母島への観光はここ!おすすめスポット・宿泊先の宿を紹介!アクセスも!

2017年6月13日 (2020年9月6日最終更新)

世界自然遺産の小笠原諸島のひとつである母島。「おがさわら丸」が発着する父島から、さらに南へ50キロのところにあります。父島より規模が小さい島ですが、母島でしか観光できないものや、体験できないことがあります。今回母島の観光情報を中心にご紹介します。

目次

  1. 母島ってどんなところ?
  2. 母島へのアクセス
  3. 1.母島の観光スポット
  4. 2.母島の観光スポット
  5. 3.母島の観光スポット
  6. 4.母島の観光スポット
  7. 5.母島の観光スポット
  8. 6.母島の観光スポット
  9. 7.母島の観光スポット
  10. 8.母島の観光スポット
  11. 8.母島の観光スポット
  12. 9.母島の観光スポット
  13. 10.母島の観光スポット
  14. 母島に宿泊!どんな施設があるの?
  15. ディープな小笠原母島へ行ってみませんか?

母島ってどんなところ?

19227989 1928269210790247 6762083964946481152 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
co21022

小笠原諸島は、一度も陸と繋がったことがないため、独自の生態系が残されています。母島は、そんな小笠原諸島のうちのひとつの島です。小笠原諸島は、父島と母島にしか人は住んでいません。母島は規模が小さいですが、そのぶん、小笠原の自然が色濃く残されています。初心者は父島へ、小笠原のエキスパートは母島へと言われています。そんな母島のおすすめ観光スポットや宿泊先、アクセスについてご紹介します。

母島へのアクセス

18251451 1909883799270089 6664678805367422976 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
inako.175

まず母島へのアクセスをご紹介します。小笠原諸島には空港がありません。母島を含め、船でのみ上陸が可能です。母島へのアクセスは、まず竹芝(東京)から発着している「おがさわら丸」に乗り、25時間かけて父島へ。そして、父島の二見港から「ははじま丸」にのり約2時間で母島に到着です。島は野宿禁止なので、宿の予約も忘れずに。

1.母島の観光スポット

母島観光協会

13150758 1740063182899902 1191564631 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
umet.kent

観光スポットそのものではありませんが、母島に到着したらまず立ち寄ってみてください。母島観光のすべての情報をここで知ることができます。場所は、「ははじま丸」で母島に到着したらすぐの船客待合所にあります。ガイドマップが配布されているほか、海や山のガイドツアーや、タクシー、宿泊先などを紹介してもらえます。

2.母島の観光スポット

メグロ

19051042 1819732421678381 2552259585226309632 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
koge41

メグロという鳥をご紹介します。メグロは母島でしか見ることのできない鳥です。天然記念物に指定されており、絶滅危惧種でもあります。メジロよりもひとまわり大きく、目の周りが黒くなっているのが特徴です。森林でよく見られますが、集落でも見ることができます。母島では比較的見つけやすい鳥ですが、ネイチャーツアーなどに申し込んでガイドを受けながら観察するのもおすすめです。

3.母島の観光スポット

ロース記念館

母島の歴史を知るならロース記念館へ。母島特産のロース石という石で建てられています。ロース石は、母島を開拓したドイツ人ロルフスが発見した石です。戦前に使われていた民具や漁具、製糖機器等などが展示されています。大正時代に、砂糖を保管する倉庫として使われていた建物ですが、のちに農業協同組合や郵便局として利用されました。

4.母島の観光スポット

乳房山

17333726 1286861408069664 1323009691361476608 n
radands_2126

乳房山は、母島でもっともおすすめのスポットです。標高463mの山で、父島母島両方合わせたなかでも一番高い山です。先述したメグロや、母島固有植物に出会うならもっともおすすめの場所です。アクセスは、母島観光案内所から徒歩10分。遊歩道が整備されており、一周約4時間で歩くことができます。頂上から見た景色は絶景です。

遊歩道の入口は2つありますが、おすすめは時計回りに周るコースです。遊歩道といっても、トレッキングシューズなどの滑りにくく歩きやすい靴で登ってください。固有植物のハハジマノボタン、ワダンノキはぜひ見ておきたいですね。乳房山の登山証明書は、母島観光案内所で発行されています。登頂前に申し込んでください。

5.母島の観光スポット

小富士

16789047 148762725639393 1265925104936681472 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mimocy

母島の小富士は、日本で一番南にある故郷富士です。日本で一番早い初日の出を見ることができるので、これを目当てに登山するかたもいるほど。頂上を登りきると360度パノラマの絶景が広がっています。眼下に広がる南崎の景色は、思わず息を飲む美しさです。小富士も母島観光案内所で登山証明書を発行してもらえるので、事前の申し込みを忘れずに。

小富士へのアクセスを紹介します。南崎車やバイクなどで都道の最南端まで行くと、そこから先が南崎遊歩道という遊歩道になっています。40分ほど歩くと、小富士と南崎への分岐を示す標識があります。そこから20分程度で小富士に到着します。途中にはスリバチ展望台などの見どころもいくつかあるので、要チェックです。

6.母島の観光スポット

蓬莱根海岸

19122153 449390155426082 3503968159847677952 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
inako.175

蓬莱根海岸は、母島でもっとも美しい海岸です。しかし蓬莱根には、簡単にアクセスできません。蓬莱根は、干潮時のみ、陸とつながるのです。蓬莱根へは、南崎遊歩道からアクセスします。標識の指し示す方向へ進むと、美しい海岸へ到着します。しかしこの海岸が蓬莱根ではありません。大潮の干潮時のみ磯がつながり、その磯伝いに歩いて行かなければなりません。

この蓬莱根へとつながった磯の部分は、大変足場が悪く、一歩間違えると海に落ちてしまいそうになります。濡れても平気な格好で行くか、船を出してくれるツアーに申し込むのも手です。泳ぎが得意なかたは、シュノーケリングをしながら泳いで蓬莱根に行くのもおすすめです!

7.母島の観光スポット

脇浜なぎさ公園

17662423 1261313840631182 2613326229104754688 n.jpg? nc ht=instagram.fsin2 1.fna.fbcdn
kco_ka

脇浜なぎさ公園は、ははじま丸が入港する港のすぐ隣にある無料の公園です。人口の砂浜とトイレとシャワーがあるので、海水浴に最適です。また、ウミガメの産卵スペースがあるので、産卵の時期である5月から7月と、孵化の時期の7月から9月にはウミガメの卵の観察ができる貴重な場所となっています。浜の奥にある鮫ヶ崎展望台からは、ザトウクジラがみえることも。

8.母島の観光スポット

石門

石門は、母島固有の動植物がのこる重要性の高いエリアです。動植物が好きなかたにはおすすめのスポットです。石門は東京都認定のガイドを同行しなければ行くことができません!また、長時間歩くため、体力に自信のある人向けです。石門は、石灰石特有の凹凸のある地形が特徴で、地下には鍾乳洞もあります。ここ母島の石門にしか生えていない木などが見られます。

8.母島の観光スポット

清見が岡鍾乳洞

清見が岡鍾乳洞は、ははじま丸の待合所の近くにある小規模の鍾乳洞です。母島では唯一見学できる鍾乳洞です。入口に鍵がかかっているので、観光案内所で鍵を借りて無料で見学することができます。念のため、ヘルメットも無料で貸出してくれます。5分程度で見終わるので、時間があるときにちょっと寄ってみるのもよいかもしれません。

9.母島の観光スポット

サンセットシアター

サンセットシアターは、素晴らしい夕日を眺めることができるスポットです。場所は、静沢の森遊歩道の入口周辺です。集落からも遠くなく、徒歩でアクセスが可能です。太陽が水平線に沈む瞬間に緑色に光る「グリーンフラッシュ現象」を見ることができるかもしれません。

10.母島の観光スポット

北港

14676583 597961113724499 5504050772221886464 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
inako.175

北港は、母島の北にある入江です。戦前にはここにも集落があり、東京からの船がきていました。今では地元のかたの海水浴場となっています。休憩するスポットがあるので、のんびりと海を眺めたくなったらここを訪れてみるとよいかもしれません。アオウミガメが泳いでいる姿を見ることもできます。

母島に宿泊!どんな施設があるの?

ナンプー

18300289 432207417153457 5036577477934186496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mikiki94

「ナンプー」は全個室タイプの宿泊施設です。母島に13ある宿泊施設のうち、スイートルームがあるのはここだけ。特別なご旅行のさいにはぜひ抑えておきたいお部屋です。新刊と民宿があります。新館は、全室ユニットバス付き。民宿は、バストイレは共同ですが、その分お風呂もベッドも広いので、ゆったりと過ごすことができます。

11909099 453198644881858 315368064 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hanamura_hiroyuki

朝晩食事付きです。飲食店が少ない母島ですが、併設されたレストラン「アウストロ」で食事をとることができます。朝食は洋食か和食のどちらかを選択することができます。夕食は小笠原の果物や野菜、魚介類を使った料理が必ず1品は出るようになっています。新館の1階には売店があり、小笠原のお土産を買うことができます。

民宿つき&ペンションドルフィン

13392785 1748373795376979 484799622 n
immd_hm

ジャック・マイヨールが宿泊したことがある「民宿つき&ペンションドルフィン」。リーズナブルですが清潔感があり人気があります。民宿はフローリングと畳のお部屋です。ペンションは、白い外観が可愛らしい印象。1室のみバストイレ付きの部屋があります。ご希望の場合はお早めに。

クラフトインラメーフ

11313498 377137079155461 1535785255 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hideyasu_zms

開業以来、一貫してロハスにこだわっているのが特徴的な宿泊施設です。お部屋の中や床下に炭が敷かれており、空気を浄化し、癒しの効果があります。朝夕食事付きで、様々なタイプのお部屋が用意されています。和室、洋室はもちろんのこと、ロフト付きや離れタイプのお部屋もあり、人数や旅の目的に合わせてお部屋を選ぶことができます。

朝夕2食の食事付きです。こちらの宿泊施設も、小笠原の伝統料理や母島の食材を使ったお料理を出しています。なかには、亀の刺身などの一風変わった料理も…。なかなか物資が手に入りにくい離島であるにもかかわらず、飽きがこないよう工夫して調理されているので、満足度は高いようです。

ディープな小笠原母島へ行ってみませんか?

21373044 1186341381509781 7307188698620100608 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kosekoshi_papa

母島のおすすめ観光スポットと、宿泊施設についてご紹介しました。母島は父島よりもディープな島だということが伝わりましたでしょうか。小笠原と聞くと海がメインという印象ですが、母島は森のアクティビティが豊富です。小笠原慣れしてきたかたも、小笠原初心者のかたも、もっと足をのばして母島へ訪れてみてはいかがですか?

もっと小笠原の情報を知りたいアナタヘ!

Original小笠原諸島へ旅行に行こう!観光スポットやおすすめホテルを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
島国である日本には、様々な場所に離島があり、中には観光地として愛されている離島も多くあります...

関連記事

関連するキーワード

803.thumb
この記事のライター
Kate
2児の子育てに奮闘中。趣味は旅行とまち歩きです。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する