地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

デトロイトの国際空港の魅力!直行便や日本語OK?免税店やグルメも網羅!

デトロイトの国際空港の魅力!直行便や日本語OK?免税店やグルメも網羅!

デトロイト空港はアメリカの中央からやや東側に位置し、アメリカ各都市やトロントなどカナダの都市へもの乗り継ぐことも可能です。デルタ航空などのハブ空港としても利用されます。デトロイト空港の魅力をグルメや免税店などさまざまな角度からご紹介します。

利便性の高いデトロイト空港見出し

アメリカ大手のデルタ航空などのハブ空港として年間約3000万人以上の人々に利用されているデトロイト空港。日本からの直行便が一日に何本もあり、日本語に対応できるスタッフもいるため利便性が非常に高いです。そんなデトロイト空港の免税店やおすすめのグルメ情報などをまとめてみました。トランジットでの過ごし方の参考にしてください。

中部国際空港からの直行便見出し

中部国際空港とデトロイト空港間の直行便のフライト時間は平均12時間30分です。 デルタ航空で1日1往復運航されます。デトロイト空港はにマクナマラ・ターミナルとノース・ターミナルがありますが、デルタ航空はマクナマラ・ターミナルから発着します。

成田空港からの直行便見出し

首都圏からの利便性が高い成田空港とデトロイト空港間の直行便のフライト時間は平均11時間45分で若干中部国際空港よりもフライト時間が短いです。デルタ航空での1日1便が運航されます。また、デトロイト発成田空港着だと、フライト時間が13時間45分ほどになります。

デトロイト空港は好立地見出し

デトロイト経由でニューヨーク、ワシントンD.C.などへ旅行に出かける人が少なくありません。なぜなら、デトロイト空港から2時間から3時間以内のフライト時間で近隣の主要都市へ到着することが可能です。また、お隣の国カナダのトロントへはおよそ1時間10分で到着することができます。

また、デトロイトの街にはデトロイト美術館や、ヘンリーフォード博物館など有名な観光スポットが多く存在していてアメリカ内外から人気を集めています。そのような観光地へのバスや地下鉄も整備されています。乗り継ぎする人にとってもデトロイト空港で降りる人にとってもに非常に利便性が高い空港です。

デトロイト観光の目玉は美術館&博物館!市内各地の人気スポットを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
デトロイト観光の目玉は美術館&博物館!市内各地の人気スポットを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ミシガン州にあるデトロイトには、数々の観光の目玉スポットがあります。その中でも特に注目の美術館や博物館。他にもデトロイト観光で見逃せない市内の人気観光スポットをご紹介いたします。これからデトロイトへの旅を考えている方も必見です。
ミシガン州観光ならここがおすすめ!リバーボートや博物館・動物園など網羅! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ミシガン州観光ならここがおすすめ!リバーボートや博物館・動物園など網羅! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ミシガン湖でも有名なミシガン州。またミシガン州最大の都市であるのデトロイトは、車の産業でも有名ですよね。そんなミシガン州の観光には、博物館や動物園なども見逃せません。気になるリバーボートなどの観光も含めて、ミシガン州の魅力をお届けいたします。

デトロイト空港のスピーディーな入国管理システム見出し

アメリカでは、一番初めに到着した国際空港で入国審査を受ける事になっています。そのため、ニューヨークなどへの乗り継ぎで利用してもデトロイト空港で入国審査を受けることになります。ATMのような形のAPCキオスクというパスポート読み取り機械を使い、従来より素早く入国審査を行うことができます。

観光やビジネス旅行を目的として90日以内の短期滞在者はビザが無くても入国することができますが、この場合にAPCキオスクで日本語表示で入国審査を済ませる事が出来るので、英語が苦手な方や海外旅行初心者には心強いサービスです。ただし、一部の学生ビザなど中長期滞在のビザを保有している方は利用できないのでご注意を。

国内線へ乗り継ぐ場合は入国手続き後、危険物などの機内への持ち込みが禁止されているものを保持していないかセキュリティゲートでチェックされます。その後、スーツケースなどの荷物を受け取り、国内線に乗り換えるためもう一度荷物を預けます。目的地へ向かう飛行機の出発ターミナルへ移動するというスマートな流れです。

デトロイト空港の名物モノレール見出し

デトロイト空港の内部を走るモノレール「EXPRESS TRAM」はどなたでも無料で利用することができます。デルタ航空が発着するマクナマラ・ターミナルは、A, B, C の 3 つのコンコースがありますが、メインのコンコース A は全長約 1.6キロメートルの直線。モノレールが通っていることで、デトロイト空港の利便性を向上させています。

コンコースAはもちろん歩きでの移動も可能ですが、移動時間の短縮とデトロイト空港を利用したからには、ぜひモノレールを利用してみましょう。コンコースAの北駅、ターミナル駅、南駅へのスピーディーなアクセスが可能です。

幻想的な光のトンネル見出し

デトロイト空港には旅行者やビジネスマンでも移動時間の合間に足を止めたくなる場所があります。コンコースAからコンコースB、Cへ向かう通路です。照明によって様々な色に照らされた壁面を見ることができます。時間によって照明が変わるそうです。

デトロイト空港は日本語も対応見出し

日本からの直行便でデトロイト空港を利用する多くの日本人利用客へ対応し、ターミナル内の看板や電光掲示板などでは英表記の下に日本語が表示されていて分かり易いです。また、アナウンスも英語に続き日本語でも行われるので日本人に優しく利便性の高い空港と言えるでしょう。

成田や中部国際空港からの直行便を運航するデルタ航空は以前から多くの日本人が利用してきました。そのためデルタ航空のフロントでは日本語を習得したスタッフが対応します。英語でのコミュニケーションが苦手な人や海外旅行に慣れていない人も安心です。

デトロイト空港でグルメ: PB&J見出し

ゲートA1付近にあるPB&Jはサンドイッチのお店です。主な商品はアメリカ国民のソウルフード、ピーナツバターとジャム入りのサンドイッチですが、シナモンロールにピーナツバター、蜂蜜、ベーコンを挟んだサンドイッチも大人気。また、自分で好みの食材をオーダーすることも可能。手ごろに楽しめるグルメです。

デトロイト空港でグルメ:アインシュタイン・ブラザーズ・ベーグルス見出し

アメリカ国内に展開するチェーン店のベーグル専門店です。シンプルなベーグルからチョコチップやチーズなどのアレンジしたベーグルまで種類が豊富。ホットサンド、ドリンクメニュー、サラダやスープも選ぶことができます。トランジットでも気軽に楽しめるグルメですね。

デトロイト空港にも安定のスターバックスコーヒー見出し

デトロイト空港内には日本人にも親しまれているスターバックスコーヒーがあります。日本で入ったことがあるお店が海外にもあると、安心して入店できますね。エナジードリンクなどちょっと変わったメニューもあるようです。待ち時間に一服してみては。

楽しみなのはコーヒーだけではなく、デトロイト限定のマグがお土産として人気があります。モータウンミュージックをイメージした音符、アイスホッケーのスティック、アメリカとカナダの架け橋アンバサダーブリッジなどがモチーフとして描かれています。

デトロイト空港でグルメ:SORA見出し

34番ゲート付近にある日本料理と中華料理のお店です。約2000円のボリュームたっぷりのちらし寿司は日本で食べるものと遜色なし。フライの定食やラーメンやお蕎麦などの日本食を代表するようなメニューが揃います。また、中華料理もあり多くのアメリカ人や海外からの観光客で賑わいます。

ターミナル内のラウンジ:スカイクラブ見出し

ゆったりしたソファーでフレッシュなドリンクや軽食を楽しんでトランジットを過ごすのはいかがですか。デルタ航空のスカイクラブというラウンジではビールやカクテルを地元産にこだわり、豊富な種類から選ぶことができますよ。軽食やお菓子などは日本人向けのメニューも扱っています。コンコースAには北と南の2か所、コンコースCには1か所あります。

無料Wi-Fiはもちろんパソコンやプリンター、会議室などのビジネスに必要なものも揃っているのでラウンジで仕事をするビジネスマンも見かけます。ラウンジにいながら、シャワーやテレビ、雑誌など自宅にいるような充実したアメニティやサービスが揃っていてここでも利便性の高さが伺えます。

デトロイトっぽさ満点:DETROIT!見出し

デトロイトのネーム入りの小物や自動車産業から影響を受け、車をデザインしたTシャツ、帽子、マグネットなどを集めたショップで、お土産選びには最適ではないでしょうか。ショップの名前がDETROIT!ですから市民にも浸透しています。数々の商品から現地の雰囲気が伝わってきます。

デトロイトっぽさ満点:Michigan Sports見出し

デトロイト空港のあるミシガン州は大学フットボールが非常に盛んです。その人気ぶりはプロリーグにも並ぶほど。街の至る所でミシガン大学やミシガン州立大学のフットボールのユニホームを私服として着ている人を見ます。デトロイトらしさが満点のお土産をスポーツショップ、Michigan Sportsで手に入れてみては。

デトロイト空港の免税店:World Duty Free見出し

空港では免税店に立ち寄ることが外せませんよね。デトロイト空港の免税店、World Duty Freeでは、主に海外旅行者向けに有名ブランドの化粧品、香水、キャンディ、お酒やたばこなど特色あるショップが並びます。お土産を免税店で買うのもいいですね。

一度は立ち寄りたいデトロイト空港見出し

世界で19番目に利用者が多いデトロイト空港にはさまざまなグルメや免税店などのショップが豊富にあり、多くの旅行者を楽しませてくれます。表示や音声で日本語にも対応しているので、海外旅行に慣れていない方でも利用しやすいのではないでしょうか。北米へ旅行する際は利便性の高いデトロイト空港を利用してはいかがでしょうか。

投稿日: 2017年8月11日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote