地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

蔵王観光のおすすめスポットを徹底解説!夏と冬での違った楽しみ方とは?

蔵王は夏も冬も楽しめる観光地です。蔵王では夏と冬で楽しめるスポットが異なるため、年間通して人気の観光地となっています。そんな蔵王のおすすめの観光スポットをご紹介します。夏と冬それぞれで人気の観光スポットをご紹介しますので、お出掛けの参考になさってみてください。

蔵王は夏でも冬でも見どころいっぱい!見出し

夏でも冬でも楽しめる観光地として人気の高い蔵王には、おすすめスポットがたくさんあります。キツネに会える街、蔵王の魅力を余すところなくご紹介します。同じ場所でも夏と冬で違った楽しみ方ができる観光スポットもありますので、1年中楽しめますね。絶景スポットも多いので、癒されたい方必見ですよ!

蔵王おすすめ観光スポット-夏・冬-①見出し

蔵王御釜

蔵王五色岳にある火山湖で、エメラルドグリーンの湖面が特徴的です。蔵王で最も人気の観光地ですので、蔵王に来たからにはここは外せません。天気などの条件によって湖の色が変わるので、「五色湖」とも呼ばれています。まさに絶景と言える景色は、どの季節に何度行っても楽しめそうですね。

蔵王御釜は季節によって様々な表情を見せてくれます。しかし、11月から4月の間は近郊の道路が通行止めになるため、基本的には見学することはできません。5月に訪れても十分に雪が残っていて、冬の景色を楽しめますので、春先に冬の絶景を見に訪れてみてもいいのではないでしょうか。

蔵王の人気観光地、御釜のそばには「蔵王山頂レストハウス」があります。お土産を買ったり、食事をしたり、少し休憩するのにもってこいの場所です。山の天気は変わりやすいため、レストハウスで霧が晴れるのを待つ人も多く見受けられるそうです。いい状態で御釜を見るためにも、レストハウスでのんびりと時間を過ごすのもおすすめです。

蔵王おすすめ観光スポット-夏・冬-②見出し

滝見台

不動滝と地蔵滝、三階滝を眺めることができる、絶景ポイントです。不動滝と三階滝は日本の滝百選にも選ばれています。水量が多い滝なので、滝の大迫力を感じることができるでしょう。夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と様々な絶景を楽しむことができるので、人気の観光スポットです。

滝見台は、人気のある観光地ですが、ドライブコースとしても非常に人気が高いです。新緑シーズンや紅葉シーズンは気持ちのいいドライブができそうですね!滝見台のある蔵王国定公園内には、遊歩道もあるのでドライブの合間に散歩をしてみても、絶景に囲まれながら歩けて気持ち良さそうですね。

夏の新緑や、秋の紅葉だけでなく、冬の滝見台も絶景が楽しめます。しかし、積雪時は見学ができませんので、お出掛けの際は注意が必要です。三階滝と不動滝、地蔵滝が同時に見られるスポットもあるので、ドライブしながら滝の絶景ポイントをのんびりと探してみてくださいね。

蔵王おすすめ観光スポット-夏・冬-③見出し

蔵王連峰

東北地方を南北に走る奥羽山脈のひとつです。最も高い山は熊野岳で1841メートルです。登山やハイキングスポットとしても人気で、毎年多くの登山客が訪れています。火山活動がある山々なので、火山情報は確認してからお出掛けください。活火山ならではの岩肌が、自然のパワーを感じさせてくれることでしょう。

登山やハイキングはちょっと…という方は、ロープウェイで登ることもできます。夏は新緑、秋は紅葉、冬は樹氷が広がる雪景色を楽しむことができるので、どの季節に行っても満足できる観光スポットです。空から見る蔵王連峰は、きっと格別ですね!冬は寒くなりますので、暖かくしてお出掛けください。

蔵王おすすめ観光スポット-夏・冬-④見出し

蔵王キツネ村

100頭を超えるキツネが大自然の中に放し飼いにされている、キツネと触れ合える珍しい観光施設です。よく知られているキタキツネだけでなく、銀ギツネ、青ギツネなど珍しい種類のキツネを見ることができます。年中無休で営業しているため、夏でも冬でも1年通して楽しめますね!

キツネというと「エキノコックス」と呼ばれる寄生虫が心配ですが、蔵王キツネ村のキツネ達には縁のない話のようです。殺菌消毒や場内の駆虫消毒などで、徹底的に感染を予防しており、今までの感染も1例もないそうです。ここまで万全の対策を講じてくれていたら、安心してキツネに触れ合えますね。

入園の際、服装などに注意事項があります。黒のタイツやひらひらしたスカート、ジョガーパンツなどを身に着けていると、キツネが蛇と間違えて向かってくることもあるそうです。楽しくキツネと遊ぶためにも、HP等で注意事項を確認してからお出掛けすることをおすすめします。事故なくキツネと触れ合ってくださいね。

蔵王おすすめ観光スポット-夏-①見出し

蔵王エコーライン

昭和37年に、宮城県と山形県を結ぶ道路として開通した山岳道路です。毎年ゴールデンウィーク頃には道路の両脇に「雪の壁」が作られ、最高で約10メートルにもなります。雪の壁の間をドライブしたら、春先に冬の景色が楽しめますね。毎年多くの観光客で賑わう雪の壁、ぜひ味わってみてください。

蔵王エコーラインは、夏にはまったく違った姿を見せてくれます。新緑に覆われ、爽快感を味わいながらドライブを楽しめそうですね!11月から4月の間は冬季閉鎖されるため、夏のお出掛けにピッタリのスポットと言えるでしょう。蔵王の景色を身体いっぱいに感じてみてくださいね。

蔵王おすすめ観光スポット-夏-②見出し

蔵王ハートランド

約100ヘクタールもの広大な敷地に、緑の牧草地が広がっている牧場です。牛や羊、ヤギなどが飼育されています。チーズやバター、ソーセージの手作り体験などもできるので、家族みんなで楽しめますね。11月から3月までの間は冬季休業になるため、夏の間にぜひお出掛けしてみてください。

レストランも充実しており、バーベキューやチーズ料理を楽しめます。蔵王チーズをたっぷり使用したチーズフォンデュや、モッツァレラチーズを鉄板で焼いたラクロネットなど、牧場ならではのメニューがいっぱいです。遊び疲れたら、のんびり食事を楽しむのもいいですね。

飼育されている羊やヤギ、うさぎと直接触れ合うこともできます。なかなか体験できませんので、お子様にもいい経験ですね!蔵王ハートランド内で作られたチーズやアイスクリームなども、お土産として購入できます。旅の思い出をご自宅でもゆっくりと味わってみてはいかがでしょうか。

蔵王おすすめ観光スポット-夏-③見出し

国営みちのく杜の湖畔公園

釜房湖のほとりに作られた、東北随一の広大な敷地を持つ国営公園です。たくさんの種類の花が咲き乱れ、季節によって異なる種類の花を見ることができます。公園ならではの遊具だけでなく、キャンプ場やドッグラン、森の中での体験学習などもすることができます。幅広い世代の方が楽しめる公園です。

公園内にある「ふるさと村」では、東北6県の歴史や風土、伝統文化を学ぶことができる古民家が立ち並んでいます。古民家内には映像や模型などが設置されており、東北での暮らしの知恵を、楽しくわかりやすく学ぶことができます。古民家や田んぼで体験学習もできるので、見逃せませんね。

季節によって、様々なイベントを開催しています。ポピーまつりや夏フェアなど、季節に合わせたイベントが目白押しですのでチェックしてみてください。こんにゃく作りやそば打ち体験なども行っています。1日いても遊びきれないほど、盛りだくさんな公園なので、何度行っても楽しめそうですね。

蔵王おすすめ観光スポット-冬-①見出し

樹氷鑑賞ツアー

蔵王の冬の風物詩はなんと言っても「樹氷」です。樹氷はアオモリトドマツという樹木に、雪と氷が覆うことでできあがります。雪雲の中の雪の粒が枝や葉にぶつかって凍り、その隙間に雪が取り込まれて固くなっていくことで徐々に樹氷が完成していきます。樹氷が立ち並ぶ姿は圧巻で、毎年多くの観光客が訪れています。

昼間に蔵王ロープウェイで空から見ることもおすすめですが、樹氷ができている期間中は夜に行くのもおすすめです。樹氷がライトアップされ、幻想的な景色を空の上から楽しむことができます。冬の間の期間限定ですので、ぜひライトアップされた樹氷を味わってみたいですね。

「樹氷幻想回廊ツアー」に参加すれば、暖房付きの特殊な雪上車ナイトクルーザー号で、樹氷を間近に見ることもできます。ライトアップの美しさと、スノーモンスターとも呼ばれる樹氷の迫力を、近くで体感したい方にぴったりです。夜は気温がマイナス10度以下にもなるようなので、防寒対策ばっちりでお出掛けください。

蔵王おすすめ観光スポット-冬-②見出し

遠刈田温泉

開湯400年もの歴史ある温泉地です。足腰の病に効果があると言われ、湯治場としても利用されていました。食塩水および硫酸ナトリウムを主とする泉質は、神経痛やリューマチ、婦人病にも効果があると言われています。土湯温泉、鳴子温泉と並んで、3大こけし発祥の地としても有名です。

周辺は蔵王の観光地が数多くあるため、ゆっくり泊りがけでも訪れたいですね。2つの共同浴場「神の湯」と「壽の湯」では、日帰り入浴も可能です。日頃の疲れを癒しに、名湯とも言われる遠刈田温泉に立ち寄ってみてください。疲れが一気に吹き飛ぶこと間違いなしです。

蔵王おすすめ観光スポット-冬-③見出し

みやぎ蔵王スキー場すみかわスノーパーク

冬の蔵王と言えば、やはりスキーやスノーボードといったウィンタースポーツですね。蔵王は雪質もいいと評判なので、思いっきりスキーやスノーボードを楽しめそうです。すみかわスノーパークにはレベルに合わせたコースが数多くあるので、初心者から上級者まで、誰でもが満足できるスキー場です。

すみかわスノーパークで開催している、キャットツアーやバックカントリーツアーも人気です。整備されたコースをすべるだけでは飽き足らない!と言う方は、人の手が入っていないパウダースノーの山岳コースを楽しむことができます。蔵王の雄大な景色を見ながら、蔵王の冬を満喫してください!

1年中楽しめる蔵王は観光におすすめ!見出し

蔵王観光のおすすめスポットについてご紹介しました。夏でも冬でも楽しめるスポットが多いので、1年中観光できますね!夏に見た景色を、冬に行って見比べてみるのもいいかもしれません。幅広い年代の方に楽しめる観光地ですので、ぜひご家族で、カップルで、お子様連れで訪れてみてください。

蔵王のお釜を見に行こう!おすすめ絶景やお釜ピザも食べに行こう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
蔵王のお釜を見に行こう!おすすめ絶景やお釜ピザも食べに行こう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
蔵王と言えばあの「お釜」をイメージされる方も多いと思います。「お釜」を見に行く時のおすすめ絶景スポットや、蔵王のご当地グルメ「お釜ピザ」が食べられる所についても調べてみました。ぜひ蔵王へ行かれる時の参考にして頂ければと思います。
蔵王酪農センターに行こう!チーズ工場や子供と一緒に楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
蔵王酪農センターに行こう!チーズ工場や子供と一緒に楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
宮城県「蔵王酪農センター」には、牧場を初め各種施設が集まった酪農総合センターです。こちらは、手作り体験からグルメ等も楽しむ事が出来るおすすめの観光スポットです。今回は、家族連れからカップルの人達まで楽しめる「蔵王酪農センター」をご紹介したいと思います。
蔵王の観光はロープウェイがおすすめ!秋の紅葉など一年中見どころがいっぱい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
蔵王の観光はロープウェイがおすすめ!秋の紅葉など一年中見どころがいっぱい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
豊かな自然に恵まれた山形蔵王は、春・夏のトレッキング、秋の紅葉、冬の樹氷など、一年を通して楽しむことができます。観光の際に利用できる便利なロープウェイもあります。本記事では山形蔵王について、ロープウェイの利用方法や季節ごとのおすすめスポットをまとめました。
投稿日: 2017年5月23日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote