地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

アイルランドの首都ダブリン観光のおすすめ情報!時差や治安なども紹介!

世界の中でも、フレンドリーな国であるアイルランドの首都ダブリン。ハロウィンが浸透して、アイルランド文化に触れる機会も増えましたが、まだまだ旅行で訪れる観光客も少ないアイルランド。時差や治安などと合わせて、ダブリンのおすすめ観光スポットや名所をご紹介します。

ダブリンのおすすめ観光特集!見出し

アイルランドの首都ダブリンは、アイルランドの東部に位置しています。博物館や広大な公園など、観光客にも人気なスポットがたくさんあります。ビールやウィスキーなどでも有名で、見学できる場所もあります。ダブリンにはたくさんの名所があるので、これから時差と治安も合わせてダブリンの観光スポットをご紹介します。

 ベルファスト(イギリス)観光!北アイルランドの大都市人気スポット7選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ベルファスト(イギリス)観光!北アイルランドの大都市人気スポット7選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
イギリスはイングランド、ウェールズ、スコットランドと北アイルランドの連合国です。北アイルランドの首都が「ベルファスト」、そのベルファストから人気の観光スポットを7か所ご紹介したいと思います。伝統的な建造物が観れる観光地や、自然豊かなスポットまでご紹介します。

ダブリンの時差と飛行時間は?見出し

ダブリンと日本の時差は、9時間です。日本の方が9時間進んでいます。ただ、ダブリンはサマータイムがあるので、その間は、8時間の時差になります。日本から旅行する際には、直行便はないので、ヨーロッパのどこかの都市で乗り継いで行きます。午後の日本初のフライトを選べば、ダブリンに夜着くので、時差ボケもいくらか防げ、次の日の観光にも良いかもしれません。

気になるダブリンの治安は?見出し

ダブリンは、その他のヨーロッパの国に比べると安全で過ごしやすく、治安が良い国と言っていいと思います。すれ違うと笑顔で挨拶してくれたり、道を聞いた時には、親切に案内してもらったという観光客も多いようです。ただ、フレンドリーな人が多く治安の良いダブリンですが、やはり外国ですので、夜遅くには一人で出歩かないなど、注意は必要です。

ダブリンおすすめ観光スポット1:トリニティカレッジ見出し

トリニティカレッジは、1592年に英国女王エリザベス1世によって創立された、400年以上の歴史を誇るアイルランド最古の国立大学です。学生が夏季休暇中の間は、トリニティカレッジの寮に一般の観光客もとてもリーズナブルな価格で宿泊することができます。テレビ以外のアメニティーはありますし、屋外テニスコートや屋内プールなどのレクリエーション設備も使えます。

トリニティカレッジの名所は、旧図書館とケルズの書です。旧図書館は、まるでハリーポッターに出てくるような映画の世界にいるような感じです、ケルズの書は、1200年前に書かれた世界一美しい本と言われています。旧図書館の見学は、30分ほどで10ユーロで、ケルズの書も見ることができます。

住所:College Green, Dublin 2, Ireland 電話:+353 1 896 1000

ダブリンおすすめ観光スポット2:セントパトリック大聖堂見出し

セントパトリック大聖堂は、1191年に創設されたゴシック様式の大聖堂で、アイルランド最大の教会です。。ダブリンには 2 つの大聖堂がありますが、1つの都市に2つの大聖堂があるのは先例がないそうです。大聖堂であるにもかかわらず主教座がこの教会には存在せず、ダブリン大主教の主教座はクライストチャーチ大聖堂にあるという点も珍しいです。

ガリバー旅行記の著者、ジョナサン・スフィフトが司祭だった教会としても有名です。彼の著書に関する展示もしてあります。また、この教会では、演奏会が開かれることもあるそうです。4,000 本以上ものパイプを持つオルガンは、アイルランド有数の大きさです。オルガンの綺麗な音色は、旅行中の疲れを癒してくれること間違いなしです。

住所:St Patrick's Close, Wood Quay, Dublin 8, DZ08 H6X3 アイルランド 電話番号:+353 1 453 9472

ダブリンおすすめ観光スポット3:クライストチャーチ大聖堂見出し

クライストチャーチ大聖堂は、11世紀にデーン人によって木造教会として建てられ、12世紀にロマネスク様式の石造の教会に建て替えられました。南袖廊の天井にあるアーチは、ロマネスク様式とゴシック様式のアーチが重なった、大変珍しいものとなっています。また、ステンドグラスと歴史を感じられる63ものパターンがあるタイル細工も見所です。

現在の概観のほとんどの部分は1875年に改修が行われた後のものですが、地下礼拝堂は12世紀からほとんどかわらずそのまま残っています。また、中世の地下礼拝堂のなかでも最大のもののひとつといわれています。展示物にはライトがあたっていますが、薄暗く幻想的です。これほど広い地下室に入れる大聖堂はめったにないので、ぜひおすすめしたいスポットです。

住所:Christchurch Pl, Wood Quay, Dublin 8, アイルランド 電話番号:+353 1 677 8099

ダブリンおすすめ観光スポット4:ギネス・ストアハウス見出し

ギネス・ストアハウスは、名前の通りギネスの魅力を伝えるための博物館です。250年の歴史をもつセントジェームスゲートという醸造所に併設されているだけあって、味も確かなものです。醸造所は、アイルランドでも最初の鉄骨建築と言われる由緒のある建物ですが、ストアハウス内に入ると、むき出しの骨格を生かしたモダンでユニークなつくりになっています。

ギネスストアハウスのお土産はかなり充実してます。これだけギネスグッズが揃うところはあまりないです。ギネスのコースターや栓抜きなど、ちょっとしたお土産にも最適です。また、5階部分には、レストランも併設されているので、アイルランドで同じみのメニューと共に、ギネスが楽しめる名所となっています。

住所;St James's Gate Dublin 8 電話番号:+353 1 408 4800

ダブリンおすすめ観光スポット5:ジェイムソン旧蒸留所見出し

ギネスビールと並んでアイルランドのお酒として有名なのが、アイリッシュウイスキーです。旧蒸留所では、その製造工程を紹介する人気のツアーがあります。また、同施設内にはギフトショップもあり、ジェイムソン風味のジャムやチョコレートなど、おみやげにぴったりのアイテムやこの旧蒸留所でしか手に入らない年代物のウイスキーもあり、おすすめです。

住所:Bow Street, Smithfield Village, Dublin 7 電話番号:+353 1 8072348

ダブリンおすすめ観光スポット6:ダブリン城見出し

ダブリン城は、800年以上もの間、アイルランドの首都ダブリンの歴史的中枢でした。現在では、アイルランド大統領の就任式をはじめ、国の重要な式典がここで行われています。ダブリン城では、さまざまな見学ツアーにも参加できます。モダンアートや伝統美術のツアーなど、ダブリンに旅行に来たなら、ぜひ見ておきたい名所です。

住所:Dame St, Dublin 2, アイルランド 電話番号: +353 1 645 8800

ダブリンおすすめ観光スポット7:フェニックスパーク見出し

ダブリンの市街地から少し距離はありますが、フェニックスパークはダブリンの中でとても広い公園です。。その広さは700ヘクタール(東京ドーム153個分)以上で、 広い公園が数多くあるヨーロッパの都市部の公園でも最大規模です。この公園は17世紀にオーモンド公爵が野生のキジやシカのいるロイヤルハンティングパークをつくったことに始まります。

公園の中には、ダブリン動物園もあります。世界の中で3番目に古い動物園みたいです。ライオンや猛獣たちもいますし、絶滅危惧種も保護されています。ただ、動物園に行かなくても、フェニックス・パークでは大型野生動物や数多くのシカと出会うこともできます。治安も良いダブリンを代表する自然や動物を堪能できる名所となっています。

住所:Dublin 8, Phoenix Park 電話:+353 1 820 5800

ダブリンおすすめ観光スポット8:セント・スティーブンス・グリーン見出し

ダブリンの中心部にあり、ダブリン市民の憩いの場所となっています。この公園には、ヘンリー・ムーアからウィリアム・バトラー・イエーツに捧げられた彫刻、ジェームス・ジョイスの胸像など重要な人物の像や記念碑がたくさんあります。公園の周りには、ショッピングセンターやアイルランドで有数のホテルなどもあり、観光におすすめです。

住所:St Stephen's Green, Dublin 2, Ireland 電話番号:+353 1 475 7816

ダブリンおすすめ観光スポット9:アイルランド国立博物館見出し

大理石の円柱をもつ円形のエントランスホールが印象的なアイルランド国立博物館の建物は、1890年にトーマス・ディーンによってレンスターハウスをはさんで国立図書館と左右対称に設計されたものです。アイルランド国内で見つかった宝物はほとんどここに収められています。

青銅器時代の金細工に関してはヨーロッパで最大級のコレクションとなっています。代表的なものは、青銅器時代の三日月形やねじった形の首飾り、古代ケルト美術の宝物などです。特に金属細工の最盛期であった初期キリスト教時代からバイキング時代の聖杯や装飾品を一度に見学することができるので、ダブリンを旅行する際には、ぜひ訪れたいスポットです。

住所:Collins Barracks, Benburb St, Dublin 7 電話番号: +353 1 677 7444

ダブリンおすすめ観光スポット10:テンプルバー見出し

ダブリンを代表するテンプルバーというパブがあります。赤と黒のデザインの建築で、創業は1840年です。ギネスやヨーロッパ各地のビールやウイスキーがいただけます。店内は広く、一日に2回アイリッシュ・ミュージックのライブがチャージなしで楽しめます。午前2時頃まで開いているので、旅行者もダブリンのナイトライフを満喫できます。

住所:The Temple Bar Pub, 47/48 Temple Bar, Dublin 2 電話:+353-1-672-5286/7

ダブリンは魅力的な観光地見出し

時差と治安も含めて、おすすめの観光スポットと名所を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?ダブリンの大聖堂や博物館、公園など、どれも魅力的です。街の人たちもフレンドリーなダブリンには、おすすめの観光スポットと名所がたくさんあります。ぜひ、旅行されてみてください。

アイルランドの観光でおすすめを紹介!名所や一人旅に人気のスポットも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
アイルランドの観光でおすすめを紹介!名所や一人旅に人気のスポットも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
エメラルドグリーンの島とも呼ばれているアイルランドには、日本では見られない自然の絶景を楽しめる観光名所が点在しています。独特の文化が流れるアイルランドならではのおすすめ観光スポットもあります。今回は一人旅でも満足できる人気の観光スポットを紹介していきます。
ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote