地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

コロンビアの治安・物価は?観光で危険な場所と注意すること!

コーヒー生産地として有名なコロンビアは昨今の世界的なコーヒーブームにより景気が上向きになりつつあります。しかしながら治安の不安定さはいまだ解決されていません。そこでコロンビア観光の際に気を付けたいことや治安についてご紹介いたします。

コロンビアはどんな国?見出し

南米北部に位置するコロンビア、この国には歴史的な遺産や、素晴らしい自然を体験できる場所が多くあります。ファンが多く何度も訪れる方がいるほど、魅惑的な国といえるでしょう。しかしながら観光には危険も隣り合わせになってしまいます。スリなどの軽犯罪だけでなく強盗や、銃を使った命にかかわる事件もあるので注意が十分に必要です。そこで注意が必要な観光地とコロンビアの物価についてもご紹介いたします。

コロンビアの物価水準は?見出し

食費を抑えるには最適な国

早速コロンビアの物価についてご紹介します。通貨はコロンビアペソ(以下:COP)で、1円当たり約33COP(2017年8月時点)となっています。そして、基本的な生活費は日本の半分から3分の2程度と言われています。コーヒー1杯は約3000COPで100円弱計算ですね。とりわけ食費についても安くあげられるものが多くありそうなので、貧乏旅行には向いているといえるでしょう。

またコロンビアの宿泊事情ですが、シングルやツインルームの場合だとだいたい6000円程度と考えればまず間違いありません。それより安いシングルルームもありますが清潔感に劣るケースがほとんどです。さらに安上がりで済ませたい場合はドミトリーで1000円以下のベッドを見つけることも可能です。しかしながら治安に不安のある方にはおすすめできません。特に女性の場合危険なケースもあるようです。十分注意しましょう。

メデジン(コロンビア)観光!治安は大丈夫?カラフルな街で楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
メデジン(コロンビア)観光!治安は大丈夫?カラフルな街で楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
コロンビアの都市「メデジン」のおすすめ観光スポットをご紹介!近年、革新的な進化を遂げたコロンビアの大都市であるメデジンは年々、観光地化が進み魅力的な観光スポットが満載の都市になってきました。心配されていた治安の様子なども含めてメデジンの観光情報をお届けします。

コロンビアの治安で注意すること見出し

郊外の治安に注意が必要

コロンビアの治安において注意すること、それは何より危険なことを避けることに他なりません。当たり前のことですが無意識に夜に出歩いたり、一人で裏道に入ることはおすすめできません。首都のボゴダは発展都市で中心地は女性一人でも歩けますが、安宿の多い郊外は危険なエリアがあるとのことです。どの都市でも、郊外での行動に注意すべきでしょう。

また、コロンビアの各観光地でも注意すべき点は多くあります。コロンビアに限ったことではないですが、外国人観光客が多く集まる場所には、銃犯罪は少ないですが詐欺やスリ、あとは高い金額の請求をされることが比較的多いようです。コロンビア人は素敵な方が多いですが、どの国でもこの手の事件は絶えないようです。窃盗や詐欺にはくれぐれも注意しましょう。

コロンビア観光治安注意スポットその1:シバキラ塩の大聖堂見出し

ボゴダから日帰り可能のシバキラ塩の大聖堂

それではここから、コロンビアの観光注意スポットをいくつかご紹介します。特にメイン都市の7つをご紹介します。1つ目は「シバキラ塩の大聖堂」です。こちらのスポットはコロンビアの首都ボゴダから車でだいたい1時間ほどの距離に位置しています。シバキラという都市の中にある、塩でできた大聖堂が観光スポットとなっています。

このスポットでの注意点は大きく2点あります。まず1つ目は観光場所周辺でのスリや詐欺です。軽々しく近づいてくる子供や女性、そして老人たちには要注意です。2つ目に、ボゴダから乗る車についてです。ツアーならまだ安心できるかと思いますが、自ら手配した乗り合いバスや、ハイヤー、タクシーには注意が必要です。あらかじめ金額を交渉したうえでこの観光地へ向かいましょう。

コロンビア観光治安注意スポットその2:メデジン見出し

多くの観光客が集まるメデジン

コロンビアの観光注意スポット、2つ目はメデジンです。スペイン語表記でMedellin、メデリンと読みがちなので覚えておきましょう。この街の近くには、ラグーンの景色を一望できる登山コースがあり、その景色があ非常に魅力だと話題になっています。コロンビアへの旅行コースでは大きな観光スポットの1つで、外国人観光客が多く行きかっています。

そしてこの町周辺で観光するときの注意点はまず、疲労です。登山やハイキングなどアウトドアの観光が盛んなこの街では観光後にうっかり気を抜いているときにスリにあってしまう方が後を絶えないようです。また、登山中の現地の方々にも軽く注意を払っておいたほうがよいでしょう。女性も狙われやすいようです。

コロンビア観光治安注意スポットその3:マニサレス見出し

首都近郊に位置するマニサレス

コロンビアの観光注意スポット、3つ目は「マニサレス」です。こちらの街は先ほどのメデジンよりも南、そして首都ボゴダの西部に位置しています。比較的大きな町なので宿や買い物、そして教育機関も多くある町として知られています。

この街でまず注意して頂きたいのが、コーヒー農園が多く、一見穏やかな都市だということです。活気はボゴダほどありませんが住宅街が点在し、公園やスーパーも多くあります。そこまで危険なように感じませんから油断しやすい場所という声もあるみたいです。また近隣の学生によるイタズラや窃盗も年に数件あるのでそちらも頭の片隅にいれておきましょう。

コロンビア観光治安注意スポットその4:ククタ見出し

国境地点の治安に注意が必要なククタ

コロンビアの観光注意スポット、4つ目は「ククタ」です。こちらの街はボゴダからずっと北東に位置しています。ベネズエラとの国境の街として知られていて、バスで国境越えをする旅行者も少なくないようです。市内には公園やショッピングモール等があり、しっかりとした地方都市の役割を果たしているような、そんな街です。ベネズエラに向かう方はチェックしておくべき街でしょう。

さてこの一見穏やかそうなこの街ですが、中心街を離れると人の気配はほとんどなくなる地区もあり、そういった場所ではより一層注意が必要です。治安の良さそうな街ですが危険対策はしっかりして、女性の一人散策はできる限り避けましょう。また国境沿いの街なので国をまたいだトラブルや詐欺もあるので注意しましょう。

コロンビア観光治安注意スポットその5:カルタヘナ見出し

昼間の治安は安定しているカルタヘナ

コロンビアの観光注意スポット、5つ目は「カルタヘナ」です。この街はコロンビアでも最北端の街の一つで、カリブ海に面したリゾート地域にもなっています。またパナマから入国した方は陸路でこの街に来て旅の骨休みをすることもあるようです。素敵な海の景色はおすすめ観光スポットの1つとして知られています。

この街は昼間も夜も素敵な景色が見ることができるおすすめの街ですが、その反面危険な地区もあるので治安にはやはり注意が必要です。海が近いので夜の散策に出かけることもあると思いますが、特に女性は1人で行動するのはおすすめできません。警察が夜にしまることが多いので夜の治安は特に注意が必要です。

カルタヘナ!コロンビアで一番と言われる美しい街!見どころをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
カルタヘナ!コロンビアで一番と言われる美しい街!見どころをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
カリブ海の青い海と空、そしてラテンの情熱に彩られた、コロンビアで一番美しいといわれる街カルタヘナ。この街には不思議な魅力がありそこを訪れる人々を虜にしてやみません。またカルタヘナは南米の歴史が詰まった場所ともいえます。そんなカルタヘナの見どころをご紹介します。

コロンビア観光治安注意スポットその6:サンタマルタ見出し

第2のリゾートサンタマルタ

コロンビアの観光注意スポット、6つ目は「サンタマルタ」です。先ほどのカルタヘナよりもやや東に位置するこの街もカリブ海に面したリゾート地の1つとして有名な街です。この街は物価も比較的安く、リゾートホテルでも1泊10000円を切ることがざらにあるようです。西にはシエラネヴァダ山地が広がり、海と山が近くにある魅力ある、物価安めの街といえるでしょう。

白が基調の建物が並ぶこの街も比較的穏やかな印象がありますが、もちろん治安には注意が必要です。物価が安いということは市民の生活水準もコロンビア内では低めということです。現金を軽々しく多く持ち歩くことは避けましょう。またシエラネヴァダには先住民族もいるのでこの土地特有のトラブルもあるようです。物価の安さはうりですが、女性を始め注意が必要な街の1つです。

コロンビア観光治安注意スポットその7:ボゴダ見出し

治安は比較的安定しているボゴダ

コロンビアの観光注意スポット、最後の7つ目は首都のボゴダです。首都ということで中心地は非常に活気のある雰囲気です。新市街はオフィスビルやショッピング街が点在し、何をするにも不便なく生活をすることがないでしょう。物価も地方に比べて高めで宿泊や交通機関の価格もやや高めと見ておいたほうが無難です。最近では世界のコーヒーの祭典もこの街で行われ、世界的にみても非常に注目度の高い街となっています。

新市街はおしゃれなカフェやホテルが立ち並ぶ一方で、旧市街や郊外は、人口が多い分危険区域が多くなります。治安もエリアによって全く異なるので散策する前に必ず現地の情報を集めることをおすすめします。旅行者が立ち入るには危険すぎるスラム街のような場所もいまだに残ってるようです。また、中心地でも駅やバスターミナル、そして銀行周辺などはスリの危険が高くなるので注意しましょう。

治安に注意して素敵なコロンビア旅行を!見出し

コロンビアの治安や物価、危険な注意点に焦点を当てて観光地を紹介いたしました。女性一人旅でもよく取り上げられるコロンビアですがくれぐれも夜の女性の一人行動は注意してください。しかし、要点を押さえておけばとっても楽しい旅ができるのがコロンビアの魅力の1つです。是非1度計画を立てて素敵なコロンビア旅行をしてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

投稿日: 2017年8月29日最終更新日: 2020年10月7日

  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote