地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ボラボラ島とは?ホテルへの行き方やツアーに水上コテージやおすすめの服装等を紹介

「南太平洋に浮かぶ真珠」と呼ばれるボラボラ島は、地球上で最も美しい島と称され多くの観光客が訪れます。日本ではハネムーン先としても人気のあるボラボラ島についてご紹介します。行き方やおすすめの服装など、ボラボラ島へ行く前に知っておきたい情報を集めました。

一生に一度は行きたいボラボラ島見出し

地球上で最も美しい島と称されるボラボラ島の名前を聞いたことがありませんか?ボラボラ島は、その美しさから「南太平洋に浮かぶ真珠」「地球上に残る最後の楽園」とも呼ばれています。どんな島なのでしょう。この記事ではボラボラ島の魅力について詳しくご紹介します。水上ステージやおすすめの服装、ボラボラ島を楽しむツアーなど、ぜひ旅の参考にしてみてください。

ボラボラ島ってどこ?見出し

南半球にあるフランス領ポリネシア(タヒチ)は、カリフォルニアとオーストラリアのほぼ中間に位置しています。タヒチには、5つの諸島群があり全部で118の島々が存在しています。ボラボラ島は、タヒチのソシエテ諸島から北西に約260キロメートル離れたところに位置しています。

ボラボラ島の面積は、約36ヘクタールです。ボラボラ島の本島は一周約30キロメートルあり、その周りを約40キロメートルに渡り岩礁(リーフ)が囲んでいます。約4500人が暮らす小さな島です。ブルーラグーン(透き通るような青い海)がボラボラ島最大の特徴とも言えます。

タヒチへの飛行時間や行き方を空港別にまとめ!直行便の飛行機はあるのか? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
タヒチへの飛行時間や行き方を空港別にまとめ!直行便の飛行機はあるのか? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハネムーンにも大人気!憧れの南の島「タヒチ島(正式名所はフレンチ・ポリネシア)」。日本から9500キロのエメラルドグリーンの海が広がる楽園への直行便や飛行時間は?日本の空港別にタヒチまでの行き方や飛行時間をご紹介します。

ボラボラ島への行き方見出し

ボラボラ島への行き方:まずはタヒチへ

次に、ボラボラ島への行き方についてご説明します。ボラボラ島へは残念ながら直行便がありませんので、まずはタヒチの玄関となるタヒチ島へ向かいましょう。日本(成田国際空港)からタヒチ島の首都パペーテにあるファアア国際空港までは直行便で約12時間です。タヒチ島からボラボラ島への行き方は、飛行機と船の2種類があります。

ボラボラ島への行き方①飛行機

飛行機での行き方はとても簡単なのでおすすめです。タヒチ島のファアア国際空港からボラボラ島行きの国内線飛行機に乗り換えるだけです。1時間以内で到着します。この国内線は座席指定がありませんので、搭乗したら好きな席に座ることができます。おすすめは左側の窓側のシートです。ボラボラ島へ到着する際に、上空からボラボラ島の絶景を眺めることができます。

ボラボラ島への行き方②船

ボラボラ島へのもうひとつの行き方は、船を使う方法です。しかし、この行き方には少々問題があります。それは船が毎日運航していないことです。また、飛行機で1時間ほどの距離に半日かかってしまうことです。英語が通じないので、初めてボラボラ島へ行かれる方にはおすすめできない行き方となります。

地球上最後の楽園ボラボラ島の魅力見出し

ボラボラ島がどこにあるか、どうやって行くかという基本情報はこれでバッチリですね。次は、いよいよボラボラ島の魅力についてたっぷりとご紹介します。ボラボラ島に行ったら絶対に泊まりたい人気のおすすめホテル・水上コテージとはどんなホテルなのでしょうか。水上コテージって何?という方は、ぜひ参考にしてみてください。

ボラボラ島の魅力①透き通る海見出し

ボラボラ島の魅力は何と言ってもこの透き通るような青い海です。ブルーラグーンと呼ばれるこの青い海は、ため息が出るような美しさです。一色ではなくさまざまな「青」が彩るグラデーションは、実際の目で見るのがいちばんです。圧巻の景色が訪れる人々の心を魅了するのも納得です。

ボラボラ島のビーチは、白い砂浜が広がっています。遠浅の海なので安心して泳ぐことができます。ボラボラ島のマティラビーチは、ワールドベスト50ビーチランキングで見事「1位」を獲得したこともあります。透明度が高く美しい海は世界中にありますが、ボラボラ島ほど感動する海はないでしょう。

ボラボラ島の魅力②水上コテージ見出し

ボラボラ島を代表するのが水上コテージ(水上バンガロー)です。旅行好きな方ならきっと一度は泊まってみたいと思われるのではないでしょうか。水上コテージとはその名の通り、海の上に建てられた宿泊施設です。タヒチはそんな水上コテージ発祥の地とされています。

水上コテージ最大の魅力は、お部屋の中から海を眺めることです。目が覚めたら視界に広がるのは青い海です。絶景と一緒に味わうことができる朝食は、一生の思い出になるでしょう。昼間はテラスで波音を聴きながらゆっくりと過ごすこともできます。水上コテージは柱でしっかりと支えているので、波と一緒に揺れることはありません。

ボラボラ島の魅力③いつでも海見出し

水上コテージの魅力は、いつでも海に入れることです!水上コテージには、テラスから直接海に入れるように階段が設置されています。泳ぎたい!と思ったら、階段を降りていくだけです。24時間いつでも好きなときに、好きなタイミングで、好きなだけ海を満喫することができます。

ボラボラ島でホテルを選ぶなら水上コテージがおすすめです。ここでしか体験できない海の上での滞在をぜひ満喫してください。水上コテージから海に繋がる階段に座って、ゆったりと美しい景色を眺めるだけでも十分ボラボラ島まで来た甲斐があります。

ボラボラ島の魅力④オテマヌ山見出し

オテマヌ山は、ボラボラ島最高峰の火山(死火山)です。ボラボラ島の中央にそびえたっているので、ボラボラ島そしてタヒチの景観のイメージを象徴しているとも言えます。その神秘的な姿は、画家ポール・ゴーギャンをも魅了しました。ボラボラ島には海のイメージがありますが、オテマヌ山もおすすめの観光スポットです。

オテマヌ山をもっと楽しむためには「4WDツアー」への参加もおすすめです。4WD車で山道を駆け上っていくツアーです。少々荒っぽい運転が人気になっているツアーです。オテマヌ山には自然にできた穴が開いています。また、山頂から眺めるボラボラ島の景観はまた違った美しさがあります。

ボラボラ島の魅力⑤水上チャペル見出し

ブルーラグーンチャペルは、ボラボラ島で最初の水上チャペルとして「インターコンチネンタル・ボラボラ・リゾート」内に造られました。ガラスのバージンロードの下には真っ青な海がキラキラと輝いています。ボラボラ島には水上チャペルの他に南国ポリネシアンスタイルのチャペルや、祭壇側が全面ガラス張りのチャペルなどがあります。

ボラボラ島には素敵なチャペルがたくさんあることから、日本人観光客はハネムーンツアー先としてボラボラ島を選ぶ方もたくさんいます。チャペルは一日二組限定など、ゆったりとした時間の使い方も人気の要因となっています。ハネムーナーはもちろんのこと参列する方にとっても素敵な思い出になることでしょう。

ボラボラ島の魅力⑥ダイビング見出し

ボラボラ島は、ハネムーンを楽しむだけのための島ではありません。美しい海に引き寄せられるように世界中からダイバーが集まってくるダイビングスポットでもあります。言葉に不安がある方でも安心の日本人インストラクターのダイビングツアーに参加してみてはいかかでしょうか?

ダイビングのライセンスがない方は、体験ダイビングのツアーがおすすめです。同じく日本語インストラクターがガイドしてくれるので安心してはじめてのダイビングを体験することができます。透明度が高く穏やかな海中でゆったりとリラックスして美しい魚たちと一緒に泳ぐことができます。

ボラボラ島でのダイビングは、色とりどりの熱帯魚の他に、マンタ・カメ・サメ類などにも遭遇できます。レモンシャークという大きさが2メートルから3メートルにもなるサメは迫力満点でダイバーの中でいちばん人気です。7月から10月にかけてはザトウクジラが姿を現すこともあります。

ボラボラ島の魅力⑦美しい花々見出し

ボラボラ島の魅力のひとつとして美しく咲く花々が挙げられます。真っ赤な花を咲かせているのは「火炎樹(別名で鳳凰木とも呼ばれる)」という種類です。真っ赤な火が燃えているようです。寒さに弱い花なので、暖かいボラボラ島がよく似合います。

白くて可愛らしい花は、タヒチの国花である「ティアレ・タヒチ」です。クチナシの仲間で、甘くていい香りがします。ティアレはつぼみのままレイや冠を作ったり、耳にさしたりします。生花は日本へ持ち帰ることができないので、ボラボラ島に行った際はたっぷりと匂いを嗅いで旅の思い出にしてください。

ボラボラ島おすすめのホテル見出し

ボラボラ島に行ったら絶対に泊まってみたいおすすめのホテルをご紹介します。ボラボラ島にはたくさんの素敵なホテルがありますが、せっかくボラボラ島に行くならおすすめは海に浮かんだ水上コテージへの宿泊をおすすめします。ボラボラ島にはレストランなどの施設はありませんので、ホテル内の敷地にあるレストランやお土産屋さんを利用します。

ル・メリディアン・ボラボラ

ル・メリディアン・ボラボラは、ボラボラ島本島からボートで約15分ほど離れた場所に位置しています。ボラボラ島のイメージ写真としてよく使われているとても有名な水上コテージです。お部屋の床の一部がガラス張りになっているので、お部屋の中にいながら海を眺めることができるのがおすすめポイントです。

インターコンチネンタル・ル・モアナ・リゾート・ボラボラ

インターコンチネンタル・ル・モアナ・リゾート・ボラボラは、ボラボラ島本島にある人気のリゾートホテルです。水上コテージタイプのお部屋が多数あり、昔から人気があります。フレンドリーなスタッフが優しい笑顔で迎えてくれる居心地のよいホテルです。

ボラボラ島での服装は?見出し

旅行に行くときは、どんな服装が適しているのか悩みますよね。ボラボラ島でのおすすめの服装はどんな服装でしょうか?ボラボラ島の気候と合わせて、おすすめの服装についてご紹介します。ぜひボラボラ島に行かれる前に参考にしてみてください。

気候は年間を通して25度前後と快適ではありますが、ボラボラ島の日差しはとても強いです。服装のポイントとしては帽子やサングラスは必須です。強い日差しが気になる方は、日焼け止めや長袖などの対策が必要です。4月から11月にかけては乾期となるため朝晩少し冷え込みます。羽織れる服装を持って行きましょう。

ボラボラ島には魅力がたくさん!見出し

一生に一度は行きたいボラボラ島の魅力についてご紹介しましたが、いかがでしたか?おすすめのホテルや服装など参考になりましたでしょうか?青い空と透明な海、写真を見ているだけでもうっとりしてしまうボラボラ島です。ぜひ実際に訪れてこの美しさを体感してみてください。素敵な思い出になりそうですね。

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote