地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

バングラデシュの言語はベンガル語!挨拶の仕方や英語が通じるかも調査!

バングラデシュは南アジアに位置する国です。日本からの旅行客はまだまだ少ないですが、バングラデシュならではの魅力もたくさんあります。どんな言語が公用語として話されているか、挨拶や英語での会話はできるのかなどバングラデシュの言語についてまとめました。

バングラデシュってどんな国?見出し

Photo byB_Islam

「バングラデシュと言えば?」と聞かれてもバングラデシュの名物や料理をぽんと思いつくことは難しいと思われます。それほど日本とバングラデシュは少なくとも民間レベルでの繋がりがありません。

バングラデシュの言語についてまとめる前に、最初にバングラデシュがどんな国かおさらいしていきましょう。ここでは地理や歴史、民族についてまとめました。

バングラデシュの地理

Photo bygulzerhossain

バングラデシュはアジア圏の中でも南に位置しています。日本語では「バングラデシュ人民共和国」という名称になっています。国土の多くの部分をインドと隣接している他、ミャンマーとも隣り合わせとなっています。

タイやマレーシア、インドネシアなど日本人から見たアジアの人気観光地からも更に離れるため、日本人観光客の客足はタイとインドに向かいがちです。ベンガル湾へと注いでいくかの有名なガンジス川が流れているのもバングラデシュです。

バングラデシュの歴史

Photo byGellinger

バングラデシュに人が住み始めたのは紀元前4世紀のマウリヤ朝からだとされています。随分昔のことで、人の住む土地として歴史の深い国である事が分かります。

イギリス領、インド領、パキスタン領など数々の国の植民地であった歴史もあります。1991年の憲法改正からは大統領を伴う議院内閣制を採用しました。インフラや治安も年代と共によくなってきていると言われています。

バングラデシュは他民族国家

Photo byDevanath

バングラデシュは他民族国家であることでも知られています。大多数を占めるベンガル人に加え、チャクマ族やトリプラ族、マルマ族など数多くの民族が暮らしています。

構成している民族は多岐に渡りますが、人口分布でいうと98%がベンガル人です。50人のうち49人はベンガル人のため、他民族国家と言っても実際のところは単一民族国家といっても差し支えないレベルとも言えます。

バングラデシュの場所はどこ?観光おすすめスポットを厳選!世界遺産もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
バングラデシュの場所はどこ?観光おすすめスポットを厳選!世界遺産もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
知られざる国バングラデシュの観光場所を紹介します。まだまだ情報が少ないバングラデシュ。しかし、複数の世界遺産があるなど、貴重な観光場所がある国なんです。今日はそんな未開の国であるバングラデシュの特徴と観光場所を案内させて頂きますね。

長らくアジア最貧国と言われていたバングラデシュ見出し

Photo byfotomatik

バングラデシュはアジア最貧国と言われることもあります。確かに貧しいのは間違いありませんが隣接している他の国々と比べてバングラデシュにはどのような特徴があるのでしょうか。

アジアの中でもバングラデシュが貧しいと言われる理由の一つは植民地支配による歴史です。イギリスに支配されている間バングラデシュは黄麻や織物などの原料供給地として利用されており、十分に産業を発展させることができませんでした。

産業の発展のスタートが遅れたことに加え国土の1割が河川であることも挙げられます。モンスーン気候のためサイクロンや洪水などが後を絶ちません。被害を食い止めるためのインフラが整えられていないためさらに打撃を受けるという悪循環に陥っています。

バングラデシュの治安情勢の現在は?売春地帯もあるので要注意! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
バングラデシュの治安情勢の現在は?売春地帯もあるので要注意! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
バングラデシュはインドとミャンマーの2国に囲まれていて世界の最貧国と言われています。治安に関する多少の不安も禁じ得ません。しかし、バングラデシュの国民性はとてもフレンドリーで好奇心いっぱいです。治安を考慮しつつ訪れて新鮮な雰囲気を感じたりするのもいいでしょう。

バングラデシュの言語事情見出し

Photo byFree-Photos

続いてメインとなるバングラデシュの言語事情に移っていきます。バングラデシュではどんな言語が話されているか、正確に答えられる日本人は数少ないでしょう。

アジアの国々は分かりやすいですが、バングラデシュを含め、近くに位置しているインドやパキスタンくらいまで行くと途端に分かりにくくなります。バングラデシュではベンガル語、インドではヒンディー語が主要言語として話されています。

バングラデシュの公用語はベンガル語

Photo bylibellule789

バングラデシュの公用語はベンガル語で、「バングラデシュ」という国名もこのベンガルにちなんでいます。ベンガル人がバングラデシュの人口の98%を占めているため、自然なことと言えるでしょう。

バングラデシュのバングラは発音も似ているベンガルから、デシュというのはベンガル語で「国」を指しています。バングラデシュというのは「ベンガル人の国」という意味になります。

話者数が2億人を超える世界で7番目に多く話される言語

Photo byrahmatullah77

バングラデシュでは公用語としてベンガル語が話されているということでしたが、ベンガル語と聞くといまいちマイナーな言語に聞こえてしまいます。普段日常生活でベンガル語の会話を聞くこともなかなかないでしょう。

しかし世界規模で見るとベンガル語は2億人を越える話者数を持つ意外な言語と言えます。バングラデシュの人口が1.6億人で、バングラデシュ自体が人口密度の非常に高い国であることも関係しています。

ベンガル語以外のバングラデシュの使用言語

Photo bystevepb

公用語であるベンガル語以外の言語もバングラデシュでは普段の会話などで使われています。ウルドゥー語と呼ばれる少数民族が独自に発展させてきた言語がそれにあたります。

98%のベンガル人に対する、2%のベンガル人ではないムスリムがこうした公用語以外の言語を使っています。しかしこうした人々も公用語であるベンガル語は話せるため、ベンガル語が話せれば意思疎通をすることは可能です。

バングラデシュで英語は通じる?見出し

Photo byIchigo121212

ベンガル語は日本で育った私たち日本人にとって馴染みがない言語です。ベンガル語に触れる機会がないままに育って来た人が大多数と言えます。ではそんな日本人にも外国語として馴染みが深い英語はバングラデシュで通じるのでしょうか。

お互いにとって英語は外国語となるため、流暢な表現はできないかもしれませんが簡単なコミュニケーションができればそれだけで観光中はありがたいものです。会話が成立すればバングラデシュでできるアクティビティの幅もぐんと広がるでしょう。

英語は準公用語だが普及率は高くない

Photo bydarksouls1

バングラデシュでは公用語であるベンガル語に続いて、英語が準公用語と決定されています。フィリピンやスイスのように、英語が準公用語として使われている国であれば英語を使っての会話も滞りなくおこなえるように思えます。

しかし準公用語である英語の普及は芳しいとは言えないのが実状です。現状は英語を喋れる人は少なく、街を歩いている人に英語で話しかけても会話が成り立ちません。

郊外や田舎ではほとんど英語は通じない

Photo byfotomatik

バングラデシュの中でも郊外や田舎など、現地の人が多く住んでいる場所ではほとんど英語での会話はできないと言われています。これは日本でも同じと言えるかもしれません。

仕事や日常生活で英語を使う必要がある人は、外国語を使う環境や地域に自然と集まります。日本の田舎と同じように、分からないことがあるのに英語が通じない、その結果トラブルが解決できないのは避けたいです。

バングラデシュで英語が通じるスポット見出し

Photo byFree-Photos

英語での会話は難しいというのがバングラデシュの現状でした。ではそんなバングラデシュの中でも比較的英語が通じやすいスポットはどこなのでしょうか。

外国人観光客を相手にしている観光スポットなどは、バングラデシュの中でも英語が通じやすくそれに付随する施設も会話が成り立つことが多いです。公用語であるベンガル語の簡単なフレーズを身に付けておけば更に役に立つでしょう。

中級以上のホテル

Photo by12019

中級以上のホテルはサービスのよさをウリにしています。外国人観光客が求める通訳やサービスも用意しているため、英語が通じることが多いです。ホテルはバングラデシュの中でも英語が通じる信頼性が高いです。

一方でローカル感バリバリの現地人がやっているような民宿に近いホテルの場合、英語が通じないことがほとんどです。英語での会話や手続きを求める場合は、中級以上のホテルにすることを忘れないでおきましょう。

観光客向けのレストラン

Photo byPhotoMIX-Company

観光客向けのレストランも英語が通じやすいスポットの1つです。レストランも競争社会のため、より多くのお客さんをとるために英語のメニューを用意したり、英語を喋れるホールスタッフを用意したりしています。

中級以上のホテルは外国人観光客も多いため、その周りには自然と外国人に合わせたレストランも多く立ち並んでいます。ホテルの近くにあるレストランの内装やメニューを見て、英語が通じるかどうか確認してもよいでしょう。

公共交通機関やタクシー

Photo byFree-Photos

公共交通機関やタクシーも比較的英語が通じやすい場と言えます。人がいなくてもサインボードなどにあらかじめ英語での注意書きがなされている場所も多いため、ある程度英語の読み書きができる人であれば容易いでしょう。

しかし現地のタクシーは英語が通じないことも多く、値段の交渉などでトラブルになる事例も多く報告されています。配車アプリをダウンロードし、あらかじめ手配と支払いを済ますなどの方法を取り入れることで現地でのトラブルを回避することもできるでしょう。

観光客向けのショップ

Photo byPexels

観光客向けのショップも英語でのコミュニケーションには便利な場所です。店や通りの前で英語で客引きをしている人ならば気軽に話すこともできるでしょう。

外国人を見ると積極的に声をかけてくるショップ店員も多くいます。向こうから英語で話しかけてくる可能性も高いため、簡単な英語しか知らなくても会話が成り立ちます。

観光スポット

Photo byFree-Photos

アッシャン・モンジルやラールバーグ・フォート、スターモスクなどバングラデシュの中でも観光スポットとしてプロモーションされている場所では英語が通じます。

レストランやホテル、お土産物屋さんなどと同じく観光客を取り込む姿勢を見せている観光スポットは外国人観光客の扱いにも慣れています。こちらの英語が完璧でなくとも、向こうも理解しようと努力してくれる人がバングラデシュには多いです。

バングラデシュのベンガル語ってどんな言語?見出し

Photo bywilhei

続いてバングラデシュで話されているベンガル語とはどんな言語なのかについてのまとめです。私たち日本人にほぼ馴染みがないベンガル語も実は日本人にとって学びやすい言語だと言われています。

バングラデシュに駐在員として長期滞在する人はもちろん、少しの滞在でも現地の言葉がわかることは喜ばしいことです。周りの人が何を喋っているかわかることで観光の面白さは無限大に広がります。

文字が難しい

Photo byrawpixel

ベンガル語の特徴として書かれた文字が難しいことが挙げられます。勉強する上でもかなり重要な読み書きが難しいというのはなかなか辛いです。ベンガル語は複数の文字を一つに集約して表すため外国人には特に難しいと言われています。

例としてあげるとযがj、য়がy、ঘがghと文字が続いたときの表示方法になります。ただでさえ覚えるのが難しい外国語の表記ですが、それぞれが似ていることも外国人学習者にとっては大きなハードルとなっています。

さらに数字も難しい

Photo byannca

ベンガル語は数字も難しいことで有名です。ベンガル語では012などのアラビア数字を用いて表記せず、独自の表記を使っています。数字を数えることができないのは非常に痛いです。

০(0)、১(1)、২(2)くらいまではまだアラビア数字にも似ていますが৪(4)、৭(7)になってくると苦しいです。4は8に見えますし7は9に見えてしまいます。

ベンガル数字の数え方

Photo byMonoar

ベンガル数字の数え方はシュンノ(0)、エク(1)、ドゥイ(2)、ティン(3)、チャル(4)、バーツ(5)、チョイ(6)、シャッツ(7)、アーッ(8)、ノイ(9)となっています。

中国語と日本語の数字の読み方のように「どことなく響きが似ている」ということもないため、ベンガル数字の学習には四苦八苦している人が多くいます。英語での数え方が分からないバングラデシュ人もいるため、できればベンガル数字を覚えられると楽です。

実は日本人が学びやすい言語

Photo bymozlase__

一方でベンガル語は日本人にとって学びやすい言語と言われています。確かにベンガル語の表記や数字などは読みにくいのですが、文法は日本語と共通している点が多く英語のように改めて勉強する必要性が薄いです。

英語やスペイン語などは活用形も多く覚えるのが大変ですが、ベンガル語は日本語と語順が同じのため、単語や表記に慣れてしまった後は学習がスイスイ進み上達も目に見えて早くなると言われています。

挨拶を覚えてバングラデシュの言語で会話しよう!見出し

Photo by089photoshootings

日本語とベンガル語は離れているように見えますが実は文法上での共通点もあり学んでいても面白い言語と言えるでしょう。日本語の語順をバングラデシュ語に置き換え分からないところは英語で喋るという人もいます。

ベンガル語を勉強する必要があるかどうかは人それぞれですが、バングラデシュを観光する際に現地のベンガル語で挨拶が出来ることは誰にとってもとてもよいことです。簡単なベンガル語の挨拶を見てみましょう。

おはよう/こんにちは/こんばんは

Photo byCouleur

世界の挨拶のうち、おはようやこんにちはは最もポピュラーなものです。外国語を勉強するときでも、まずはここから入ることがほとんどです。ベンガル語ではイスラム教徒に対する挨拶とそれ以外でかける言葉が異なります。

イスラム教徒の場合はアッサラームアライクム、それ以外の場合はノモシュカールと言います。相手から挨拶された場合は語順が逆になり、アライクムアッサラームとなります。

私の名前は~です

Photo byadamr

初対面での挨拶には自己紹介も欠かせません。私の名前はと言う場合「アマルナーム~~」と言います。アマルが私、ナームが名前ということになります。こんにちはの後に続けて使ってもよいでしょう。

どことなく英語のマイネームと似たような響きを持っているので覚えやすいフレーズと言えるでしょう。現地ではベンガル語で挨拶をすることでバッチリ好印象を与えることができます。

ありがとう

Photo bycongerdesign

ベンガル語ではありがとうはドンノバードと発音します。観光先で現地の人のちょっとした好意やおもてなしに対して、感謝の気持ちを伝えられると気持ちがよいものです。

文頭に「オネク」とつけることで英語でいうベリーと同じ強調の意味を持たせることができます。「オネクドンノバード」でどうもありがとうございますというより丁寧なお礼の挨拶となります。

はい/いいえ

Photo bygeralt

何かを尋ねられたときにキッパリとはい、いいえで答えることはとても大事です。観光客相手に積極的に物を売ろうとする人に出会うこともあるでしょう。はいもしくはいいえでの意思表示も覚えておきたいです。

ベンガル語で「ジー」あるいは「ヘーン」で肯定を示します。否定するときは「ナー」と言います。否定のナーはここでも英語のNoと似ていることが分かります。両方ともよく使うフレーズとなるでしょう。

ごめんなさい

Photo bywhoismargot

観光をしていたり、長期滞在をしている間に相手の気分を害してしまうこともあるでしょう。そんなときは早めにしっかり謝っておきたいものです。ごめんなさいと言う場合は「マーフコルン」とベンガル語では言います。

特にイスラム教徒を相手にしている場合は、気付かないうちにタブーとされていることを自分がしてしまっているかもしれません。全てに気をつけることはできないかもしれませんが、気がついたら早めに謝りましょう。

すみません

Photo byJuiMagicman

すみませんと相手に伝えたい場合も、ベンガル語ではごめんなさいと同じく「マーフコルン」あるいは「ドゥキト」と伝えれば大丈夫です。しかしバングラデシュでこれらが使われることはあまりありません。

日本人のように自分が悪いと思ったらどこでも謝るというわけではないため、すみませんと伝える機会は現地の人同士の間ではほとんどないです。英語の「ソーリー」も使えるため、挨拶が覚えきれないという人はこちらをどうぞ。

おやすみなさい

Photo byPublicDomainPictures

ホテルの人と夜寝る前に挨拶したいとき、観光地から夜帰るときになど、「おやすみなさい」という挨拶は意外と使う機会が多いものです。特に観光地ではホテルの内外共に人と会う機会も多いです。

おやすみなさいはベンガル語で「シュボラトリー」と言います。どことなくエキゾチックな響きがする言葉なのでこちらも覚えやすい挨拶となるでしょう。ディナーをしたレストランなどで使ってみるのもよいでしょう。

さようなら/バイバイ

Photo bygeralt

ベンガル語の挨拶まとめ、最後はこちらもよく使うさようならという挨拶です。こちらもイスラム教徒に挨拶する場合とそれ以外の場合で異なります。イスラム教徒に挨拶する場合は「コダハフェズ」と言います。

イスラム教徒以外に挨拶する場合は「アバールデカホベ」となります。英語のバイバイでも通じることが多いですが、現地で使われているベンガル語を少しでも使うことでよりネイティブスピーカーとの距離を縮めることができるでしょう。

言語を理解してバングラデシュを深く知ろう!見出し

Photo byJillWellington

バングラデシュの言語について話されている言語についての説明やバングラデシュ自体の民族、英語が通じるかなどを含めて幅広くまとめました。バングラデシュはまだまだ日本人の観光客が少なく情報も少ないです。

しかし外国人観光客向けのホテルやレストランもあるためベンガル語が喋れなくても英語でなんとか乗り切れます。バングラデシュへの観光や滞在を考えている人はバングラデシュ現地の言語についても是非調べてみてください。


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote