杜甫草堂は成都の市街地公園!アクセスは?おすすめスポットで歴史散歩!

2017年6月26日 (2020年9月6日最終更新)

中国成都には、杜甫が住居としていた「杜甫草堂」が有ります。現在では、杜甫の暮らした家や親しんだ庭園と共に、市民や観光客に愛される市街地の自然豊かな公園となっています。そんな「杜甫草堂」のアクセスや、見どころ等を詳しくご紹介して行きたいと思います。

目次

  1. 「杜甫草堂」って?
  2. 「杜甫草堂」へのアクセス
  3. 「杜甫草堂」入場料&詳細
  4. 「杜甫草堂」杜甫が暮らした旧居
  5. 「杜甫草堂」の見所:1
  6. 「杜甫草堂」の見所:2
  7. 「杜甫草堂」の見所:3
  8. 「杜甫草堂」の見所:4
  9. 「杜甫草堂」の見所:5
  10. 「杜甫草堂」博物館
  11. 「杜甫草堂」周辺ランチ処
  12. 「杜甫草堂」へ行こう

「杜甫草堂」って?

中国成都には、杜甫が4年間暮らした旧居がある「杜甫草堂」があります。市街地で有りながら、静寂を感じさせる庭園と中国文化の歴史が学べる魅力のおすすめ観光スポットです。どの様に魅力があるのか、これからご紹介して行きたいと思います。アクセスや周辺のお勧めランチ処も二軒、ご紹介致しますので楽しみにして下さいね。

「杜甫草堂」へのアクセス

「杜甫草堂」へのアクセスは、地下鉄「中医大省医院駅」で下車し、徒歩で30分位歩きます。A 出口から西へ向かってしばらく歩き、中国銀行の所を左折し青華路まで来たら右折、すると直ぐに「杜甫草堂」が見えます。歩くのがちょっと大変と思われる方は、駅からタクシーでアクセスされると良いと思います。

「杜甫草堂」入場料&詳細

「杜甫草堂」の営業時間は、午前8時から午後6時30分(冬季)、午前7時30分から午後7時(夏季)となっています。年中無休で、大人の入場料金は60元です。事前の予約は必要ありません。成都では、定番の人気観光スポットとなっています。

住所:中国成都青羊区青华路37号
電話番号:+86-28-8665-4780

「杜甫草堂」杜甫が暮らした旧居

旧居前の門

17495306 1169226109869519 6263148102480297984 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
crazyfanfanfan

杜甫は中国を代表する詩人で、我々日本人も歴史の時間に勉強して名前は知っている有名な人物ですね。中国では詩を書く人の最高の位、「詩聖」と呼ばれた人物です。杜甫は様々な苦難に遭った様ですが、4年間この「杜甫草堂」に住居を構え暮らしていました。杜甫の旧居の前に在る草葺の門は、特に週末などは人が絶える事の無い撮影スポットになっている様です。

旧居

草葺の門を入ると杜甫の旧居が在ります。旧居の中も見学出来る様になっているので、杜甫が暮らした頃に思いを馳せて歴史を感じながら見るのも良いと思います。自然豊かな広い敷地の中に静かに佇んでいます。杜甫が建てたオリジナルの住居は戦火によって焼失してしまったので、現在建っているのは後に再建された物となります。オリジナルの住居が焼失してしまったのは残念ですが、再建されて見学出来るのは嬉しいですね。

寝室

18443257 1873760859557309 9000100829146906624 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mrandmrscesarini

杜甫が4年間暮らした「杜甫草堂」は、茅葺造りの雨風がやっとしのげる様な質素な住居でした。この住居で暮らしながら杜甫は、「茅屋為秋風所破歌」や「蜀相」等の名作を書き上げたのです。才能のある人は、質素で決して心地よいとは言えない様な環境でも素晴らしい作品を作り上げる事が出来るのですね。杜甫はこの「杜甫草堂」を心から愛していた様です。

「杜甫草堂」の見所:1

池と旧居

18888333 119283598654414 1796033522209652736 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kandinsky0227

杜甫の旧居が有る池のほとりからは、辺りの豊かな緑や池の風情と併せて公園のおすすめの見所となっています。まるで歴史が逆戻りした様な、静寂を感じる事が出来ますね。今でこそ観光地となって多くの人が訪れますが、杜甫の暮らしていた頃は静寂な月日が流れていた事でしょう。杜甫はこの様な静かな景色を眺めながら、その才能で創作の心を膨らませていたのでしょうね。

「杜甫草堂」の見所:2

少陵草堂

11372251 910256822363699 689460459 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
diliw2015

こちらの「少陵草堂」も、杜甫が建てた茅葺の住居と同じ茅葺で作られています。少陵とは杜甫が以前住んでいた土地の名前で、作品の中にもこの「少陵」と言う言葉は多く見られるそうです。「少陵草堂」は杜甫の旧居の近くに建てられていて、「杜甫草堂」のシンボルとなっています。杜甫は「杜甫草堂」での生活4年の間に、生涯に作り上げた詩の6分の1を作りあげたそうです。

「杜甫草堂」の見所:3

一覧亭

17494232 189011638269084 748635584494305280 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
stevenbligh

こちらの「一覧亭」は、趣きのある立派な建物ですが杜甫と直接ゆかりのある建物ではない様です。中に入る事は出来ませんので、一緒に写真を撮るのにおすすめのスポットです。辺りの花木ととてもマッチして、美しい景観を作り出しています。公園内でとても良いアクセントになっています。

「杜甫草堂」の見所:4

赤壁の通路

17493856 1878441315732185 5037864701107634176 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
aressta04

「杜甫草堂」に赤壁の通路が有ります。とても風情があって、中国らしさを感じる事が出来る見所の一つです。「杜甫草堂」の公園内には、沢山の案内板がありますので迷わないで目的の場所にアクセス出来ると思います。沢山の橋や小川、茅葺の建造物など見どころが一杯です。

「杜甫草堂」の見所:5

緑豊かな庭園

18251811 1713296952030146 9212925589764177920 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
helenlovegalaxy

「杜甫草堂」の見所は、建造物だけでは有りません。広大な敷地に造られた庭園公園は、何処をとっても静寂と美を感じさせる美しい景観となっています。特に杜甫が4年間暮らした「杜甫草堂」の辺りは、杜甫が住んでいた頃の景観が再現されています。この景色を眺めながら杜甫は詩を書いたのかと、その当時の歴史に心を移しながら眺めて下さいね。

18298808 257004188098573 8705180491675860992 n
yilin.han.10

「杜甫草堂」の公園内には、とてもたくさんの竹林が有ります。中国四川省は竹の生育地として有名です。そう言えば笹を食糧とするパンダの保護区も、四川省に在りますね。竹林は成都らしい風景とも言えます。京都などの竹林もそうですが、竹には静寂を醸し出す独特の雰囲気が有ります。この静けさの中で杜甫は豊かな感性と想像力で素晴しい作品を作り上げたのでしょう。

14547829 408021566203938 5754996545866956800 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hahanxiaomei

「杜甫草堂」公園内の旧居の側の池では、沢山の錦鯉が育てられています。静寂の中の躍動的な光景を楽しむ事が出来ます。「杜甫草堂」の庭園は個性的で、中国の個展庭園様式で造られています。杜甫の旧居を中心にデザインが作られ、庭園公園と併せて古風で質素、そして竹林などを配置し荘厳な雰囲気も醸し出しています。ゆっくりと中国の歴史を感じながら散策して下さいね。

「杜甫草堂」博物館

18808966 188948668294927 5775917941451128832 n
diana_like_diamond

「杜甫草堂」には博物館も有りますので、是非立ち寄ってみて下さいね。杜甫杜並んで中国の詩人李白がいますが、杜甫と李白は実際に会った事が有る様です。杜甫と李白は気が合い生涯の友人となったと言う事です。そんなエピソードがこの博物館では紹介されていますので、興味のある方はじっくりと見学されると良いと思います。

18381744 1931551563755957 2868434040808013824 n
zhongyanru

「杜甫草堂博物館」には貴重な資料が三万冊以上も保管されているそうです。興味のある方は勿論、博物館を見学すると杜甫の事や中国の歴史が垣間見れて興味深いと思います。行かれる前に少し杜甫の作った詩などを読んでから行くと、より興味を持って楽しめるかも知れません。

「杜甫草堂博物館」には、杜甫が愛用したと思われる筆記用具も展示されています。これを中国の「詩聖」杜甫が使っていたかも知れない、と思うだけで感動ものです。ぜひ 杜甫の旧居や庭園を楽しむだけでなく、博物館の方へも足を運ばれる事をお勧めします。貴重な体験が出来ると思います。

「杜甫草堂」周辺ランチ処

陳麻婆豆腐

「陳麻婆豆腐」は、麻婆豆腐の発祥のお店です。お手軽なお値段で、本場の麻婆豆腐を食べる事が出来ます。日本の甘めの麻婆豆腐とは、全く味が違う様です。日本の麻婆豆腐よりは辛めだと言う事ですが、一体どんなお味なのでしょうか。本場中国の本物の味をぜひ試してみて下さいね。

16123119 233040903772905 2205265303321968640 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
takaaahir0

メニューは写真付きで分かり安いですし、店員さんもテキパキしていて混んでいても結構スムーズに入店出来るそうです。一人の場合は、相席でさっと入店させてくれる感じの良いお店だそうです。様々なメニューが用意されているので、ぜひ本場の中国料理をお楽しみ下さいね。予約可能ですし、テイクアウトのサービスも行っているので便利ですね。

住所:中国成都青華路19号
電話番号:+86-28-8731-7216

The-Temple咖啡厅

16583850 1101354163326426 5154175331766108160 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
amazinggracechuang

朝食からブランチ、ディナーまで楽しめるカフェです。本格的な珈琲も有りますし、四川料理からイギリスのアフタヌーンティーまで楽しむ事が出来ます。成都観光の合間にちょっと一服するのにおすすめのカフェです。お子様連れでも大丈夫ですし、Wifiのアクセスも整っているので便利ですよ。車椅子にも対応しているので安心です。

住所:中国成都锦江区笔帖式街81号
電話番号:+86-28-6297-4191

「杜甫草堂」へ行こう

成都「杜甫草房」のご紹介をして来ましたが、如何でしたでしょうか。成都の市街地に在りながら、静寂と歴史を感じる事の出来る情緒豊かな公園です。有名な中国の詩人、「詩聖」と呼ばれた杜甫について多くの事が学べます。又杜甫の愛した風景の素晴らしさも感じる事の出来る静寂のスポット、「杜甫草堂」を是非楽しんで頂きたいと思います。

Zhangjiajie043中国・張家界の観光はおすすめでいっぱい!名所やグルメ・ホテル情報まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
張家界市というのは、中華人民共和国の湖南省に位置する地級市となっております。そんな張家界はお...
Suzhou蘇州中国・観光おすすめランキング17!夜の水の都も外せない! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中国蘇州でのおすすめ観光スポットランキング17をご紹介!伝統的な庭園や、街中にり巡らされた運...
St regis changsha 1中国・長沙の観光おすすめスポット11選!名所や景観など周辺をまとめて! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中国の湖南省にある長沙は、非常に古い歴史を持つ国家歴史文化名城です。自然豊かで、見逃せない観...

関連記事

関連するキーワード

69.thumb
この記事のライター
HanaSmith
初めまして。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する