地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ロックアイランド観光!パラオの世界遺産でミルキーウェイが人気!

パラオの「南ラグーンとロックアイランド」が、2012年に世界遺産として登録されました。パラオは昔からダイバーの聖地とも云われるほど透明度も高く魚影が濃いことで有名です。日本統治時代にはパラオ松島と言われたほど美しい世界遺産のロックアイランドをご紹介します。

パラオの世界遺産はロックアイランドがおすすめ見出し

パラオにある世界遺産のロックアイランドは、マッシュルームのような形をした小島が、あちらこちらに点在しています。そのマッシュルームのような形をしたロックアイランドは、熱帯雨林らしく、新緑の色がターコイズブルーの海と絶妙なバランスをたもっています。そんなパラオの世界遺産、ロックアイランドのおすすめ観光スポットをご紹介します。

パラオのロックアイランドの場所見出し

世界遺産であるロックアイランドは、大小200個から300個の島々から成り立っていて、パラオ共和国のコロール島からペリリュー島の間にあります。お菓子のきのこの山のような形をして、とてもキュートな形です。真っ青な空に新緑の色がとても映えてます。ロックアイランドは、大昔のサンゴ礁が隆起した石灰岩からできていて、そのほとんどが無人島になります。

世界遺産であるロックアイランドがあるこの場所は、ダイビングツアーやアイランドホッピングツアーのときは、必ずといっていいほど通る場所になっており、メジャースポットでもあります。大小様々なロックアイランドがツアー客を出迎えます。ツアー客は、マッシュルーム型の可愛いロックアイランドとターコイズブルーの海の美しさに、必ず心奪われてしまうほどです。

パラオのロックアイランドがおすすめな理由見出し

パラオの世界遺産であるロックアイランドは、ダイビングツアーやシュノーケリングツアー、アイランドホッピングで目的に合った島をチョイスできます。ロックアイランドも島によっても色々と表情が変わるので、ツアー客を飽きさせることはありません。毎日、どこか違う場所にツアーも開催されます。ツアーに行く途中に水面に目をると、場所によっては、マンタに遭遇することもあります。

ロックアイランドが世界遺産に登録された理由は、ロックアイランドの洞窟に古代の絵などが発見され、今は無人島のロックアイランドも、人が生活を営んでいたことがわかるものが存在するためです。そう思って、ロックアイランドを改めてみると、古代の浪漫を感じられるのではないでしょうか。パラオの古代には、文字もなかったので、文献も残っておらず、それがまたミステリーで魅力的ですね。

ロックアイランドのおすすめスポット:ガルメアウス島見出し

ロックアイランドのガルメアウス島は、アイランドホッピングやシュノーケリングツアーで多くの人は、訪れることでしょう。ロックアイランドの中でもビーチの美しさはナンバーワンと言ってもいいでしょう。ボートの船底の影が水底に映り込むほど海の透明度が高いです。お昼頃になると、近くのダイビングスポットでダイビングを終えたダイバーがランチを取る場所でもあります。トイレや小屋などもある島です。

ガルメアウス島の真正面には、イノキアイランドがあります。えっと思われる方もいるかもしれませんが、あのアントニオ猪木さん所縁(名誉オーナー)の島になります。このガルメアウス島のビーチは、遠浅なのでお子様連れのご家族でも安心して、海遊びを楽しむことができます。透明度も良いので、シュノーケルでもウミガメに遭遇することも良くある海です。

ロックアイランドのおすすめスポット:ロングビーチ見出し

このロックアイランドでも有名なビーチがあります。それが、ロングビーチです。どこかで見たような記憶はないでしょうか。数多くのテレビCMが撮影される場所でもあるんですね。このロングビーチは、常にあるわけではなく、潮の満ち引きによっても景観が変わります。干潮のときに訪れれば、アーチのようなビーチが現れます。

ただ、干潮の時間帯でなくても海の美しさに誰もが心奪われるのが、ここロングビーチです。真っ青な空とエメラルドグリーンの美しい海のコラボレーションをお楽しみください。ロックアイランドでツアーには必ずあるはずですので、ぜひ、参加してロングビーチの美しさを体感してください。

ロックアイランドのおすすめスポット:ミルキーウェイ見出し

パラオの海は、ターコイズブルーの透明度の高い海で有名ですが、ここミルキーウェイと呼ばれる入江だけは、その名の通り、乳白色のまさにミルキーウェイなんです。お風呂にバスマジックリンを入れたかのような色合いは、パラオの海の透明度からすると、とても不思議な感じです。

このミルキーウェイは、ただ、乳白色の海ということで終わりではありません。実は、この乳白色の色の正体は、海に溶け込んだ石灰岩が溶け出して海底に泥となり沈殿しているためなんです。実は、この泥には美白効果があるということで、ここミルキーウェイでは誰もが泥パックをしていきます。あなたもミルキーウェイで泥パックはお忘れなく。

ロックアイランドのおすすめスポット:サウザンラグーン見出し

ロックアイランドとセットで世界遺産の複合遺産として登録されているサウザンラグーンの航空写真は、パラオを紹介する旅行パンフレットに良く使われていますね。とても美しいラグーンが印象的です。ロックアイランドの深緑とターコイズブルーの海、サンゴ礁の白の調和がとても素晴らしいです。

日本統治時代に、パラオ松島と言われたのがわかるロックアイランドの美しさですね。このサウザンラグーンをドローン撮影したら、どんなに美しいことでしょう。みなさんもぜひ、このロックアイランド群とサウザンラグーンをその目で見ていただき、感動を味わってみてはいかがでしょうか。

ロックアイランドのおすすめスポット:ウーロン島見出し

このウーロン島は、エメラルドグリーンから、ターコイズブルーに徐々に色が変わる海を楽しんで頂ける海です。その海のグラデーションは、ここパラオでしか味わえない美しさです。徐々に深くなる場所ですので、シュノーケリングをするのに適した海になります。

このウーロン島は、ダイビングスポットであるウーロンチャネルやシアスコーナーからも近いため、ランチをするためにこのウーロン島に上陸することもあります。ダイバーもランチを食べた後は、このウーロン島でシュノーケルを楽しむことが多いです。

ロックアイランドのおすすめスポット:ジェリーフィッシュレイク見出し

ジェリーフィッシュレイクは、海水と淡水が混ざった汽水湖になります。この湖にいるクラゲはタコクラゲで天敵がいないせいか毒性がないクラゲです。そのため、人を刺すこともないため、安心してシュノーケルを楽しむことができます。ただ、昨年のエルニーニョ現象のために、ほとんど死滅してしまっているようです。

ジェリーフィッシュレイクの復活を、多くの人が熱望しています。このクラゲたちと泳ぐととても幻想的で非日常を体感することができます。かつては、小さな子供から大きいものまで数百万というクラゲが泳いでいました。このようにクラゲと泳げる湖は、パラオのジェリーフィッシュレイク以外には聞いたことがありません。

パラオのロックアイランドツアーで注意すべきこと見出し

パラオのロックアイランドでアクティビティを楽しむ際に、注意すべき事項についてお話ししておきます。シュノーケリングを楽しむ際にも、アウターリーフにあまり出ていかないように注意する必要があります。アウターリーフは、潮の流れも速いことも多いので、注意が必要です。ビーチからあまり離れないように注意してください。

ロックアイランドツアーでは、スピードボートを多用しています。そのため、波でボートがよく跳ねるので、必ずライフジャケットは着用しましょう。また、船酔いしやすい方は、ボートの先端より後方のほうが酔いにくいので、覚えておきましょう。

世界遺産ロックアイランドのおすすめツアー見出し

ロックアイランドツアーでは、様々なツアーが主催されています。シュノーケリングツアー、アイランドホッピングツアー、カヤックツアー、体験ダイビングツアー、ファンダイブツアー、フィッシングなど本当にたくさんのアクティビティを楽しむことができます。どのアクティビティもこの美しい海とロックアイランドで楽しめば、良い想い出になることは間違いありません。

その中でもやはりセスナ機でのロックアイランド群とサウザンラグーンを遊覧して、上空から見てみたいものです。おそらく、ロックアイランド群とサウザンラグーンと海、そして空との絶妙なコラボレーションは、セスナ機で上空から一番体感できます。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

ロックアイランドのミルキーウェイで泥パックがおすすめ見出し

パラオのロックアイランドは、様々なアクティビティがありツアー客を飽きさせることはありません。中でもご紹介したミルキーウェイでの泥パックは、老若男女すべての方に体感してみて下さい。お肌がよりツルツルになって、帰国なんてこともあるかもしれません。この情報を活かしていただき、楽しいパラオ旅行にしてくださいね。


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote