地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ポーランドとの時差や飛行時間は?サマータイムが廃止という情報も!

ポーランドはヨーロッパに位置する魅力溢れる国です。ヴィエリチカ岩塩やワルシャワ王宮などポーランドならではの名所がたくさんありますが、時差も気になるところです。サマータイムの廃止や飛行時間はどれくらいかなど、日本との時差についてまとめました。

ポーランドと日本の時差の基本見出し

Photo byjarmoluk

ヨーロッパに位置するポーランドは日本からの時差も大きいです。日本からの飛行時間も長く時差を気にする必要があるのは、アジアなどの近隣諸国への観光と比べるといささか苦しい点と言えます。

食文化や考え方の違いも大きいですが、だからこそヨーロッパがより魅力的に見えるのではないでしょうか。ここではそんな素敵なポーランドの時差を飛行時間やサマータイムの廃止などを含めてまとめました。

ポーランドは日本との時差も大きく、だからこその少々面倒な点やトラブルも起こりえます。時間に関する事柄はフライトやツアーの予約時間など、特に慎重になっておきたいものです。

時差は時期によって違う

Photo byrihaij

最初に気をつけておかなければいけない点として日本とポーランドには時差があり、その時差は季節によって変わるということです。これを夏時間やサマータイムと呼びます。サマータイムが存在しない日本では特別に聞こえますがヨーロッパでは一般的なことです。

そのためサマータイム期間中が特別ということではなく、 夏時間冬時間というように両方等しく考えられています。サマータイムと聞くと夏だけ適用されるように聞こえますが実際はそうではありません。

ポーランドにはサマータイムがある

Photo bydanigeza

ポーランドがサマータイム中は、 日本との時差が7時間となります。日本の空港からは飛行時間も長く取られるため、ポーランド現地に着いてからの現地時間を時差を含めて考えておく必要があります。

よく挙げられる例え話として、夏時間と冬時間の間に観光している人が「夏時間になったことに気づかず、ホテルやフライトの予約に間に合わなかった」というものがあります。現在世界の70カ国で導入されており、ポーランドでは1977年から導入されています。

サマータイムが廃止になるかも

Photo byMichaelGaida

そんな日本との時差にも関わるサマータイムですが長らく廃止の動きが見られています。2000年代前半の頃から廃止の動きは見られポーランドのみならずEU全体を巻き込んでサマータイム廃止の方向に動いています。

現在はまだサマータイムが施行されていますが、廃止されるのも秒読み段階と言えます。夏時間冬時間など日本との時差を計算する上でサマータイムの導入は煩わしい点が多いので観光客に対しても有効と言えるでしょう。

ポーランドのサマータイム廃止の原因は?見出し

Photo byJillWellington

ではなぜポーランドはサマータイム廃止の方向に動いているのでしょうか。日本との時差にも関係があるサマータイムの廃止はオーランド観光を考えている人にとっても大切な問題です。

最も大きな理由として「サマータイムを導入したことによる恩恵がそれほど見られない」という厳しい現実が挙げられます。元々は夏の長い日照時間を有効利用して日中の活動時間を有効活用することがサマータイムの目標でした。

しかしポーランドのみならずヨーロッパ全体で夏時間と冬時間の経済活動に違いは見られないことが分かっています。それならばもういっそ廃止してしまえというのがポーランドをはじめとしたEUの人々の考えとなっています。

影響は動植物や人間にも

Photo bysusannp4

サマータイムが生活に与える影響は大きく特に動物や植物など自然を相手にした仕事をしている人には重要です。牧畜など動物を相手にする仕事はいきなり動物がサマータイムに適用できるわけではありません。

結果的に動物の体調不良を招いてしまい生産率が落ちてしまうこともあります。動物や植物だけでなく人間にも同じことが当てはまります。体内時計が年に2回変えられてしまうため、夏時間と冬時間の切り替わりのせいで風邪をひいてしまったと感じる人も多いです。

これらのこともサマータイムに生産性があるのであれば別ですが、実際はそううまくはいっていません。廃止した方が有意義だと感じるポーランド人の割合は過半数にも及んでいるため、サマータイムの廃止はほぼ決定事項と言えるでしょう。

ポーランドと日本の時差を理解する知識見出し

Photo byMyriams-Fotos

続いてはポーランドと日本の時差に対する知識です。ポーランドと日本では冬時間では8時間、夏時間では7時間の時差があると述べました。1日で1時間変化するというのはとても大きな違いに感じます。

一見大きな違いに気をつけなければいけないように感じますが、現在ではスマホやパソコンなども自動的に切り替わってくれるためそこまで過敏になる必要はありません。

サマータイムとは?

Photo byloufre

ポーランドのサマータイムは3月の最終日曜日から10月の最終日曜日までと決められています。2019年は3月31日にサマータイムに切り替わり、10月27日まで続きます。数日の誤差はありますが、3月の最終日曜日から10月の最終日曜日までと言う原則は変わりません。

2019年5月の執筆時点ではサマータイムとなっています。日本からの時差と飛行時間をチェックし、夏時間であることを忘れないようにしましょう。特に冬時間に切り替わった後もポーランドにいるという人は日本に帰ってくる時の時差にも注意が必要です。

ウインタータイムとは?

Photo by12019

ウィンタータイム(冬時間)は夏時間と入れ替わりとなっているため、ポーランドでは10月の最終日曜日から3月の最終日曜日まで続きます。仕事が休みの人が多い日曜日に夏時間と冬時間は毎回入れ替わります。

2019年の10月27日から始まる冬時間は2020年の3月27日まで続きます。サマータイムと聞くと夏時間の方が特別に感じますが、ポーランドの場合は冬時間の方がむしろ短いことがわかります。

ポーランドと日本の時差「フライト中は?」見出し

Photo byThePixelman

ポーランド現地との時差も気になりますがフライト中の時差がどうなっているかも気になるところです。飛行時間中の時間は基本的に出発地と到着地を同時に参照しています。

飛行時間中の案内でも日本時間とポーランド時間の現在時間を両方教え、その後に時差が何時間であるかを教えてくれるため心配は要りません。飛行時間中は基本的に時間を気にするような用事もないでしょう。

飛行機の中で時差は変わらない

Photo byJESHOOTS-com

飛行機の中では当然のことながら時差は変わりません。日本からポーランドに向かう飛行時間中でも数多くの国の上空を飛ぶため、いちいち領空圏内の国に合わせた時間が紹介されるわけではありません。

そんなことをされてもただ紛らわしいだけなので、日本とポーランドの時差のみに注意しておけば問題ないでしょう。経由地に降り立つ場合はもちろんポーランドの時刻は紹介されませんが、経由地と日本の時差はつねにアナウンスされます。

携帯電話はどうなる?

Photo byJESHOOTS-com

ポーランドと日本の時差について、続いては携帯電話についてです。携帯電話は飛行時間中は機内モードに切り替えることが鉄則となっています。そのため携帯を見るのはポーランド現地に着いてからとなるでしょう。

ポーランド現地に着いた後はタイムゾーンを設定すれば時差をこちらで計算しなくても時刻を自動的に合わせてくれます。これはサマータイムが廃止された場合でも同様なので安心できます。

日本からのフライトの時差

Photo bySkitterphoto

日本からの飛行時間中の時差もサマータイムによって変わってきます。ポーランドへの直通便を使った場合日本からはおよそ11時間30分でポーランドに到着します。ポーランドはヨーロッパに位置することから時差と同じく飛行時間も長いです。

ポーランドへの直通便の場合朝の10時55分に出るフライトのみとなります。 経由便を利用する人は経由先でサマータイムが導入されていないかどうかにも注意しましょう。

フライト時間も時差で変わる

Photo byFree-Photos

サマータイムによって到着時の時差にも差が出ます。飛行時間は11時間30分のため、日本では深夜に着くような時間帯です。しかしポーランド現地の時間は夏時間であれば午後2時半、冬時間であれば午後3時半となります。

本来であればすでに寝ている時間という人もいるでしょう。日本からポーランドに向かう際は到着後、普段であればすでに寝ている時間での移動となります。時差をしっかりふまえて体調管理をしておく必要があります。

ポーランドと日本の時差「時差ボケ対策」見出し

Photo bylukasbieri

日本とポーランドの間に時差があることで現地に着いてからも数日から一週間ほどは時差ボケに悩まされる人もいます。時差ボケは人によっては夜全く眠れなかったり食欲不振や体調不良などにつながることもあります。

一方で全く時差ボケが気にならず次の日からすでに体調万全という人もいます。急に生活リズムが変わるので多くの人は時差ボケに陥りやすく、慣れない飛行時間や食生活の変化も相まって体調を崩してしまう人も少なくありません。

時差ボケがでやすい条件

Photo byqimono

時差ボケが出やすい条件としては先に挙げた生活環境の変化が一番に考えられます。何よりも睡眠時間の変化は顕著で、「本来寝ている時間に寝れない」あるいは「寝なきゃいけない時間なのに眠れない」というのは翌日にも影響します。

「遠足や観光の前日に楽しみすぎて眠れなかった」という経験をお持ちの人もいらっしゃるかもしれません。ポーランドの場合はそれに時差が加わるため体調不良は国内旅行よりも深刻になってしまいがちです。

せっかく海外に旅行に来たのに、「体調を崩してずっと休んでいた」となってしまってはツラいですし、何よりせっかくのポーランドも楽しむことができなくなってしまいます。時差ボケに対する知識を事前に入れ、リフレッシュした心身で観光を楽しみましょう。

十分な休養と睡眠が秘訣

Photo bymanbob86

時差ボケを完全になくすことは難しいです。しかし心がけ次第で時差ボケを少しでも軽減することはできます。時差ボケをなくすために意識すべきは十分な休息としっかりとした睡眠です。

特に観光先では気が高ぶってしまって休むべき時間なのに休めないという人もいるでしょう。事前にポーランドの時間に合わせて日本にいる間に数日生活してみるなど時差を意識した生活を事前にしておくと楽です。

到着してから現地時間に生活を合わせる

Photo byPexels

ポーランドに到着した後は時差に慣れるための生活を送ることが大切です。ポーランドの昼時間は日本であれば夜のため最初は体がきついかもしれません。しかし昼間に寝すぎず積極的にアクティビティに参加することでポーランドとの時差に体がついてきます。

ポーランドについた後も日本の生活リズムにとらわれていては、時差ボケを改善することも難しくなってしまいます。ポーランド時間に合わせた規則正しい生活をするように意識しましょう。

ポーランドの観光スポット!世界遺産や教会はおすすめ!食べ物やお土産も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ポーランドの観光スポット!世界遺産や教会はおすすめ!食べ物やお土産も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
美しい教会や、世界遺産など、色鮮やかで絵本のような街並みが特徴的なポーランド。今回は、ポーランドでおすすめの観光名所や、ポーランドで人気の食べ物、お土産なども含めてご紹介させていただきます。ポーランド観光の参考にして下さい。

ポーランドと日本の時差「日本へ連絡するときの注意」見出し

Photo byKanenori

ポーランドと日本の時差は日本に連絡する際も重要となってきます。ポーランドとの時差を考えないままに電話したりすると日本の深夜や早朝に電話がかかってしまうことがほとんどです。

せっかくポーランド観光で盛り上がって嬉しい気持ちを伝えようとしても寝ている最中に着信音が鳴るのは誰でも嫌なものです。ポーランドと日本の間での時差を計算した上で連絡するようにしましょう。

ポーランドが午前中の場合

Photo bystevepb

ポーランドと日本の時差は7時間あるいは8時間でした。ポーランドにこれらの時差を足すことで日本の時間を求めることができます。ポーランドが午前中の場合は日本ではたいてい夕方か夜でしょう。

仮にポーランドから朝9時に電話しようとすると時差の関係で日本では午後4時か午後5時となります。ちょうどお昼の12時に電話しようとすると日本では午後7時か午後8時になるためちょうど良い時間になりそうです。

現地で急な体調不良や怪我で病院に行くことになった場合、日本のクレジットカード会社などを通して現地の提携病院で診療を受けることで、治療代を支払ってもらうことができる会社もあります。日本に連絡する場合はポーランドの早朝がお互いにとってよいでしょう。

ポーランドが夕方の場合

Photo byFree-Photos

一方でポーランドが夕方より遅い場合連絡をするのは避けた方が良いでしょう。ポーランドで夕方6時の場合は時差を含めると日本では午前1時あるいは午前2時となります。この時間に電話をかけられて嬉しい人はいないでしょう。

ポーランドで午後3時頃に電話をかけると午後10時あるいは午後11時となるため遅くてもここらへんがおすすめです。夏時間でも冬時間でもポーランドで遅い時間にかけるのはあまり良いとは言えず、お昼頃に電話するとちょうど良い時間となるでしょう。

友人や家族に電話したいと言う場合は、多少遅い時間でも大丈夫でしょう。ポーランドで昼食をとった後に連絡すれば日本に住んでる電話相手も捕まりやすいです。観光を楽しみすぎて遅い時間にならないよう、事前に電話することを約束している場合は気をつけましょう。

ポーランドへ旅行する場合に日本との時差を理解しておこう!見出し

Photo bystux

ポーランドと日本の時差について飛行時間やサマータイムの廃止などを取り入れつつまとめました。ポーランドは日本から距離もあり時差もあるため、観光や仕事で訪れる人は国内旅行とは違うということを留意しておきましょう。

しかしポイントさえおさえてしまえば国内旅行以上に楽しい思いが出来るのも海外旅行の大きな魅力です。あらかじめ調べることで時差やサマータイム、時差ボケなどには対策が可能です。事前に準備して楽しい海外旅行を満喫してください。

投稿日: 2019年5月9日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote