潮州は中国でおすすめの観光エリア!人気のスポットや絶品グルメも紹介

2019年5月27日 (2019年9月1日最終更新)

さまざまなおすすめスポットや美味しいグルメが充実している「潮州」は、中国の人気スポットです。今回はそんな中国の潮州についてたっぷりとご紹介します。潮州でおすすめの観光や見どころ、潮州ならではの人気料理など、中国の潮州に関する情報をチェックしましょう。

目次

  1. 観光を楽しみに中国の潮州へ行こう
  2. 潮州の基本情報
  3. 潮州観光の見どころ4選
  4. 潮州のおすすめグルメ5選
  5. 潮州市は中国烏龍茶の鳳凰単叢の産地
  6. 潮州へのアクセス
  7. 人気の潮州で観光やグルメを満喫しよう!

観光を楽しみに中国の潮州へ行こう

中国にあるおすすめスポットの「潮州」には、さまざまな観光スポットや美味しいグルメが充実しています。そんな潮州には、たくさんの見どころがあるのをご存知ですか?今回は、潮州に行ったらかかせない人気の観光スポットや見どころ、潮州でいただくことができる美味しい料理など、中国の潮州のおすすめ情報についてたっぷりとご紹介します。

潮州の基本情報

今回紹介する「潮州」は、中華人民共和国広東省東部にある地級市になります。そんな潮州には、中国の歴史ある建物や、さまざまな見どころがあり、観光を楽しみたいときにもおすすめです。

潮州の地理、潮州の気候、潮州の言語、潮州の文化といった、さまざまな潮州に関する情報を確認して、中国の潮州についての知識を深めましょう。

潮州の地理

今回紹介する「潮州」は、広東省東部にある中国の市で、韓江デルタの北部に位置しています。潮州は、東北は福建省、南西は広東省汕頭と接しているのが特徴です。

東は南シナ海に面しているので、海に面している市になります。潮州には、汕頭駅から東莞東駅までの鉄道が、潮州市の郊外をとおっています。

潮州の気候

今回紹介する「潮州」の気候は、夏は長い、冬は涼しいという特徴があります。潮州の夏は、蒸し暑く、湿度が高く、くもっているのが特徴です。潮州の冬は、涼しく、ほぼ晴れているのが特徴です。

潮州の気候は、1年を通して、気温が10度から32度に変化をしますが、5度未満、または35度を超える気温の日はほとんどありません。潮州市における温暖気候で、1年の中で1番観光しやすい時期は、10月上旬から11月下旬頃になります。

潮州の言語

今回紹介する「潮州」主に話されている言語は「潮州語」といわれる言語になります。中国では、さまざまな言語が使用されていますが、潮州語は、中国語の方言のひとつであり、閩南語の下位の方言になります。

潮州語は、中国広東省東部の汕頭市や潮州市などの地域のみならず、タイ、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアで使用している人が多いです。潮州語は発音の違いなどによって、更にふたつのグループにわけられています。

潮州の文化

今回紹介する「潮州」は、200年余りの歴史をもっている、古い歴史がある街です。そんな潮州には、数え切れない人文旧跡や独特な民俗文化をもっています。

潮州文化の重要な発祥地である潮州は、広東省東部の政治、経済、文化の中心になっています。海のシルクロードの文化的な重要な都市として知られている潮州は、シルク、陶磁器、茶葉といった3つ製品に関する取引を古くから行ってきました。

潮州観光の見どころ4選

今回紹介する「潮州」には、数えきれないくらいのさまざまな見どころがあります。潮州で人気の観光スポットの見どころをチェックしてから、潮州に足を運ぶのがおすすめです。

文化を知ることができる筆架山宋窯遺跡の見どころ、中国重要文物として有名な開元寺の見どころ、中国四大古橋のひとつである広済橋の見どころなど、いろいろな観光スポットのそれぞれの見どころをご紹介します。

潮州の文化を伝える【筆架山宋窯遺跡】

「潮州」の人気観光スポットである「筆架山宋窯遺跡」は、唐代から建て始め、宋に最盛期を迎えた遺跡になります。中国の有名な陶磁器輸出地のひとつとして知られているこちらの宋窯で生産された陶磁器は、中国のみならず、海外にも輸出されているのが特徴です。

陶磁器には、碗、蝋燭立て、コップ、多様の人形玩具などを含んでいます。宋窯の陶磁器は種類がとても多いのが特徴で、潮州の奥深い文化的伝統や文化を人々に伝えてくれます。国内外で好評なため、潮州は中国陶磁器の有名な輸出基地となっており、「広東陶磁器の町」として、称えられています。

中国重要文物保護対象【開元寺】

「潮州」の人気観光スポットである「開元寺」は、泉州市の西街に位置している、福建省の中で最大規模を誇る仏教寺院です。686年に建てられた歴史ある開元寺には、たくさんの観光客が訪れます。

開元寺は、かつては蓮花寺、興教寺、竜興寺という名でしたが、738年に現在の開元寺と改名されて、全国重要文化財に指定されました。開元寺の見どころは、明朝の重檐歇山式建築の宝殿です。

もともとは石柱が100本あったので、百柱殿と呼ばれていました。庭の中にある、唐朝から明朝に至るまで歴代建てられてきた、小型の石塔も見どころになっています。

中国に現存する一番高い木に見たてた楼閣式石塔の「東西塔」など、開元寺には、観光にかかせない多くの見どころが勢ぞろいしています。

中国四大古橋の一つ【広済橋】

「潮州」の人気観光スポットである「広済橋」は、世界最初の可動橋として有名な橋で、趙州橋、洛陽橋、廬溝橋と並び、中国四大古橋のひとつに数えられている有名な橋になります。潮州市を流れる韓江に架かかっている広済橋は、その正面にある「広済門」が、広済橋の由来とされています。

観光としてもおすすめの広済橋の見どころは、橋脚と浮き船の結合部分になります。東、西の部分は架け橋、中央部分は浮き橋で出来ており、毎日決められた時間に浮船を解きくことで、筏や船を通せる仕組みになっています。

中央部分の幅は約百米で、水の流れが激しいので橋をかけることができません。そのため、こちらでは、小船を渡し船として使っています。

潮州の中心部【潮州牌坊街】

「潮州」の人気観光スポットである「潮州牌坊街」は、中国によくある観光にもおすすめの歩行街です。古鎮をうまく観光地化した人気の歩行街になっており、通りに直交する路地をのぞくと、観光の休憩にもおすすめの茶館などがあります。

趣があるおすすめの観光スポットの潮州牌坊街には、こちらのスポット周辺に観光資源が集まっています。また、観光客に人気がある潮州牌坊街のまわりには、ホテル、安宿、民宿などがあり、宿泊施設が整っています。

豊富な種類のの伝統的な手工芸品、磁器ティーポットなどのショップなどがズラリと並んでおり、潮州でショッピングを楽しんだり、お土産を購入したいときにもおすすめのスポットです。

潮州のおすすめグルメ5選

今回紹介する「潮州」で食べられている料理は、潮州料理といわれている中国料理のひとつになります。潮州料理は、中華人民共和国広東省潮州市や汕頭市をメインに食べられている、中華料理の中の地方料理です。

潮州料理は、中国のみならず、タイ、シンガポール、香港などでも一般的に食べられている料理になります。潮州料理の中でも、とくに美味しいと話題のおすすめの料理をチェックしてみましょう。

潮州料理は日本人に大人気!

潮州料理ときくと、なかなか馴染みがない料理に思われがちですが、潮州料理は、実は、日本人に大変人気がある料理になっています。

潮州に観光に訪れたときはモチロンですが、日本でも、潮州料理をいただくことができるお店が充実しています。潮州料理の特徴は、乾物、魚醤、塩などを使用した、うま味と塩味を持った味を煮る調理法でつくる料理が多いです。比較的あっさりしている潮州料理ですが、素材のうま味を活かした美味しい料理になります。

食事の前後に【工夫茶】

「潮州」の工夫茶は、潮州工夫茶という独特の飲用方式で楽しむことができる、潮州茶文化ばらではの美味しいお茶です。潮州工夫茶は普通にお茶をいただくだけでなく、特別の意味があるといわれています。

工夫茶を淹れるには、小さめの茶壺を使用するのが特徴です。まず茶壺を温めてから、リズムよくお茶を注ぎます。工夫茶は、友人同士との仲を深めることができ、仕事や勉強の合間に工夫茶を飲むと、疲れがとれ、目が覚めるといわれています。

ガチョウのたれ煮込み【鹵水鵝片】

「潮州」のおすすめ料理である「鹵水鵝片」は、ガチョウのお肉を使用したタレ煮込みになります。ガチョウの頭をしょうゆ味のタレに浸けた鹵水鵝片は、ガチョウの頭を脳みそごと食べるといったワイルドな料理になります。

鹵水鵝片は、干しアワビやナマコと組み合わせて、レストランなどで高級料理として食べられることも多いです。いいダシがたっぷりと出た煮汁で煮込むので、ネーミングとは裏腹にとても美味しい料理になります。

ふかひれの煮物【紅燉魚翅】

「潮州」のおすすめ料理である「紅燉魚翅」は、高級食材として人気のフカヒレを使用したフカヒレの煮物になります。紅燉魚翅は、大型のサメの尾びれや背びれを乾燥させたフカヒレを使用してつくられた贅沢な煮物になります。

日本では、フカヒレをスープなどでいただくことが多いですが、潮州では、フカヒレを煮物としていただくことができる紅燉魚翅という料理が人気です。

カキ入り卵焼き【蠔烙】

「潮州」のおすすめ料理である「蠔烙」は、牡蠣を使用した牡蠣がはいったオムレツになります。蠔烙は、一般的に、平たい鉄板の上で油を熱した後に、小粒のカキと鶏卵を炒めて、白菜または春菊を入れた後のサツマイモの澱粉を溶いた水で綴じてつくります。

蠔烙は、甘辛いたれをたっぷりとかけていただくのがおすすめです。カキではなくエビを入れたものもあり、ビールのおつまみにもおすすめの日本人でも美味しくいただける料理になっています。

中華風クレープ【春餅】

「潮州」のおすすめ料理である「春餅」は、日本でいうクレープのような春巻きのようなビジュアルの料理になります。小麦粉を水で溶き円形に薄く延ばして油で焼いた餅で、肉類、野菜、たまごなどを炒めたものを包んでいただく料理になります。

さまざまなソースでいただくのが特徴で、中国のみならず、春餅は、シンガポール、フランスなどの食卓で食べられることも多いです。きゅうりや豚肉などを使用して、日本でもつくることができます。

春餅は、皮から自分で手作りでつくることも可能です。春餅の皮をつくるときには、薄力粉を使用します。ボウルに薄力粉を入れて、水を少しずつ加えていき、泡立て器でよく混ぜあわせます。

このとき、粉の塊がなくなるまでよく混ぜるのが特徴です。ラップをして、30分間ほど冷蔵庫に置いたら、春餅の皮が完成します。ダマができたら、たたくようにして塊をつぶすのがポイントです。

潮州市は中国烏龍茶の鳳凰単叢の産地

今回紹介する鳳凰単叢は、「潮州」が産地になっている人気のお茶です。青茶に分類される中国茶である鳳凰単叢は、中華人民共和国広東省潮州市の鳳凰山で栽培されている茶樹を原料にして、お茶に加工されています。

鳳凰単欉は、種類が多く、同じ鳳凰単欉の名を冠する茶葉だけでも、80種類の種類をこえる種類があるとされています。

鳳凰単叢の特徴

今回紹介する鳳凰単叢は、オレンジ色を伴う黄色のような美しい色をしているのが特徴です。鳳凰単叢は、上質なワイン、草花、果物のような甘い香りを楽しむことができます。

鳳凰単叢は、四季ごとに製茶されるお茶ですが、中でも春先に収穫された茶場の評価が1番高いです。

鳳凰単叢の種類には、香りがクチナシのようだといわれている「黄枝香単欉」、香りがキンモクセイのようだといわれている「桂花香単欉」。

香りがブドウやモモのような果実のようだといわれている「鳳凰単叢」、「蜜蘭香」など、さまざまな種類があります。鳳凰単欉とほぼ同じ製法の茶である、嶺頭単欉など、鳳凰単叢によく似たお茶もたくさんあります。

潮州へのアクセス

中国にある「潮州」へは、さまざまな交通手段でアクセスをすることができます。中国の観光スポットとしても注目されている潮州は、なかなか便利にアクセスすることができるスポットなので、まだ、潮州に行ったことがないという方も、1度観光に訪れてみるのがおすすめです。

広州から新幹線を利用してのアクセス、ローカルバスを利用してのアクセスなど、潮州へのアクセス方法をご紹介します。

広州から新幹線

中国にある「潮州」へは、新幹線を利用してアクセスすることができます。広州から潮州までは、3時間ほどで新幹線でアクセス可能です。

中国国内の駅チケット購入窓口はとくに込み合っているので、潮州への新幹線のチケットは、ネットで予約するのがおすすめです。広州東駅と広州南駅の両方から、潮州へ新幹線でアクセスすることができます。

潮汕駅からローカルバス

中国にある「潮州」の潮汕駅から潮州までは、ローカルバスを利用してアクセスすることができます。潮汕駅に到着したあとは、バスターミナルへ向かいます。

バスターミナルは、潮汕駅を背にして右側に向かった歩道の先にあるので、すぐのアクセスすることができます。潮汕駅から潮州までは、約16kmほどの距離があり、ローカルバスにのって30分ほどでアクセスすることができます。

500 11285548中国の観光地!絶景スポット満載!どこも息をのむほど美しい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大きな国であり歴史のある中国には多くの観光地があります。文化物は戦乱や文化大革命の影響でなく...

人気の潮州で観光やグルメを満喫しよう!

いかがでしたか。中国にある「潮州」は、こんなに魅力的なスポットになっています。潮州は、日本人観光客にも注目されているおすすめのスポットなので、また訪れたことがない方は、潮州に旅行に訪れてみるのがおすすめです。潮州では、美味しい潮州料理をいただいたり、潮州ならではの見どころたっぷりの観光を楽しむことができます。

関連記事

関連するキーワード

1221.thumb
この記事のライター
erierieri1
よろしくおねがいいたします^^

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する