暖温帯大陸性モンスーン気候です。日本と同様に四季がしっかりしている気候が特色で、年間の平均気温は12度近くで、日本の北部の気候に似ています。しかし、日本の梅雨の様な季節はないので、年間平均降水量は652ミリ程で、日本の年間平均降水量の約3分の1程の少ない降雨量です。

12月から2月の煙台は完全防寒のしっかりした服装がおすすめで、3月は冬服や冬用ジャケットコートの着用がおすすめ。4月、5月は薄手の長袖やカーディガン等の春服がおすすめで、6月から9月までは半袖やタンクトップ等の夏服がおすすめ。10月はトレーナーや薄手のセーター等の秋服がおすすめで、11月は冬服の着用がおすすめです。

関空から観光でも人気の中国の煙台へ見出し

関空から煙台蓬莱国際空港まで直行便で140分足らずで到着と関空を利用すると非常に便利な中国の煙台。日本のビジネスマンも多く訪れる都市で、煙台といえば関空と言われるほど便利な関空を利用して訪れるビジネスマンが多いので、口コミでも関空利用を多くおすすめされています。これにより、東京からも関空経由で来られる方もいます。

また、関空からは直行便のフライトが数が多くあり、韓国経由するよりも半分弱程の時間で煙台へ到着できるのも関空からのフライトの大きな魅力です。また、日本の中では煙台蓬莱国際空港までのフライト数は関空からが多いので、魅力的な格安航空券も多くあり中国の煙台への関空の利用はこの点でも魅力的で人気です。

煙台蓬莱国際空港について見出し

煙台蓬莱国際空港( えんたいほうらいこくさいくうこう)は、日本と煙台の間を飛行機で行き来する際に多くの方が利用する空港で、この空港は約2年程前に新しくなり、以前あった古い場所から西へ40キロ程離れた場所に新設されています。空港施設は新しいので非常きれいで快適で、広さもかなりの大きさに拡大されています。

煙台の人気で利用者が急増していることもあり、空港内のレストランは食事時になるとどこも満員になってしまいますので、時間の調整が必要です。また、チェックインなどで長蛇の列になっていても、平気で割り込まれることもありますので、空港へは十分に時間に余裕を持たせて到着することをおすすめします。

住所:中華人民共和国 Shandong Sheng, Yantai Shi, Penglai Shi, 潮水镇刘家庄 電話番号:0535-629-9999

煙台蓬莱国際空港からと煙台市内までの交通手段見出し

煙台蓬莱国際空港から煙台市内までの交通手段は交通機関がまだ十分に発達していないので、バスかタクシーが主な交通手段。煙台蓬莱国際空港は以前あった古い場所から西へ40キロ程離れた場所に新設されたので、以前に比べて煙台の中心市内までは車で20分程余計にかかります。交通手段をバスにすると更に時間もかかり到着時間も読めません。

以前の古い空港では、タクシー乗り場付近に潜りで営業している車も多かったですが、新しい空港ではこうした点も改善されていますので以前に比べて安心できます。煙台市内に入れば煙台南駅もありますので、市外へ行く際には交通手段を鉄道にするのもおすすめで、交通手段をタクシーにして市外へ行くよりはかなり格安で行けてバスよりも早いです。

中国の煙台のおすすめのお土産見出し

中国の煙台でおすすめのお土産として真っ先に挙がるのが、意外と思われるかもしれませんが、実は、ワインなのです。中国も世界第5位と世界有数のワイン生産国で、山東省煙台の張裕ワインは、中国最大のワイナリーでありワインメーカーで、美味しいワインとしてもお墨付きなので、煙台のお土産としてもおすすめです。

また、6月に煙台を訪れているのであれば、煙台は美味しいサクランボの生産地としても有名な地でもあるので、このシーズンは良質のサクランボが煙台に沢山出回ります。サクランボを煙台のお土産にするのもおすすめですし、サクランボを加工した食品やお菓子などを煙台のお土産にするのも大変喜ばれるので、こちらもおすすめです。

中国の煙台の街並みも楽しめる観光スポット1:煙台山公園見出し

公共交通機関のバスで最寄りのバス停から徒歩5分ほどの場所にある煙台山公園は、公園内は広いですが徒歩で十分に見て廻れる見どころが多い公園で、入園料は30元ほどかかります。入口から公園内を歩いて行くと煙台が開港したばかりの時に使用されていた様々な国の今は旧領事館となっている洋館がいっぱいあり、建築好きにもおすすめです。

この他にも古い教会や趣のある建築物を沢山見ることができます。この公園を煙台山の頂上を目指して更に進んで行くと灯台にたどり着き、この灯台のエレベーターで上へ行けば展望台があります。この展望台からは煙台市内全体を眺めることができ、煙台の美しい様々な街並みも一望できるのでこの展望台は煙台山公園の中でも人気の観光スポットです。

灯台を降りていくと海の透明度も高い海岸へ出ます。更に進むと百年冬青長廊と呼ばれる美しい並木道に出ることができ、記念撮影にもおすすめのスポットです。更に進んで行くと煙台山公園から市街地へつながっている朝陽街があり、こちらでも多くの美しい旧領事館、ホテル、商社等の洋館があり、洋館を改築したおしゃれなカフェ等もあります。

住所:山東省煙台市芝罘区歴新路7号

中国の煙台の街並みも楽しめる観光スポット2:蓬莱閣見出し

蓬莱閣(ほうらいかく)は中国の楼閣で、中国四大名楼の1つに入る名楼です。蓬莱市の北方にある丹崖山の断崖の上に位置しているので、煙台市内からでも公共交通機関では不便な場所にあるので、車で行くことをおすすめします。アクセスは時間もかかり大変ですが、到着した際には、それ以上の価値を体験できる素晴らしい場所です。

断崖の上にあることから、真下に広がる海を含めた景色も素晴らしく、絶景スポットやフォトスポットも沢山あります。また、蓬莱閣は、八福神の発祥の地なので館内では八福神の絵を鑑賞ができ、この絵の中で1柱の神様が海で溺れています。この溺れてしまった1柱の神様が日本までたどり着けなかったということで日本では7福神となってます。

住所:蓬莱市蓬莱閣景区迎賓路7号

中国の煙台の街並みも楽しめる観光スポット3:昆嵛山見出し

煙台から車で20km程もある場所に位置している昆嵛山は、煙台から日帰りハイキングにも最適な人気の観光スポットです。地元の人々にも高い人気のある癒しの力もみなぎっている場所で、海も山も湖もあり豊かな美しい自然があふれる煙台の名山で、文化的遺産もある観光スポットです。山中には寺院もあり、この寺院を訪れるのもおすすめです。

また、この山中は非常に気も良く、パワースポットとしてもその道の人々にはよく知られている地で、西洋人などが特別ワークショップ等を開いて、大自然の中で瞑想をしたり、宇宙とコネクトしたり、集団で祈りをささげたりなどしている光景にもよく出会います。気の良い場所や磁場を感じたら、その場で瞑想したり良い気の充電をするのもおすすめ。

住所:中国煙台市牟平区东南20公里 電話番号:0535-469-3307

中国の煙台の街並みも楽しめる観光スポット4:煙台天后宫見出し

煙台天后宫は、煙台へやってきた福建の人々の為に1884年に建造された居住施設で、この建造物のための全ての建材ははるばる船で福建から輸送されて来たとのことです。建築様式も当時の福建独自の建築様式で煙台の人々にはなじみのないものでしたが、その独自の美しさを褒めてすんなり受け入れたと伝えられています。

外観だけではなく内装も立派で、現在は、館内に資料や壁画の展示も行っています。この建物の主神は天後様で、海で安全に漁を行えるように漁師を守ってくれているという伝承もあります。また、建物の正面には道教の女神である媽祖の神殿という意味で天后行宮という文字が彫刻されました。煙台の歴史が体感できる観光スポットです。

住所:煙台市蓬莱市迎賓路59号蓬莱風景区内

中国の煙台の街並みも楽しめる観光スポット5:煙台金沙灘見出し

煙台金沙灘は、遊泳、娯楽、グルメなどが楽しめる大型海浜公園のリゾートエリアとなっており、天街広場、万米海水浴場、七彩城喜水楽園、空中世界の4つのセクションに分かれた煙台を訪れる国内外の観光客にも大人気の観光スポットです。ライトアップされるとロマンティックな天街広場はデートスポットとしても人気で、カップル等にもおすすめ。

また、中国でも良質の海水で大人気の万米海水浴場、4千平方メートルもの広大な空間でエアプレーンのエンターテインメント体験を行える七彩城喜水楽園、英国の旅客機内で模擬フライト体験が行えたり、映画、レストラン、カフェも機内で楽しめる空中世界の4つのセクションは、常に多くの人々惹きつけ、どのエリアも常に賑わっています。

住所:滨海路, Fushan Qu, Yantai Shi, Shandong Sheng, 中華人民共和国

中国の煙台の街並みも楽しめる観光スポット6:煙台海昌鯨鯊館見出し

美しい街並みと景観の海昌漁人埠頭に位置する煙台海昌鯨鯊館は、サメが主役のユニークな水族館です。館内は海洋生物の種類ごとに分かれており、メインの巨大水槽にはサメをメインにサメと共存する海洋生物達の優雅な泳ぎを鑑賞でき、時間ごとにこの巨大水槽でエンターテインメント感たっぷりの照明やサウンドを駆使したショーも行われます。

これまで自然環境から外れた世界でのサメの飼育は困難とされてきましたが、最先端の技術や設備が整っている煙台海昌鯨鯊館では、専門的なサメの最新生態研究と共に沢山のサメの飼育に成功しています。港湾都市で海も美しい煙台ですが、自然環境に極めて近い生息環境を提供しているこの水族館にいるサメや様々な海洋生物にも会いに来てください。

住所:45 Binhai Middle Rd, Laishan Qu, Yantai Shi, Shandong Sheng, 中華人民共和国 電話番号:0535-676-5555

中国の煙台の街並みも楽しめる観光スポット7:張裕酒文化博物館見出し

張裕酒文化博物館は、中国最大のワイナリーでありワインメーカーの山東省煙台にある張裕ワインが運営するワインの博物館です。入場料は大人1人80元です。この博物館では、張裕ワインの歴史とこのワイナリーのワインの製造工程がわかりやすく見学できるようになっています。館内には試飲コーナーもありますが、無料ではなく、1杯5元です。

しかも、当然全てがワインの試飲と思いきや、なんと全てワインではないという驚愕の事実にも直面します。葡萄を使ったお酒であることには変わりないのですが、ブランデーや、葡萄を蒸留したグラッパ、白ワインにスパイスやハーブを加味したベルモット、そして薬用酒がここでは試飲できるのでした。ワインが試飲できないのは残念です。

館内にはワインの貯蔵庫が地下にあり、樽で寝かされているワインの貯蔵場所も見学できます。ここでは、このワイナリーが創業したばかりの時に使っていた長径2メートルを超える巨大なワインの樽も展示されており見学できます。開館時間は午前8時から午後5時迄で、年中無休で開館しています。

住所:56 Dama Rd, Zhifu Qu, Yantai Shi, Shandong Sheng, 中華人民共和国 264000 電話番号:0535-663-2892

人気急上昇中の観光地である中国の煙台の街並みは見所が豊富見出し

中国の煙台の観光情報の大特集はいかがでしたか。関空から飛行機の直行便で2時間強で着く人気急上昇中の観光地である中国の煙台は、様々な側面を見せる街並みの見所が豊富で、世界中からも多くの観光客が訪れるようになり交通機関も年々発達し便利になっています。このページの情報を参考に、ぜひ中国の煙台を訪れて観光を楽しんでください。

中国の国慶節2018!旅行は避けた方が良い?観光地の混雑状況! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
中国の国慶節2018!旅行は避けた方が良い?観光地の混雑状況! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中国では毎年10月1日に、中国の建国記念日にあたる国慶節が祝われます。一週間連休となるこの期間に国民の半分以上が旅行に出かけるとも言われています。今回は国慶節の期間に混雑が予想される観光地をピックアップしました。ぜひ参考にしてみてください。
ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote