君田温泉「森の泉」は美人の湯!道の駅で日帰り入浴と食事を楽しもう!

2017年5月16日 (2020年9月6日最終更新)

今、人気急上昇中のスポットといえば道の駅。広島県三次市にある道の駅 ふぉレスト君田の中には、なんと美人の湯と称される君田温泉があります。今回は、君田温泉で日帰り入浴したり、地元食材の料理を堪能したりと、大満足すること間違いなしのスポットをご紹介。

目次

  1. 君田温泉のある道の駅へ出かけよう!
  2. 君田温泉「森の泉」へ行くには?
  3. 君田温泉のある三次が霧の街と呼ばれる理由とは?
  4. 君田温泉が入っている道の駅 ふぉレスト君田って?
  5. 道の駅 ふぉレスト君田のココがすごい!
  6. 君田温泉が美人の湯と言われる理由
  7. もちろん君田温泉は日帰りでも楽しめる
  8. 君田温泉の道の駅で食べられる「ワニ」の正体とは?
  9. 君田温泉とともも楽しめる食事処を紹介
  10. 君田温泉でお土産をゲットするなら?
  11. 温泉といえども夏に行くのもアリ!
  12. 君田温泉・グルメ・アートを楽しもう!

君田温泉のある道の駅へ出かけよう!

若い人から注目を浴び、人気スポットとなっている道の駅。最近は、比較的アクセスの良い場所に建てられることが多いですが、道の駅 ふぉレスト君田があるのは、豊かな自然の中の山道。しかも、君田温泉やグルメ、地元野菜が充実しているんです。そんな魅力をたっぷり持ったスポットをご紹介します。

君田温泉「森の泉」へ行くには?

まずは、アクセス情報をお届けします。君田温泉「森の泉」があるのは、広島県の北部にある三次という街。こちらで営まれる道の駅 ふぉレスト君田の中にある温泉スポットです。自然豊かな場所に佇んでいるので、美味しい空気が味わえて、訪れるだけでも気分がリフレッシュできそうです。

どの地域からアクセスするかにもよりますが、君田温泉「森の泉」の近くにあるインターチェンジは2つあります。まずは、中国自動車道の三次インターチェンジ。こちらを降りてからは車で約25分です。次にあるのが、松江自動車道の口和インターチェンジ。こちらからは車で約5分のところに位置しています。

18298349 488803508177430 3794076832572112896 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
m_blue_i

この君田温泉「森の泉」がある道の駅 ふぉレスト君田まで、公共機関等を利用して訪れることも可能ではありますが、移動時間がかなりかかってしまいます。ぜひとも車・バイクなどで、ドライブやツーリングを楽しみながら行くのがオススメ。無料で利用できる駐車場は150台あるので、安心して行くことができます。

君田温泉のある三次が霧の街と呼ばれる理由とは?

君田温泉のある三次という街は、「霧の街」とも呼ばれているほど、時期によっては美しい霧の海を見ることができます。三次は、四方を山々に囲まれた盆地です。江の川・西城川・馬洗川の3本の川によって作られているのです。それゆえ、霧が立ちこめ海のようになり、幻想的な風景が広がると言われています。

見頃は、秋から早春にかけてからの早朝です。この霧の海は、標高400メートル以上の山に登らなければ見ることができません。朝早くから移動しなければならないので、運転や時間などは注意してください。天候によって見られない日もあるので、何度かチェレンジしてみてくださいね。

E5cd053f三次観光おすすめスポット7選!人気の絶景や歴史を感じる場所をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
広島県の三次市には、おすすめの観光スポットがたくさんあります。国際的評価の高い三次ワインの他...

君田温泉が入っている道の駅 ふぉレスト君田って?

君田温泉「森の泉」のある道の駅 ふぉレスト君田は、温泉から、食事やコーヒーが味わえる場所、君田温泉三十番神社、さらにはパン屋まである複合施設。また、おはよう市では、君田で採れた新鮮な食材や、それを利用した特産加工品が購入できます。この市は8時から17時まで開かれており、定休日は毎月第3火曜日(8・12月は第4火曜日)。

Original三次のランチおすすめスポット!おしゃれなカフェやグルメ好きも満足! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中国地方のほぼ中心に位置する広島県三次市。豊かな自然に囲まれている三次市では地元の食材を使っ...

道の駅 ふぉレスト君田のココがすごい!

15057400 310000719398723 5874236202487382016 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
misa_shima_mana

さらに道の駅 ふぉレスト君田が魅力的なのは、「はらみちを美術館」があるということ。ドライブの疲れを温泉やグルメだけでなく、アートによって目からリフレッシュできるというユニークな場所なのです。入館料は大人300円、高校生150円、中学生以下無料と、気軽に入れるのも嬉しいです。

16583370 1770628889922130 5140285450480517120 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sachi_guwa_

訪れるタイミングによっては、作品展などを開催している場合があるので、日帰りで何度足を運んでも楽しめそうです。「はらみちを美術館」の開館時間は9時から17時。毎月第3火曜日(火曜が祝日の場合は開館、翌日休館。8・12月は第4火曜日)の休館日があります。

君田温泉が美人の湯と言われる理由

11255899 1694726030757606 235495111 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kenji7553

君田温泉「森の泉」が、美人の湯と言われるには理由があります。それは、中・四国地方では珍しい重曹泉という温泉だから。入浴すれば肌がつるつるになり、体の芯まで温まってくるので、特に女性から人気があります。また、神経痛や、冷え性にも効果が期待できるので、昔から「魔法のお湯」と言われ、地元の人から愛され続けてきました。

もちろん君田温泉は日帰りでも楽しめる

11008307 861775810548469 1489071937 n
kayomam

君田温泉「森の泉」は温泉施設であり、宿泊施設もありますが、こちらでは日帰り入浴も楽しめます。無料休憩所も設置されていますが、12畳の和室で2時間2,200円から、湯上りに寛ぐことができる少人数用の部屋も用意されています。夫婦や仲間だけでゆっくりと落ち着きたい時に便利です。

17882956 441844819485107 3604726065387274240 n
a.miyuki35

君田温泉「森の泉」の日帰り入浴料金は、大人600円、小学生以下300円、3歳未満は無料。子供を連れて日帰りで行くというのも良さそうです。また、道の駅 ふぉレスト君田の周辺では、ハイキングが楽しめたり、時期によって川遊びができたりと、仲間とワイワイ遊ぶことができます。

さらに、「日帰りで来たし、ドライブ途中に立ち寄ったから何も準備していない!」という時でも大丈夫です。フェイスタオルは150円で販売、バスタオルは50円でレンタルしていますので、ぜひとも入浴してみてください。毎月第3火曜日(火曜が祝日の場合は開館、翌日休館。8・12月は第4火曜日)が休館日になりますので、ご注意を。

君田温泉の道の駅で食べられる「ワニ」の正体とは?

三次では昔からよく食べられる食材にワニがあります。しかし、あの大きな口に鋭い歯の生えたワニのことではなく、サメのことをこの地域ではワニと呼んでいます。ワニは、高タンパク質で低カロリーだけでなく、DHAやEPA、コラーゲンも豊富に含まれているのが特徴。味わいは、白身魚に似ているので食べやすいのがポイントです。

君田温泉とともも楽しめる食事処を紹介

食事処「囲炉裏」

14693742 692834177540300 1529727631254093824 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
forza_alesi

まず紹介したい食事処は、君田温泉「森の泉」館内にある「囲炉裏」。その店名の通り、店内の中心に囲炉裏を据えており落ち着いた雰囲気が漂っています。季節ごとに味わえる旬の食材を生かした料理が楽しめます。さらに、三次の名物であるワニを使った料理も提供しています。

17126103 716892055149200 7337001423831302144 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
chikabecchi

ワニ以外にも、君田産のブランド豚・霧里ポークを使ったメニューもオススメです。こちらの食材を用いた豚まぶしという料理も、食事処「囲炉裏」にあります。営業時間は、11時から14時(ラストオーダー14時)、17時から20時30分(ラストオーダー20時)。土・日・祝日の昼営業時間は15時まで(ラストオーダー14時30分)です。

「喫茶21番館」&食事処「かんのせ」

18161637 1890865701193603 2690520329150791680 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hiro_mi329

軽食ならこちらの2軒へ。「喫茶21番館」では、珈琲から、軽い食事まで楽しめるメニューを用意。営業時間は9時から21時。三次産のそば粉を使ったガレットなども味わえます。続いて紹介する食事処「かんのせ」の営業時間は、11時から17時。君田産の大豆を使った歯ごたえのある豆腐を使った料理を振る舞っています。

君田温泉でお土産をゲットするなら?

君田温泉の入浴の記念となる特産品や温泉グッズ、君田温泉オリジナル神楽グッズなどをお土産としてどうぞ。注目したいのは、わさびのもろみ漬け。君田温泉ができる前から作られ続けているという伝統のある商品です。根わさびではなく、葉わさびから作られたひと品で、冷奴の上に乗せて食べたり、酒のおつまみにしたりして味わってください。

購入できるのは、君田温泉「森の泉」本館のフロント横にある売店。売店の営業時間は8時から20時です。三次だけでなく、広島にゆかりのある商品も並びます。

ちなみに神楽というのは、秋の実りに感謝し、奉納する舞いに神話や伝説を取り入れた民俗芸能です。島根県西部の石見地方から山県郡全域に伝わったものと、石見地方から伝わったものとが北広島町東部で合流し、その地方の民俗芸能として伝承されています。広島には、数多くの神楽団が活動しているので、近くの会場で神楽を見ることもできます。

温泉といえども夏に行くのもアリ!

「温泉は冬に行くもので、暑い夏に行くのはちょっと」と思いがちですが、君田の街には転作田を利用して町中に植えられたひまわり畑を見られるイベント「川とひまわりまつり」が毎年7月下旬に行われています。君田の夏には欠かせない、馴染み深い風景です。カメラ好きな人にはたまらない、写真の撮りごたえがある場所のはずです。

毎年多くの人が圧巻のひまわり畑を見に、君田を訪れています。ひまわり畑を見て楽しみ、その後君田温泉「森の泉」に入浴して疲れを癒し、道の駅 ふぉレスト君田で買い物をするというよくばり日帰りプランが楽しめるので、寒い時期だけでなく、夏に行くのもアリです。

君田温泉・グルメ・アートを楽しもう!

いかがでしたでしょうか?秋頃に行けば霧が、夏に行けばひまわりが楽しめる三次。そんな街にある道の駅 ふぉレスト君田に訪れれば、美人の湯に、地元食材がふんだんに使用された美味しい食事に、アート鑑賞にと1つのスポットであれこれ楽しめます。充実の日帰り旅をしたいなら、ぜひとも道の駅 ふぉレスト君田に足を運んでみてください。

関連記事

1068.thumb
この記事のライター
福山港

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する