地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

西寧市の観光おすすめ11選!空港やホテル・グルメ・お土産情報も紹介!

西寧市の観光おすすめ11選!空港やホテル・グルメ・お土産情報も紹介!

西寧市は中国青海省の省都。人口は約200万人でモンゴル族やチベット族など多民族の都市です。標高約2000メートルの高所にあり、観光客に人気の寺院もたくさんあります。その西寧をじっくり味わえる、観光スポットやグルメ、お土産情報などたっぷりとお届けします!

西寧はどんなところ?見出し

西寧は中国青海省の省都で、人口200万人、漢族、イスラム族、チベット族、モンゴル族など多くの民族が集まった都市です。チベットへの玄関口として栄えてきました。寺院も多く建立されていて、ダライラマ14世の出身地でもあります。それでは都会的かつ大自然へのツアーも人気な西寧の魅力をたっぷりとご紹介します。

西寧曹家堡空港とは?見出し

青海省西寧市にある空港で、西寧の中心地からは約30キロメートルの場所にあります。国内線、国際線合わせて8つの航空会社が就航していて、20都市への航空便が開通しています。空港から市内へはリムジンバスかタクシーで移動できます。

西寧観光におすすめ:東関清真大寺見出し

東関清真大寺は空港から高速道路で約6時間、西寧で代表的な寺院のひとつです。900年以上もの歴史があり、途中戦火で焼け落ち何度も破壊されてしまいましたが、修復が続けられ現在の姿になりました。中国西北地区最大規模のイスラム寺院で5000人の礼拝者を収容できます。

礼拝時間になると多くのムスリムの方が礼拝するモスクなので、見学には礼を守り訪れましょう。入館料が必要なのと金曜日は入館できない時間帯もあるので要チェックです。モスク周辺には「牛肉面」と書かれたイスラム料理のお店が多く、中国の中でもイスラム色の強いエリアになっています。

モスクを思わせる外観ですが、チベット族も多い土地柄の影響もあり、中に入ってみるとチベットの様式も取り入れられています。観光スポットになっているので、お寺の周辺にはイスラムやチベットなどの民族衣装のも多く立ち並んでいます。

住所:青海省西寧市城東区東関大街31号

西寧観光におすすめ:塔爾寺見出し

空港から高速道路経由で約1時間、塔爾寺(タール寺)はチベット仏教の寺院です。中国の重要文化財に指定されていて600年以上前に建立されたといわれています。寺院をぐるりと時計回りに1周する巡礼ルートでは、両肘両膝そして頭を地面につけて礼拝をする「五体投地」をしている巡礼者を見うけられます。

西寧からバスか乗り合いタクシーで約30分。80元のチケットを購入して中に入ることが出来ます。問答修行といって、仏教の理解を深めていくために、質問と回答を繰りかえす修行はとても特徴的です。寺内ではチベットで多くつくられている、バター細工が見学できます。神聖な寺院の内部などは写真撮影が禁止もあるのでご注意を。

住所:青海省西寧市湟中県金堂巷2号

西寧観光におすすめ:青海湖見出し

中国最大の塩水湖の青海湖は1周360キロメートル、日本の琵琶湖の約6倍もの大きさです。春には一面の菜の花畑が広がり、湖の青と菜の花の黄色のコントラストが素晴らしいフォトジェニックなスポットでしょう。タルチョとよばれるカラフルな旗や草原に暮らしている方のテントも数多くみられます。

どこまでも続く広い湖に、光輝く菜の花と色とりどりにはためく旗がとてもロマンティック。この光景が見られるのは春から夏限定です。こちらは標高3000メートルを超える場所にあるので、夏以外は防寒するのをお忘れなく!

西寧観光におすすめ:青海扎坎布拉国家地质公园見出し

西寧に行ったらぜひ訪れてほしいのが青海扎坎布拉国家地质公园。西寧市内から約130キロメートル。黄南チベット族自治州の国立公園で山々に囲まれた、黄河の貯水ダムからは美しい景色が広がっています。

もっとも綺麗な光景が見られるのは、山々が紅葉し始める秋です。最高海抜は3100メートルで平均気温は約20℃で冬場になるとマイナス11℃ととても寒くなります。この雄大な自然の風景は、都会とはまた違ってリラックスできますね。

西寧観光におすすめグルメ:手抓羊肉見出し

西寧でおすすめのグルメは「手抓羊肉」という羊の肉を串焼きにした料理です。中国のウイグル族の伝統的な食べ物で主食として親しまれています。お肉も油っぽくなくとっても柔らかいです。

ゆであがった羊のお肉はピリ辛のたれや薬味と一緒にいただきます。西寧では色々な民族が集まる都市なので、まずはこの手抓羊肉で遊牧民族のグルメを堪能して、他の民族料理を味わうのも旅の楽しみの一つになりますね。

西寧観光におすすめグルメ:麺片見出し

もうひとつのおすすめのグルメは「麺片」という中国西北部の家庭料理です。大鍋に一口大にちぎられた麺をどんどん投げいれられて作る、ショートパスタのような麺料理。トマトベースのソースにズッキーニや羊の肉などが入っています。

標高が高いこの西寧で、体をホカホカ温めるのに食べられていたのが始まりのようです。冬場は特に体が冷え込むこの地域では「麺片」は欠かせない料理になっています。濃厚なスープで心も体も温まるのでぜひめしあがってみてくださいね!

西寧観光におすすめグルメ:ヨーグルト見出し

西寧ではヨーグルトも人気のある食べ物です。標高の高い場所に生息している毛の長い「ヤク」という牛のお乳からできています。西寧市内に店舗がたくさんあるヨーグルト専門店の「徳禄酸奶」がおすすめです。

ヨーグルトの上部は菜種油でスプーンでかき混ぜると、下の柔らかいヨーグルトが出てきます。普段食べている日本のヨーグルトより、少し酸味が強い感じです。とっても濃厚で素朴な味のヨーグルトは、一度食べたら癖になりますよ。

西寧でお土産を買うなら:水井巷市場見出し

西寧の中心部にある古くから親しまれているアーケード商店街。西大街と南関街の二つの入り口があり全長は約500メートルあります。色鮮やかなフルーツが山盛りに並べてあったり、お土産店、食堂や屋台など西寧のグルメもこちらで味わえますよ。自分用のお土産にチベットグッズやアクセサリーなど選んでみるのもいいですね。

乾物屋さんもたくさんあるのでお土産におすすめです。クコやナツメ、ビーフジャーキーなど色々買ってお友達など1人1人に配っても喜ばれるでしょう。色鮮やかなドライフルーツなど眺めているだけでもワクワクしてきますね。

西寧でお土産を買うなら:城西区城中区周辺見出し

西寧市の城西区や城中区の周辺は飲食店やショッピングモールが立ち並びとても賑やかです。夜もイルミネーションがキラキラととても綺麗でロマンティック。市内のホテルからもすぐ近くに10店舗以上の大きなショッピングモールがあるので、長距離観光の移動で少し疲れたら、翌日は近くのショッピングモールでお土産を選んでみては?

西寧観光におすすめのホテル:西宁新华联索菲特大酒店 見出し

西寧のショッピングモールが周辺にあり好立地な西宁新华联索菲特大酒店(SofitelXining)。ホテルのフロントやロビーは、大理石や壮大なシャンデリアで飾られていてとても贅沢な印象です。西寧空港から車で30分なので、長旅の疲れをすぐにホテルで癒せるでしょう。

共用エリアで無料Wi-Fiが利用できます。レストランは施設内に3軒。屋内プール、お子様用のプールもあり贅沢なひとときをすごせますよ。西寧の中心地にありながら、他のホテルと比較するとリーズナブルな料金設定。コストパフォーマンス抜群でラグジュアリーな西宁新华联索菲特大酒店は西寧で人気のあるホテルの一つです。

中華料理、西洋料理、日本料理の3つのレストランはどれも上質でおいしいです。Kwee Zeenでは朝食ビュッフェが食べられます。フレッシュな生絞りジュース、焼きたてのパンにおいしい中華饅頭などなど…どれもおいしくで朝から優雅なひと時を味わえますよ。

住所:中国西寧市城西区五四西路63号

西寧観光におすすめのホテル:青海賓館見出し

青海賓館は空港からのアクセスもよく西寧中心地にもとても近いです。ホテル内も広々としていて上品。客室からは西寧市内が一望できます。中華レストランやスポーツジムもホテル内にありますよ。フロントは24時間対応しているので、たっぷり観光してゆっくりホテルに戻っても、また夜中のもしものトラブルなどにも安心して過ごせますね。

窓から西寧の夜景を眺めながら、ゆっくりとお部屋でルームサービスをとるのもいいですね。お部屋には全室エアコンが完備されているので快適に過ごすことができます。室内無料Wi-Fiも使えるので旅先で取った写真をインスタグラムやブログにアップして、遠く離れた友達ともすぐに旅の思い出を共有できますね。

住所:中国西寧市城西区黄河路158号

都会と大自然が味わえる西寧へ!見出し

西寧市はたくさんの民族が集まった都市で、地域によって話す言葉もさまざま。寺院や食文化もそれぞれ特徴的で興味深いです。西寧市内で都会的な観光を味わったら、少し遠出をして青海湖など大自然を満喫するのもいいですね。歴史も文化も奥深い西寧市をぜひ訪れてみてください!

アイコン

人気記事ランキング

記事はありません。

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote