益子に道の駅ましこがオープン!ランチやおしゃれな雑貨が人気!

益子に道の駅ましこがオープン!ランチやおしゃれな雑貨が人気!

2016年にオープンした「道の駅ましこ」には、町を代表する益子焼の他、おしゃれな雑貨や工芸品、益子の豊かな土壌で採れる旬野菜や果物に農産加工品、独自のお土産品が揃っています。人気のランチメニューやお買物情報など、「道の駅ましこ」の魅力をたっぷりご紹介します。

記事の目次

  1. 1.2016年オープン!「道の駅ましこ」とは?
  2. 2.「道の駅ましこ」のおしゃれな外観とくつろぎの空間
  3. 3.「道の駅ましこ」で益子を満喫!益子の魅力がもりもり詰まった「食べる」「買う」「あそぶ」が盛りだくさん!
  4. 4.農産物だけじゃない!おしゃれな雑貨や人気の益子オリジナル商品もそろう「道の駅ましこ」のお買いもの
  5. 5.「道の駅ましこ」で人気の「ましこのごはん」には益子の魅力が凝縮!おしゃれなランチやカフェメニューがいっぱい!
  6. 6.「ましこのごはん」で人気のランチメニューは?
  7. 7.ランチだけじゃない!「道の駅ましこ」の朝食メニュー
  8. 8.「道の駅ましこ」にはテイクアウトできるおしゃれメニューも!
  9. 9.「道の駅ましこ」はカフェメニューも美味しくおしゃれ!
  10. 10.「道の駅ましこ」で開催されるイベントは要チェック!
  11. 11.栃木県の益子町「道の駅ましこ」へのアクセス
  12. 12.「道の駅ましこ」で素敵な休日を

2016年オープン!「道の駅ましこ」とは?

「道の駅ましこ」は、2016年10月、栃木県で24番目の道の駅として栃木県芳賀郡益子町にオープンした道の駅です。豊かな山々と緑あふれる自然の中、伝統工芸「益子焼」の町の新たな観光スポットとして待望のオープンを果たした「道の駅ましこ」。その見どころとおすすめ情報をご紹介していきます。

「道の駅ましこ」のおしゃれな外観とくつろぎの空間

最大32メートル、周囲の里山を思わせる3列の山形の屋根は、屋内にいても解放感いっぱいの大空間を演出しています。地元の杉材や益子焼の原料にもなる土を使い、豊かな自然に溶け込むような、温かな雰囲気で訪れる人々を迎えてくれます。おしゃれで美しい外観や、木の温もりに包まれるゆったりとしたくつろぎの大空間も、「道の駅ましこ」の魅力です。

「道の駅ましこ」の屋外には、広々とした芝生の広場や池があり、芝生の上でテイクアウトしたランチを食べたり、ベンチに座ってジェラートを味わったり、デッキスペースの日陰でゆっくり休んだりと、晴れた日にはカップルやご家族やペット連れで思いっきりピクニック気分で楽しめます。

「道の駅ましこ」で益子を満喫!益子の魅力がもりもり詰まった「食べる」「買う」「あそぶ」が盛りだくさん!

オープンして間もない明るく綺麗な「道の駅ましこ」には、町を代表する益子焼はもちろん、おしゃれな雑貨や工芸品、益子の豊かな土壌で採れる色彩豊かな旬野菜や果物や加工品、地域独自のお土産品が揃っています。メニューに地元の食材を使ったレストランや、益子焼の展示や観光など何でも相談できるインフォメーションもあります。見て触れて益子を味わい尽くしてみてはいかがでしょうか。

益子の美味しさに舌鼓!くつろぎのカフェレストラン「ましこのごはん」

道の駅の楽しみといえば、地元ならではの食材を使った美味しいメニューを期待している人も多いでしょう。レストラン「ましこのごはん」では、益子の旬野菜や加工品がおなかいっぱい楽しめるランチメニューや、おしゃれなカフェメニューなど、解放感あふれるガラス窓からの景色をながめながら、ゆっくりとお食事を楽しめます。

おしゃれな雑貨や益子のお土産品もいっぱい!「ましこのマルシェ」

自然豊かな益子には、季節ごとの美味しいお野菜や果物、農産物でつくる加工品、彩りの花苗などがいっぱいです。「道の駅ましこ」のお買物場「ましこのマルシェ」では、それら地元の農産物加工に加え、手仕事の町ならではの工芸品や雑貨など、益子の魅力がたっぷり並びます。素敵なお土産品の中から、お気に入りを選んでみてください。

益子や益子焼を遊びつくすなら!「ましこのコンシェルジュ」

「道の駅ましこ」にある「ましこのコンシェルジュ」には、益子町の「食」や「住」、観光に関する情報がそろっています。観光パンフレットもこちらで入手できます。伝統工芸「益子焼」の展示や体験の案内もあり、壁一面にズラリと並ぶ陶芸作家たちの作品は素晴らしく、100を超える展示作品の数は圧巻です!

農産物だけじゃない!おしゃれな雑貨や人気の益子オリジナル商品もそろう「道の駅ましこ」のお買いもの

益子といえば「益子焼」!「道の駅ましこ」では、ドラえもんとコラボレーションした可愛い雑貨のような益子焼や、伝統的な益子焼のコーヒーカップや湯飲み、日常使いの食器などが展示販売されています。お気に入りと出会えたなら、ぜひご自宅に持ち帰って、日常に楽しみと彩りを取り入れてみてください。

手仕事の町の益子には、「益子焼」の陶芸家の他にも、魅力的な作家さんが集います。「14ひきのシリーズ」や「こりすのシリーズ」が国内外で親しまれている益子町在住の絵本作家、いわむらかずおさんがパッケージデザインした人気のお煎餅や飴、グッズも販売されていて、ほのぼのとしたキャラクターがおしゃれでかわいいと人気です。

「道の駅ましこ」では、注染という伝統的な型染めで染めあげられたオリジナルの「ましこのてぬぐい」もおしゃれで人気です。「ましこのてぬぐい」は、伝統技法を継承する染めの技と、道の駅のロゴデザインを担当された型絵染作家・小田中耕一さんの柄デザインのコラボレーションです。お土産に、今ひそかなブームが来ているてぬぐいはいかがでしょうか。

レストランや芝生やデッキで食べたり、お土産に大人気なのが、「とろたまぷりん」です。1つのプリンの中に益子町産の新鮮卵を1個使用した贅沢で濃厚なプリンは、数量限定の人気商品です。なめらかな舌触りのプリンには、お釜型の容器に入ったタイプもあります。かわいい小さな陶器のお釜は、食べた後の使い道を考えるのもワクワク楽しいですね。

「道の駅ましこ」オリジナルの「ましこピクルス」は、おしゃれなお土産として人気です。益子町産の新鮮な旬の野菜を漬け込み、色鮮やかなピクルスをお土産にいただいたら嬉しいですよね。おつまみに副菜にそのまま食べたり、カレーやパスタにあわせたりと幅広い料理で大活躍です。

地元産の材料を使った商品を多数そろえる「道の駅ましこ」には、オリジナルの焼き菓子や甘味もたくさん並んでいます。お米から出来たブルーベリー風味のクラッカー、地元の洋菓子店が焼くクランベリーのパウンドケーキ、益子名物の「ぽんた饅頭」、中でも地元の日光甚五郎煎餅のお煎餅は、豊富な味の展開とおしゃれなパッケージで、ついついいくつも買ってしまいたくなる人気商品です。

「道の駅ましこ」には、益子町産の菜種油と野菜・果物を使ったオリジナルドレッシングがあります。保存料不使用のこだわりのドレッシングは、ねぎ・にんじん・焼しいたけ・ホースラディッシュ・パクチー・とちおとめ・バジルの多彩なラインナップです。いちごのドレッシングを扱っているのも、収穫量全国一位を誇る「いちご王国」栃木ならではですね。

「道の駅ましこ」で人気の「ましこのごはん」には益子の魅力が凝縮!おしゃれなランチやカフェメニューがいっぱい!

全面ガラス張りの窓から自然美あふれる景色を眺めながら口にするものは美味しさも格別です。「道の駅ましこ」にあるレストラン「ましこのごはん」では、木の温かみのあるテーブルで、益子焼のおしゃれな器に盛られたお食事やカフェメニューをいただく事ができます。売り切れになることもあるので、お目当てのランチは早い時間に狙いたいですね。

「ましこのごはん」の営業時間は、【朝食】9時~11時、【ランチ】11時~14時、【カフェ】14時~17時。地元の採れたての新鮮なお野菜やフレッシュな果物をふんだんに使ったお食事やカフェメニューなど、益子の魅力がいっぱい詰まったメニューが提供されています。

「ましこのごはん」で人気のランチメニューは?

「道の駅ましこ」には、「ましこのごはん定食」と「道の駅定食」の定食があり、売り切れてしまうこともあるほどの人気ぶりです。その時期が一番美味しい旬の食材がたっぷりで、月ごとに設定されるメニューは、益子の美味しさを凝縮した食べ応え充分のランチです。限定で、季節の御膳が提供されていることもありますので、チェックしてみてください。

お野菜も好きだけどやっぱりお肉!という方には、ごはんが見えなくなるほどたっぷりのローストポークが乗ったローストポーク丼はいかがでしょうか。低温でじっくり調理した大きな豚肉は、ふんわりピンク色、とろけるような柔らかさです。豚肉のしつこさのないさっぱり体に優しいお味で、お野菜たっぷりのお味噌汁と一緒にどうぞ。

「ましこのごはん」でさっぱりヘルシーなランチをいただきたい方には、うどんメニューが人気です。夏には、丼いっぱいのシャキシャキお野菜と卵をゴマだれでからめた「サラダうどん」がお目見えするなど、たかがうどんとはあなどれないのが「道の駅ましこ」のランチメニューです。

ランチだけじゃない!「道の駅ましこ」の朝食メニュー

旅の途中のひと息や、ちょっと遅めの朝ごはんなど、お外でいただく朝食はゆっくりくつろいでいただきたいものです。朝食タイムの「ましこのごはん」には、「おにぎりセット」が用意されています。朝日の差し込む窓から、周辺の田畑や緑いっぱいの景色をながめながら、ゆったりとした時間を過ごされてはいかがでしょう。

「道の駅ましこ」にはテイクアウトできるおしゃれメニューも!

屋外に芝生広場が広がる「道の駅ましこ」では、外でゆっくりテイクアウトメニューをいただくのもおすすめです。土日やイベントの日には、屋外にたくさんの移動販売店も並びます。益子町でエスニック料理が評判のカフェ「ゾーファンチィ」の、旨みがギュッとつまった美味しいドライカレー弁当など、宝物をみつけるように美味しいもの探しを楽しんでみてください。

「道の駅ましこ」はカフェメニューも美味しくおしゃれ!

カフェタイムには、カフェレストラン「ましこのごはん」で、ゆっくり過ごされてみてはいかがでしょうか。美味しいドリップコーヒー、フルーツたっぷりのドリンクメニューや、おしゃれなパフェやジェラートなど、カフェメニューでも季節のメニューが楽しめるのも「道の駅ましこ」の人気の理由です。

「道の駅ましこ」のドリンクメニューは、充実の品ぞろえです。こだわりのブレンドコーヒーをはじめ、地元の旬の果実や野菜をたっぷりと使ったスムージー・サワー・ジュースなどなど。四季折々の益子を味わえる、色鮮やかでフレッシュなドリンクメニューを楽しめます。

カフェメニューにも旬のフルーツがふんだんに使われているのが「道の駅ましこ」の魅力です。季節のフルーツたっぷりのパフェやアイスやソフト、フルーツ添えのシフォンケーキ、とろける甘さのフルーツジェラートなど、おしゃれで美味しそうな彩りのデザートを目の前にしたら、思わず写真に撮りたくなりますね。

益子のカフェで人気なのは?おすすめ店でおしゃれランチを楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
益子のカフェで人気なのは?おすすめ店でおしゃれランチを楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
栃木県南東部にあり、益子焼きで有名な益子町。陶芸美術館を始めとする人気観光スポットがたくさんある益子町には大勢の観光客が訪れます。観光地を満喫したあとはおしゃれなカフェでまったりした時間を過ごしてみませんか?今回は益子にある特におすすめのカフェをご紹介します。

「道の駅ましこ」で開催されるイベントは要チェック!

毎月第三日曜日には、「道の駅ましこ」の芝生広場で「益子朝市」が開催されています。益子で人気のお店が集結して、カフェドリンク・パン・お惣菜・お弁当・新鮮野菜・オーガニックフード等がところ狭しと並び、オープン間もない道の駅を更に活気づかせています。芝生の上で思い思いにのんびり過ごしながら、お気に入りのお店を見つけてみてください。

「道の駅ましこ」では、季節にあわせたイベントが開催されます。春夏秋冬それぞれの旬を集めたフェア―や市場、農産物の採取や農産物を使った加工品を作る体験会など、広場やマルシェやイベントホールのあちらこちらで季節を味わいつくせます。いちごの美味しい2月に開催される「いちごフェア」も必見。特産「とちおとめ」「とちひめ」「スカイベリー」を食べ比べる、なんて贅沢も地元ならではの楽しみです。

「道の駅ましこ」周辺は、おだやかな田園風景が広がっています。季節の花々が見頃を迎える時期には、ひまわり・コスモスなど、豊かな土壌と太陽をいっぱい浴びた花々が、東京ドーム2~3個分の広大な花畑を造り上げます。「道の駅ましこ」にはレンタサイクルも用意されていますので、8月・10月の見頃の時期には、ぜひチェックして少し足をのばしてみてください。

益子陶器市に行きたい!アクセス方法やおすすめの時間帯は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
益子陶器市に行きたい!アクセス方法やおすすめの時間帯は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
益子陶器市は、春、秋、年2回恒例で開催されています。若者、外国人の益子焼陶芸家さんの増加により、年毎に盛大になっています。益子陶器市への、アクセス、行き方、時間をご紹介します。お目当ての作家さんの陶器が欲しい方は、初日の早い時間帯が、おすすめです!
益子観光のおすすめは?益子の森や陶芸体験・陶芸メッセなど! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
益子観光のおすすめは?益子の森や陶芸体験・陶芸メッセなど! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本有数の陶器の町・益子(ましこ)は栃木県東部に位置します。城内坂通りを中心としたエリアでは観光はもちろん、買い物や陶芸体験を。自然豊かな益子の森ではハイキングなど、家族でも楽しめるスポットがたくさんあります。今回は益子観光に役立つ情報をお届けします。

栃木県の益子町「道の駅ましこ」へのアクセス

「道の駅ましこ」へは、車でのアクセスが便利です。北関東自動車道「真岡IC」から20分・「桜川筑西IC」から15分。真岡鐵道「益子駅」からは、タクシーで10分の距離ですが、自転車でも20分ほどですので、駅でレンタサイクルを借りて、田園風景を眺めながらのんびり訪れてみるのもいいですね。

「道の駅ましこ」で素敵な休日を

2016年10月にオープンした「道の駅ましこ」についてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。益子には、豊かな土壌から創りだされる味覚や、おしゃれな雑貨、伝統ある益子焼や日常を彩る工芸品など、魅力あふれる品々がいっぱいです。旅の通過点としてだけでなく、楽しみ満載の「道の駅ましこ」を目当てにお出かけしてみませんか。

Suzu
ライター

Suzu

みなさんと色んな場所を旅したいです♪

関連記事

人気記事ランキング