地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

スウェーデンでは英語は通じる?スウェーデン語の注意点まとめ!

スウェーデンに行きたいけれど、スウェーデン語が喋れないからと不安に思っていませんか?スウェーデンは世界上位の英語圏外で英語が通じる国です。スウェーデンではどのくらい英語が通じるのかどうか、また知っていたら役立つスウェーデン語についてまとめました。

スウェーデン人は英語が得意見出し

旅行に行く際は、現地でどれくらい言葉が通じるか心配になる人は多いと思います。スウェーデンの公用語はスウェーデン語です。しかし、スウェーデン語が分からないからと旅行先の候補から外してしまうのはもったいないです。スウェーデン人は英語が母国語でない国民の中での英語力はトップクラス。スウェーデンではどのくらい英語が通じるのか、場面ごとに覚えておくと便利なスウェーデン語とあわせて紹介します。

スウェーデン語と英語は似ている?見出し

スウェーデン語を見ていると、英語のスペルと同じや似ているものがあることに気がつきます。英語もスウェーデン語を含む北欧の言語も、起源を辿ると大まかにゲルマン語派に分類されます。そのため、スウェーデン語を知らなくても綴りや状態から何となく意味が分かる事もあります。スウェーデン人が英語を得意な理由も、起源が同じ言語だから受け入れやすいといった理由があるでしょう。

英語を知っていれば推測出来るスウェーデン語の例としてmjölk(牛乳)やäpple(りんご)などがあります。英語より更に、北欧諸国のフィンランド語とデンマーク語、ノルウェー語はスウェーデン語ととてもよく似ています。åとäとöは英語にはないので、戸惑うかもしれません。またväg(道)やglass(アイスクリーム)など、英語からは想像出来ない単語も多くあるので注意してください。

スウェーデン語を喋ろう見出し

スウェーデン語のあいさつ

Hej(ヘイ)はこんにちはの意味で、どこでも使われるあいさつです。高級なお店でも厳格そうな警察官でもHejで大丈夫。さようならの意味のHejdå(ヘイドゥ)もどの場面でも使えます。ありがとうはTack(タッキ)、強調してどうもありがとうと言いたいときはTacksSåmycket(タッキサミュッケ)です。まずこれだけ知っていれば、スウェーデンが身近に感じられるはずです。

スウェーデン語は発音に注意

スウェーデン語は英語と発音が異なるものがあるので注意が必要です。例えば「K」を「シ」と発音したり「J」が「ヤ行」になります。Köttbullar(ミートボール)は「ショットブラール」、Jul(クリスマス)は「ユール」と発音します。これらを英語の感覚で読んでしまうと、意味が伝わりにくくなってしまうので注意してください。また、スウェーデン語にも方言や訛りがあり、同じ言葉でもスウェーデン人によって違って聞こえる場合があります。

空港での英語とスウェーデン語見出し

空港で英語は通じる?

海外旅行でまず外国語が必要になるのが入国と出国審査。世界中からの旅行客や移民を受け入れる審査官は問題なく英語が喋れます。空港は搭乗手続きから売店のスタッフ、客室乗務員も業務に必要な内容は英語で会話ができます。スウェーデンへ直行便がないので、入国する前にスウェーデン以外の北欧を経由する場合でも同様です。北欧の空港で英語が通じなくて困るといった事はありません。

空港で見かけるスウェーデン語

空港スタッフとは英語で話せても、案内板などの表示はどうでしょう?重要な内容はスウェーデン語と英語、両方記載されている場合が多いので、あまり心配はいりません。知っていれば便利なスウェーデン語はankomst(到着)、avgång(出発)、Säkerhetskontroll(セキュリティチェック)などがあります。

電車やバスやタクシーでの英語とスウェーデン語見出し

公共交通機関で英語は通じる?

スウェーデンと他の北欧の国を周遊する場合、電車も旅行の手段に選べます。電車や現地でバスやタクシーを利用する場合は英語が通じるでしょうか?スウェーデンを走る長距離の電車は、英語の車内放送もあり駅でのチケットの購入も車内改札も英語で可能です。バスやタクシー運転手は移民の人も多く、英語が苦手だったり訛りの強い人もいます。

公共交通機関で見かけるスウェーデン語

公共交通機関で知っていると便利な単語はbiljett(チケット)、tåg(列車)などがあります。地名もスウェーデン語で記載されているので、一見分かりにくい場合もあります。旅行客に人気のある地名で例をあげるとGöteborg(ヨーテボリ、英語ではGothenburg)、Malmö(マルメ)、Köpenhamn(コペンハーゲン)があります。

ホテルでの英語とスウェーデン語見出し

ホテルで英語は通じる?

スウェーデンのホテルのフロントはほとんど英語でチェックインが出来ます。ただし、大きなホテルでも清掃のスタッフ等は移民が多いので、英語が喋れない人もいます。なにか用事を頼みたい場合は、フロントへ直接尋ねるとよいでしょう。ストックホルム以外のゲストハウスなどでは英語が苦手な人のみの場合もありますが、全く通じないといった事はないので、宿泊は可能です。

ホテルで見かけるスウェーデン語

ホテル利用時のCheckaIn(チェックイン)や、reception(フロント)は英語と似ているスウェーデン語です。frukost(朝食)、säng(ベッド)、handduk(タオル)、tandborste(歯ブラシ)、tvål(石鹸)などは英語からはイメージがわきにくい単語です。都市部の高級ホテル以外はスウェーデン語のみの表示が多いので注意してください。

レストランでの英語とスウェーデン語見出し

レストランで英語は通じる?

外国人観光客がよく利用するようなレストランであれば、英語のメニューが用意されていたりスタッフも流暢な英語か喋れます。それ以外のカフェやレストランには英語メニューはありませんが、尋ねればメニューの内容など英語で教えてくれます。6月から8月はスウェーデン人が夏休みをとるため、英語が得意な店員が減っている場合があります。

レストランで見かけるスウェーデン語

旅行中、スウェーデン語を知らないと1番困るの事は、食事のメニューが読めない事かもしれません。vatten(水)、öl(ビール)、kött(肉)、kyckling(チキン)、fisk(魚)、bröd(パン)kanelbulle(シナモンロール)、sylt(ジャム)はメニューにとてもよく出てくるので、覚えておくと便利です。

観光名所での英語とスウェーデン語見出し

観光名所でで英語は通じる?

ストックホルムの観光名所は英語はもちろん、日本語か通じる場所もあります。日本語パンフレットや、バスや船のガイドツアーでは日本語音声ガイドで旅行を楽しめます。ストックホルム以外の都市、ヨーテボリやマルメも観光名所はどこも英語が通じます。中には英語が苦手なスタッフもいますが、他の英語が得意なスタッフに対応を引き継いでくれたりします。

観光名所で見かけるスウェーデン語

スウェーデン観光で知っていると便利な単語はMuseum(博物館)、konstmuseum(美術館)、kyrka(教会)、karta(地図)、Ingång(入口)、Utgång(出口)などです。バス停名や、街の案内板はほとんどスウェーデン語表記なので注意が必要です。

買い物での英語とスウェーデン語見出し

スウェーデンのお店で英語は通じる?

都市部であれば、お土産屋さん、洋服店、薬局、コンビニやスーパーでも、商品を探して尋ねる時や会計で英語が通じます。ですが、会話の1部分だけでもスウェーデン語が話せれば、更に親しみを持って接してもらえます。片言でもスウェーデン語で店員さんと会話をしたら、特別に割り引いてもらえたという場合もあります。

ショッピングで見かけるスウェーデン語

UtanKolsyra(炭酸抜き)、BästFöre(賞味期限)、Rea(セール)、rabatt(割引)、kassa(会計)、kort(カード)などを知っているとスムーズに買い物ができます。スウェーデンで売られている食べ物の多くは、デンマークやノルウェー、フィンランドの他の北欧の言語も一緒に原材料や保存方法が記載されています。

スウェーデン語に興味を持とう見出し

他の北欧諸国と同様、都市部のほとんどの場所で英語が通じるスウェーデンですが、中には英語に苦手意識を持っている人もいるので注意してください。彼らの母国語はスウェーデン語なので、当然のように英語で話しかけられると困ってしまうかもしれません。簡単なあいさつやお礼でもスウェーデン語を使うと、スウェーデン人に喜んでもらえます。

インターネットでスウェーデン語を勉強する事も出来ますし、種類は多くないですがスウェーデン語学習用のテキストも販売されています。本格的に北欧語を学ぶための学科のある大学も日本にはあります。また、仕事などでスウェーデンに1年以上住む人は移民向けの無料のスウェーデン語レッスンが受けられます。スウェーデン語が分かるようになると、他の北欧語も分かるようになってきます。

英語が出来ればスウェーデンで過ごせる見出し

スウェーデンでの英語とスウェーデン語の情報を紹介しました。スウェーデン旅行は、英語だけで充分楽しく過ごす事が可能です。加えて少しでもスウェーデン語を知っていれば、スウェーデンを身近に感じたりスウェーデン人とコミュニケーションをより深められます。英語で観光出来る国、スウェーデンを是非訪れてみてください。

もっとスウェーデンの情報を知りたいアナタへ!

スウェーデン料理を現地で!特徴的な食文化も紹介!旅行で味わう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
スウェーデン料理を現地で!特徴的な食文化も紹介!旅行で味わう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
旅行に行ったら現地の料理を味わうのも楽しみの1つ。スウェーデンと言えばどのような料理をイメージするでしょうか?シーフードやミートボールが有名ですが、定番料理から日本では珍しい料理まで、魅力的なスウェーデン料理と食文化を紹介します。
スウェーデン観光旅行の見どころ!名所や世界遺産!オーロラも見れる? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
スウェーデン観光旅行の見どころ!名所や世界遺産!オーロラも見れる? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北欧最大の国スウェーデン。面積は日本の約12倍あります。スウェーデン観光旅行では、とても素敵な名所や世界遺産、オーロラを見る事が出来ます。日本で馴染み深いのは、欧風家具やアニメや小説の舞台です。スウェーデン観光旅行に役立つ情報をお届けします!
ヨーテボリ観光ガイド!スウェーデン第2の都市への行き方は?雑貨が人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ヨーテボリ観光ガイド!スウェーデン第2の都市への行き方は?雑貨が人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ヨーテボリはストックホルムに次ぐスウェーデン第2の規模の都市で、歴史ある建造物や遊園地など観光スポットがたくさんあります。北欧雑貨のお店も多く、買い物も楽しめます。そんな是非観光で訪れて欲しい、ヨーテボリの魅力をお伝えします。
投稿日: 2017年7月25日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote