地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

曽木の滝周辺を観光!紅葉や温泉に公園と魅力満載!ランチも紹介!

曽木の滝周辺を観光!紅葉や温泉に公園と魅力満載!ランチも紹介!

「曽木の滝(そぎのたき)」は、鹿児島の北海道とよばれる鹿児島県伊佐市の観光スポットです。紅葉や桜がきれいなスポットとしても人気で、マイナスイオンたっぷり感じられます。曽木の滝周辺にある温泉やランチできる場所、合わせて見ておきたいスポットなどをご紹介いたします。

曽木の滝公園とは?見出し

日本一の滝幅を持つ曽木の滝は、高さ12メートル、滝幅210メートルある「東洋のナイアガラ」とも称される観光スポットです。「平成百景」第24位にもランクインしており、訪れる人々を圧巻させる景色が広がります。そんな曽木の滝へ行く前に知っておきたい情報をご紹介します。

曽木の滝の紅葉見出し

曽木の滝の紅葉は、鹿児島県内で唯一「日本紅葉の名所100選」に選ばれているスポットでもあります。見頃は例年11月中旬から11月下旬となっており、多くの観光客が訪れます。イチョウの黄色ともみじの赤色とその他の木々の緑色が織り成す景色と、迫力のある曽木の滝を楽しめます。

最初にイチョウが色づき、胃腸が落ち始めた頃にもみじが見ごろを迎えます。天気や気候により、紅葉の見頃の期間が変わりますが、1週間程度は楽しめます。見頃を少し過ぎて散り始めるイチョウの葉っぱの絨毯やもみじの葉っぱの絨毯なども美しいと評判です。

曽木の滝のもみじ祭り(本祭り)見出し

曽木の滝のもみじ祭りは例年11月23日の祝日に行われていましたが、2016年は11月27日の日曜日に行われました。和太鼓やダンスなどを披露するステージの催し物や屋台なども出店し、賑わいます。なお、もみじ祭り当日は交通規制があります。近年、臨時駐車場からシャトルバスで移動する交通規制で、往路のみ片道100円のアクセスとなります。復路は無料となっています。

近年もみじ祭りに合わせて、遊覧船も運行しています。天候によりますが、本祭りと前夜祭あたりの3日間くらい、運行されており、曽木の滝を水面から見ることができるので迫力があります。当日に曽木の滝の駐車場で、チラシを配ってお知らせしていました。船料は保険代込みで値段が変わっていなければ、 大人1000円、子供500円の料金です。

曽木の滝のもみじ祭り(前夜祭)見出し

曽木の滝のもみじ祭り前夜祭では、20から30くらいの屋台が出店しています。たこ焼きやお好み焼き、焼きとうもろこしなど定番の露天メニューがそろっています。曽木の滝と紅葉のライトアップが実施されるため、時間帯によっては交通規制があり、臨時駐車場からのシャトルバスで移動する必要があります。

曽木の滝のライトアップ見出し

曽木の滝のもみじまつり前夜祭では、曽木の滝と紅葉がライトアップされます。ライトアップでは、曽木の滝を流れる水に、赤や黄色、青や緑といったカラフル色をあて、流れる滝がグラデーションに彩られます。以前は、この滝のライトアップと共に、花火の打ち上げもありましたが、ここ数年実施されていません。

鹿児島の滝おすすめ紹介!絶景スポットは勿論高速道路から見える場所も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
鹿児島の滝おすすめ紹介!絶景スポットは勿論高速道路から見える場所も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
鹿児島には有名な滝がたくさんあります。高速道路から眺められる滝や、東洋のナイアガラと言われている大きな滝まで、いろんな滝があります。自然が豊かな鹿児島で、マイナスイオンを浴びることができる有名な滝をたくさんご紹介していきます。

曽木の滝公園内のおすすめスポット1:清水神社見出し

恋愛の神様が祀ってある「清水神社」は、曽木の滝公園内にあります。駐車場からお店の前を通って、子供向けの公園を通り、左へと曲がってまっすぐ進むと見えてきます。紅葉時期は清水神社周辺のもみじがとてもきれいです。

鹿児島の神社巡りで御朱印帳に御朱印集め!パワーで有名な神社でご利益を! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
鹿児島の神社巡りで御朱印帳に御朱印集め!パワーで有名な神社でご利益を! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
鹿児島には有名な神社がたくさんありますが、パワースポットとしても話題の神社がいくつかあります。また、神社では御朱印をもらうこともできるため、御朱印集めやオリジナルの御朱印帳を購入出来るなど思い出の記念にいかがですか?鹿児島の神社めぐりで御利益アップしましょう。

曽木の滝公園内のおすすめスポット2:旧曽木発電所跡の水路跡見出し

清水神社を正面に向いて、右側に下へ下る階段があります。その階段を下ると、以前、旧曽木発電所が動いていた時代に水路として使われていた場所へたどり着きます。石できれいに積まれた円状の穴が開いたスポットは、なぜか不思議な雰囲気をもっており、訪れた人がノスタルジックになるようなエリアです。

ちなみに、清水神社を正面向かって左側にも階段がありますが、そちらへ行くと曽木の滝へと移動できます。その途中に、旧曽木発電所の水路として使われていた石畳と石のトンネルのようなスポットも現れます。この石のトンネルを歩いて行くと、1つ前に紹介した写真の石で丸い穴を造っているエリアへとたどり着きます。夏はひんやりして気持ちよいエリアです。

曽木の滝公園内のおすすめスポット3:柳原白蓮の歌碑見出し

曽木の滝の展望所には、柳原白蓮の歌碑が設置されています。展望所の真ん中あたりにあり、柳原白蓮が曽木の滝を訪れた際に読んだ句「もののふの昔がたりを曽木の滝 水のしぶきにぬれつつぞ聞く」が刻まれています。NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」の登場人物である、ヒロインの友役は柳原白蓮をモデルにした人物だったとされており、その頃にこの碑は設置されました。

曽木の滝公園内のおすすめスポット4:スケルトン展望台見出し

曽木の滝公園内の新展望所隣にある「新曽木発電所」で発電する際に使われた水が、滝へ放水される上にスケルトン展望台が設置されています。そのため、勢いよく放水される水と曽木の滝の様子を透明になったスケルトンを通して見ることができるので、ややスリルのある展望台です。

曽木の滝公園内のおすすめスポット5:無料のお茶見出し

曽木の滝公園内にある駐車場を下り、曽木の滝方向を正面にして右側へ進むと、お土産・お食事処が3軒つらなっています。その3軒の前にはテーブルがあり、テーブル上にお湯の入ったポットと個装のしいたけ茶やとうがらし梅茶、お漬物等が置かれています。無料で誰でも設置されている湯のみを使って、セルフサービスでお茶を飲めます。おいしいので色々飲みたくなる休憩場所です。

曽木の滝の桜見出し

曽木の滝は、桜も植えてあり、春の3月下旬から4月上旬が見ごろです。伊佐市のもう一つの観光スポット日本桜名所100選に選ばれている「忠元(ただもと)公園」や日本一のエドヒガン桜など、桜スポット巡りコースにもなっています。紅葉の時期もきれいですが、桜の時期もきれいです。

曽木の滝周辺の観光スポット1:曽木発電所遺構見出し

曽木の滝から道なりで約2kmほどの場所にある「曽木発電所遺構」は、5月から7月頃までダムの底から姿を現す近代化産業遺産です。ヘリテージング100選にも選ばれており、時間が止まったような雰囲気を感じる場所です。曽木の滝公園でレンタサイクルを利用して、サイクリングで移動しても気持ちいい距離です。

ダム底に沈む「曽木発電所遺構」の姿も味わいがあります。対岸に設置されている展望台では、明治42年当時は国内最大級の発電所だったとの説明書きなども設置されています。基本的には普段は対岸からしか見ることができないので、曽木発電所遺構に直接入って撮影などはできません。特別な許可の下りたツアー、例えば伊佐市が主催しているようなツアーでは、稀に曽木発電所遺構へ入って撮影できることもあるようです。

曽木の滝周辺の観光スポット2:新曽木大橋見出し

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

曽木の滝から曽木発電所遺構へ行く際に必ず通る「新曽木大橋」です。新曽木大橋からも曽木の滝を見ることができます。曽木の滝から高くてやや遠い位置にあるため、また違った眺めを楽しめるスポットでもあります。T字路になったあたりに10台ほどの駐車場もあります。

曽木の滝周辺の温泉:曽木の滝温泉センター見出し

曽木の滝から一番近い温泉は「曽木の滝温泉センター」です。薬草風呂などがある「洋風呂」とプールなど「和風風呂」があり、1日交代で男女が入れ替わります。大人390円で、26日のふろの日は、ほぼ半額の200円になります。2016年5月1日から家族風呂3種類もスタートしています。予約はできず、入浴料は1時間で1800円です。定休日は木曜日で、営業時間は10時から21時です。

曽木の滝温泉センター [住所]鹿児島県伊佐市大口宮人463番地135 [電話]0995-24-2277

鹿児島温泉巡りへGO!人気の日帰りから秘湯や銭湯まで!旅館も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
鹿児島温泉巡りへGO!人気の日帰りから秘湯や銭湯まで!旅館も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
桜島、芋焼酎、黒豚と有名観光スポットや名物グルメの多い鹿児島ですが、温泉も素晴らしい温泉地があることでも有名です。鹿児島観光と組み合わせて楽しむのはもちろん、2ケ所3ケ所と温泉巡りしたい温泉をご紹介します。日帰り施設から旅館まで!早速ご覧ください。

曽木の滝周辺のランチ1:なりざわ見出し

曽木の滝公園内にある「なりざわ」は、鯉料理や釜飯などに定評があるお食事処でランチをいただけます。座席数は約250席もあります。鯉定食が税別960円、鯉と釜めしとてんぷらの膳が税抜1340円などがランチで人気です。営業時間は平日8時30分から17時、土日祝日は8時30分から18時30分がラストオーダーとなっています。

「なりざわ」詳細情報

なりざわ [住所]鹿児島県伊佐市大口宮人635-26 [電話番号]0995-28-2345

曽木の滝周辺のランチ2:花筵(むしろ)見出し

なりざわの隣にある「花筵(むしろ)」でもランチができます。名物は黒豚重セットで税別1000円です。セットでサラダ、またはうどんかそばを選べます。そばじゅい御膳は女性のランチで人気があり、税別950円です。営業時間は平日9時から17時、夜は予約制で17時から21時30分です。

ちなみに、お食事処以外にお土産屋さんにもなっています。最近では、鹿児島県伊佐市の公認キャラクター「イーサキング」のグッズや賄賂と称されたクッキーなども販売されており、これを目当てに曽木の滝を訪れる人もいるほどです。ふなっしーとイーサキングがコラボしたぬいぐるみなども販売されています。

「花むしろ」詳細情報

花むしろ [住所]鹿児島県伊佐市大口宮人635 [電話番号]0995-28-2525

曽木の滝へ行ってみよう!見出し

日本一の滝幅を持つ曽木の滝は、雨が降った後に行くと水量が多くて迫力があります。近くに温泉やランチできる場所もあり、年間約30万人が訪れる人気の観光スポットです。5月から7月頃にかけて、ダム底から姿を出す「曽木発電所遺構」も曽木の滝と合わせて見るのがおすすめです。ぜひ足を運んで曽木の滝へ訪れてください。

投稿日: 2017年5月25日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

記事はありません。

アイコン

人気記事ランキング

記事はありません。

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote