地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ニューカレドニア観光おすすめスポットBEST7!ベストシーズンはいつ?

ニューカレドニアの海は世界的にも透明度が高く、世界遺産にも認定されている程美しいです。マリンスポーツやマリンリゾートが充実していて、海外からも毎年多くの観光客がやって来ます。そんなニューカレドニアから7選、お勧めの観光スポットをご紹介して行きたいと思います。

ニューカレドニアって?見出し

ニューカレドニアを取り囲むサンゴ礁の海は、世界遺産に認定されています。それ程透明感のある美しい海を持つニューカレドニアには、様々な観光スポットが存在します。海だけでなく緑豊かなニューカレドニアのグランドテール島には、マングローブが作り出した奇跡のハートも有ります。そんなニューカレドニアからおすすめ観光地のベスト7をご紹介します。

ニューカレドニアへの行き方見出し

日本からニューカレドニアへの行き方は、成田空港や関西国際空港から直行便が出ているのでとても便利です。成田からの飛行時間は約8時間30分、関西国際空港からの飛行時間は約8時間45分となっています。乗り継ぎ便としては、シドニーで乗り継ぐ行き方が有ります。シドニー迄の所要時間は約9時間45分、シドニーからニューカレドニアへは約2時間50分です。

ニューカレドニアおすすめ観光スポット第7位「ラグーン水族館」見出し

首都ヌメアにある「ラグーン水族館」では、約1000種類以上の魚やサンゴ類を観る事が出来ます。まるでニューカレドニアの海で、スキューバ・ダイビングをしているかの様な気分で観賞する事が出来ます。規模は大きくありませんが、ここでしか観れない様な生物もいるのでお勧めです。ニューカレドニアの観光ベストシーズンは、7月から9月です。

海洋のエリアごとの展示になっていて、ニューカレドニアの海の生態系が分かり易く展示されています。世界中でここにしか展示されていない珍しい生物とは、光るサンゴです。ニューカレドニアへ旅行されたら、是非観て帰って欲しいと思います。営業時間は10時から17時(入館は16時迄)まで、休館日は月曜日となっています。

ニューカレドニアおすすめ観光スポット第6位「アメデ灯台島」見出し

首都ヌメアから「アメデ灯台島」へのクルーズ・ツアーも有り、小さな島ですが大いに楽しむ事が出来ます。ツアーでは南国ならではのショーやグルメを楽しみ、グラスボート・ツアーで海のサンゴ礁や熱帯魚を観賞したりする事も出来ます。ビーチでシュノーケリングやマリンスポーツを楽しみたい方には、水温の上がる1月から3月頃がベストシーズンです。

「アメデ灯台」の高さは56メートルあって、小さな島の灯台にしてはかなり見ごたえのある灯台となっています。247段の階段を登り詰めると、そこには目を疑う様な絶景が広がります。結婚式の記念やフォトウェディングで、この「アメデ灯台」と一緒に写真に納まる方も多い様です。素敵な記念写真になる事は間違いありません。

ニューカレドニアおすすめ観光スポット第5位「セントジョセフ大聖堂」見出し

ヌメアの中心にそびえ立つのが「セントジョセフ大聖堂」です。ヌメアのランドマークとも言える街の観光スポットです。クリスマスシーズンには、街中を彩る真っ赤なクリスマス・フラワーが「セントジョセフ大聖堂」にも色を添えて美しい風景となります。この様な大聖堂で結婚式を挙げ、そのまま海に飛び込んで新婚旅行気分なんて出来たら最高ですね。

大聖堂の内部にはニューカレドニア産ニッケル製のパイプオルガンが有り、大きなシャンデリアや素敵なステンドグラスから光が差し込みとても雰囲気の良い空間となっています。ヨーロッパの大聖堂に居る様な、ニューカレドニアに居る事を忘れてしまいそうになる一瞬です。観光地で有り、地元の人々の祈りの場でもあるので謙虚な気持ちを持って観光したいですね。

こちらは「セントジョセフ大聖堂」をバックから見た景色です。マリン・リゾートとモーゼル湾を眺める景色は、絶景としか言い様が有りませんね。観光旅行のパンフレットには、この景色が掲載されている事が殆どだそうです。後ろ側が有名な教会って珍しいですね。それにしても、ヨーロッパ・フランスの景色を見ている様ですね。

ニューカレドニアを一度訪れた人は、結婚式はこの島で挙げたいとか、永住したいと思う人も多い様です。一年を通して雨も少なく最高気温も27度と、酷暑が無く真冬でも20度と年中快適なのも理由の一つでしょう。フォト・ウエディングと言う最近の結婚式スタイルを選ぶ人も多くなっています。「セントジョセフ大聖堂」も人気撮影場所の一つです。

ニューカレドニアおすすめ観光スポット第4位「グランドテール島」見出し

首都ヌメアのあるニューカレドニアの本島「グランドテール島」には、様々なリゾート施設やアクティビティが揃っています。海の上のコテージもその一つ、この様な所でひと時を過ごしてみたいものです。ニューカレドニアは年中降水量が少ないのも、旅行し易い場所だと思います。年間を通して過ごし易い気温も魅力ですね。

リゾート結婚式を挙げたい人の人気のスポットにもなっています。結婚式後のハネムーン旅行先にも、ニューカレドニアの「グランドテール島」をセレクトされるカップルは多いです。日本の最も寒い季節がニューカレドニアのマリン・アクティビティのベストシーズンと言うのですから、結婚式を終えてトルコブルーの海へダイビング何て事も出来るのです。

周りをぐるりと海に囲まれたニューカレドニア「グランドテール島」では、この様な素晴らしいサンセットを愛でる事も可能です。まるで絵ハガキの様な景色ですね。日本でも多くの場所で夕日を楽しむ事は出来ますが、ヤシの木陰で眺める夕日は格別にロマンティックに映りますね。

ニューカレドニアおすすめ観光スポット第3位「カヌメラ湾」見出し

本島「グランドテール島」の南東にある小さな島、「イル・デ・パン島」の西にある半島にある「カヌメラ湾」は最高の穴場スポットです。500メートルに渡ってゆるりと湾曲したビーチの背景には南国の樹木が茂り、浜にはサラサラの白い砂が広がります。まさにプライベートビーチの様な素晴らしいロケーションで、本島からのツアーも数多くあります。

「カヌメラ湾」と背中合わせにも、パウダーサンドの美しい「クト・ビーチ」が有ります。「カヌメラ湾」と「クト・ビーチ」は林を抜けて5分位で行き来が出来るので、一度に両方を楽しむ事が出来る贅沢なスポットとなっています。「カヌメラ湾」には、サンゴ礁が広がっているのでシュノーケリングにお勧めですベストシーズンは、1月から3月になります。

サンゴ礁に囲まれたニューカレドニアのビーチは、映画「天国に一番近い島」のロケ地にもなった様に大変美。しい所です。雨季も無く降水量もそれ程多くなく、1年間の平均気温が24度と言う年間を通して温暖な環境はリゾートの旅行先としては最高の条件を備えています。そして夜空の美しさも、「天国に一番近い島」と呼ばれるに値する美しさです。

ニューカレドニアおすすめ観光スポット第2位「カナール島」見出し

ニューカレドニア本島から国内線で離島に飛ぶ観光客も多いですが、気軽にタクシーボートで離島へ遊びに行く事も出来ます。コストを落としたい方には、特にお勧めの離島への旅行の仕方だと思います。節約出来る部分は節約して、その分大いに他の事にお金を使って満喫する方が賢い旅行の仕方だと思います。

グランドテール島から、タクシーボートでほんの5分の所に無人島「カナール島」が有ります。「カナール島」へのツアーは沢山組まれているので、ツアーを利用するとランチ等も含まれていてお得に楽しめると思います。透明度の高いビーチで、グラスボートやシュノーケリング等思う存分楽しム事が出来ます。観光のベストシーズンは湿度の少ない7月から9月です。

「カナール島」の周辺には豊かなサンゴ礁が広がっていて、シュノーケリングにぴったりです。初心者の方でも少しレクチャーを受け、簡単に楽しむ事が出来ます。始めて海の中を覗いてみたら、きっと世界観が変わる事だと思います。ツアーで参加したちょっとしたきっかけのシュノーケリング体験から、スキューバダイビングの虜になる方もいると聞きます。

ニューカレドニアおすすめ観光スポット第1位「ピッシンヌ・ナチュレ」見出し

本島から少し離れた所に『海の宝石』と称される「イル・デ・パン島」と言う離島が有ります。真っ白な砂浜とサンゴ礁の海は、世界遺産のビーチに相応しく訪れる人々の心を魅了します。ホテルから真っ白な三角帆の船で「イル・デ・パン島」へ行くツアーが、多く組まれていますので是非訪れてみて欲しいと思います。

「イル・デ・パン」に到着すると、大人でもはしゃぎたくなる程の絶景が目に飛び込んで来ます。「天国に一番近い海」、ニューカレドニアの中でも「最も美しい海」と言われる「イル・デ・パン」の海でシュノーケリングやスキューバダイビングを体験してみて下さい。きっとその体験は一生の宝になる事でしょう。

サンゴ礁の海の中を覗いてみると、南国のカラフルなサンゴと熱帯魚が出迎えてくれます。いつも水族館やテレビの映像で観る様なカラフルな魚達が、自然の海の中で泳いでいる空間を共有するエキサイティングな感覚は、潜った人にしか分からない感動です。マリンアクティビティを一番楽しめるのは、水温の最も高くなる1月から3月がベストシーズンです。

ニューカレドニア観光へ行こう見出し

ニューカレドニア魅力の観光スポット、ベスト7をご紹介して来ましたが如何でしたでしょうか。気の遠くなる様な美しい島々とビーチの宝庫ニューカレドニアの観光ベストシーズンやマリンアクティビティのベストシーズンのご紹介もしました。美しいサンゴ礁に囲まれた島は、結婚式にもぴったりです。思い思いに満喫されて欲しいと思います。

投稿日: 2017年7月22日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

記事はありません。

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote