あべ食堂は喜多方ラーメンが絶品の人気店!おすすめメニューや値段は?

2019年6月3日 (2019年6月5日最終更新)

おいしいと評判の高い喜多方ラーメンは東北地方の名物です。あべ食堂はそんな喜多方ラーメンをお手頃な値段で食べることができ、お土産としても持ってかえることができる人気店です。メニューや駐車場情報など、人気のあべ食堂についてまとめました。

目次

  1. あべ食堂とは?
  2. あべ食堂の特徴
  3. 中華そばと喜多方ラーメンの違いは?
  4. あべ食堂おすすめ人気メニュー4選とお値段
  5. あべ食堂の食レポ
  6. あべ食堂の基本情報
  7. あべ食堂で絶品のラーメンを食べよう!

あべ食堂とは?

喜多方ラーメンはすっきりとした味わいが特徴のラーメンです。博多ラーメン屋札幌ラーメンと並んで日本三大ご当地ラーメンと呼ばれています。食べたことがない人も喜多方ラーメンという名前は聞いたことがあるでしょう。

福島県喜多方市にはそんな喜多方ラーメンの本場とも言うべきたくさんの食堂があります。今回はその中でも人気の高いあべ食堂についてメニューやお土産、駐車場情報などをまとめました。

福島県喜多方市緑町にある食堂

あべ食堂は福島県喜多方市にある食堂です。人気となっている喜多方ラーメンの提供はもちろんカツ丼や親子丼、カレーライスなど丼もののメニューにも高評価が寄せられています。

ラーメンをはじめとし、比較的ボリュームがあり高カロリーなメニューが並んでいます。そのため女性客というよりかは成人男性に、より人気が高い食堂となっています。

最寄り駅:JR喜多方駅

最寄り駅はJR喜多方駅となっています。喜多方にラーメンを食べに来たという人は是非あべ食堂によって行くことをおすすめします。比較的アクセスも良く本場の喜多方ラーメンが食べられるでしょう。

あべ食堂ではお土産として5食パックのラーメンも用意されています。喜多方観光のお土産に人気のラーメンを買っていくのも良いでしょう。あべ食堂の詳しい情報について、チェックしていきましょう。

S006 577喜多方ラーメンのおすすめランキングTOP25!本場の人気店を厳選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本三大ラーメンの一角として有名な喜多方ラーメン。全国各地で味わう事が出来るおすすめメニュー...

あべ食堂の特徴

ここからはあべ食堂の特徴についてまとめていきます。 食堂という名前を冠している店を見ると、どことなく古めかしく長い歴史を持っているイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

あべ食堂もそういった昔ながらの食堂が持つ雰囲気を色濃く残しています。普段食堂らしい雰囲気の店に立ち寄る機会がないという人は、この機会に是非あべ食堂を訪れてみてはいかがでしょうか。

ラーメンのスープがなくなり次第終了

あべ食堂の特徴の一つとして、まずスープがなくなり次第営業終了することが挙げられます。現在の日本では全国チェーン店などもあり、こうした営業形態をとるお店は少なくなってきています。

「営業時間内に行くから大丈夫だろう」とつい考えてしまいがちですが、あべ食堂を訪れる時間帯によっては営業時間内であってもしまっている可能性があります。時間には余裕を持って訪れるようにしましょう。

店舗レイアウト:テーブル席・小上がり席・座敷

店舗内はテーブル席と小上がり席、座敷によって構成されています。古民家のような見た目のため、あべ食堂の内部はそこまで広いわけではありません。人気店のため場合によっては待つこともあります。

ですが席の種類にはバリエーションがあり、空いていれば自分の好みの席に座ることができるでしょう。店舗内はコの字になっており、通路として使われているスペースのそばにも席が用意されています。

喫煙可能店

地域に密着した食堂らしく、あべ食堂では喫煙も可能となっています。提供されるメニューや喫煙が可能なことも相まって、男性人気が高い理由となっています。

ちょっと食事がてら一服したいと思う人には理想的な場所となるでしょう。一方でタバコの煙が苦手だという人にはいささか辛いかもしれません。喫煙席と禁煙席が分かれているということもありません。

テイクアウトできるお土産メニューあり

あべ食堂では5食入り1050円で販売されている「お土産ラーメン」と言うラーメンも用意されています。お土産ラーメンはすっきりとした醤油味が特徴の、喜多方ラーメンとなっています。

お土産ラーメンのパッケージには「中華そば」と書かれており、店内のメニューに記載されているラーメンも中華そばと言う扱いです。中華そばと喜多方ラーメンの関係については別の項目でまとめました。

昭和40年/1965創業

あべ食堂は昭和40年、1965年に創業しました。喜多方の地と深い結びつきがあるあべ食堂は、地元民を中心としてその長い歴史の中で着実に人気を集めてきました。

駐車場もあるため現在では地元民のみならず、あべ食堂の人気メニューを求めてご当地ラーメンを味わいに全国からお客さんが訪れる人気店となっています。食堂の定番とも言えるメニューも、しっかりと抑えられています。

中華そばと喜多方ラーメンの違いは?

喜多方ラーメンと呼ばれることが多い中で、あべ食堂をはじめ喜多方市の食堂ではよく「中華そば」という名前でメニューに載っています。厳密には中華そばと喜多方ラーメンはどう違うのか気になるところです。

「中華そばだから喜多方ラーメンではないのかな?」と考えてしまうかもしれません。元々は昭和初期に、潘欽星という源来軒の創業者が喜多方で支那そばの屋台を始めたのが、喜多方の地域に中華そばが広まったきっかけだと言われています。

喜多方ラーメンは支那そばにルーツを持っている

時とともに潘欽星の屋台は有名となり、その味の作り方を学ぶ人や継承する人が現れました。そうした人たちによって元々の支那そばは少しずつかたちを変え、現在の喜多方ラーメンと呼ばれるスタイルに落ち着いたと言われています。

中華そばという呼称は、喜多方ラーメンの古くからの歴史にも関係した呼び名であることが分かります。特に昔ながらの食堂では、現在でも中華そばという名前でメニューに載っていることが多いです。

あべ食堂おすすめ人気メニュー4選とお値段

ここからはあべ食堂の人気おすすめメニューを四つ紹介していきます。あべ食堂で提供されているメニューは、お土産にもなっているラーメン以外にも豊富かつ、一食でも満足できるほどボリュームもたっぷりです。

福島に来る際は、是非来た方で本場の喜多方ラーメンを食べてみることをおすすめします。 地元の食堂で食べる本場の喜多方ラーメンは、他のチェーン店では味わえない独特の美味しさに満ちています。

1:中華そば

あべ食堂の人気メニューの中でも最も好評なのが、お土産としても販売されているこちらの中華そばです。先の見出しでも述べた通り、喜多方ラーメンは中華そばとしてメニューに載っていることも多く、少し紛らわしいこともあります。

あべ食堂の喜多方ラーメンはすっきりとした醤油と豚骨の風味が食欲を刺激します。訪れた人のレビューでも「想像していたよりずっと美味しかった」との投稿が多く、満足度の高い一品となっています。

あべ食堂の中華そばの値段は650円です。中華そばは大盛りも用意されており、そちらは800円となっています。あべ食堂に初めて訪れた際は是非中華そばを注文してみてください。

2:カツ丼

あべ食堂のおすすめ人気メニュー、2品目はカツ丼です。喜多方ラーメンが人気のため、あべ食堂に訪れる人の多くは中華そばを注文することが多いです。そのため中華そばと比べるとカツ丼を注文する人は少ないです。

しかしあべ食堂のカツ丼はボリュームたっぷりでカツ丼のカツの肉汁がたまらない1品となっています。お客さんの中でも比較的若い年齢層の男性に人気があります。カツ丼の値段は1000円となっています。

3:カレーライス

あべ食堂ではカツ丼と同じく、ボリュームのあるご飯ものとしてカレーライスも取り扱っています。ラーメンだけではなく、ご飯を食べてしっかり満足感を得たいという人にもあべ食堂はぴったりと言えるでしょう。

あべ食堂のカレーライスは750円となっています。カツ丼より250円安い値段となっているため、そこまでがっつり食べなくても良いという人はカレーライスを注文するのもおすすめです。

4:ソースカツ丼

最後に紹介するあべ食堂のおすすめメニューはソースカツ丼です。カツ丼も良いけど甘辛いソースをかけて、思い切りご飯をかきこみたいというときもあるでしょう。そんな時こそソースカツ丼です。

ソースカツ丼の値段はカツ丼と同じく1000円となっています。好みに合わせてカツ丼にするかソースカツ丼にするか選ぶのが良いでしょう。どちらも1000円払うだけの価値があるおいしさと満足感を提供しています。

あべ食堂の食レポ

続いてはネットに教えられているあべ食堂の食レポについてです。実際にあべ食堂を訪れた人の感想はどのようになっているのでしょうか。あべ食堂のように個人が経営しているお店は当たり外れも大きく、ネットの評判が非常に気になるものです。

あべ食堂のメニューの中でもやはり看板メニューである中華そばは非常に好評です。こってりとした味わいではないのが喜多方ラーメンの特徴ですが、あべ食堂はそんな喜多方ラーメンの伝統をしっかり受け継いでいます。

店内の雰囲気

あべ食堂の店内はまさに食堂といった雰囲気です。メニューの内容からやはり男性客に人気があることや、全席喫煙可能なことに対する反応が多く寄せられています。喫煙場所を探している人にとってはありがたいという声もありました。

福島に観光で訪れている人の中には「朝からラーメンを食べられる場所」を探してあべ食堂にたどり着く人もいました。あべ食堂は朝の7時半から営業しているため、食べてから仕事に向かう地元の人々もいるようです。

さらに調べてみたところ喜多方ラーメンを取り扱っている食堂のようなお店では朝から営業している場所も珍しくないということでした。普通であれば昼前頃からの営業が多いラーメン店ですが、喜多方では朝からありつくことができそうです。

中華そば

あべ食堂の中華そばに対してのレビューでは「嫌味のない王道喜多方ラーメンの味」というのが多くの人の感想でした。動物系の出汁ととんこつや魚介スープをまじえて、これぞ喜多方ラーメンという味を出しています。

醤油ベースの中に豚骨の美味しさを感じられるのがあべ食堂の中華そばです。とんこつ自体も脂ぎったとんこつを前面に押し出すような味ではなく、フレーバーとして良い支えになっています。

常連さんの中では中華そばの脂を多めにしてもらったり、麺の硬さを変えたりと自分好みの中華そばを注文している人も多くいました。テーブル上に用意されている調味料と共に、朝食べても胃腸を壊さないマイルドな味をしています。

あべ食堂の基本情報

あべ食堂へのアクセスや営業時間、定休日や駐車場の有無などもあべ食堂の味や店内の雰囲気と共に大切な情報です。ここではあべ食堂の基本的な情報をまとめました。

喜多方というラーメンのメッカにあるあべ食堂ですが、普通のラーメン屋とは営業時間が大きく異なります。事前にあらかじめ確認しておくことで、時間に余裕を持って訪れるようになるでしょう。

喜多方駅からあべ食堂へのアクセス

喜多方駅からあべ食堂までは1.1キロとなっています。喜多方駅から歩いた場合、およそ18分ほどで到着するでしょう。北口を出て北側に向かって歩いて行きます。途中には同じく喜多方で有名な、まこと食堂や坂内食堂本店があります。

徒歩で18分という微妙な距離のため、観光で喜多方に来ている人は日程や荷物と相談してタクシーなどで訪れるのもありでしょう。お土産にラーメンを買って帰る場合にも楽です。

電話番号・営業時間&定休日

あべ食堂の営業時間は朝の7時30分から15時までとなっています。ここまで朝早くやっているのは関東圏など他のエリアではなかなか見ることができません。それと同時に、15時までという営業時間のため、夜に食べられない事にも留意しておきましょう。

特徴の見出しでも扱ったように、スープがきれた時点でその日の営業は終了となっています。訪れた人の中には営業時間終了前に来店し、食べている途中で暖簾を下げてじょじょに店じまいの準備をしていたケースもありました。

そうした状況でも慌てて食べる必要はありませんが、「営業時間内に行ったのに閉まっていた」となってしまっては最悪です。時間に余裕を持ってお昼過ぎころには遅くとも訪れることが推奨されています。なお、定休日は水曜日となっています。

駐車場情報

続いてはあべ食堂の駐車場情報についてです。あべ食堂の駐車場は店舗の裏に10台分と、その隣りにも3台分の駐車場があり、合計13台とめることができる駐車場となっています。

あべ食堂のキャパシティを考えると、駐車場は充分に用意されていると言えます。混雑する休日のお昼時などでなければ、基本的には駐車場を使えると考えてよいでしょう。車で行く人は駐車場スペースをしっかりと確認しておきましょう。

住所 福島県喜多方市緑町4506
電話番号 024-122-2004

Originalまこと食堂で絶品喜多方ラーメンを味わおう!人気メニューや駐車場は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
福島の喜多方ラーメンは、ご当地ラーメンの代表格といっても言い過ぎではありません。豚骨ベースの...

あべ食堂で絶品のラーメンを食べよう!

福島県喜多方市にあるあべ食堂は、ご当地ラーメンの代表格である喜多方ラーメンを、伝統的な味と共に提供する食堂です。美味しいと評されることが多い喜多方ラーメンの中でも、あべ食堂の評価は更に高いです。

あべ食堂を訪れた際は、中華そばやお土産ラーメンなど喜多方のラーメンをどっぷり楽しんでください。喜多方でしか味わえない味は、きっと旅行で訪れた人にも素敵な思い出になるでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Daisuke.U

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する