地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

フィジー観光で外せないおすすめスポットBEST15!新婚旅行にも人気!

サンゴ礁に囲まれた300以上の島々が南太平洋に浮かぶ、それが常夏のフィジーです。紺碧の海に白い雲、そして白い砂浜にヤシの木が群生する南国のパラダイスです。新婚旅行やリゾート観光にぴったりの島、そんなフィジーからお勧めの観光地ベスト15をご紹介したいと思います。

フィジーってどんな所?見出し

フィジーは年間を通して23℃から28℃と快適な南の島です。スコールは有るものの、一日中アメが降り続く様な事は有りません。新婚旅行やリゾート観光、又は留学地としても人気の観光地です。そんなフィジーから15か所ランキング形式でご紹介して行きたいと思いますので、楽しみにして下さいね。

フィジーおすすめ観光スポット第15位「Sun Set Beach」見出し

サンセット・ビーチ

マナ島の中心地から歩いて25分位の「サンセット・ビーチ」の夕日は絶景です。ホテルのアクティビティ―として、無料の送迎バスが出るホテルも有る様ですのでそれを利用するのも良いと思います。滞在中毎日この「サンセット・ビーチ」を訪れると、その日その日によって違った夕日が観れる様です。自然の創り出す芸術作品をぜひ満喫されて下さい。

フィジーおすすめ観光スポット第14位「Tavoro Waterfalls」見出し

タボロ滝

タベウニ島にある「タボロ滝」は、緑豊かな森の中にごうごうと流れ落ちる見事な滝です。自然の中で冷たい水しぶきを感じるのも良いですし、足を冷たい水に浸けて楽しむのも良いでしょう。何とも贅沢な風景と清涼感をここ「タボロ滝」で味わって下さいね。泳ぐ人もいる様ですが、安全の為にホテルのスタッフのアドバイスに従って楽しんで下さいね。

フィジーおすすめ観光スポット第13位「Navala Village」見出し

ナバラ村

フィジーの玄関口ナンディからツアー等で、フィジーの人々が昔ながらの暮らしをしている「ナバラ村」を訪れる事が出来ます。南の島の伝統の建屋が並んだ、とても美しい村です。料金を支払って見学させて貰う形なので、ホテルのツアーに参加する方がお得だと思います。ガイドが付いて詳しく説明してくれるので、とても興味深く見学出来ると思います。

フィジーおすすめ観光スポット第12位「Free fall Fiji」見出し

フリー・フォール・フィジー

フィジーと言えばビーチとマリンスポーツが先ず思い浮かびますが、スカイダイビングを楽しめる観光地も有ります。フィジー島の西、国際空港のあるナディの「フリー・フォール・フィジー」です。インストラクターが一緒に飛んでくれますので、ちょっとした勇気を起こすだけで大空を取りになった様な気分で飛ぶことが出来るのです。是非チャレンジして下さいね。

フィジーおすすめ観光スポット第11位「Fiji museum」見出し

フィジー博物館

フィジー島の東南ナディにある「フィジー博物館」では、フィジーの歴史が学べるだけでなく、工芸品などのアートワークを教えて貰うアクティビティが有ります。フィジーの人々はとても親切で、優しくフレンドリーに教えて下さいます。最近ではフィジーに短期留学する人も増えているそうですが、フィジーの人々が親切だと言うのも理由の一つだそうです。

フィジーおすすめ観光スポット第10位「Zip Fiji」見出し

ジップ・フィジー

パシフィック・ハーバーでエキサイト出来る観光地「ジップ・フィジー」のご紹介です。南国の海でのんびりするのも良いですが、時には大はしゃぎをしてドキドキしたいものです。そんな時に持って来いなのが、ジップラインと言うアクティビティです。高い処でロープを滑るドキドキのアクティビティです。ここでは洞窟冒険も行っているので冒険が出来ます。

フィジーおすすめ観光スポット第9位「Robinson Crosoe Island」見出し

ロビンソン・クルーソー島

フィジー島の西海岸にある「ロビンソン・クルーソー島」は、宿泊施設も予算別に色々なタイプを選べるのでお勧めです。気軽なリゾート観光地として、又は新婚旅行にもぴったりなスポットだと思います。年中温暖なフィジーの気候は、リゾート観光地の条件を満たしていますね。ホテルではフィジーの伝統のファイアー・スティック・ショー等が楽しめます。

「ロビンソン・クルーソー島」では、スキューバダイビング等のマリンスポーツも楽しめます。本島からの日帰りツアーも多く組まれ、フィジーならではのココナツ割りや海がめウォッチング等様々なアクティビティを楽しむ事が出来ます。ロマンティックなサンセットも観る事が出来るので、新婚旅行にもお勧めの観光地だと思います。

フィジーおすすめ観光スポット第8位「Vorovoro」見出し

ヴォロヴォロ

「ヴォロヴォロ」は首都のあるフィジー島から離れた島の小さな離島です。フィジーの文化を色濃く残す「ヴォロヴォロ」、の民家にお邪魔して伝統の文化などを学ぶ事が出来ます。海でシュノーケリングやマリンスポーツも楽しむ事が出来ます。フィジーに短気留学して英語を学びながら、時々観光地に出向きフィジーのディープな文化を知るのも素敵です。

フィジーおすすめ観光スポット第7位「Kulawild adventure Park」見出し

クラ・ワイルドアドベンチャー・パーク

フィジーの南西、クラにあるフィジーの野生動物と触れ合える公園です。日本では見られない様な生き物と触れ合えるので楽しいと思います。特に爬虫類好きな方にとっては、嬉しい観光地だと思います。フィジーで留学をしながら、大いにフィジーを楽しむのにおすすめの公園です。カラフルな植物や生き物達の中で、ジップラインも楽しむ事が出来ます。

フィジーおすすめ観光スポット第6位「Sri Siva Subramaniya Temple」見出し

スリ シヴァ スブラマニヤ スワミ寺院

ナンディのメインストリートから空港の反対方向へ行き、突き当りの少し右側にハッと目を惹くヒンズー教の寺院が有ります。辺りの自然風景とはかなり違ってカラフルなので直ぐに分かると思います。多くのインド人が参拝しています。寺院内では写真撮影が出来ませんが、外観の写真は撮れるので記念写真を撮って帰りましょう。

寺院の装飾やペイントはとてもカラフルで、とても明るい雰囲気がします。内部も外観と同じ様に明るく、天井にも見応えのある絵が描かれています。女性は拝観料を支払う場所で、巻きスカートを貰って巻いてからでないと入る事が出来ません。芝生や草が敷かれている所以外は、裸足にならなければならないので注意して下さいね。

フィジーおすすめ観光スポット第5位「Castaway Island」見出し

キャスタウェイ・アイランド

「キャスタウェイ・アイランド」は欧米人からも人気のある、美しいリゾート・アイランドです。スキューバダイビングやジェットスキー等様々なマリンスポーツが楽しめ、宿泊施設も充実しています。世界中を旅して来た人が、ここが一番美しいと太鼓判を押す程素敵な島です。新婚旅行にもお勧めのスポットだと思います。

フィジーおすすめ観光スポット第4位「Denarau Beach」見出し

デナラウ・ビーチ

フィジーの玄関口ナディからほど近い一大リゾート、「デナラウ・ビーチ」はリゾートに必要なサービスの全てが揃った観光地です。ナディに留学中の方にも直ぐに遊びに行ける、お勧めのビーチです。ホテルやレストランにショッピングにも全く不便は有りません。ここを拠点にして、あちこち足を延ばして観光するのも良いと思います。新婚旅行にもお勧めです。

フィジーおすすめ観光スポット第3位「Garden of the Sleeping Giant」見出し

スリーピング・ジャイアント植物園

ナンディにある植物園で、蘭の花が沢山植えられています。日本でこの様な南国の花を観る場合、普通温室の中に有ります。でもフィジーは南国、自然の中で育っています。これだけでもテンション上がりませんか?特にガーデニング好きの方には是非訪れて欲しい観光地です。留学中の方の息抜きにも良い場所だと思います。ジャングルも有って楽しいと思います。

蘭の群生地を抜けるとジャングル地帯、そこから少しコースを離れると丘に登って行く道が有ります。丘を登り詰めると見晴らしの良い場所に出ます。綺麗な花が沢山咲いていて、写真撮影スポットにも事欠きません。特に新婚旅行の方にも是非立ち寄って頂きたい観光地です。入園口に戻ると、トロピカルジュースが頂けるそうですよ。

フィジーおすすめ観光スポット第2位「Natadula Beach」見出し

ナタンドラ・ビーチ

「ナタンドラ・ビーチ」は、ビチレブ本島にあるビーチの中では断トツに美しいビーチです。このビーチを紹介しながらフィジー留学を宣伝するカンパニーも有る位です。あまり人が多くないので、運が良ければプライベート・ビーチ気分で満喫出来ます。ビーチを馬に乗って散歩する事も出来るんですよ。新婚旅行にもピッタリだと思います。

フィジーおすすめ観光スポット第1位「South Sea Island」見出し

サウス・シー・アイランド

フィジー本島の西にある小さな離島「サウス・シー・アイランド」は、サンゴ礁に囲まれたフィジーの他からとも言える南国のパラダイスです。白い砂浜に青い空、遠くに広がる白い雲、まるで絵に描いた様な風景が目の前に広がります。フォトウェディングや、新婚旅行で訪れたいロケーションですね。カップルでリゾート気分を味わうのにも最高です。

本島からクルージングで約30分で、この様な景色に出会う事が出来ます。フィジーを訪れたら是非足を運びたい観光地だと思います。この風景を一度見たら、一生目に焼き付いて離れないでしょう。必ず満足して帰って来ると思います。スキューバダイビングやシュノーケリング等、マリンスポーツを満喫して下さいね。

フィジーへ出かけよう見出し

南国フィジーの観光スポットをご紹介して来ましたが、如何でしたでしょうか。美しいビーチを独り占め出来るスポットから植物園、エキサイティングなアクティビティを体験出来る観光地も有りました。どの様なフィジー観光がお好みでしょうか。英語を学びながら、素晴らしいフィジー観が出来る留学も人気が有る様です。ぜひご自分に合った形でフィジーを満喫して下さいね。

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote