地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

マカオ「ベネチアン」はリゾートホテル!レストランで朝食やプールも人気

ザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテルのありえない体験!マカオで人気のリゾートホテルで朝食にプールにレストランに欲張り放題!あなたはどこまで信じられるか?マカオで気分はセレブ。ここまでするかのザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテルの魅力をご紹介。

マカオのリゾートホテルで非日常体験をしよう!見出し

マカオは香港から南西の元ポルトガル植民地。東洋のラスベガスなんてニックネームがあるようにカジノが運営されています。海外のリゾートホテルは日本では考えつかないような規模や内容で滞在を充実させてくれます。そのひとつベネチアンマカオリゾートホテルでは、とんでもない非日常が日常になっています。では順番にそのとんでもないものをチェックしていきたいと思います。

ベネチアン・マカオ・リゾートホテル見出し

さて旅行といえばどこに泊まるかが問題ですよね。せっかくお金を払うんだから、ここはいっそ別世界をのぞいてみましょう。マカオで人気のザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテルはありえないが日常になってしまっているとんでもないホテルなのです。どうとんでもないのか順番にご紹介していきましょう。

ここはベネチア?マカオ?

上の写真を見てこの記事のテーマはマカオのリゾートホテル「ベネチアン」なのになぜベネチアの写真がと思われたでしょう。しかしこれはホテルの一部なのです。水の都ベネチアをテーマにしたこの巨大リゾート・マカオベネチアンはリゾート内にゴンドラまであり、乗れたりしちゃいます。しかもちゃんとゴンドリエーレは歌っちゃってくれます。

ため息のとまらないマカオ「ベネチアン」の内装

外にでなければ、ここはベネチアだと完全に思いこんでしまいそうです。しかもかなり広いです。豪華な内装に見とれてしまいますが、ベネチアンは巨大リゾートホテルです。迷わないようにしっかり着いてきてください。さあ、歩き回っておなかがすきました。次はレストランをチェックです。

マカオ「ベネチアン」流の朝食見出し

朝食に飲茶はいかがですか?IMPERIAL HOUSE DIM SUM(インペリアル ハウス ディムサム)は飲茶がいただける中華レストランです。朝8時から11時までは朝食にお粥も食べれるチャイニーズブレックファーストを提供しているので、前日に飲みすぎてしまったり、ごちそうを食べて疲れた胃にやさしく届きます。香港スタイルのミルクティーもおすすめです。

気軽にいつでも朝食を楽しめるCAFE DECO 見出し

もっと気軽に朝食を楽しみたい、時間を気にせず朝食を楽しみたいというかたにCAFE DECOはいかがでしょうか?インターナショナルレストランのCAFE DECOは24時間営業で、最大2500席という想像を超えたスペースで朝食にピザから鉄板焼きまであらゆるものを堪能してみませんか?

マカオ「ベネチアン」ならやっぱりイタリア料理?見出し

朝寝坊して朝食を逃してしまったなんて方もご心配なく朝11時からあいているこのイタリアンレストランPORTOFINOではしっかりしたボリュームの食事ができます。新鮮なシーフード、熱々のピザをみんなで分けてたべるのもよし。広々としたパティオでプールをみながら食事もできます。

シーフードタワーです。かなり盛ってますね。もちろん全部食べますよ、ワインも飲みつくしちゃいましょう。おいしいシーフードのエキスが口いっぱいにかみ締めるほど広がり、それをこぼさないようにワインをゴクリ。おいしさのハーモニーが広がります。

マカオ「ベネチアン」でポルトガル!見出し

MADEIRA PORTUGUESE RESTAURANTはポルトガル料理では提供しています。元ポルトガルの植民地だったからにはやはりありました。漫画でバカリャウという鱈の塩漬けを使ったコロッケをみてから気になっていましたが、まさかマカオでめぐり会えるとは。ほかにもあさりのワイン蒸しや肉料理もあります。ベネチアンホテルで人気のポルトガル料理未経験の方は試してみる価値ありです。

まぶしいレストラン見出し

最後にご紹介するレストランはインド料理のレストランです。2017年にも香港ミシュランガイドの星を勝ち取ったこのレストランは名前のGOLDEN PEACOCK(ゴールデン ピーコック)のように色とりどりに美しく飾られています。お店の壁にもあちらこちらに孔雀のモチーフに囲まれてすばらしい料理を堪能してみませんか。レストランの装飾にも負けない色あざやかな料理の数々をお楽しみください。

エッグタルトはおやつに入りますか?見出し

午後に小腹が空いたときのために、Lord Stow's Bakeryのエッグタルトもチェックしておきましょう。サクサクパイ生地に囲まれた甘さ控えめのカスタードクリーム。マカオで食べるおやつにこれははずせないでしょう。コーヒーにもお茶にもとてもあいます。

VENETIAN POOLS(ベネチアン プール)見出し

マカオ・ベネチアンホテルにはリゾートホテル特有の豪華なプール4つもがあります。アダルト専用のムラーノプールもあるので、家族連れを気にすることなくゆったりとくつろげます。もちろん子供たちはメインプールで心置きなく水遊びができます。映画でみたようなカバナをレンタルすればでプールサイドでセレブ気分です。

プールサイドの木陰にねそべってよく冷えたビールを流し込んで(しかもこんな昼間から)ゆったり過ごす。極楽です。何も考えずにゆったりするもよし、夜はどんなご褒美めしにしようか考えるもよし、普段読めなかった本を読むもよし、過ごし方は人それぞれです。ゆったり心と体を休ませましょう。

850以上もの免税店をショッピング見出し

海外のショッピングモールがどれくらい大きいのかときどき聞きますが、免税店が850店以上なんて想像を超えてしまいます。まったくもって買い物好きには天国です。日本でも人気のブランドがあちらにもこちらにもあります。女性の方にはヴィクトリアシークレットもオープンしたので、目が離せないセクシーでゴージャスなランジェリーをチェックしてみましょう。

日本人にも人気の一流ブランドの数々のお店がいたるところにあります。雨でも屋内のショッピングモールであれば天候なんて気にせずにたのしめてしまいますね。しかしどこまで続くのでしょうこのショッピングモール。一日で回るのは不可能に近いようです。

フードコートさえもマカオ「ベネチアン」スタイル

レストラン以外にも気軽に食べれるフードコートがあります。ショッピングで歩きまわって疲れておなかがすいたらここでエネルギーを補給。ベネチア風の建物に自然とすっぽり納まっているインターナショナルなフードコート、種類もマカオですから、見たこともないメニューがたくさんありますよ。買い物はまだまだ続きます。

あれ、ユニクロを発見しました。最近ユニクロは北米での進出もがんばっていますが、日本で取り扱っている商品とは少し違うんでしょうか?ぜひご自身の目で確認してみてください。マカオ限定の品物があったら受け狙いでお土産に買ってしまうのもありかも?

マカオ「ベネチアン」は客室全室がスイート見出し

忘れていけないのがメインの客室です。ベネチアンホテルは客室3000室全てスイートというとんでもないホテルです。働いている人も合わせたらひとつの都市ですね。ハンディキャップ対応の部屋もあります。家族用のスイートには、子供用にはパパとママから別のスペースに2段ベッドやゲーム、おもちゃが用意されています。人気のお部屋は早めに予約してプロモーションなどを利用して泊まりたいものです。

娯楽も豊富!マカオ「ベネチアン」見出し

人気のエンターテイメントショーのチケットはすぐに売り切れてしまいます、あらかじめチェックできるものはチェックして、チケットを早めに購入しておきましょう。エンターテイメントショー以外にもストリートパフォーマーがいたり、カルテット演奏やピアノのソロも楽しめます。

それでも気になるカジノ見出し

リゾートホテルのプールサイドでストレスにさようならして、お腹を甘やかし、買い物しまくり、娯楽に心を躍らせたのはいいけれど、何か忘れている気がしませんか?そう、ここはマカオです!東洋のラスベガスなのです。中には香港から日帰りで来ているお金持ちもいるはずです。どんな人たちがプレイしているのか気になります。

東京ドームより大きなフロア面積を持つカジノ内を歩くだけでもいい運動です。どんだけ広いんでしょうこのホテル…。スロットはアジア人受けするようにカワイイキャラクターが使われていたりしますが、やはりギャンブルなので、楽しむときは負けても惜しくない金額の範囲で楽しむのが妥当かなと思います。

今度のバカンスはマカオへ行こう!見出し

いかがでしたか?たくさんの旅行会社が3から4日間のツアーを催行しています。東京からマカオまでは飛行機直行便で約4時間半ほど、比較的短い旅行時間で普段と全く違った世界にいけます。マカオなら社会人の方も数日有給を取るだけでいけるので行きやすいと思います。時差も日本と1時間しか違わす、時差ボケにそんなに悩まされません。ぜひ今度のバカンスはマカオ「ベネチアン」へどうぞ!

投稿日: 2017年6月7日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote