地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

エルサルバドル観光まとめ!治安や注意することは?おすすめスポットも!

中南米の国として知られているエルサルバドル。この国は古代遺跡や自然など魅力的な観光スポットが多いです。しかし治安はかなり悪いため、これから行く観光客は気をつける必要があります。今回はそのエルサルバドルの観光スポットや治安情報についてまとめました。

中南米の小さな国エルサルバドル見出し

皆さんは中南米にエルサルバドルという小さな国があるのをご存知でしょうか?エルサルバドルは美しい自然と海、遺跡など旅行客に紹介したい観光地が存在しています。その一方で治安状況にも気を付ける必要があります。これからエルサルバドルに行く旅行者にエルサルバドルの観光情報や治安情報、厳選スポットを紹介します。

グアテマラ観光!魅力的な文明遺跡など人気のおすすめスポット11選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
グアテマラ観光!魅力的な文明遺跡など人気のおすすめスポット11選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
グアテマラ共和国通称グアテマラは、中央アメリカの北部、メキシコの下にある国です。先コロンブス期には、マヤ文明が栄えていた国で、現在は文明の遺跡を観光する事が出来ます。魅力的な文明遺産、おすすめの人気観光スポット11か所を厳選してご紹介します!

エルサルバドルとは何か?見出し

中南米の古い歴史の国

エルサルバドルは中央アメリカ南部の小さな国で国土面積は2万平方キロメートルです。言ってみれば四国より少し大きいぐらいです。メキシコのアステカ帝国と同様16世紀まで独自の高度文明を形成していました。ヨーロッパ人の進出以後はスペインの植民地化とした歴史を持っています。ちなみに戦後日本が初めて企業進出した記念すべき国でもあります。

結構美しい自然がある

エルサルバドルの知名度は低く、日本人でさえ場所を知らないほどです。しかし、エルサルバドルは美しい自然に溢れていて、20以上の火山があります。特にエルトゥンコのビーチは際立って美しく、世界中から多くのサーファーが訪れています。エルサルバドルは他の中南米諸国とは違ってカリブ海に面していませんが、カリブ海のビーチに劣らない魅力を持っています。

12年内戦が続いたエルサルバドルの治安状況見出し

イメージ通り治安は悪い

エルサルバドルは世界の中でもトップクラスといっても過言ではないほど非常に治安が悪い国と言えます。その原因は国にギャング組織が野放しになっているからです。組織は「マラ・サルバトルチャ」と「バリオ18」の2つがあります。彼らはスリや強盗を日常茶飯事で行なっていて、警察ですら手に負えないほどです。治安がいい日本とは真逆です。

7万5000人の犠牲者を出した内戦

エルサルバドルの治安がこんなに悪いのは、30年前に起きた12年間の内戦が1つの原因です。この内戦は政府と社会主義勢力の二大陣営が激突した争いで、右翼と左翼の激しい対立がきっかけとなりました。かなり悲惨な戦争で7万5000人の人々が命を落としました。内戦の凄惨さは映画「サルバドル/遥かなる内戦」に丁寧に描かれています。20代の人々は戦争の記憶を色濃く体験しているのです。

刑務所は治安が悪いどころじゃない

エルサルバドルは街並みの治安の悪さが目立ちますが、刑務所はそれを上回る治安の悪さです。刑務所の環境は日本よりも劣悪で、暑く病気すら普通に流行っています。元々刑務所はギャングを収容するためにつくられていて、最悪なほど治安が悪いわけです。ここでは刑務所を監視すべき看守が全くおらず、ギャングの住処になっています。

エルサルバドル観光で治安上の注意を厳選見出し

治安が悪い場所に行かない

エルサルバドルに初めて行く旅行者が治安の悪いところに行ってしまったら一巻の終わりです。そこは当然のようにギャングがたむろしているので、法律も通用しません。日本のように警察が守ってくれるわけではないので、自分の安全は自分で守る必要があります。もし、仮に治安のいいところでも必ずしも事件が起こらないとは限りません。

治安対策はやはりタクシー

エルサルバドルは徒歩やバスでは強盗に襲われる危険性があります。そのような被害に遭わないようにするためにはタクシーに乗ることが必要です。徒歩は一見安全そうに見えますが、ギャングのかっこうの餌となってしまいます。バスは安いのがメリットですが、安全上のメリットを考えるとやはりタクシーがおすすめです。

治安の良いホテルに泊まろう

エルサルバドルのホテルは全てが必ずしも安全な施設とは限りません。泊まるならなるべく、警備が万全で鍵の開け閉めがしっかりしているホテルにしましょう。料金の安いホテルほど、侵入者に所持金や大事なものを盗まれる可能性が高いです。もし仮にホテルを予約できなくても野宿はもってのほかです。

エルサルバドルのおすすめ観光スポット1「ホヤ・デ・セレン」見出し

メソアメリカのポンペイと呼ばれた遺跡

この遺跡は西暦590年にイタリアのポンペイと同じように火山灰に埋もれた悲劇の村です。村の起源は紀元前1200年ごろと言われていますが、当時は火山活動によってかなり荒れていました。しかし、5から6世紀になると安定したためか人が戻ってきました。噴火の際はすでに村人は慌てながら避難していたため、遺跡には遺体がほとんどないです。

最近の発掘でマヤ人の生活が判明

「ホヤ・デ・セレン」は火山灰の中に千年以上も埋もれていたため、ポンペイと同様保存状態は良いです。遺跡の出土品は食器類はもちろん、食べ物まで残っています。特にトウモロコシやキャッサバ畑の発見は重大で、当時のメソアメリカ人の生活が判明しました。さらに宗教施設や大浴場までもが発見され、このようにメソアメリカ文明の詳細が分かる遺跡は少ないです。

エルサルバドルのおすすめ観光スポット2「コアテペケ湖」見出し

この湖は山に囲まれた美しいカルデラ湖です。これといって目立った観光スポットではないですが、湖の周辺にはホテルがあります。ホテル内のレストランで湖を見ながら、食事を楽しむのも醍醐味です。バイカル湖ほどではないですが、かなり透明度はよく泳ぎやすいです。中には水遊びで楽しむ人もいます。南国の暑苦しさを吹き飛ばしたい人に厳選すべきスポットです。

エルサルバドルのおすすめ観光スポット3「タスマル遺跡」見出し

3つ目の厳選スポットは「タスマル遺跡」です。数ある古典期の遺跡の中でも古い歴史を持っている遺跡で、紀元前900年頃から1500年頃まで栄えていたと言われています。チャルチュアパ遺跡の地区の一つで、第二次世界大戦時の1940年から1950年に発掘が開始されました。最古の出土品としてオルメカ様式の像が発掘されています。

タスマル遺跡は正確に言えば、チャルチュパア遺跡の中で比較的新しいものです。それ以前の古い遺跡はカサ・ブランカ地区に位置しています。造られてた時期としては4世紀から10世紀で、大都市として繁栄していたと言われています。今は崩れていますが、後古典期には競技場まで造られていました。もしかしたら、メソアメリカ社会の中で貿易の中枢を占めていたのかもしれません。

エルサルバドルのおすすめ観光スポット4「サンタ・アナ火山」見出し

サンタ・アナ火山は2303メートルとエルサルバドルの中でかなり標高が高い山です。火山に行くにはツアー参加が必要ですが、7ドル程度とあまりお金がかかりません。山頂まで登るには時間と体力が必要ですが、難易度はそこまで高くないため誰でも登頂できます。特に火口のカルデラ湖はとても美しく旅行者におすすめの厳選スポットです。

エルサルバドルのおすすめ観光スポット5「カテドラル」見出し

カテドラルはサンタアナで見られるとても美しい教会です。スペイン征服以後に建設された大聖堂で、ゴシック様式で建てられてます。サンタアナはかなり美しい街ですが、中でもカテドラルはインパクトがあります。内部はあまり豪華ではないですが、それでも立派です。なかなかヨーロッパ的な造られ方をしているので、美しい物好きな旅行者にはおすすめです。

エルサルバドルのおすすめ観光スポット6「エル・ボケロン国立公園」見出し

エル・ボケロンは深さが500メートル以上もある美しいクレーターで、エルサルバドルの首都から気軽に行ける場所として有名です。このクレーターはジャングルと呼べるほど緑に覆われたところです。公園内にあるエルサルバドル火山は1960メートルの標高を持っています。活火山ですが街の方には被害は及んでいないので、はじめての旅行者でも楽しめます。

エルサルバドルのおすすめ観光スポット7「イロパンゴ湖」見出し

この湖は長年の火山活動で形成された湖で、首都から10キロ離れたところに位置しています。コアテペケ湖とは違う意味で美しい湖で、多くの旅行客に足を運んでほしい厳選スポットです。普段は危険はないですが、5世紀から6世紀の噴火ではマヤ都市を衰退に追い込んだと言われています。エルサルバドルの火山は美しいですが時折厳しい顔をも見せます。

覚えておきたいエルサルバドルへの行き方見出し

日本からエルサルバドルへの直便はありません。飛行機で行くには、ユナイテッド航空やデルタ航空を乗り継ぎで使う必要があります。首都に行くならロサンゼルスかヒューストンで乗り継ぐので、一旦アメリカに足をつかなければなりません。乗り継ぎが完了したらやっとエルサルバドルにたどり着けます。日本からエルサルバドルまでの航空時間は30時間と1日以上かかります。

治安に気を付けてエルサルバドルに行こう!見出し

ここまでエルサルバドルの治安や観光情報、厳選スポットなどを紹介させていただきました。エルサルバドルはかなり治安の悪い国ですが、その反面、魅力的な遺跡や美しい自然がたくさんあります。この記事でお伝えしたタスマル遺跡もなかなか濃い厳選スポットです。エルサルバドルに行きたい旅行者は治安に十分に気をつけて観光を楽しんでください。

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote