地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ドミニカ国はクレオール料理が基本!主食は米?魅惑の食文化を調査!

ドミニカ国のグルメとして有名なクレオール料理は体験しましたか?今回はドミニカ国の魅惑の食文化、クレオール料理のおすすめスポットや、主食だというバナナの美味しいグルメをどんどんご紹介いたします。ぜひ、旅行の際、参考にしてくださいね。

ドミニカ国のクレオール料理ご紹介見出し

ドミニカ国は、カリブ海の西インド諸島の国々のうち、多くは、イギリス領やフランス領でしたが、ドミニカ国もイギリス領で、現在もイギリス連邦の1つです。カリブの原住民であるカリブ族(カリナゴ族)が残っています。さらに、18世紀は植民地化に最後まで激しく抵抗したといわれています。今回は、ドミニカ国の食文化やクレオール料理をご紹介いたします。

ドミニカ国はクレオ―ル料理!見出し

ドミニカ国は、1493年にコロンブスが訪れた日が日曜日(ドミンゴ)だったため、そう名付けられたそうです。食文化は基本的にクレオール料理で、大きめのお皿にワンプレートで盛られて出されます。東南アジアやインドのコメも使われます。また、飲み物は地場産の代表的な酒としてクブリ(Kubuli)というビールの他、近隣諸国のラム酒もあります。

ドミニカ国の食文化やクレオール料理は日本でも大人気です。クレオール料理がいただけるレストランもあります。また、アメリカ旅行では南部のクレオール料理が美味しいという口コミが多く見られます。ぜひ、カリブ海に訪れた際には、クレオール料理や原住民の料理を堪能してください。

一方、ドミニカ共和国の約1000キロくらい東南東に位置する「ドミニカ国」は、カリブ海のウィンドワード諸島にあり、イギリスから独立した国です。ドミニカ国は、日曜日を意味する「ドミニカ」という言葉を国名の由来にしたため、両国の名前は似ていますが、あまり関係はないようです。面積は754平方キロメートル、人口は約69300人です。

言語は英語が公用語ですが、フランスの支配も長かったため、日常生活においてはフランス語がベースになった「パトワ」と呼ばれるクレオール語も使われています。主産業はバナナで、観光産業も発展してきています。通貨は、東カリブ・ドルです。火山島で、温泉もあり、モゥーン・トワ・ピトン国立公園は世界自然遺産に登録されています。

ドミニカ国!魅惑の食文化:「カリナゴ族(カリブ族)」とは見出し

コロンブスが来る以前から住んでいた原住民「カリブ族(カリナゴ族)」が残るのは東カリブではここだけだそうです。現在は、3000人以上が島の北東の3,700エーカーの「キャリブテリトリー」と呼ばれる居住保護区(海岸)に住んでいて、こちらで独特の食文化や原住民・インディアンの料理をいただくこともできます。

また、カリナゴ族はホームステイ体験などができる宿泊施設も運営していますので、独特の音楽と舞踊、工芸などの他、カリナゴ料理の研修もあります。カリナゴ文化で知られるカリブ族の独特の世界が魅惑的です。伝統工芸やライフスタイルを学んでみませんか?

ドミニカ国!魅惑の食文化:「クレオール料理」とは見出し

ここではクレオール料理についてご紹介いたします。クレオール料理は、アメリカ南部のルイジアナ州大ニューオーリンズ地域を中心とした複合料理の食文化です。料理のベース「聖なる三位一体」はタマネギ、セロリ、ピーマンを炒めたもののことですが、使用する食材はケイジャン料理と、ガンボやジャンバラヤなどの料理と共通しています。

また、クレオール料理は、フランスの他、イタリア、スペイン、フランス領アンティル、西アフリカ、南北アメリカの影響もあり、ニューオーリンズはフランスやイタリアの新移民との関係をより長く保っていたことや、洗練された都市料理で富裕層に庇護されたという特徴があります。

ケイジャン料理が、アカディア人という田舎風フランス料理の元となった料理をルイジアナの食材で作っていて、ルイジアナのクレオールの料理は古典的なヨーロッパのスタイルをルイジアアナの食材を生かして作っているという違いがあるそうです。そうした複数の食文化が混合して形成された独特の料理なのです。

一時、土着で自給自足のケイジャン料理に人気をとってかわられていましたが、東南アジアや少数民族料理も取り入れて、1980年代からはヌーベル・クレオール料理として生まれ変わり、ルイジアナでは今なお定番となっているようです。クレオール料理は昔からある料理ですが、アメリカ南部の伝統料理といえそうです。

ドミニカ国の料理はイギリスの影響が強いのですが、フランス領にも近いため、フランスの影響も受けているそうです。主な料理は、魚(フエダイ)、エビ、タコ、カニなどシーフードが多く、インド系移民の影響からカレーも食べられています。さらに、「カラルー」や「タロイモ」、「パンの木」もよく食べられています。

ドミニカ国のおすすめ!魅惑のクレオール料理:「Lentil(レンティル)」見出し

レンズマメを玉ねぎやスパイスで炊いたものですが、玉ねぎやスパイスはクレオール料理の定番素材でもあります。ドミニカ国では付け合わせとして出されることが多いそうです。レンズマメの平らな形状が食べやすくて美味しいですよ。見かけたら、ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか。

ドミニカ国のおすすめ!魅惑のクレオール料理:「Provision(プロビション)」見出し

カリブ海南部に見られる料理の1つで、プロビションがあります。Provisionは『食糧の供給』という意味の英語です。じゃがいもやさつまいもの他、主に炭水化物を意味し、「プランテーン」と呼ばれるバナナや、「ダシン」と呼ばれる「タロイモ」などもプロビジョンに含まれます。一般的な炭水化物のイメージで、空腹が治まるものになります。

ドミニカ国のおすすめ!魅惑のクレオール料理:「coco-macqe(ココマカ)」見出し

粗引きとうもろこし粉とココナツを混ぜたものを葉でくるんで茹で上げたものです。味付けはほとんどなく、とうもろこしが繊維っぽいのはココナツのせいかもしれません。キャッサバやトウモロコシなど、米に代わるものとして貧しい地域で食されていました。ほんのりとした甘みが感じられるでしょう。ぜひ、お試しください。

ドミニカ国のおすすめ!魅惑のクレオール料理:「Peleau(ペラウ) 」見出し

通常、ドミニカ国では、砂糖を油で焦がしたみりんのような調味料が良く使われていますが、ペラウは、油炊きのピラフのような米料理です。さらに、ペラウはピラフの語源を持ちます。カラメル仕立ての米、水や野菜、豆の炊き込みごはんで、カリブ海南部から中米で食されます。

ドミニカ国のおすすめ!魅惑のクレオール料理:「Crab Back(クラブバック)」見出し

カリブ海のカニは美味しいといわれています。カリブ海の他の国々でもカニ料理が見られます。こちらのクラブバックはその名の通り、カニの甲羅を器にしているカニクリームグラタンです。こんもりと盛りるけられて風味豊かです。日本人には馴染みがあある料理ではないでしょうか。ぜひ、試してみてください。

ドミニカ共和国のおすすめ!魅惑のクレオール料理:「美味しい魚料理」見出し

ここでは、ドミニカ国の美味しい魚料理をご紹介いたします。カリブ海ならではの魚料理があり、焼き魚が多いそうですが、マグロの角切りをトマトとミルクで煮たものなどがあります。こちらもインディアン居住保護区であるキャリブテリトリーで出されるインディアン料理の1つです。美味しいですよ。

ドミニカ国のおすすめ!魅惑のクレオール料理:「Stew Chicken(ステューチキン)」見出し

鶏をトマトやソースで煮こんだシチューです。カリブ海やクレオール料理では、チキンと米、豆がよく食べられます。ターメリックなどのスパイスと塩、またはオイスターソースで煮ることもあります。オイスターソースで煮たものは、「鶏のオイスターソース煮込み」とも呼ばれるようです。美味しいですよ。

ドミニカ国のおすすめ!魅惑のクレオール料理:「キャッサバ」見出し

ドミニカ国ではキャッサバが米のように良く食べられます。タピオカと同じ原料のイモを乾燥してひいて粉にし、ココナッツと砂糖をまぜて作られた「キャッサバブレッド」が、カリブ海で唯一千住インディアンが残るキャリブテリトリーと呼ばれる地域で手に入ります。ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。美味しいですよ。

ドミニカ国のおすすめ!魅惑のクレオール料理:「飲み物」見出し

クブリ(Kubuli)という地ビールや、バニラの鞘を付けたラム酒などがおすすめです。ラム酒の起源はカリブ海の島と言われています。1492年にコロンブスがアメリカ大陸を発見し、その後、ヨーロッパからサトウキビが持ち込まれ産地となりラム酒が作られました。今ではカリブ海といえばラム酒といわれるほどになりました。

ドミニカ国の主な輸出品として、バナナの他、ライム、ライムジュース、グレープフルーツ、ココア、香辛料、などがあります。産地で作られたカリブ海ならではの美味しいフレッシュジュースなどが味わえるかもしれません。ぜひ、見かけたら試してみてください。

ドミニカ国のおすすめ!魅惑のクレオール料理:「しきたりやマナーは?」見出し

どの国でもそうですが、最低限の食事のマナーは守りたいものです。音をむやみに立てない、大声で話さないなどです。また、服装は、レストランでのディナーの場合、身だしなみは大切にしましょう。例えば、教会へも、Tシャツと短パンでは入りません。また、ドミニカ国では、食べてはいけないものなどタブーの食文化は特にないそうです。

ドミニカ国のクレオール料理を気軽に楽しもう見出し

ドミニカ国クレオール料理はいかがですか?アメリカ南部ニューオーリンズの伝統料理という事ですが、多国籍な感じで、米も使われます。そのため、クレオール料理が意外と身近な味に感じられるかもしれません。ワンプレートで気軽に食べられるのが人気ですし、材料も充実しています。旅行の際は、ぜひ、クレーオール料理を味わってみてください。


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote