地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ヌメアの楽しみ方!おすすめの観光スポットや見どころを紹介!

ヌメアは、フランス領でもあるニューカレドニアで最大の都市になります。街並みもフランス領らしくフランスの南仏のリゾートのような街並みが美しいビーチリゾートです。また、美しい海のコテージも人気です。そんなヌメアのおすすめの観光やダイビングについてご紹介します。

南仏を彷彿とさせるヌメアはおすすめの観光地見出し

ニューカレドニアのヌメアは、フランス領ということもありヨーロッパの風情が美しいビーチリゾート地になります。港の様子や街並みも南仏を感じさせる美しい街並みになっています。食文化もフランスの影響を受けた料理も多く、グルメ派にも満足していただけるニューカレドニアのビーチリゾートです。そんなヌメアのおすすめの観光やダイビングについてご紹介します。

ニューカレドニアのヌメアをおすすめする理由見出し

ニューカレドニアのヌメアは、高台から港に目をやると、ここは南仏のリソーとかと思うほどの風景が広がります。真っ青な海に真っ白な船の帆が美しくニューカレドニアのヌメアを彩ります。食文化もフランスの影響を受けているものも多く、南太平洋のリゾート地でこのこの料理を食べれるのはいいですね。美しいリゾートホテルも旅行客に人気があります。

ニューカレドニアのヌメアは、真っ青な海の美しさもそうですが、夕焼けに染まる海もとても情緒があり素敵です。ハネムーン旅行で多くの方が来られるのもわかる気がします。また、美しい海では、ダイビングも盛んで、ブラックマンタと言われる黒いマンタを見ることもできます。ジュゴンの棲息地でもあるニューカレドニアは世界遺産にも登録されています。

ヌメアでおすすめの観光スポット:アメデ灯台見出し

アメデ灯台は、真っ青な海と真っ白な灯台、真っ白なビーチが印象的な場所です。ラグーンも非常に美しく、たくさんの観光客がここアメデ灯台へ訪れます。ヌメアの港からは、およそ30分から40分で到着できます。人気の観光スポットですので、ぜひ訪れてみてください。

アメデ灯台の周辺の海は、自然保護区にも指定されているので、美しい自然がしっかりと保護されているので、透明度が非常に高くダイビングスポットも点在しています。ダイビングの他にもシュノーケリングやグラスボートといったアクティビティも楽しむことができます。

ヌメアでおすすめの観光スポット:チバウー文化センター見出し

チバウー文化センターは、ヌメアのティナ半島にあります。チバウー文化センターは、先住民カナック族の文化を垣間見れる観光地です。このトンガリ屋根は、カーズと呼ばれカナック族の伝統家屋をモチーフに作られているそうです。

建物が未完成なのは、カナックの文化の発展を願うために未完成のままにしているそうです。これらの建物は、関西国際空港旅客ターミナルビルを設計したレンゾ・ピアノ(イタリアの建築家)によりデザインされているとのことです。ヌメアからは多少距離もありますが、先住民カナック族の文化に触れてみてはいかがでしょうか。

ヌメアでおすすめの観光スポット:メトル島見出し

メトル島は、ハネムーン旅行で宿泊するために訪れるカップルがとても多い島です。ヌメアからは、ボートでわずか20分と言う近さも人気の秘密ではないでしょうか。水上コテージのホテルは、二人専用のようなので、カップルでゆっくりと過ごすことができますね。

メトル島は、海の透明度も良いのでマリンアクティビティも盛んです。カヤックやジェットスキー、ダイビング、シュノーケリングなどが人気です。ウミガメも住んでいるメトル島では、高確率でウミガメも見れるようです。

ヌメアでおすすめの観光スポット:ニューカレドニア ラグーン水族館見出し

ニューカレドニア ラグーン水族館は、ラグーン内の海水を循環ポンプで水槽内に海水を取り入れているため、自然そのままの環境で過ごす魚達を観察することができます。規模はさほど大きくはありませんが、雨の日のアクティビティとしては最高ではないでしょうか。小さなお子様にも喜んでいただけるはずです。

ニューカレドニア ラグーン水族館では、ナポレオンやグレイリーフシャークなどの大物も見れるので、ダイビングをしているような感覚になる水族館です。ニューカレドニアの海を感じることのできるニューカレドニア ラグーン水族館は、おすすめです。

ヌメアでおすすめの観光スポット:アンスヴァタビーチ見出し

アンスヴァタビーチは、ヒルトンホテルの目の前にあるビーチなので、散歩がてらにビーチを散歩できる場所です。目の前に沈む夕陽をゆっくりとビーチで楽しむことができます。ニューカレドニアのゆっくりとした時間の流れをアンスヴァタビーチで感じてください。

アンスヴァタビーチは、ビーチサイドに芝生のエリアやベンチもあちこちに点在しているので、弓なりのビーチ沿いをゆっくりと散歩するのが、アンスヴァタビーチでの過ごし方です。ビーチでは、ウインドサーフィンを楽しんでいる人も多いです。

ヌメアでおすすめの観光スポット:シトロン湾見出し

シトロン湾は、美しい真っ白なビーチとライトブルーの海が印象的なビーチです。暑い昼間には、シトロン湾にあるジェラート屋さんはおすすめです。新鮮なフルーツを使ったフルーツジェラートは、本当に美味しいです。

シトロン湾といえば、やはりこのビーチに沈む夕陽になるでしょう。ヌメア一とも言われるシトロン湾の夕陽は必ず、ホテルから散歩がてらに行ってみてください。ビーチ沿いには、お洒落なバーもありますので、ゆっくりと夕陽を見ながらビールでもいかがでしょうか。

ヌメアでおすすめの観光スポット:ヌメア朝市見出し

ヌメアに住む人達の台所として、毎朝賑わいを見せているヌメアの朝市は地元の人たちだけでなく、観光客も多く訪れています。フランスのマルシェのような雰囲気のヌメアの朝市は、おすすめです。定休日は、月曜日で朝の5時30分から11時30分までの営業となっていますが、店舗により閉店時間はまちまちです。

朝市の市場の中央にはカフェがあって、クロワッサンやコーヒーなどで朝食をする地元の人たちや観光客で賑わっています。また、市場ではジェラートの屋台があったり、南国ならではのカラフルな洋服を売っているお店もあります。

ヌメアでおすすめの観光スポット:セント・ジョセフ大聖堂見出し

セント・ジョセフ大聖堂は、ヌメア中心地からもほど近い場所に建っています。今では、ヌメアの街のシンボル的な存在となっています。白い教会であるセント・ジョセフ大聖堂は、真っ青な空とのコントラストがとても素敵な教会です。

クリスマスシーズンになると、教会がライトアップされてクリスマスシーズンを彩ります。中には、大きなシャコガイで作られた貝の形の聖水盤は目に入ります。美しいステンドグラスから漏れるニューカレドニアの太陽の光はなんとも幻想的です。

ヌメアでおすすめの観光スポット:FOLの丘見出し

ヌメアでビューポイントと言ったら、やはりここFOLの丘になるでしょう。高台から眺める景色は、まるで南仏のジオラマではないかと疑うほど美しいです。ヌメアの真っ青な海と真っ青な空を体感できます。セント ジョセフ大聖堂からも近いので、FOLの丘とセットで訪れると良いでしょう。

FOLの丘はからの夕焼けもとても情緒があって素敵です。ホテルから散歩がてらにここまで上がってくると良いでしょう。ヌメアの町がだんだんと夜に包まれていく瞬間は、とても静寂でココロが落ち着いていいものです。ぜひ、ここからの眺めをカメラに収めてからご帰国ください。

ヌメアではダイビングがおすすめ見出し

ニューカレドニアのバリアリーフは、オーストラリアのグレートバリアリーフに次ぐ大きさのバリアリーフです。また、ダイビングスポットは自然保護区にもなっているので、自然そのままの海をダイビングで楽しむことができます。

ニューカレドニアのヌメアの海は、透明度も抜群で南半球の固有種も数多く見られ、ダイビングで訪れる観光客から喜ばれています。ヌメアでのダイビングは、ファンダイブツアーだけではなく、体験ダイビングも楽しむこともできるので、ハネムーンでカップルで体験ダイビングを経験してもいいかもしれません。

ヌメアでおすすめのホテル見出し

ヌメアでおすすめのホテルと言えば、やはり水上コテージホテルのパークロイヤル エスカパード アイランド リゾートではないでしょうか。ヌメアからボートで20分足らずで到着できるその島には、素敵な水上コテージのホテルがあります。この水上コテージはカップルのみが宿泊できるホテルになります。

この水上コテージホテルのパークロイヤル エスカパード アイランド リゾートは、コテージから直接海に入れる階段がついているので、朝すぐ起きて海に入ることもできますし、お部屋からは美しいニューカレドニアの夕陽を楽しむこともできます。至極のリゾートライフを堪能して頂けることでしょう。

南太平洋のプチフランス!ヌメアはおすすめ見出し

ニューカレドニアのヌメアは、真っ青な美しいラグーンを持つおすすめの海です。ハネムーンで水上コテージで一生の想い出を作るのもいいですし、ご家族で美しい海でマリンアクティビティを楽しむのもいいでしょう。このニューカレドニアのヌメアの情報を役立てていただいて、ニューカレドニアの海を堪能してみて下さい。

投稿日: 2017年7月24日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

記事はありません。

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote