地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

小宝島の魅力を紹介!穴場観光地のおすすめは?温泉や宿泊先も!

小宝島の魅力を紹介!穴場観光地のおすすめは?温泉や宿泊先も!

トカラ列島に浮かぶ島であります“小宝島”ですが、その小宝島の魅力をご存知ですか?今回は小宝島の穴場観光地や温泉や宿泊先などをご紹介します。自然溢れる小宝島を充分に満喫することができるよう詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にされてみてください。

小宝島の魅力を紹介!見出し

Photo by tsuda

小宝島をみなさんはご存知でしょうか。鹿児島県鹿児島郡十島村の大字になっております小宝島ですが、温泉や穴場観光スポットなどもある、小さな島です。徒歩で島全体をまわることもできます。今回は小宝島の魅力やおすすめの穴場観光スポット、温泉や宿泊先など小宝島を楽しむための情報をご紹介していきますので参考にされてみてください。

日本の離島おすすめ17選!旅行で絶対行きたくなる美しい島ご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
日本の離島おすすめ17選!旅行で絶対行きたくなる美しい島ご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本は島国ですが、南北にたくさんの美しい離島があります。日本の離島は、四季折々の離島の風景が見られるのも他の国にはない離島の良さがあります。南国の離島もあれば、厳しい雪に閉ざされる離島もあります。日本の離島でおすすめの島を絶景とともにご紹介します。

小宝島の全貌見出し

小宝島の全貌は、横から見たときに妊婦さんの姿に見えると言われております。そこから“小宝島”という名前がついたともされております。島には、約60人の方々が暮らしており、小宝島小中学校もございます。また小宝島周辺海域には、海底火山の活火山が存在していると推定されております。また徒歩30分程度で島1周することが可能になっております。

小宝島のサンゴでできた観光スポット「ウネ神と牛(南風原牧場)」見出し

まずおすすめなのが小宝島のシンボルとしても有名な“うね神”と呼ばれる岩石がある牧場のご紹介です。鹿児島県鹿児島郡十島村小宝島南部にあるこの牧場では、奇岩のおりなす景観を堪能することができます。サンゴでできた島ともいわれている小宝島ならではの観光スポットになっております。奇岩と自然の融合された景色を堪能することができます。

またうね神は鹿児島県鹿児島郡十島村小宝島21-23と牧場内にあります。牧場内に立ち入ることはできませんが、外からの見学は自由になっており、時間の指定もありません。小宝島に観光に訪れた際にはシンボルであるうね神の見学はかかせないポイントです。小宝島の守り神のような存在であるうね神をぜひ一度見てみてはいかがでしょうか。

小宝島の海を堪能できる穴場「赤立神海水浴場」見出し

鹿児島郡十島村小宝島20にあります都会の喧騒を忘れてリフレッシュできるおすすめの海水浴場のご紹介です。島ですので海に囲まれているのはあたりまえのことなのですが、この赤立神海水浴場には砂浜がありません。ですがサンゴでできた海水浴場というのは珍しく、観光スポットとして人気です。

透明度の高い海ではシュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しむこともできますし、奇岩の“赤立神”もございますので、自然の神秘にふれることが可能になっています。また浅いところなどでは、貝の観察はもちろんのこと魚の観察などもできますので、子供さんも楽しむことができる海水プールの海水浴場です。

ですが海水浴場といいましても、脱衣所やシャワー施設などはございませんので、宿泊施設内で水着などを着用し、上から服を着て向かうのがおすすめです。着てきた服を脱ぐだけで海に入ることができます。シャワーなどはありませんが海に入ったあとは湯泊温泉などにそのまま行かれると潮水を流すことが可能です。

小宝島のポットホール見出し

小宝島にはきれいなポットホールと呼ばれる、甌穴(おうけつ)のような光景を見ることができるスポットがございます。穴場の観光スポットとしてお楽しみいただけるこのスポットですが、自然が作り出した幻想的な景色を堪能していただくことが可能になっております。まだ知名度こそはまだないのですが、一度見ると美しさに驚くこと間違いなしです。

河底や河岸の表面にあるサンゴの弱い部分に水流による侵食がおき、できあがったとされるこのスポットですが、全国でもポートホールを見ることのできる場所は多くはありません。天然記念物などには認定されておりませんが、なかなか見ることのできない景色ですので小宝島の穴場観光スポットとして立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

小宝島の神社「小宝神社」見出し

小宝島の集落のはずれにある神社のご紹介です。こちらの神社はお祭りごとなどの際に村の方々が集まる場所になっております。またここには小宝島だけでなく隣の島の神様も祭られているとされており、子宝に恵まれるという伝説もある神社になっております。境内に向かう道にはハイビスカスが咲いていてとても景色のいい神社になっています。

小宝島の日本最後の艀(はしけ)見出し

河川や運河などの内陸水路や、港湾内で貨物を航行するために作られていたとされている艀ですが、日本最後の艀とされている艀がある観光スポットのご紹介です。艀に対する説明文などもございますし、小宝丸(しょうほうまる)という艀を実際に見れるだけでなく歴史にふれることができるのも魅力となっているおすすめの観光スポットです。

小宝島湯泊温泉見出し

小宝島で楽しむことのできる天然温泉のご紹介です。 鹿児島県鹿児島郡十島村小宝島106にあるこちらの温泉は天然温泉となっておりまして、潮風の音、潮の匂いを感じながら入れる混浴露天風呂となっております。サンゴ礁の亀裂から自噴する温泉を使用する小宝島湯泊温泉は、小規模ながらもとても人気のある温泉となっております。

また、コンクリートで造られた浴槽は全部で3つあり、それぞれお湯の温度が違っていますので、お好きな湯加減の浴槽に浸かることができます。

泉質は硫黄・塩化物泉となっておりまして、効能といたしまして神経痛や筋肉痛、冷え性や慢性皮膚炎などにも効くとされております。そんなこちらの湯泊温泉は無料で楽しむことができるのも魅力です。

また温泉入り口の藪中には“ボッケ”と呼ばれる濃い鼠色に濁った泥が音をたてながら熱湯を煮え滾らせている場所もありますのでぜひ見てみてください。またボッケがあることからもわかりますように、近辺の岩や舗装路面などは熱くなっておりますので、ご注意されてください。硫黄の香り漂う海を眺めながらのおすすめの温泉を満喫してください。

小宝島宿泊施設1「湯泊荘」見出し

小宝島港出口から徒歩約11分の宿泊施設のご紹介です。3食の食事がついており、1泊6500円からの宿泊が可能です。

おいしい家庭的な食事を楽しむことができます。どこか懐かしいようなそんな家庭料理を味わって小宝島を満喫してみてください。お風呂は民宿のお風呂もいいのですが、せっかくですので湯泊温泉で疲れを癒してみてください。

温かい家庭料理を満喫したあとは、ゆっくりとお休みになることができます。また民宿の醍醐味でもあります、同じ観光目的で来られた他の宿泊者の方とお話などするのもおすすめです。小宝島についての情報交換や次の日の行動予定など話してみるのも民宿を楽しむ1つのポイントです。宿泊施設内でもさまざまな発見のが民宿の魅力の一つです。

住所:鹿児島県鹿児島郡十島村大字小宝島20 電話番号:09912-4-2221

小宝島宿泊施設2「民宿いこいの森」見出し

小宝島のなかでもっとも港に近い場所にある宿泊施設のご紹介です。こちらの民宿でも3食ついていて1泊6500円からで宿泊することが可能になっております。お料理は家庭料理がメインとなっていて小宝島の郷土料理などを楽しむことが可能です。また港から近いので小宝島に着いた際に荷物などをいち早く宿に置きに行くことができる施設です。

住所:鹿児島県鹿児島郡十島村小宝島21-21 電話番号:09912-4-2798

小宝島宿泊施設3「海の宿パパラギ」見出し

小宝島の海や湯泊温泉に1番近い場所に位置する宿泊施設のご紹介です。3食つきで料金は8000円までとなっております。他の宿泊施設同様おいしい家庭料理を楽しむことができ、パパラギの豆腐はおいしいと評判です。海水を汲んできて作られるおいしい豆腐をぜひ堪能されてみてください。口どけ絶妙な手作り豆腐を味わうことができますよ。

住所:鹿児島県鹿児島郡十島村小宝島106 電話番号:09912-4-2066

小宝島でサトウキビジュース見出し

小宝島では“サトウキビジュース”を味わうことができます。作りたてのサトウキジュースを味わえることはどこでもできる体験ではなく、沖縄や奄美などが盛んです。ですがここ小宝島でも昔からサトウキビジュースが造られており、収穫期であります冬から春にかけてサトウキビジュースを楽しむことができるのも小宝島の魅力になっています。

小宝島で注意すべきポイント見出し

自然豊かで観光スポットとしてたくさんの魅力のある小宝島ですが、注意すべきポイントがございます。小宝島には“トカラハブ”などが生息しており、毒を持っています。毒といいましても毒性は強くないので、軽い吐き気や腫れなどの症状で、死に直結するような猛毒ではございません。ですが夜行性ですので深夜の外出は注意が必要になります。

小宝島を満喫しよう!見出し

今回は小宝島のおすすめ観光スポットや、魅力、また温泉や宿泊先についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ご紹介してきましたように約4キロという小さな島ですが、魅力満載の島です。南国気分を味わうこともできる植物や自然にふれて、小宝島観光をぜひ満喫されてみてください。いつもの日常を忘れて楽しむことができますよ。

関連キーワード

投稿日: 2017年6月9日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote