オマーンの首都マスカットの人気観光スポットは?見どころや行き方もご紹介!

2019年6月23日 (2019年6月24日最終更新)

アラビア半島にある国オマーンの首都マスカットについて今回ご紹介させていただきます。オマーンのマスカットでは古き良き時代が感じられる建造物や異国情緒を感じられる街並みで、近年大人気観光スポットとなっています。気になる観光スポットや行き方をチェックしてみましょう。

目次

  1. オマーンの首都マスカットの観光スポットをチェック!
  2. オマーンの首都「マスカット」の名前の由来
  3. 1:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【スルタン・カブース・モスク】
  4. 2:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【アル・アラム・パレス】
  5. 3:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【オペラハウス】
  6. 4:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【マトラ・スーク】
  7. 5:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【ベイト・アル・バランダ博物館】
  8. 6:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【ベイト・アル・ズバイル博物館】
  9. 7:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【ナショナル・ミュージアム】
  10. 8:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【その他のおすすめ】
  11. オマーン首都マスカットの観光で知っておきたいポイント
  12. オマーンの首都マスカットへの行き方
  13. オマーンの首都マスカットへ旅行しよう!

オマーンの首都マスカットの観光スポットをチェック!

アラビア半島の東南端にあるオマーンの国の首都マスカットは異国情緒あふれる街並みが広がる、古き良き歴史が残る場所です。

オマーンのマスカットは少し珍しい地形をしていて、広くて大きな岩山が海ギリギリまでそびえ立っています。

岩山の間にポツンとマスカットの町が存在します。また想像以上にオマーンのマスカットはとても広く、急な坂が多い場所でもあります。

観光の際にはバスなどの行き方で移動をする事が可能となっていますので、オマーンのマスカットの観光巡りの際には行き方や移動手段等も合わせてチェックしておきましょう。

今回オマーンのマスカットのおすすめ観光スポットやマスカットに訪れたら必ず訪れていただきたいおすすめの場所をまとめてご紹介させていただきます。

マスカットってどんなところなの?

アラビア半島にあるオマーンは西にサウジアラビア、南西にイエメンの国と隣接している石油ルートのある有名なスポットになります。

オマーンは世界遺産で有名なバハラ城塞や、オマーンの第二の都市でもあるニズワ城壁等魅力的なスポットがたくさんあります。

そんな中オマーンの首都は観光スポットでもあり、とても美しい街並みが広がります。オマーンのマスカットの建物は白を基調にする規制があります。

そのため、マスカットの町並みは美しい青空と白い街並みが特徴的な素敵な光景を楽しむ事が出来ます。

またアラビア風の建物はとてもゴージャスで、マスカットの街歩きをするのもとても楽しくなってしまいます。

オマーンの首都「マスカット」の名前の由来

続いてオマーンの首都マスカットの名前の由来についてご紹介させていただきます。ゴツゴツとした険しい岩山に囲まれたマスカットの名前の由来は、「谷間に浮かび上がった美しいもの」説や「陸地が海に降りる場所」と言った説があります。

オマーンのマスカットは世界でも珍しい地形となっていて、首都マスカットは岩山に囲まれていて平地で集結している訳ではなく岩山の間に街が点在している形となっています。

またオマーンのマスカットは小さな街に見えて、とても敷地面積が大きな街となっています。観光スポットも所々に点在しています。

オマーンのマスカットはあまるで「アラビアンナイト」の世界観を感じることが出来ます。日中の光景も素晴らしいですが、サンセットから夜の時間になる間が絶景です。

有名な観光スポットでもある建造物はどれも立派で圧倒されるような場所がいくつかあります。行き方や移動は多少大変ですが、1日もあれば充分に満喫する事ができます。

オマーンの素晴らしきマスカットの観光スポットをチェックしてみましょう。素敵な建造物やな街並みを楽しむ事が出来ます。

1:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【スルタン・カブース・モスク】

オマーンの首都マスカットの人気観光スポットをまとめてご紹介させていただきます。まず初めにマスカットの1番人気のおすすめスポットスルタン・カブース・モスクに注目してみましょう。

スルタン・カブース・モスクは観光客が必ず訪れるマスカットの人気スポットとなっています。初めて訪れる方はチェックしてみましょう。

スルタン・カブース・モスクは美しいイスラム建築を存分に満喫する事が出来ます。立派で豪華なスルタン・カブース・モスクは是非注目してみましょう。

スルタン・カブース・モスク周辺も人気観光スポットなので、とても美しく整備がされています。気になる方はチェックしてみましょう。

おすすめする理由<オマーン・マスカットの魅力>

オマーン最大級のスルタン・カブース・モスクは通常であればモスクは異教徒(イスラム教)以外の宗教の人は入れない決まりとなっています。

しかしスルタン・カブース・モスクだけは違う宗教でも、海外の観光客も気軽に入ることが出来る唯一のスポットとなっています。

スルタン・カブース・モスクは6年の歳月をかけ2001年に完成したスポットです。完成から18年の年月が経っていますが、それでもとても美しくて魅了されてしまいます。

またスルタン・カブース・モスクは夕暮れから夜になると明かりが付き、とても美しい光景を楽しむ事が出来ます。

この観光施設のお役立ち情報

スルタン・カブース・モスクの施設情報についてご紹介させていただきます。スルタン・カブース・モスクは利用料や入場料は無料となります。

観光客が自由に入場できるのは曜日によって異なります。スルタン・カブース・モスクの会場は土曜日と木曜日、朝8時から11時までとなっています。

スルタン・カブース・モスク内を観光したい場合は開場できる曜日に合わせてアクセスをする様にしましょう。

またスルタン・カブース・モスクが開場していない時にでも、外観だけでも見る価値は十分にあるので注目しておきましょう。

2:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【アル・アラム・パレス】

続いてオマーンのマスカットで人気おすすめの観光スポットのアル・アラム・パレスをご紹介させていただきます。

アル・アラム・パレスはオーマン王の宮殿となります。立派な建造物でこちらもイスラム建築となっています。

とても大きくて独特なデザインのアル・アラム・パレスは残念ながら中に入ることが出来ません。

現在のオマーンの現在の王はスルタン・カブースは旧市街地に宮殿があり、アル・アラム・パレスで暮らしているわけではありません。

おすすめする理由<オマーン・マスカットの魅力>

マスカットの大人気観光スポットのアル・アラム・パレスはアラビアンカラーの近代的なイスラム建築の素晴らしい建物がとても魅力的となっています。

宮殿の広い敷地内や中の庭園はとても美しくて、オーマン独特な景色を楽しむ事が出来ます。こちらは中に入って残念ながら見ることが出来ません。

しかし外からでもアル・アラム・パレスの外観や大きな中庭の景色を見ることが出来ますので、マスカットに訪れた際にはアクセスをしてみましょう。

アル・アラム・パレスは近くで見る価値のあるおすすめのスポットとなります。またアル・アラム・パレス付近にはたくさんの観光スポットもありますので、併せて観光してみましょう。

この観光施設のお役立ち情報

続いてアル・アラム・パレスの観光施設の情報についてご紹介させていただきます。アル・アラム・パレスは上記でもご紹介しましたが、中に入ることが出来ません。

アル・アラム・パレスは営業時間や入場料などは一切不要となっています。素晴らしいイスラム建築のオーマン王の宮殿にアクセスしてみましょう。

3:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【オペラハウス】

続いてオマーンのマスカットの人気観光スポットのオペラハウスがおすすめとなっていますので大注目してみましょう。

アル・アラム・パレスはシンプルな建物ですが、とても立派で、中に入ると本格的な装飾が魅力的となっています。

またマスカットのオペラハウスでは本格的なオペラが楽しめることが出来ます。オペラハウスは外観よりも館内の観光を是非おすすめします。

オペラハウスの中の素晴らしいデザインの装飾がとても美しくて息をのむほどに、圧倒されてしまいます。

おすすめする理由<オマーン・マスカットの魅力>

オマーンのマスカットのオペラハウスのおすすめポイントはオペラハウスの中がとても美しくて魅了してしまいます。

まさに宮殿のようなオペラハウスの館内はゴールドにデザインされてとても高級感があります。

マスカットのオペラハウスの中は残念ながら無料ではありませんが、観光客でも問題なく中に入ることが出来ます。

先ほど紹介したアル・アラム・パレスは中に入れなくて、外観だけでも十分ですがオペラハウスは管内の観察も行ってみましょう。

日本ではまず味わう事が出来ない素晴らしい装飾や豪華なデザインを間近で楽しむ事が出来ますので大注目しておきましょう。

この観光施設のお役立ち情報

続いてマスカットの豪華で可憐なオペラハウスの観光施設の情報にチェックしてみましょう。オペラハウスのは施設内に入ることが可能となっています。

オペラハウスの施設内の観光はデイリーハウスツアーとして開催されています。開催時間は朝8時30分から夕方の5時30分までとなっています。

館内ツアーのチケットがないと、オペラハウスの中には入れないのでツアーに参加してみましょう。

4:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【マトラ・スーク】

続いてオマーンのマスカットの観光客で賑わう大人気スポットのマトラ・スークをご紹介させていただきます。

マトラ・スークはマスカットのお土産や生活用品、雑貨や骨董品等を販売しているショッピングスポットとなっています。

マスカットで暮らしている方も訪れるお買い物エリアとなっています。オーマンは海洋王国であり、コンパスや望遠鏡等が有名な国です。

お土産選びの際にも海洋王国の名残の物がたくさん販売されています。またマトラ・スークでは本格的な骨董品がとても素晴らしいです。

おすすめする理由<オマーン・マスカットの魅力>

オーマンの首都マスカットのマトラ・スークは観光で訪れた際には是非アクセスしていただきたいおすすめのスポットとなります。

オーマンらしいお土産品を購入する事ができるので、街歩きとして楽しめる人気のスポットとなっています。

またマトラ・スーク内にはたくさんのお店がたくさんあります。小さな小路にも無数のお店があるので、歩きながらお店を見て回るのが楽しいです。

またマトラ・スークはアラブ特有のスパイスも販売しています。スパイシーな香りや、また香水やお香の香りなども楽しめます。

観光客に大人気のマトラ・スークで掘り出し物を探しましょう。可愛い雑貨もあるので、マスカットのお土産探しにはおすすめのスポットとなっています。

この観光施設のお役立ち情報

人気スポットのマトラ・スークの観光施設の情報に大注目してみましょう。マトラ・スーク内の中心部でもあるには美しい立派なステンドガラスがあります。

こちらは1番人が多くて、また休憩スポットきれいな天井のステンドガラスを写真に収めておくのもおすすめです。

またマトラ・スークは比較的に日中よりも、日が落ちる日没の夕方からが人が続々と多くなってきます。

オマーンのマスカットに訪れる観光客が必ずアクセスするといっても過言ではないマトラ・スークに大注目しておきましょう。

5:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【ベイト・アル・バランダ博物館】

続ていオマーンのマスカットの人気観光スポットのベイト・アル・バランダ博物館をご紹介させていただきます。

マスカット市内のベイト・アル・バランダ博物館は1930年に建築された建物となります。建築後も度々、手入れもしているのでとても綺麗です。

ベイト・アル・バランダ博物館はオマーンの伝統やこの国で生活している様式を紹介しチエル博物館となっています。

オマーンの旅行の際によく街で見かける現地の衣服や調度品等も、ベイト・アル・バランダ博物館ではそのアイテムの詳細や名前や使い方等を、丁寧に紹介してくれています。

おすすめする理由<オマーン・マスカットの魅力>

オマーンのマスカットにあるベイト・アル・バランダ博物館はオーマンの歴史が学べるスポットとなっています。

オーマンの国をもっと知りたいと感じる方は是非ベイト・アル・バランダ博物館にアクセスをしてみましょう。

実はオマーン王国はかつてポルトガルの占領時代の歴史があります。マスカット市内もポルトガル領土の名残が感じられます。

またベイト・アル・バランダ博物館ではオマーンの暮らしについても学ぶことが出来ますが、ポルトガル占領時代や貿易の歴史についても学ぶことが出来ます。

初めて訪れる国の文化や歴史に触れるのはとても大切なことです。オマーンに観光で実際に訪れなければ知らない事がたくさんありますので参考にしてみましょう。

この観光施設のお役立ち情報

続いてベイト・アル・バランダ博物館の観光施設の情報についてご紹介させていただきます。ベイト・アル・バランダ博物館の休館日は毎週金曜日となります。

またベイト・アル・バランダ博物館にアクセスされる際には朝9時30分から18時までにアクセスするようにしましょう。

またベイト・アル・バランダ博物館の館内では残念ながら写真撮影が禁止されているので、訪れた際には管内の撮影は控えておきましょう。

またベイト・アル・バランダ博物館の館内の入館料は2リヤルとなります。現在オマーンのレートは279円となっていますので日本円で558円で利用できます。

6:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【ベイト・アル・ズバイル博物館】

続いてオマーンのマスカットで人気のおすすめスポットのベイト・アル・ズバイル博物館をご紹介させていただきます。

こちらでは冒頭でもご紹介しましたが、オマーンはとても珍しくて世界的にも不思議な地質の国となっています。

そんなオマーンの気になる地質について詳しく解説させてくれる博物館となっています。興味がある方は是非ベイト・アル・ズバイル博物館にアクセスをしてみましょう。

また日本で感じることが出来ないオマーンの断崖絶壁の岩山等も実際に目で見て街歩きをしてみるのもおすすめです。

おすすめする理由<オマーン・マスカットの魅力>

オマーン王国の謎が解るベイト・アル・ズバイル博物館はおすすめのスポットとなっています。世界的にもとても珍しいオマーンの地質を解説してくれます。

またオマーンは国土のほとんどが砂漠となっています。岩山に囲まれた首都マスカットの謎を解決してみましょう。

上記でご紹介したベイト・アル・ズバイル博物館を併せてオーマンの歴史や地質について学んでみるのがおすすめです。

またベイト・アル・ズバイル博物館はj興味深い展示品などもありますので、とても楽しい観光にしてくれます。

この観光施設のお役立ち情報

ベイト・アル・ズバイル博物館の観光施設の情報についてチェックしてみましょう。ベイト・アル・ズバイル博物館の休館日はこちらも休館日は金曜日となります

開館時間は朝9時から13時まで、16時から18時までの開館時間となりますのでアクセスの際には注意しておきましょう。

ベイト・アル・ズバイル博物館の入館料は1リヤルとなります。日本円にすると279円でリーズナブルなお値段で利用する事が出来ます。

7:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【ナショナル・ミュージアム】

続いてオマーンの首都マスカットの人気観光スポットのナショナル・ミュージアムをご紹介させていただきます。

ナショナル・ミュージアムは本格的なオマーンの歴史や文化を解説されているおすすめのスポットとなります。

日本ではオマーンはまだまだ馴染みの少ない国となりますが、その歴史はとても興味深いです。オマーンの歴史についてもっと知りたい方は、ナショナル・ミュージアムにアクセスをしてみましょう。

おすすめする理由<オマーン・マスカットの魅力>

オマーン王国は世界的に見ても興味深い国となります。現地に訪れなくても、その国の情報やガイドではなかなかわかりにくいオマーンの歴史があります。

またナショナル・ミュージアムではそんなオマーンの歴史をもっと具体的に詳しく解説してくれる場所となっています。

オマーンの歴史をまとめた短いもあり、有名な「オマーン・ルネサンス」と呼ばれていたカブース国王以前のオマーンの国の様子なども学ぶ事が出来ます。

なかなか得られないオマーンの情報をナショナル・ミュージアムで手に入れる事が出来ますので、観光の際には是非訪れてみましょう。

この観光施設のお役立ち情報

続いてオマーンのマスカットのナショナル・ミュージアムも観光施設の情報についてご紹介させていただきます。

開館時間は朝10時から夕方17時までとなります。また金曜日は14時から18時までの開館時間となりますのでアクセスの際には注意しておきましょう。

またナショナル・ミュージアムの入館料5リヤルとなります。上記でご紹介した博物館の入館料よりも更に高額になり、日本円にすると1395円になります。

しかしそれ以上にナショナル・ミュージアムは価値あるオマーンの歴史や文化を学べる場所となっていますので価値は十分にあります。

8:オマーンの首都マスカットの人気観光スポット【その他のおすすめ】

最後にオマーンの首都人気観光スポットその他のおすすめをご紹介させていただきます。上記でご紹介したオマーンの歴史や文化を感じながら、マスカットの町並みを少しだけ観光してみるのがおすすめです。

岩山に囲まれた珍しいマスカットでは移動は実はとても大変です。移動の際にはバスの利用が基本となっていますが、海と断崖絶壁の絶景が楽しめる街道を少し散歩してみるのがおすすめです。

オマーンに興味がある旅行者は意外にも多くマトラスークからオマーン国立博物館までの道のりを歩ける海道ウォーキングエリアがあります。

マトラスークからオマーン国立博物館までの道のりは片道3時間と驚くほど距離となりますが、途中バスやタクシーも利用できますので是非観光巡りに取り入れてみましょう。

オマーン首都マスカットの観光で知っておきたいポイント

続いてオマーンのマスカットに観光する前に知っておきたいオマーンの情報やポイントについて解説させていただきます。

オマーンはイスラム教の国となっています。日本ではなかなか味わえない文化を感じ割れるおすすめの観光スポットとなります。

オマーンの国土のほとんどが砂漠となっている国で、首都であるマスカットは岩山に囲まれた場所にあります。

今回オマーン観光の際に重要な情報のオマーンのレートや入国の際に必要なビザについてまとめてチェックしてみましょう。

オマーンのレート

まず初めにオマーンの気になるレートについてご紹介させていただきます。オマーンの通貨は「リアル・オマーン」となります。

またまた1リアルは2019年現時点で日本円にすると279円となります。観光の際には一見とても安い価格と感じてしまいますが、1リヤルが高額なのでお買い物の際には必ず覚えておきましょう。

また比較的にオマーンの観光の際には少し物価が高く感じられます。また現地では基本現金での支払いとなりますので観光の際にはクレジットや電子マネーに頼らずに換金しておきましょう。

入国の際に必要なビザ

続いてオマーンの入国際に必要なビザについてご紹介させていただきます。オマーンに入国する際にはパスポートのほかにが必要となります。

ビザはマスカット空港に到着した時点で購入する事が出来るので安心しましょう。アライバルビザを空港で購入します。お値段は約1375円ほどとなります。

オマーンの首都マスカットへの行き方

最後にオマーンの首都マスカットへの行き方についてご紹介させていただきます。日本でも定番の観光スポットがたくさんありますが、オマーンのマスカットはなかなかレアな隠れスポットとなっています。

アジア圏やヨーロッパやアメリカ等があり、日本からそのままの行き方で利用できる直行便もたくさんあります。

日本からオマーンのマスカットへの直通便やそのほかの行き方があるのか、また空港から首都マスカットまでの行き方等をまとめてご紹介させていただきます。

気になる素敵な国オーマンの首都マスカットに旅行を考えいている方は、おすすめの観光スポットや日本からマスカットまでの一連の行き方を事前にチェックしておきましょう。

成田空港からマスカット空港へ

まず初めに日本からオーマンまでの行き方についてご紹介させていただきます。日本の成田空港からオーマンの首都マスカット空港までの行き方をチェックしてみましょう。

日本からマスカット空港までの直通便は残念ながらありません。マスカット空港までの行き方はドバイを経由してオマーンに訪れる方法となります。

東京の成田空港からエミレーツ航空のドバイまでの直行便を利用してアクセスをしましょう。日本からドバイまでは約11時間のフライトでアクセスができます。

またオーマンの首都マスカット空港はドバイのお隣さんの国なので、ドバイからマスカット空港までの行き方は様々ありますが飛行機を利用するなら「Fly Dubai」で1時間ほどで、ドバイからマスカット空港までアクセスができます。

空港から市内へ

続いてマスカット空港から市内までの行き方についてご紹介させていただきます。以前まではマスカット空港から市内までの行き方はタクシーでしたが、最近空港が改装されてからバスが新設されました。

マスカット市内までのバスの路面図も日本と比べてもとてもシンプルで分かりやすい行き方でアクセスが出来ます。

またマスカット空港からのバス運行表はありませんが10分から20分に1本バスが運行していますので、バスの停留所で待っていればすぐにバスが到着します。

マスカット空港の地下のレベル0から外に抜ければ、バス停留所があります。ルイバスステーションを利用して1Aか1Bのバスに乗りましょう。バスステーションからの市内までは約40分程で到着できます。

5561e83f5c29a11ac526ecb79ea709d3 sドバイ国際空港の楽しみ方!乗り継ぎも便利!お土産・免税店なども網羅 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
世界最大規模の大きさを誇るドバイ国際空港での乗り継ぎとなった時、次の便までどのようにして過ご...

オマーンの首都マスカットへ旅行しよう!

素晴らしき光景を満喫する事が出来るオマーンの首都マスカットは美しい建造物やアラビアンの雰囲気が感じられる街並みが大人気です。

日本ではまだまだ知らない人も多いオマーンのマスカットですが、ヨーロッパからの観光客がとても多くて今後世界的に有名になるかもしれません。

今回オマーンのマスカットのおすすめ観光スポットをまとめてご紹介させていただきました。更に日本からオマーンまでの行き方や、空港からマスカットまでの行き方もまとめてピックアップしてみました。

ドバイ経由なら行き方も簡単で、フライト時間も12時間ほどでオマーンのマスカットにアクセスする事が出来ます。興味のある方はチェックしてみましょう。

関連記事

Missing
この記事のライター
LOOK

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する