地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

サウジアラビアの国旗の特徴は?意味や由来・歴史についてもご紹介!

サウジアラビアの国旗の特徴は?意味や由来・歴史についてもご紹介!
投稿日: 2018年12月3日最終更新日: 2020年10月8日

サウジアラビアの国旗は緑色で、アラビア語の文字と剣がモチーフとして描かれています。国旗に描かれている剣や文字にはどんな意味や由来が込められているのでしょうか。ここではサウジアラビアの国旗の特徴や意味、由来、歴史などについて紹介しましょう。

サウジアラビアの国旗について知ろう!見出し

Photo bychzaib

最近、ニュースでも取り上げられることが多いサウジアラビア。アラビア半島に位置する中東の国の1つで、正式国名は「サウジアラビア王国」です。イスラム教の戒律を厳格に守っている国の1つですが、国旗についても厳しい規律があります。ここではサウジアラビアの国旗の特徴や由来、特徴、歴史などについてみていきましょう。

サウジアラビアの国旗とは?見出し

Photo byKaufdex

サウジアラビアの国旗の特徴は、緑色に白地でアラビア語、その下に刀が描かれていることです。緑はイスラム教を表すシンボルカラーです。アラビア語の下に描かれた剣は、聖地メッカの守護を意味します。この国旗はサウジアラビアのシンボルとして、さまざまな意味が込められています。

ここからは、国旗の緑色に込められた意味や文字の下に描かれている剣の意味や由来などについて見てみましょう。

サウジアラビアの国旗の色は緑見出し

Photo by _Skender_

サウジアラビアの国旗の色は緑です。緑は、イスラム教の聖典であるコーランに緑色の記載があることから、何世紀にもわたって解釈され、現在は緑はイスラム教のシンボルカラーを意味しています。イスラム教国の国旗に緑が使われることが多く、またモスクの装飾や聖教者の墓が緑色の布で覆われることもあります。

サウジアラビアの国旗に使われている白は、平和と潔白を象徴する色です。イスラム教徒の男性の多くが金曜日の礼拝時には白い服を着用しています。

サウジアラビアの国旗に描かれている文字の意味は?見出し

Photo byEtereuti

サウジアラビアの国旗の特徴は、文字と刀にあります。文字はアラビア語で「アラーの他に神は無し、ムハンマドはアラーの使徒である」という意味です。これはイスラム教の聖典であるコーランの一節で、イスラム教においてシャハーダ(信仰告白)と言われるものです。このシャハーダを唱えることは、イスラム教徒の義務とされる五行の1つにあたります。

サウジアラビアの国旗には剣のモチーフがある見出し

Photo byalles

国旗のシャハーダの下に描かれている剣は、メッカを守るという意味を表すと同時に、初代国王のイブン・サウードの勝利を意味する国宝の「ラハイヤン」を描いたものです。また、剣はシーア派のシンボルで、この剣でイスラム教のために戦ったと言われているーア派の初代指導者イマーム·アリに由来します。

剣が描かれている国旗は珍しく、サウジアラビアの他には、スリランカの国旗に剣を持った獅子のモチーフが描かれています。

サウジアラビアの国旗の特徴は?見出し

Photo by Al Jazeera English

  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote