袖ヶ浦の観光スポット情報!定番から隠れた穴場までまとめて紹介!

2017年10月22日 (2020年1月8日最終更新)

市原市と木更津市に挟まれた都市、袖ヶ浦市。家族や恋人と千葉県を観光したい方におすすめの地域になり、海浜公園など定番からまだあまり知られていない穴場の観光地まで数多く点在しています。1年中どの季節にも楽しめる袖ヶ浦には、1度は訪れてほしい観光名所が沢山あります。

目次

  1. 袖ヶ浦のおすすめ観光地をご紹介!
  2. 袖ヶ浦の観光地1:ダチョウが主役「ダチョウ王国 袖ヶ浦ファーム」
  3. 袖ヶ浦の観光地2:里山生活を体験「上総自然学校」
  4. 袖ヶ浦の観光地3:親子3世代で楽しめる「百目木公園」
  5. 袖ヶ浦の観光地4:東京湾を一望「袖ヶ浦海浜公園」
  6. 袖ヶ浦の観光地5:袖ヶ浦を代表「東京ドイツ村」
  7. 袖ヶ浦の観光地6:関東三大イルミネーション「東京ドイツ村」
  8. 袖ヶ浦の観光地7:のどかな風景「森のまきば オートキャンプ場」
  9. 袖ヶ浦の観光地8:古い歴史「率土神社」
  10. 袖ヶ浦の観光地9:地元の名産品「ゆりの里」
  11. 袖ヶ浦の観光地10:緑と文化のあふれる公園「袖ヶ浦公園」
  12. 袖ヶ浦の観光地11:甘いグルメ「石橋農園」
  13. 袖ヶ浦の観光地12:農耕の神様「飽富神社」
  14. 袖ヶ浦の観光地13:農業体験しよう「農園イクア」
  15. みんなで楽しめる袖ヶ浦へ観光に行こう!

袖ヶ浦のおすすめ観光地をご紹介!

21827026 134336203853269 3672517326676164608 n
kaori0503

千葉県の観光名所である袖ヶ浦市は、東京湾の景色を眺めながら優雅な休日を過ごせる観光地が数多く点在しています。海浜公園や公園など定番の観光地から、袖ヶ浦ならではの穴場の観光地までバラエティ豊かです。今回はそんな袖ヶ浦で家族でも友達でもカップルでも楽しめる人気の観光地の中から、まとめておすすめの観光地をご紹介します。

袖ヶ浦の観光地1:ダチョウが主役「ダチョウ王国 袖ヶ浦ファーム」

ダチョウが主役の珍しい牧場になり、可愛いダチョウがのんびりと生活しています。人に慣れているダチョウばかりなので、餌を持っていけばダチョウの方から近づいてきてくれます。ダチョウの大きな卵を使用した料理を食べることができ、ダチョウ肉を使用したバーベキューなど、他の牧場では体験できない充実した1日を過ごせます。

もちろんダチョウだけでなく、アルパカやウサギ、馬やヤギなど牧場の定番の動物たちにも出会うことができます。アルパカは柵の中に入り触ることができるので、そのフワフワの毛を実感することができます。まだ観光地としては穴場の場所になりますが、地元の方には定番の人気観光地です。動物と自然と触れ合い、のんびりと過ごせます。

住所:千葉県袖ヶ浦市上泉1506-10
電話番号:0438-60-4100

袖ヶ浦の観光地2:里山生活を体験「上総自然学校」

20214250 842175922625908 7251351237554077696 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
aglucc

袖ヶ浦市の中でも最も自然が多く残る場所になり、穴場の観光地として静かに過ごしたい方におすすめです。里山での生活を体験出来たり、大自然の中でさまざまな体験ができるので、子供連れの方に人気があります。自然の保護活動を行っている場所でもあり、体験教室には誰でも参加できるので毎年夏休みの自由研究の課題にする方が多くいます。

1年中季節ごとのイベントが行われ、家族みんなで参加することができます。近年失われつつある里山で思いっきり観光を楽しむことができるので、自然の大切さについて改めて知ることができます。普段はあまり見られない動植物にも出会うことができ、日本の大切な四季を感じることができます。自然の素晴らしさ、そして景色を楽しみたい方におすすめです。

住所:千葉県袖ヶ浦市川原井634
電話番号:0438-75-7414

袖ヶ浦の観光地3:親子3世代で楽しめる「百目木公園」

21147322 148422265743900 7398040670113366016 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
parkful

袖ヶ浦で穴場の公園になり、広い芝生広場のほかに大型遊具や、野球、テニス、ゲートボールも楽しめるおすすめの観光地です。親子3世代でそれぞれ体を動かすことができ、家族みんなでピクニックもできます。多目的広場もあり、小さい子供から楽しむことができます。観光地として穴場の場所になり、家族みんなで楽しみたい方にはおすすめです。

17881391 1723110304645565 2975426155802263552 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
booya822

他にも愛犬が思いっきり遊べる広いドックランや、夏の時期にはプールが開催されます。プールにはスライダーや噴水があり、いつもとは違うプールに子供たちも喜んでくれるはずです。1日思いっきり体を動かすことができ、愛犬を含めて家族みんなで楽しい時間を過ごすことができます。穴場の観光地になるので、のびのびと静かな空間で過ごせます。

住所:千葉県袖ケ浦市百目木200
電話番号:0438-75-7277

袖ヶ浦の観光地4:東京湾を一望「袖ヶ浦海浜公園」

22278361 1969968026625266 5634577280773652480 n
minmi323

袖ヶ浦で定番の観光地になり、東京湾の景色を一望できる人気の場所です。海浜公園は海岸沿いに続いており、芝生でピクニックや、サイクリングコースでスポーツも楽しめます。袖ヶ浦海浜公園は、千葉港南部の親水公園として建設され、地元の方の憩いの場としても人気のある場所です。定番の観光地なので、シーズン問わず多くの人々で賑わっています。

袖ヶ浦海浜公園は夕日や夜景が綺麗と人気があり、夜景は遠く海ほたるの橋を見渡すことができます。また、海浜公園内にあるシンボルの塔は登ることができ、天気の良い日には遠く富士山や東京スカイツリーの景色を楽しむことができます。のんびりと海の景色を楽しみ、遊具などでアウトドアも楽しめる定番の海浜公園です。のんびりとした1日を過ごせます。

21910888 125759698082126 3722066685037903872 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
kmkm96

袖ヶ浦海浜公園では毎年夏にロックフェスがあることで知られています。千葉県出身のバンド「氣志團」主催のロックフェスになり、毎年多くのファンが海浜公園を訪れています。夏の海浜公園は海と音楽で大いに盛り上がり、音楽フェスの定番の地となっています。海浜公園ではそれぞれのスタイルで充実した休日を過ごすことができます。

住所:千葉県袖ヶ浦市南袖36

袖ヶ浦の観光地5:袖ヶ浦を代表「東京ドイツ村」

袖ヶ浦を代表する定番の観光地になり、ドイツをイメージした街づくりに心奪われます。家族でもカップルでも楽しむことができ、四季折々の景色を楽しめると人気があります。気軽に異国風情を楽しむことができ、広大な敷地にはさまざまな遊び場が点在しています。洋風のおしゃれな建物、カフェやお土産屋、そして広い芝生広場とのんびりできます。

パターゴルフ場、芝そりゲレンデ、観覧車とさまざまなアトラクションがあり、敷地の半分以上が花畑と神秘的な美しい自然の絶景と楽しめます。芝生広場でお弁当を広げながら食べるのはもちろん、レストランやバーベキューなどみんなで盛り上がることができます。ドイツで人気のソーセージやビールを味わうことができます。

住所:千葉県袖ヶ浦市永吉419
電話番号:0438-60-5511

袖ヶ浦の観光地6:関東三大イルミネーション「東京ドイツ村」

22278246 292515361232676 6736616015767011328 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
ny0__0yn

毎年11月から3月にかけてイルミネーションが行われ、関東三大イルミネーションの1つとして人気があります。クリスマスにはカップルの定番デートスポットとしても知られ、美しい光の景色を楽しもうと多くの観光客が訪れます。毎年テーマが違うので、何度足を運んでも新しい光の世界を楽しめます。夕暮れ時から始まり、広場では音楽と光のイベントがあります。

22427210 579532519044878 2218343762206130176 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
yamashita72

ドイツをイメージしたおしゃれな建物から広い花畑までをすべて光の世界へ変え、どの角度から見ても美しい景色を楽しめます。穴場の場所は観覧車になり、高い場所から全貌を見ればそのイルミネーションのテーマがすぐわかるようになっています。目の錯覚を利用して1つの物語になっているので、ぜひ1度光の世界へ足を運んでみて下さい。

住所:千葉県袖ヶ浦市永吉419
電話番号:0438-60-5511

14022千葉県の観光おすすめスポットランキングTOP30!名所に秘境も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
千葉県には幅広い観光スポットが集まっています!レジャー、自然と幅広い観光スポットが訪問者の期...

袖ヶ浦の観光地7:のどかな風景「森のまきば オートキャンプ場」

22278085 784634391740641 7809108760198119424 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
38explore

牧歌的なのどかな風景の広がる定番のキャンプ場になり、子供から大人まで大自然の中で過ごすことができます。フリーサイドでキャンプを楽しめ、ボールやフリスビーなどで思いっきり体を動かすことができます。愛犬も一緒に観光することができ、ドックランもあるので放し飼いで思いっきり運動させることができます。家族連れに人気の観光地です。

それぞれのスタイルでアウトドアを楽しむことができ、宿泊者は翌日の17時までゆったりと過ごすことができます。季節ごとのイベントも行われており、夏場には川遊びやブルーベリー狩りと自然の中で遊ぶことができます。朝、昼、晩とそれぞれの自然の景色を楽しめ、どこまでも続く芝生広場の景色を眺めながらリフレッシュできます。

住所:千葉県袖ヶ浦市林562-1-3
電話番号:0438-75-2966

袖ヶ浦の観光地8:古い歴史「率土神社」

17439329 1428569857213011 858298022390398976 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
shinobu_fujihira

かなり古い歴史があることで知られている神社になり、穴場の観光地になります。地元の方には親しまれており、かつてインドにあった摩伽陀国の妃と埴康姫を祭神としています。創建は奈良時代と伝えられており、今でも日本の古き良き歴史を垣間見ることができます。江戸時代から伝わる祭りも毎年10月に行われ、多くの観光客や地元の方で賑わいます。

緑豊かな自然に囲まれており、境内はとても神秘的な雰囲気に包まれています。袖ヶ浦に古くから伝わる伝統を見ることができ、歴史好きの方にはたまらない観光地でもあります。穴場になるので、静かな空間でのんびりと散策することができます。剣の舞や鈴の舞などここでしか見られない日本の歴史を見学し、神々しい力強いスポットでもあります。

住所:千葉県袖ヶ浦市神納3382
電話番号:0438-63-5210

袖ヶ浦の観光地9:地元の名産品「ゆりの里」

11379042 400696346783519 1605316513 n
akko523

新鮮な地元の野菜を購入できる人気の観光地です。購入はもちろん、その場で食べることもできるのでドライブの休憩がてら気軽に立ち寄ることができます。野菜やお米、卵をはじめ、手作りジェラートもあります。多くの商品が販売されているので、ついつい目移りしてしまいます。季節ごとの旬の食材を買えるので、お土産としても人気があります。

12797753 732617993540995 2142928302 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
hashi_eri

人気のジェラートはさまざまな種類があり、すべて千葉県産の野菜や果物を使用しています。季節ごとに変わるものや、定番の抹茶やバニラもあります。子供から大人まで楽しむことができ、観光の休憩がてらジェラートを楽しむ方も多くいます。落ち着いた雰囲気のお店になり、外にはテーブルやベンチもあるので景色を楽しみながらゆったりできます。

住所:千葉県袖ヶ浦市飯富1635-1
電話番号:0438-60-2550

袖ヶ浦の観光地10:緑と文化のあふれる公園「袖ヶ浦公園」

18252665 789168024576721 5082563271865663488 n
kenny_0728

花、水、緑、文化と充実した休日を過ごすことができる人気の観光地です。子供から大人まで楽しむことができ、大きな池があるのが目印です。水辺の景色がとても美しく、癒しの空間が広がっています。梅、菜の花、桜など季節ごとの色鮮やかな花の景色を楽しめ、花見をする観光客が多くいます。地元の方からも人気があり、休日には多くの人々で賑わいます。

自然の景色や音で癒されながらのんびりと散策することができます。また、園内には自然だけでなく郷土博物館、江戸時代の住宅など歴史を感じられるスポットもあります。万葉の里には、万葉集に登場する草木や住まいを見学することができ、遊びながらかつての暮らしぶりについて学ぶことができます。自然と文化を一度に楽しめる公園です。

19764924 172909819917199 6316296853889482752 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
joryjory007

袖ヶ浦市内で最も大きい公園としても知られており、遊具がある広場や、広い芝生広場もありのんびりと過ごすことができます。冬の間は越冬をする渡り鳥の姿を見ることができ、バードウォッチングの人気場所としても知られています。園内には池も2つあり、花の景色を楽しみながらカフェやレストランなどで休憩することができます。

住所:千葉県袖ヶ浦市飯富2360

袖ヶ浦の観光地11:甘いグルメ「石橋農園」

926046 209404642736169 963457961 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ryo1sa10

春にイチゴ狩りが体験できる穴場の観光地です。実は袖ヶ浦市はイチゴ農園が数多く点在しており、春には多くの観光客が訪れています。カップルや友達とイチゴ狩りを楽しみ、甘い味にお腹いっぱい楽しむことができます。石橋農園は先ほど紹介した百目木公園の近く、高速インターから約3分とアクセス抜群の場所に位置しています。

真っ赤に染まった甘いイチゴを食べ放題でき、時期によっては時間無制限でのんびりと味わうことができます。品種は大きくて甘味の強いのが特徴的な「章姫」を取り扱っています。大粒の実は驚きを隠せず、噛むごとのに口の中に広がる甘味はクセになる味になります。農薬を使わずに栽培しているので、安心して食べ続けることができます。

住所:千葉県袖ヶ浦市三箇2088
電話番号:0438-75-8888

袖ヶ浦の観光地12:農耕の神様「飽富神社」

20213777 347497279014689 1880317002648649728 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
sode0

平安時代の史料にすでに記述があったこの神社は、古くより袖ヶ浦市の農業の神様として多くの人々が参拝をしてきました。現在の社殿は江戸時代初期に建てられたものになり、歴史を感じ、堂々たるその姿は力強さも感じることができます。今でもなお袖ヶ浦の人々の信仰の場として親しまれており、穴場の観光地としてゆったりと過ごすことができます。

12445950 232020203824977 550278590 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
dadanda_munak

毎年正月に行われる神事が無形民俗文化財に登録されており、多くの観光客や地元の方で賑わいます。筒粥と呼ばれる神事になり、お粥の中に筒を入れ、筒の中に入ったお粥の量でその年が豊作かどうか占うものになります。今でもなおこの神事が行われており、かつての人々の生活ぶりを感じることができます。ぜひ時期の合う方は足を運んでみて下さい。

住所:千葉県袖ヶ浦市飯富2863
電話番号:0438-62-2111

Original千葉県内の梨狩りスポット特集!おすすめ&人気の農園をまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
いよいよ秋の味覚狩りの時期になりました。秋の季節に旬の果物の梨狩りは外すわけにはいきませんね...

袖ヶ浦の観光地13:農業体験しよう「農園イクア」

22580817 292309314600751 2906632543635767296 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
nksk8

落花生やじゃがいも、さつまいもなどさまざまな野菜の収穫体験をできる農園です。夏にはとうもろこしも収穫でき、春、夏、秋とさまざまな種類の野菜を収穫できます。人気は秋の落花生になり、千葉県産の美味しい落花生を味わうことができます。併設している野菜直売所にはさまざまな新鮮な野菜が販売されており、地元の方にも親しまれています。

格安で野菜をゲットでき、広い青空の下で土と触れ合えば日々のストレスなど吹き飛んでしまいます。澄み切った空気の中で普段なかなか体験できない農業体験ができるので、子供から大人まで楽しい思い出を作ることができます。農場の人たちはとても気さくな方たちばかりなので、初めての方でも丁寧に教えてくれます。ぜひ1度足を運んでみて下さい。

住所:千葉県袖ヶ浦市川原井2041-3
電話番号:0438-75-2441

みんなで楽しめる袖ヶ浦へ観光に行こう!

22351716 133810987344493 1668747742576377856 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
ali_ncp13

海や緑豊かな自然、そして季節ごとの自然の景色とリフレッシュできる観光地が多く点在しています。東京湾アクアラインを利用すれば都内からすぐにアクセスでき、日帰りでも充分楽しむことができます。あなたのスタイルに合う観光地はいくつ見つかりましたか?ぜひ友達と、家族と、恋人とさまざまなシチュエーションに利用できる袖ヶ浦へ観光に行きましょう。

関連記事

612.thumb
この記事のライター
mdn
一眼レフ片手に散歩や旅行、カフェ巡りをするのが好きです。みなさんにおすすめの観光地やカフェ情報をお伝えしていきたいです。よろしくお願いします。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する