地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

中国の観光地!絶景スポット満載!どこも息をのむほど美しい!

大きな国であり歴史のある中国には多くの観光地があります。文化物は戦乱や文化大革命の影響でなくなったものもあるようですが、大きいがゆえに中国には近代になって発見された絶景や遺跡があり、名所や観光地になっています。そんな中国の観光地を紹介します。

中国の観光へ行こう!見出し

中国のおすすめの観光地を絶景スポットや名所に人気のものなどを交えお届けします。選ぶにあたり中国ならではのものを重視し、できる限り種類豊富になるように工夫し、関りのある作品の情報なども加えました。それでは中国のおすすめの観光地をご紹介します。

中国のおすすめ観光地:1見出し

万里の長城

龍のように長く伸びた城壁や関と山の緑のコントラストが圧巻の絶景になっており、人気の観光名所でおすすめです。戦国時代から作られていた防壁を大規模にしたものを、紀元前214年に秦の始皇帝が最初のものを建設しました。始皇帝は原泰久の人気劇画「キングダム」のモデルとして近年注目されています。

建設当初は匈奴などの遊牧民族の侵攻を防ぐためのもので、その後何度も建築を重ねています。漢や金の時代には草原に建てられており、漢民族と他民族とのせめぎあい、侵攻と征服が繰り返された歴史を如実に表しています。城の壮大さがわかり、違った趣きをみせる老龍頭もおすすめです。

中国のおすすめ観光地:2見出し

長江三峡(三峡)

重慶から宜昌までの長江にある瞿塘峡(くとうきょう)、巫峡(ふきょう)、西陵峡(せいりょうきょう)を総称してこう呼びます。屈指の3つの絶景が連続する景勝地の名所として人気で、絶景を楽しむ観光クルーズも人気がありおすすめです。歴史文化においても重要で詩文などに詠まれた程です。

観光クルーズには世界最大級の三峡ダムも入るのもあり、これも絶景の名所です。四川側の端にある白帝城(白帝廟)は読物「三国志演義」で蜀帝である劉備が最期に諸葛亮(孔明)に後事を託した舞台になった場所として有名で、ファンにおすすめの名所です。現在は三峡ダム完成により水に囲まれています。

中国のおすすめ観光地:3見出し

莫高窟

北西部にある敦煌郊外にある人気の仏教遺跡の名所で、敦煌石窟(とんこうせっくつ)などとも呼ばれています。鳴沙山(めいささん)の東の断崖の南北1500m以上に作られた莫高窟を始めとする600以上の洞窟に、2400以上の仏塑像が安置されており、仏像や美術に関心がなくてもおすすめです。

壁には一面に壁画が描かれ、総面積は45000平方km程です。五胡十六国時代の360年前後に造営が始まったと言われており、当時の敦煌はシルクロードの要所として栄えました。1900年に敦煌文書の大発見の場としても有名で、歴史的名所でもあります。これを題材に井上靖が小説にし、映画にもなりました。

中国のおすすめ観光地:4見出し

武陵源

武陵源は200m以上の石の柱が立ち並ぶ合間に木々が生えた絶景の地で、地殻変動や浸食により出来たと言われています。圧巻の桟道や霧も出る幻想的な風景、豊かな自然が人気の理由です。生態系としての価値も高く、保護動植物が数多くあります。近年は映画「アバター」のモデルとして人気になっています。

張家界国家森林公園があり、中国一の鍾乳洞という3000以上の石峰があり400mを越すものが数多くある天門洞、トゥチャ族の農地で切り立つ崖上にわずかに耕された空中田園などの観光の目玉が満載です。また観光だけでなく少数民族の歴史と深く関わりのある地でもあります。

中国のおすすめ観光地:5見出し

九寨溝

四川の奥地にある透き通った水が流れ、エメラルドグリーンの湖面が広がる美しい峡谷です。1970年代まで発見されなかった秘境のため、原生林や100以上の湖沼などがそのまま残っています。夏には多くの国内の観光客が多く訪れる人気の観光地のため、静かにゆっくり観光したい方は秋や冬がおすすめです。

一帯が石灰岩質のため、溶け出し湖沼の底に沈殿した石灰(炭酸カルシウム)が太陽の光に照らされ、空の色を鮮やかに映す神秘的な景観を生んでいます。最大の湖である長海(ちょうかい)や最も透明な五花海(ごかかい)に最大の滝である諾日朗瀑布(だくじつろうばくふ)など観光におすすめの絶景が満載です。

中国のおすすめ観光地:6見出し

黄龍

九寨溝近くの山を隔てた所にある絶景ポイントです。黄味がかった石灰岩が浸食されて棚田のようになっており、九寨溝と同じ地質のため、そこに水が流れ込み鮮やかなエメラルドグリーンが映える景色になっています。その様は龍のうろこを思わせるものになっています。

中国のおすすめ観光地:7見出し

ヴィクトリアピーク

香港の最も高い山で昼夜関係なく観光客が訪れる人気の名所で、ビクトリアハーバーを眺めることができる人気スポットになっています。夜に来れば100万ドルの夜景とも表現される世界屈指の絶景を楽しむことができます。日本と同じとはいきませんが比較的治安がいいのも観光に人気の理由です。

中国のおすすめ観光地:8見出し

シンフォニー・オブ・ライツ

ビクトリアハーバーの夜景を海側から、ショーで毎日夜8時から13分間楽しめるものです。レーザービームやサーチライトなどがラジオの音楽とナレーションに合わせ動きます。7月1日と2日は香港返還記念日の花火も加わります。場所によってはナレーションをライブで楽しめる所もあります。

中国のおすすめ観光地:9見出し

兵馬俑坑(始皇帝陵)

現在の中国領の大体真ん中にある西安にある遺跡で、1974年に地元民の農作業中に発見され、最初の発見は陶器の破片でした。西安は漢や隋唐の首都だった旧名の長安の方がなじみのある名前かもしれません。当初は重要なものとは気付かれずに2ヶ月もそのままになっていたそうです。

気付いた国による発掘が進むにつれ世界を驚かす大発見になりました。俑は殉死者の代わりに埋葬した人形のことです。並んでいる俑はほぼ人と同じぐらいの大きさで、顔や髪形に服装の同じものはないというものです。作られた当初はオールカラーで色付けがされていたということがわかっています。

宮殿や文官、芸人等の俑も発掘されています。兵士の腰に差されていた青銅製の長剣はを差していたクロムメッキ技術で処理されており、2200年以上埋められていたにもかかわらず錆びた痕跡がないもので、まだわからないことの多い遺跡です。皮肉にもこの陵と万里の長城が秦の傾国を招いたと言われています。

中国のおすすめ観光地:10見出し

外灘(バンド)

上海にある古い町並みです。1842年の南京条約締結以降、上海に西欧列強の租界設置がされて以降に西洋式の国策会社や大使館などの建物が建てられるようになり、海外との窓口になりました。その後の上海の金融都市化に伴い、建築ラッシュにより銀行や商社、ホテルなどの建物が数多く建てられました。

30年代には思想の取り締まりがないため、作家の魯迅などが活躍し文芸が開花しました。現在もその多くが残っておりオシャレな風光明媚な街として観光客で賑わっています。夜には建物のライトアップがされており、幻想的な風景を楽しめる人気になっています。

中国のおすすめ観光地:11見出し

天安門

北京にある故宮(紫禁城)の正門で、最初は承天門がたっていました。現在のものは2度の消失と再建の後に建てられたもので3代目になります。1651年清の順治帝により建てられ、天安門に改名されました。門の前には広大な天安門広場があり、国の大きさを感じるものです。

李自成による北京攻撃による明滅亡に五四運動や一二・九運動毛沢東による中華人民共和国の建国宣言、天安門事件と歴史的場面と事件の舞台になりました。門とその前にある広場は色々な中国近現代史歴史的名所です。また国章にも描かれる中華人民共和国の象徴のひとつになっています。

中国のおすすめ観光地:12見出し

故宮博物院(紫禁城)

元のものを遷都(1421年)にあたり明の永楽帝が改築を行い、清朝の滅亡まで宮殿として使われました。清朝時代はの皇宮として使われ、政治の舞台にもなりました。西太后や映画でも有名な最期の皇帝の愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)などもここに居を構えています。1925年からは博物館となっています。

面積は約72万5千平方㎞と想像しづらいかなり大きいものです。文華殿などの多くの価値のある宮殿と門や造物があります。中華民国との国共内戦中に多くの文物が台湾の国立故宮博物院に運ばれてしまったが、それでも清明上河図など戻されたものが多くあり、元にあるものと含めて充実したものです。

さあ中国の観光地へ!見出し

以上、中国のおすすめの観光地を絶景や名所も交えお送りしました。たくさんある中から厳選しておすすめのものをお送りしました。あなたの観光してみたい所はあったでしょうか。この記事が中国の観光地選びに役立てれば幸いです。最期までお読みいただきありがとうございました。

中国のお土産オススメ10選!人気はコレだ!お菓子から雑貨まで厳選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
中国のお土産オススメ10選!人気はコレだ!お菓子から雑貨まで厳選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
4000年の歴史を誇る中国には、多くの世界遺産に世界三大料理の一つ中華料理まで魅力的なものが盛りだくさんで、観光地としても絶大な人気を誇ります。そんな中国には個性あふれる魅力的なお土産も盛りだくさん!今回は中国で絶対に買いたいお土産10選をご紹介します。
中国・元両替どこで?レートは?クレジットカードは?お得な方法を伝授します! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
中国・元両替どこで?レートは?クレジットカードは?お得な方法を伝授します! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中国へ旅行される時に、中国元はどこで両替していいか、銀行の今日のレート等が疑問に思われませんか?今回は中国元のお得な両替は何か、現金の両替かクレジットカードかどちらが一番お得な両替方法かについてレートやクレジットカードのお得な使い方等も含めお伝えします。
投稿日: 2017年6月12日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote