地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

鹿港老街は台湾の人気観光スポット!アクセスは?レトロな街の地図も紹介!

レトロな街並みが人気の鹿港老街は清代の頃に中国福建と交易して栄えた港町です。古跡保護区に指定されていて、街にはレンガ造りや木造の家屋が並び、通りを歩くとゆったりとしたテンポに様変わりします。では魅力たっぷりの鹿港老街の観光スポットをご紹介しましょう。

鹿港老街の人気観光スポット「ベスト10」をご紹介しましょう!見出し

高鉄台中駅からバスで約1時間のところにある鹿港は昔、「一府、二鹿、三艋舺」と言われ、かつて台湾第二の都市でした。その意味は、一に府(府城すなわち現在の台南)、二に鹿(鹿港)、三に艋舺(現在の萬華)のことです。鹿港老街に入ると清朝の時代にタイムスリップしたようで、美しい赤レンガの老街、街全体がレトロの雰囲気が濃く好奇心をそそります。地図もご用意ください。さあ鹿港老街にご案内しましょう。

鹿港老街「人気観光スポット」ランキング10位: 鶴棲別墅見出し

鶴棲別墅は台湾と西洋の折衷住宅で清朝末年に建設され、その後たび重なる外観の変更を経て今日の姿を形成しました。鶴棲別墅の本体は洋風のガーデンハウスで、そのスタイルは台湾と西洋融合の風格を持ち正門の両端には西洋のアーチ型半円筒形の柱を用い外国の建物に初めてミンヤン折衷(閩洋折衷)スタイルのファサードが掲げられた住宅となっています。

住所:彰化縣鹿港鎮後車巷8號

鹿港老街「人気観光スポット」ランキング9位: 隘門見出し

隘門は、中国語で「アイメン」と発音します。この「隘」には、「せまい、ふさがる、ふさぐ、止める」などの意味があり現在では鹿港老街の裏道にひっそりと一か所だけ残っています。隘門は1830年に建てられ高さ3メートル横幅が2.4メートルあります。目的は商人が自分たちの住む場所を守るために隘門を設置して敵の侵入を防御するためです。毎日夕刻には悪人と泥棒の侵入を防ぐために隘門を閉めたのでした。

住所:彰化縣鹿港鎮後車巷47號

鹿港老街「人気観光スポット」ランキング8位: 九曲巷見出し

鹿港は村を開発する際に川沿いに家が建てられたため自然に曲がりくねった道になったとのことです。よって鹿港は港町で細く曲がりくねった道が多く、その中でも殆ど当時のままの姿で残っているのが九曲巷です。不審者の侵入を防いだほか寒い時期には防寒空間として使われたそうです。この細い道でくねくね曲がっている九曲巷を歩いてタイムスリップを体感しましょう。九曲巷は人気観光スポットになっています。

住所:彰化縣鹿港鎮金盛巷周辺

鹿港老街「人気観光スポット」ランキング7位: 鹿港公會堂 見出し

鹿港老街の中華風レトロの雰囲気とは違った建物の鹿港公会堂です。屋根は瓦で和洋折衷のレトロな雰囲気で鹿港老街では珍しい洋風建築です。台湾では、このような雰囲気の建物は日本統治時代の遺構であることが多く、この鹿港公会堂もそうです。昭和3年に建てられた鹿港最大の洋風建築です。戦後は「中山堂」と呼ばれ老人会館として利用されていましたが修復後に現在の鹿港公会堂になりました。

住所:彰化縣鹿港鎮埔頭街72號

鹿港老街「人気観光スポット」ランキング6位: 鹿港民俗文物館見出し

前身は台湾5大家族の一つとして名高い鹿港辜家・辜顕栄氏の旧居でした。1920年から30年代は辜顕栄が栄華を極めた時期で日本の皇族を始め台湾の名だたる名士達が多く往来しました。1973年の開館に際し辜振甫氏は収蔵していた書画・文物を寄贈し理事長の辜偉甫は台湾各地の民俗文物所有者から当館への保管依頼を受けて収蔵品は6000余件となり常設展示ホールには3000余件が並んでいます。一見の価値があります。

住所:彰化縣鹿港鎮中山路152號

鹿港老街「人気観光スポット」ランキング5位: 桂花巷藝術村見出し

鹿港桂花巷藝術村は清統治時代にも関係があり鹿港にある清との貿易に使用されていた河道に甘い香りのする桂花(金木犀)が植えられていました。中国では旧暦の8月に桂花は一面に咲き「桂花の開花は幸福を呼ぶ」と言われていました。今は、藝術村に変身し幅広いアーティストやグループが駐在し定期的に芸術活動が行われています。絵画、書画、手芸などのDIY体験コーナーもあり人気を集めています。

桂花巷藝術村は彰化縣の最初の芸術村で伝統的な工芸品は鹿港の重要な文化財になっています。この藝術村は鹿港公會堂前の赤レンガ道の端に位置し昭和時代に造られた荒廃した日本式の宿舎でした。それを2009年に中央政府の補助のもと見事、建て替えられ一変しました。ここでは誰もがDIYを楽しめる場になっていることは称賛に価します。入口の古民家に派手な色を使った奇抜な絵は皆の写真スポットになっています。

住所:彰化縣鹿港鎮桂花巷藝術村

鹿港老街「人気観光スポット」ランキング4位: 鹿港摸乳巷見出し

鹿港摸乳巷は、いまや大人気の観光スポットになっています。幅70㎝、長さが100mの狭い通りです。鹿港老街のいたるところに「摸乳巷」への案内表示があります。巾が狭いのですれ違うときに胸が触れてしまうところから、この名前になったそうです。そのすれすれ感が堪らないのでしょう。周りに家を建てる際、通風や防火のために無理やりこの細過ぎる路地を作ったそうです。あなたも通ってみては如何でしょうか。

住所:彰化縣鹿港鎮菜園路38号傍

鹿港老街「人気観光スポット」ランキング3位: 半邊井見出し

瑤林街に半円形の井戸の史跡「半邊井」があります。変わった名前ですが、その裏には美談があります。鹿港老街に住む富豪の王氏が自分が作った井戸の半分を、わざわざ屏の外に出して近所に住む人や通りを歩く人たちが自由に使えるようにした助け合いの井戸です。今は枯れてしまっていますが、その善意は美談として,いつまでも後世に語り継がれることでしょう。ぜひ見に行ってみましょう。

門の上に『三槐挺秀』の文字が見えます。この家に限らず他の建物にも見られますが祖先が子孫のために3本の槐樹 (えんじゅ) を植え三公(中国の官名)の座席をそれに向けて設けたという故事に由来します。三公とは最高の地位にあって天子を補佐する三人で名前は時代で変わります。律令制における三公とは太政大臣・左大臣・右大臣のことです。この家ではその子孫が出世して立派な三公になったと言い伝えられています。

住所:彰化縣鹿港鎮瑤林街12號

鹿港老街「人気観光スポット」ランキング2位: 鹿港龍山寺見出し

台湾に来たことのある人は龍山寺と言えば台北の龍山寺を思い出されることでしょう。台湾には有名な龍山寺が5ヵ所(台北市萬華、台南、高雄鳳山、新北市淡水)あり鹿港の龍山寺もそのうちの1つです。鹿港龍山寺は、「一級古跡」にも認定され鹿港一の名刹です。清朝初期の1653年に建立されたと伝えられており、度重なる修復を経て現在に至っています。

鹿港龍山寺は「台湾の紫禁城」とも呼ばれ台湾の龍山寺の中で一番保存状態がよいと言われています。北宋の宮殿を模したという建築様式は優美で格式あるお寺として知られています。五門殿の中央にある戲台の上方には、八卦藻井と呼ばれる天井がありその細工は藝術的にも見事な造りで、よく声や音が反響します。時々この下で二胡(中国胡弓)や伝統楽器を持ち込んで演奏する光景を見かけます。一度のぞいてみましょう。

住所:彰化縣鹿港鎮金門街81號 電話番号:04-7772472

鹿港老街「人気観光スポット」ランキング1位: 鹿港天后宮見出し

天后宮とは媽祖を祀ってある廟のことをいいます。台湾最初の「天后宮」は台南市にある大天后宮であり国家一級古蹟に指定されています。ここ鹿港の天后宮は福建省眉州の天后宮から迎えられた台湾最古の媽祖像を祀っています。台湾には福建南部から移住した開拓民が多数存在し、これらの移民は媽祖を祀って航海中の安全を祈り無事に台湾島へ到着した事を感謝し台湾島内に媽祖の廟祠を建てて行ったとされています。

現在の天后宮は1936年に再建されたもので、ご本尊の「媽祖」は海の守護神です。海に囲まれた台湾では「媽祖」信仰が広がったのは当然のことと言えます。清朝が首尾良く台湾を手に入れることができたのは媽祖のおかげだとも言われています。そういう背景があって台湾最古の媽祖像がここに祀られていることが頷けます。

当時、鹿港は海上交通の重要拠点でしたので媽祖を祭った天后宮は線香の煙が絶えることがないほどの賑わいを見せたそうです。今でも鹿港天后宮を訪ねる観光客は、鹿港老街の中でも最も人気が高く、最近では恋の神様「月下老人」の周りに人が沢山集まります。「媽祖」様を拝んだあとは、月下老人のところに行って、その像に手を合わせれば運命の人に巡り会えるとかで人気スポットになっています。

住所:彰化縣鹿港鎮中山路430號

台湾の彰化市観光スポット!名所や大仏・人気の夜市は外せない! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台湾の彰化市観光スポット!名所や大仏・人気の夜市は外せない! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾の中部に位置する彰化市は山や海といった大自然に囲まれ、台湾の歴史を知れる人気の観光名所になります。年中を通して温暖な気候になり雨も多くないので、彰化市は観光しやすいスポットとして人気があります。そんな彰化市でおすすめの観光スポットを紹介していきます。

鹿港老街へのアクセスは?見出し

鹿港老街へのアクセス: その1(台北駅から彰化経由で鹿港まで)

台北から鹿港までのアクセスですが、「国光客運」または「統聯客運」のバスで行きます。この場合、途中の彰化で下りて「彰化客運」のバスに乗り換える必要があります。途中でバスの乗り換えはアクセス上、何かと不便です。台北から彰化までバスで約3時間かかり、さらに彰化から鹿港まで約40分はかかります。他のアクセス方法も下記に紹介しますので、自分に合ったアクセス方法を選びましょう。

鹿港老街へのアクセス: その2(台鉄台中駅から鹿港)

高鉄(台湾新幹線)を利用せずに台北から台中まで台鉄(在来線)で来られる場合、所要時間が約2時間15分かかりますが運賃は安く上がります。台中駅で降りると彰化客運のバス乗り場から鹿港行きに乗ってください。乗り場は台中市復興路4段179號にあります。バスは15分に1本あり鹿港までの所要時間は約1時間半かかります。時間は少しかかりますが、バスの乗り換えがない分、アクセス方法としてはいいでしょう。

鹿港老街へのアクセス: その3(高鉄台中駅から鹿港)

一番、時間が短縮できて効率のいいアクセス方法は台北から高鉄(台湾新幹線)で台中まで(約1時間)来て高鉄台中駅から鹿港までの直行バスに乗るのがいいでしょう。途中でバスを乗り換えるのはアクセス上、不慣れでもあるし大変不便です。鹿港行きのバスは、台湾好行バスで平日は2時間に1本、週末は1時間に1本あります。鹿港までは約1時間です。最高のアクセス方法です。

鹿港老街「レトロな街の地図」見出し

レトロな地図

鹿港老街とは大別して4つの通りのことを言います。すなわち「瑤林街」、「埔頭街」、「大有街」それに「後車巷」です。街の入口には大きくてレトロな地図があります。手書きの味がなんとなく暖か味が感じられます。曲りくねった道を地図を片手に探し当てるのも楽しいですね。この路地裏こそ本当の鹿港を見ることができます。地図を見ながら歩くのもいいですが地図のない場所で新しい発見があるかも知れません。

インターネットで見る地図

鹿港老街は、細い道がくねくねと曲り地図を持たないと同じところをぐるぐると回ってなかなか目的の場所にたどり着かないということもあります。いまや、インターネットの時代で便利になりました。しかし、鹿港老街の部分だけでもプリントアウトした地図を持っていると見やすいし必要があれば、地図に色々と書き込めるのでとても便利です。持ち歩き用の地図を用意されることをおすすめします。

鹿港老街の風情を見ながら食べ歩きで楽しみましょう!(10景)見出し

鹿港老街・その1「看板猫は私です!」

鹿港老街を散策していると、かわいい猫ちゃんたちが観光客の心を和ませてくれます。老街を2、3匹で闊歩していたり、お店の中でひなたぼっこをしていたり、癒し系のなんともかわいくて上品そうな顔をしています。猫たちも街の雰囲気に合わせてのんびりしていて幸せそうです。買い物をしている間に観光客の撮影スポットとして人気があります。

鹿港老街・その2「阿舎茶樓」

鹿港老街の瑤林街にある「阿舎茶樓」で休憩しましょう。暑い夏に冷えた「杏仁茶」を飲むと喉がスッキリします。冬には温かい杏仁茶に揚げたての油條と一緒に食べる美味しいです。医食同源(薬食同源)という言葉が好きな台湾の人は杏仁は咳止め、のどの痛みに効くと言います。杏仁とは杏の種の核のことで見た目はアーモンドのような外見でこげ茶色の薄い皮に覆われています。日本人の好きな杏仁豆腐もいかがでしょうか。

住所:彰化縣鹿港鎮埔頭街32號 電話番号:04-7761527

鹿港老街・その3「東華麺茶」

鹿港老街の中山路にある「東華麺茶」のお店の麺茶がおいしいと評判です。「麺茶」(台湾語でミィデェ)は40年ほど前は台湾全国にありましたが台北でも見なくなりました。麺茶とは炒めた小麦粉に砂糖と白胡麻を入れ熱湯を注いで作られたお茶です。台湾では戦時中に粉ミルク替わりに飲まれていたそうです。ちょうど日本でも戦後はったい粉にお湯を入れて飲んでいたものに似ています。一度味わってみましょう。

彰化縣鹿港鎮中山路409號 電話番号:04-7760229

鹿港老街には「麺茶」を売っている店は何軒かあります。この小さな麺茶を売るお店のデコレーションがとてもレトロ感があってユニークなので通りかかりに見てください。暑い夏には、この麺茶に黒蜜と氷を入れた「麺茶冰」がとても人気です。散策の途中に小腹が空いた時にいいかも知れませんね。多くの人がこのお店の前で写真スポットになっています。ぜひ、どうぞ。

鹿港老街・その4「鹿港柑仔店」

鹿港柑仔店は埔頭街にあります。この店は誠にユニークそのもので、鹿港老街は昔の時代にタイムスリップさせてくれますが、このお店は我々が子供時代を過ごした時の懐かしい時代にタイムスリップさせてくれます。店内に飾られている人形やおもちゃなどを見ていると懐かしさで一杯になりこの感動に思わず感謝してしまいます。消えてしまっていた過去の思い出が蘇ってきます。

幼い頃、毎日のように通った駄菓子屋さんそのものの形で展示販売されている沢山の種類の駄菓子に釘付けになります。他にも懐かしいおもちゃが沢山並び、鉄腕アトム、マジンガーZやガッチャマンのフィギュア、ピーターパン、ペコちゃん人形、キューピーさんの人形、昔の映画ポスターなどが所狭しと並んでいます。‪お店に行ってみましょう。

彰化縣鹿港鎮埔頭街70號

鹿港老街・その5「鹿港烏婆鮮奶豆腐冰」

鹿港烏婆鮮奶豆腐冰は天后宮のすぐそばで店を構えている豆腐がらみのメニューを出しています。このお店の女主人はいい人で仕事熱心、乳母車(ベビーキャリッジ)を店内に入れるのを手伝ってくれたりと評判のいいお店です。メニューの一部ですが、抹茶豆腐冰、鮮奶豆腐冰、かき氷、すべて50元(180円)。お店はとても明るくて冷房も効いていて人気のお店です。ぜひ、どうぞ。

住所:鹿港鎮民生路17-1號

鹿港老街・その6「明豐珍」牛舌餅

「明豐珍」と言えば牛舌餅と言われるぐらい有名なお店で平日でも行列ができていて3時間も待たないと買えない時があるそうです。通りを歩いていてもこの店の名前を印刷した赤い袋を見かけない時がないくらいです。お客さんでその牛舌餅の美味しさを、うまく表現をする人がいて「一口食べると普通の味、二口食べるとまた食べたくなる、気が付いたら袋の半分が無くなっていました」とか。1袋10個入りで100元(360円)。

住所:彰化縣鹿港鎮海浴路843號 電話番号:04-7742197

鹿港老街・その7「食驗所 Kenny Lab」ソフトクリーム

お店の名前が少し変わっていますが覚えやすい名前です。価格は少々高めですが、材料はいいものを使用しているようで、毎日お客さんが来て休日になると行列ができます。鹿港老街を歩き疲れたら、ここでソフトクリームを買って外で食べながら散策を続けることができます。因みにマンゴーのフロストアイスクリームは85元(310円)がおすすめです。

このお店の自家製コーヒーとデザートは評判がよくアイスクリームの味と品質の水準は高いとのことです。お店自体は、そんなに大きくはないのですが古民家を改造したレトロ風で雰囲気はとても暖かく感じます。最近、台湾のテレビ局(TVBS)で放映され、ますます人気が出てきました。とくに動画にある蜂巣霜淇淋(蜂蜜フロストアイスクリーム)は圧巻です。ぜひ、食べてみましょう。

住所:彰化縣鹿港鎮親民路188-1號 電話番号:04-7777575

鹿港老街・その8「玉珍齊」

1877年創業で140年の歴史があります。台湾菓子の老舗「玉珍齋」の発祥地はここ「鹿港」です。初代黄錦さんは中国の泉州からきた富裕商人の一人でした。中でも「鳳眼糕」は手造りのお菓子で100年以上もの間、台湾の人に愛されてきた有名なお菓子です。形が鳳の目の形(切れ長の細楕円)に似ているので「鳳眼糕」と名づけられたそうです。日本の落雁のようですが鳳眼糕の方がずっと柔らかくお茶うけにぴったりです。

「玉珍齊」を有名にしたのは、鳳眼糕ですが、もう一つ人気のお菓子が「麻粩」です。麻粩は中国の伝統的なお菓子で見た目と違って甘さを抑えたとても深い味がします。それにとても手間がかかるそうです。まずタロイモ粉ともち米粉を合わせた生地を発酵させたあと、その生地を油で揚げてふわっとした食感の米菓子にして最後に水あめをかけた後、ゴマをかけると完成です。美味しさのあまり食べ出したら止まりません。

住所:彰化縣鹿港鎮民族路168號 電話番号:0800-000-606

鹿港老街・その9「阿振肉包」

阿振肉包は鹿港で最も有名な肉まん屋さんです。ただし、中での飲食はできず、すべてテイクアウトのみとなっています。特に人気の肉まんは原味肉包、翡翠肉包、紅豆包(あずき)、地瓜包(さつまいも)、葱花捲などです。肉まんは、あちらこちらで売っているのですが、このお店の肉まんは肉汁がたっぷりで肉の旨味も格別です。一度食べたら病みつきになりますよ。並んでも買う価値はあります。行ってみましょう。

住所:彰化縣鹿港鎮中山路71&73號 電話番号:04-7772754

鹿港老街・その10「鄭玉珍餅鋪」

鄭玉珍餅舖の創始者である鄭槌は、もともと中華菓子作りの技術をもって単身で台湾に渡ってきました。そして鹿港の商人である黄氏と共同で今も続いている中華菓子店の「玉珍齊」を開きました。その後、鄭槌は「玉珍斎」を去り1887年に、その店の隣に「鄭玉珍餅舖」を開店させ鄭槌の菓子作りの秀でた技術によるお菓子の食感が人々に受けられ商売は繁栄して行ったのでした。いまも鳳眼糕、元寶酥などが人気です。

住所:彰化縣鹿港鎮埔頭街23号 電話番号:4-7788656

彰化の鹿港は台湾観光で人気のスポット!アクセスは?風光明媚で一日遊べる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
彰化の鹿港は台湾観光で人気のスポット!アクセスは?風光明媚で一日遊べる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾の彰化県にある鹿港は、ノスタルジックな街並みで人気の小さな街です。どことなく懐かしい雰囲気に溢れ、風光明媚な街である彰化県の鹿港。今回は、そんな魅力溢れる彰化県鹿港へのアクセス方法から人気の観光スポット、おすすめのご当地グルメなどをご紹介!
台中彰化の肉圓(バーワン)おすすめスポット!おいしいと評判の人気店は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台中彰化の肉圓(バーワン)おすすめスポット!おいしいと評判の人気店は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
映画「千と千尋の神隠し」に登場するぷにぷにした食べ物を覚えているでしょうか。それは肉圓(バーワン)ではないかと言われています。肉圓発祥の地は台中彰化地方であり、多くの個性的な肉圓店が軒を連ねるバーワンの本場です。台中彰化の美味しい肉圓店をご紹介しましょう。

鹿港老街に興味が湧きましたでしょうか!見出し

「故きを温ねて新しきを知る」まさに鹿港老街は清朝の時代にタイムスリップしたようなレトロ感いっぱいの魅力ある観光地です。鹿港老街は何回見ても飽きることがなく行くたびに新しい発見がありワクワク感を抑えきれません。鹿港の歴史を紐解きながら「見る」「食べる」「行動する」に相応しい街です。ぜひ行ってみましょう。


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote