地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

シュールストレミングは世界一臭い缶詰?その味や美味しい食べ方まで徹底調査!

世界一臭い缶詰として有名なシュールストレミング。日本でも有名な臭い魚の干物、くさやと比べられて、それ以上に臭いと知れ渡っています。しかし食べ方によっては美味しいともいわれる、世界一臭い缶詰として有名なシュールストレミングをご紹介します。

世界一臭いことで有名な缶詰「シュールストレミング」見出し

Photo by asobitsuchiya

スウェーデンで作られる世界一臭い缶詰、シュールストレミング。とにかく臭い。とにかくやばい。そんなイメージが日本でも先行し、バラエティ番組の罰ゲームからネット動画のネタにまで使われる世界一有名な缶詰です。臭いと言われる有名な干物「くさや」の何倍も臭いと言われています。

スウェーデンにある様々な伝統料理見出し

Photo by t-mizo

北欧の国スウェーデン。そこには日本でもなじみのある料理から、存在を知らない料理まで様々です。じゃがいもとアンチョビのグラタンや薄焼きのパンケーキなど、日本人も好む料理も多いです。海に恵まれたスウェーデンでは中世の時代から海産物を使った料理が伝統的に食べられてきました。

Photo by is_kyoto_jp

また、スウェーデンはその土地柄、新鮮な野菜が採れない時期が多く、ビタミンCの欠如を防ぐためにジャガイモやカブ等料理に取り入れることが多かったとされます。果物なども長期保存のきく食べ方が研究されてきました。今でこそ安い価格で購入できますが、冬の長いスウェーデンでは生き残るために深刻な問題でした。

Photo by Kentaro Ohno

スウェーデンには豊かな海がありましたが、貿易の際には新鮮なまま魚を届けることが難しく、発酵技術も進化していきました。スウェーデンでは魚の塩漬けが重要な貿易品として扱われ、多くの国に愛されてきました。こういったスウェーデンの努力が、世界的に有名な缶詰、シュールストレミング生み出したのです。

スウェーデン料理を現地で!特徴的な食文化も紹介!旅行で味わう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
スウェーデン料理を現地で!特徴的な食文化も紹介!旅行で味わう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
旅行に行ったら現地の料理を味わうのも楽しみの1つ。スウェーデンと言えばどのような料理をイメージするでしょうか?シーフードやミートボールが有名ですが、定番料理から日本では珍しい料理まで、魅力的なスウェーデン料理と食文化を紹介します。

世界一臭い缶詰シュールストレミングの材料見出し

シュールストレミングの缶詰は日本ではめったに見ることができません。それゆえにどんな材料が使われているのか想像もつかないと思う人もいるかもしれませんが、材料はとてもシンプルで魚と塩のみなのです。歴史的にスウェーデンでは重要な貿易商材として使われてきた魚は、価格も安定していていろんな食べ方をされていました。

シュールストレミングに使われるのは決して特別な魚ではなく、日本でも好まれて食べられるニシンです。焼いたり煮たりと美味しい食べ方の多い魚なのですが、貿易が始まった14世紀頃のスウェーデンでは今のように新鮮な状態で運ぶことができず、塩漬けにしてはこんでいました。この時に貿易で使われていた魚はタラやニシンなどが主流でした。

世界一臭い缶詰シュールストレミングの歴史見出し

シュールストレミングが産まれた背景には、塩の存在がかかせません。中世時代、スウェーデンで塩の価格が高騰していて、購入の難しい調味料でした。そんな中、スウェーデンでは豊富に採れる魚は肉よりも一般的にも多く食べられていました。しかし、味付けに使われる塩は魚以上に価格が高い貴重な存在でした。

Photo by Sinchen.Lin

海があるのに塩が貴重なのは、スウェーデンの気候や日射時間が塩をつくるために適していなかったからなのです。塩があれば同じ食材でも様々な食べ方ができるのですが、塩こそが購入しづらい貴重品となってしまっていたので、豊富な材料も食べ方に工夫が必要になってきます。

Photo by 渡辺 真一

また、料理を加熱するために使われる薪も貴重で、スウェーデンでは「塩」と「薪」を節約してなおかつ保存のきく食べ方が模索されました。この時に薪が豊富に使えれば、シュールストレミングは誕生せず、スウェーデンにはおいしいニシンの燻製が存在していたかもしれません。

加熱せず、ギリギリの塩加減で腐らない魚料理を作る。それがシュールストレミングの原点だったといわれています。腐敗しない時期の気候に、腐敗しないぎりぎりの塩加減で発酵させて作られたニシン。それは17世紀頃には臭いはともかくスウェーデンでは王軍の貴重な食料となりました。

世界一臭い缶詰シュールストレミングの匂いの秘密見出し

おいしい魚が何故ここまで臭いか。すべての理由は「発酵」にあります。日本の食べ物でも、納豆のように発酵させた料理は臭いです。腐敗した魚が臭いように、発酵した魚も異臭を放ちます。食べて身体に害がなければ発酵、害があれば腐敗と言われる通り、二つは表裏一体なのです。

シュールストレミングの作り方は、腐敗しないぎりぎりの塩分で作ります。塩が豊富にあれば、固形の塩で塩漬けにするのですが、スウェーデンでは塩水でニシンを発酵させました。この作り方では食べるのも戸惑うくらいの異臭がするけれど、腐敗はしていないということをスウェーデンの人たちは肌で学んできたのです。

加熱処理をしない作り方で作られているため、シュールストレミングは缶詰のなかでも発酵し続けています。缶詰を見ると少し膨らんでいることがよくわかります。シュールストレミングの匂いはこの発酵し続ける汁によって引き出されている上、缶を開けた瞬間に発酵したガスと一緒にこの匂いと汁が飛び散り、周りの人は悲鳴と叫び声をあげます。

「くさや」より臭い?「シュールストレミング」見出し

日本ではくさやと比べられることが多いシュールストレミング。実際匂ってみないとわからない、くさやも匂ったことがないという人もいると思います。シュールストレミングの匂いは、腐敗臭や生ごみに例えられますが、アラバスター単位という臭気を表す単位があり、数値で表すこともできます。

Photo by Jason Oertell

日本で身近な食材、納豆は「452」です。焼き立てのくさやはその約3倍である「1267」になっています。では世界で最も臭いと言われるシュールストレミングはどのくらいかというと「8070」という数字を記録しています。くさやの約6倍にあたります。これは缶詰を開けた瞬間に発生するので、慣れない人は嘔吐する人もいます。

世界一臭い缶詰シュールストレミングの注意事項見出し

Photo by lasta29

シュールストレミングはその存在から臭気テロと呼ばれることもあり、口に含まなくても缶詰を開けた瞬間に発酵臭が漂い、屋内で開けないでくださいと注意書きがされ、またその発酵した汁が布に付着したら最後、取り除くことはできないという恐ろしい注意事項があります。

Photo by cinz

また、シュールストレミングは飛行機での輸送が難しいので、航空会社によってはシュールストレミングの持ち込みは禁止されています。手荷物として機内に持ち込むことはほぼできません。気圧の変化で缶詰が破損してしまった場合、その機内は恐ろしい地獄と化してしまいます。

Photo by つんつん

シュールストレミングの保存方法は要冷蔵です。冷蔵しないと発酵がすすんでしまい、ニシンの身がとけて完全になくなってしまう上、何かのはずみで缶が破裂し、異臭をまき散らします。その匂いに海外では実際にテロと勘違いして大騒ぎになったというニュースもあります。

世界一臭い缶詰シュールストレミングの開け方見出し

シュールストレミングは、屋内で開けてはいけません。かならず屋外の広いところで開封し、中の身をウォッカなどのお酒で洗ってきれいにします。この時に注意なのが、万が一汁が散っても大丈夫なように、捨てても惜しくない服で行くのが肝心です。手に飛び散るとしばらく匂いが消えません。

シュールストレミングに慣れた人は、水を張った流し場で発酵した汁を流しながら、身もきれいにしていきます。しかし開けた瞬間にはやはり異臭がひどく、もし自分がその匂いと相いれないと感じた時には手遅れなので、初めて開けるときには屋外の風通しのいい場所がおすすめです。

Photo by anko.gaku_ula

シュールストレミングの匂いは、数日間とれません。服につけばその服は捨てることになってしまいます。裸で開ける人もいますが、肌に触れた場合は当分匂いがとれないので、裸での開封はおすすめできません。ゴム手袋を付けて、透明なゴミ袋に入れるのがおすすめです。目に入ると精神的なダメージが大きく、ゴーグルをつける人もいます。

世界一臭い缶詰シュールストレミングの味見出し

そんな異臭がするものをどうして食べるのか。おいしい食べ方などないのではないか。どんなに安くても購入したくない。と思う人もいるかもしれません。しかし、日本の納豆や中国の臭豆腐、グリーンランドのキビヤックなど、世界には理解できないと言われながらも人によっては大好きという食べ物は多いのです。

また、臭いと有名なドリアンも果物の王様と呼ばれるほど美味しい一面もあります。シュールストレミングもその匂いから「やばい」「世界一臭い」という印象が先行してしまってはいますが、スウェーデンでは長く食べ続けられている伝統的な料理なのです。正しい食べ方をすると、「おいしい」と思える味を感じることができるのです。

ネット動画では発酵した汁をすするという人もいますが、あの汁は捨てるものです。食べるものではありません。中に入っているニシンを取り出し、洗い、骨を取り除きます。そしてジャガイモやクリームチーズ等と混ぜて食べるのが正しい食べ方です。それだけを食べるのはよほどシュールストレミングが好きな人の食べ方です。

シュールストレミングの美味しい食べ方見出し

地元スウェーデンでも味の感想は「おいしい」と「おいしくない」に二分しているシュールストレミング。その味はと言うと塩気の強い魚の味なのです。アンチョビのようにそれだけでは塩味が濃すぎてしまうため、ジャガイモやチーズ、たまねぎなど他の食材と一緒に混ぜ、パン等に乗せることで塩味が薄まり、ちょうどよい味になります。

Photo by monoprixgourmet_bis

フラットブラッドのような素朴な味のパンに乗せて食べる人もいれば、クレープのように薄めのパンケーキに様々な食材と一緒に乗せて食べる人もいます。混ぜるのはジャガイモが定番ですが、サワークリームや玉ねぎなど、匂いの強い野菜も人気です。シュールストレミングの生臭さを消して、美味しいと感じさせてくれます。

世界一臭い缶詰シュールストレミングはご飯に合う?見出し

Photo by matsudon,giraffe

正しい開け方をしたシュールストレミングは、塩気がほどよく、イカの塩辛よりもまろやかでご飯にも合うという意見もあります。匂いがとれてしまったシュールストレミングは怖くありません。しめ鯖や鮒ずしなどの、匂いの強い魚に慣れている人ならば、「ごはんのおともになるのでは?」とひらめく味です。

しかし、万人受けする食材はありません。一人に「ご飯と一緒に食べたい」と思わせてくれるシュールストレミングでも、人によっては口に運ぶことができない存在である可能性があるのです。鮒ずしやイカの塩辛が好きな人は試してみる価値は十分にありますが、試してみるときは自己責任です。

店頭に置けない!世界一臭い缶詰シュールストレミング見出し

スウェーデンのスーパーでは一般的に取り扱っているシュールストレミングですが、日本の店頭には並びません。その移動の難しさから、価格も高級スーパーでしか扱わない値段になっています。時折高級食材を扱うスーパー等でまれに見ることはありますが、日本では店頭ではめったに手に入りません。

シュールストレミングの輸送方法は、ほとんどが船舶での方法になるのですが、スウェーデンから日本までは二カ月近くかかってしまうのと、温度管理が難しく、日本に着くころには発酵が進んでニシンの身が溶けてなくなってしまう可能性があるため、店頭では並べにくい商品なのです。

世界一臭い缶詰シュールストレミングの購入方法見出し

スウェーデンに行かないとシュールストレミングは購入できない。というわけではありません。インターネットの普及した現代、シュールストレミングも価格は現地に比べて高めですが、購入することができます。インターネットでの価格はほとんどが6000円前後になっています。

その一年分をまとめて確保する販売店が多く、購入したいと思ったときには売り切れていて手に入らないこともあります。昨今、バラエティ番組だけでなくネット動画でシュールストレミングを取り扱う人も増え、好奇心から気になっていた人やパーティーでのジョークグッズで購入する人も増えているため競争率は上がっています。

価格は現地に比べると5倍近く高くなっていますが、現地に行って購入するよりは安くすみます。もちろん、スウェーデン旅行をしに行ったついでにシュールストレミングを楽しめば、その価格はプライスレスです。シュールストレミングを体験した人は、大勢で開けると盛り上がると言う人が多く、価格よりもプライスレスな思い出を大事にしています。

世界一臭い缶詰シュールストレミングを自作する見出し

売り切れて購入できなかった。ちょっと価格が高すぎるので勇気が出ない。という人は、料理の腕に自信があれば自分でシュールストレミングをDIYというのも一つの手段です。日本でも購入しやすいニシンと塩、そして気密性の高い容器を用意できれば、シュールストレミングを作ることは可能です。

生のニシンの切り身を濃度10パーセントの塩水で一晩付けて、食べやすい大きさに切っていきます。そして、新しい塩水に入れて、温度が高くなりすぎない冷暗所で二カ月ほど発酵させます。この時に重要なのは、決して中が外に漏れないようにすることです。発酵液が外に出てしまえば、異臭で大騒ぎになります。

世界一臭い缶詰シュールストレミングを食べてみよう!見出し

Photo by ayustety

日本で買う価格はけっして安くはありませんが、シュールストレミングは忘れられないひと時や衝撃をくれる存在として日本でも購入する人は多いです。しかし、事前に調べておけば本来の美味しさを味わうこともできます。今後シュールストレミングを購入する時に、この記事が参考になると嬉しいです。

投稿日: 2018年7月19日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote