地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

手賀の丘公園でじゃぶじゃぶ池やバーベキューを楽しもう!駐車場は?

手賀の丘公園は千葉県柏市にある緑豊かな公園で、公園からは我孫子のシンボルとも言える美しい手賀沼が望めます。手賀の丘公園の園内には木をふんだんに使用して造られたどんぐりの家やフィールドアスレチックがある他、バーベキューやテニスなどを楽しむこともできます。

柏・手賀の丘公園で遊ぼう見出し

Photo by yto

手賀の丘公園は千葉県柏市片山にある山林に囲まれた自然の中の公園で、園内には木造りのどんぐりの家や、15基のフィールドアスレチックコース、じゃぶじゃぶ池、芝生広場などがあり、大人も子供も楽しめる公園です。ここでは、そんな手賀の丘公園について、駐車場やアスレチック、バーベキュー、水遊びのできるじゃぶじゃぶ池などの情報を交えて紹介します。

柏の公園おすすめランキング!アスレチックやお花見!豊かな自然を楽しむ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
柏の公園おすすめランキング!アスレチックやお花見!豊かな自然を楽しむ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
千葉県柏市の公園を、ランキング形式で8か所ご紹介して行きます。お花見や山歩きを楽しめる四季の公園から、元気いっぱい子供達が遊べるアスレチックや遊具のある公園までご紹介します。柏市の行楽シーズンのお出かけにお役に立てたら嬉しいです。

柏・手賀の丘公園へのアクセス見出し

Photo by chez_sugi

手賀の丘公園へ電車とバスを使ってアクセスする場合は、JR常磐線柏駅で下車後、東武バス4番乗り場から手賀の丘公園行きに乗り、手賀の丘公園で下車後、徒歩1分ほどのところとなります。あるいは、布施行きに乗り手賀農協前で下車しても、徒歩約5分でアクセスできます。

マイカーでアクセスする場合は、常磐自動車道柏インターから国道16号線を南へ下り、大井の信号を285線に入って進めば、左手に手賀の丘公園入口が見えてきますので、そこを入ってすぐのところとなります。柏インターから約30分ほどで手賀の丘公園にアクセスできます。

柏・手賀の丘公園の駐車場見出し

手賀の丘公園には3つの駐車場があります。入口南側のテニスコート前にある第一駐車場には57台の車が駐車できます。道路を挟んで向かい側にあるメインの駐車場が第二駐車場です。バーベキュー広場前にある第二駐車場には約190台の車が収容可能です。この他にもハイシーズンには臨時駐車場が設けられます。

バス停近くにある第三駐車場は、繁忙期のみのオープンとなりますが、約40台の車が駐車できます。手賀の丘公園の駐車場は、8時30分から17時15分まで営業していますが、6月から9月にかけてのハイシーズンには、6時45分から17時45分までオープンしています。手賀の丘公園では、合わせて250台から一時的には300台近い車が駐車できます。

手賀の丘公園には野球場がありますが、このスポットは、週末を中心に臨時駐車場となります。正規の駐車場に比べ、若干離れた場所にあるため多少不便を感じますが、正規の駐車場が満杯になるハイシーズンには欠かせない存在となります。時々、キャッチボールなどをしている人がいますので注意が必要です。

柏・手賀の丘公園の営業時間見出し

手賀の丘公園は、26ヘクタールという広大な面積を誇る山林に囲まれた公園で、大自然の中で思いっきり羽根を伸ばせるスポットです。手賀の丘公園は年中無休ですが、どんぐりの家などの施設は月曜日が定休日で、その他に年末年始の12月29日から1月3日が休日となります。営業時間は9時から16時30分で、入場無料となっています。

柏・手賀の丘公園の散策と見どころ見出し

手賀の丘公園に入ってまず目に入るのがバーベキュー広場とどんぐりの家です。どんぐりの家には森の教室や休憩所、ギャラリー、売店などがあり、各種の受付や申し込みはこのどんぐりの家で行います。また、入口を入ってすぐ右側にはテニスコートや野球場があります。

野球場のそばには恐竜のすべり台があり、その横には大きなきのこの休憩所があります。この辺りでは、秋にはマツムシや鈴虫の鳴き声が聞こえてきます。その隣にはフィールドアスレチックコースや水遊びのできるじゃぶじゃぶ池があります。アスレチックコースには15種類もの遊具があり、子供たちが夢中でチャレンジしています。

また、夏のシーズンにはじゃぶじゃぶ池で水遊びを楽しむ子供たちの大きな声が響き渡ります。更に奥に進んでいくと左手にデイキャンプやバーベキューができるキャンプ場があり、右側には大展望台があります。大展望台からの手賀沼の眺めは絶景です。この広い園内を散策するだけでも森の自然に触れることができ、すがすがしい気分を味わうことができます。

柏・手賀の丘公園のどんぐりの家見出し

手賀の丘公園内にあるどんぐりの家は、公園の入口にある大きな建物で、一階にはキャンプ場の券売機があり、休憩コーナーには誰でも気軽に休めるテーブルや椅子があります。このスポットでは、冬期以外の毎週日曜日には地元の農家による新鮮野菜の販売が行われており、土曜日も、不定期ですが開催されることがあります。

また、自然に関する本がたくさん並んでいる森の教室も1階にあります。2階にはきれいなトイレがあり、種々の資料が置かれている資料室があります。その他にも大小の集会所があり、大きい方では100名以上の集会が可能で、午前、午後ともにレンタル費が3時間2160円、小の方は30名ほどが参加でき、午前、午後とも3時間1080円で借りられます。

柏・手賀の丘公園のじゃぶじゃぶ池見出し

毎年、小学校の夏休みが始まる7月下旬から8月末までの期間、手賀の丘公園の中央で水遊びのできるじゃぶじゃぶ池がオープンします。じゃぶじゃぶ池は、2つの池をせせらぎでつなぎ、その途中に水の滑り台が備わっており水遊びが楽しめます。夏休みには子供たちの大きな声が響き渡り、楽しい水遊び場となります。オープン時間は朝9時から夕方16時までとなっています。

じゃぶじゃぶ池のある場所は木に囲まれてており、森林浴と水遊びが同時にできる贅沢な遊び場です。水の流れるすべり台は、幼児でも大丈夫なように、なだらかな作りとなっており、付き添いの親たちも安心して子供たちの水遊びを見守ることができます。水遊びに夢中な子供たちのはじけるような笑い声が、森中にこだまします。

柏・手賀の丘公園の恐竜すべり台見出し

手賀の丘公園の東側には恐竜広場があり、恐竜すべり台があります。この恐竜の名は「ケティオザウルス」と言い、大型のすべり台になっています。入口は恐竜のお腹付近にあり、階段を上ると恐竜のお尻あたりに出ます。そこから恐竜の尻尾目指して一気に滑り下ります。この恐竜のすべり台は絶好のフォトスポットでもあります。

柏・手賀の丘公園のランチ見出し

手賀の丘公園の園内にはレストランはありませんが、どんぐりの家の1階には小さな売店があり、おにぎりやラーメンなどの軽食の他、ボールやフリスビーなどの遊び道具も販売されています。また、駐車場から5分ほどのところにはファミリーマートがありますので、そちらでランチを購入する方法もあります。ランチを園内の芝生で楽しむのもおすすめです。

ランチを公園の外で食べる場合は、園内から車で10分ほど柏駅方面に行ったところにある大型ショッピングモール、アリオ柏がおすすめです。3階にはフードコートやレストラン街があり、いろいろな食事が楽しめる他、シネマホールで映画を見たり種々のショッピングを楽しむこともできます。

柏・手賀の丘公園の園内と展望台見出し

芝生広場ではランチを楽しんだり、寝転がってのんびりすることができます。切株がモチーフとなっているステージでは、不定期にイベントが行われます。また、広場には大きなカブトムシのオブジェがあります。夏にはカブトムシが採れるそうです。また、森の奥には腰を下ろしてゆっくり休める大きなきのこの家があります。

手賀の丘公園の北西には大展望台があり、その場所からは北の方角に美しい手賀沼の景色が一望できます。また、公園の北東にはすべり台やターザンロープを備えたユニークな展望台があります。この場所からも雄大な手賀沼を望むことができます。我孫子のシンボルとも言える手賀沼の壮大な景色は見応え十分です。

柏・手賀の丘公園のフィールドアスレチックコース見出し

手賀の丘公園のどんぐりの家とじゃぶじゃぶ池の間にはフィールドアスレチックコースがあります。このコースは主に小学生向けに造られており、15基のアスレチック遊具に挑戦します。まずは丸太を渡ったりくぐる抜ける「森の散歩道」、そしてネットを使って木の上を渡る「リスの空中遊び」、次にネットの上を歩いて進む「ふわふわ雲遊び」に挑みます。

4番目はムササビのように飛行する「ムササビグライダー」、そして丸太の上をバランスを取りながら進む「モグラの迷路」、6番目のつり橋の上を歩く「森の谷渡り」は、普通につり橋を渡だけですがそれだけで楽しいスポットです。7番目のチャレンジは、丸くて狭い中をすり抜ける「イタチのトンネル」というアスレチックです。

8番目に挑戦するアスレチックはロープを使ってターザンのように小さな山から山へと伝っていく「猿のつなわたり」です。また、ねじれたネットを忍者になったような気分で渡る「くもの巣ネット」も人気のアスレチックです。11番目のチャレンジは揺れる丸太の上をバランスを取りながら渡る「へびの綱渡り」です。

12番目のアスレチックは、大きな山を越える「手賀の丘登り」、ロープを掴みながら丸太の上を渡る「ゆらゆら一本橋」、2本の丸太の上をカニのように渡る「カニ渡り」、そして15番目の、丸太をよじ登り一番高いところにある鐘を鳴らす「森のお城」に到達すればすべてが完了します。アスレチックの後は隣のじゃぶじゃぶ池で水遊びをして涼むのもおすすめです。

柏・手賀の丘公園のバーベキュー広場とキャンプ場見出し

バーベキュー広場は公園入口の西側にあり、予約する必要がなく誰でも利用できます。木に囲まれた空気の新鮮な環境の中で美味しいバーベキューが満喫できます。申し込みはどんぐりの家の一階で行います。バーベキュー広場の100円の使用券を券売機で購入すれば、すぐにバーベキューを楽しむことができます。

バーベキューの受付は午前9時から午後1時までとなっています。バーベキュー広場には特に区画が無く、フリースペースとなっているため、広々とした森の中でバーベキューが楽しめます。ただ、この広場には調理場も炊事場もなく、用具や食材はすべて持ち込みとなります。また、地面から直接火を使うことが禁止されているため、足のついたコンロを持参する必要があります。

バーベキュー広場の利用時間は午前9時から15時までとなっています。また園内の西の端には手賀の丘公園のキャンプ場があります。キャンプ場の使用料150円も、どんぐりの家の券売機で購入します。このキャンプ場はデイキャンプ専用となっており、テントかタープの使用が条件となるため、バーベキューのみの使用はできません。

キャンプ場の申し込みは利用日の3か月前から利用日の前日までの間に、電話でどんぐりの家管理事務所に申し込みます。受付時間は9時から10時までで、先着順に受付が行われます。予約をしないで当日申し込む場合でも、予約に空きがあれば利用できます。バーベキューもできますが、食材等の調達は各自で行います。食材の調理は炊事場を利用できます。

柏・手賀の丘公園のスポーツ施設見出し

手賀の丘公園にはテニスコートや野球場、多目的広場、ゲートボール場などのスポーツ施設があります。入口付近にあるクレーのテニスコートは人気があり、いつもプレーする人が絶えません。また、野球場は、夏のハイシーズンには臨時の駐車場になることが多々ありますので注意が必要です。

柏・手賀の丘公園内にある手賀の丘少年自然の家見出し

手賀の丘公園内の西の一角に千葉県立手賀の丘少年自然の家があります。この施設は、青少年教育のための宿泊研修施設で、社会教育や宿泊学習などを目的としています。対象者は、義務教育の小中学生や少年団体の構成員、少年教育の指導者などで、具体的な研修計画を持った4名以上の団体または家族も対象になりますが、18歳以上の引率責任者が必要となります。

柏・手賀の丘公園内にある手賀の丘少年自然の家の利用料金見出し

手賀の丘少年自然の家の利用料金は、宿泊費が18歳以上の大人820円、子供300円と格安で、朝食が大人540円、子供486円、昼食が大人648円、子供594円、夕食が大人756円、子供702円とリーズナブルです。また、多目的ホールのレンタル費は1時間当たり2190円、体育館は670円、プラネタリウムは1回200円となっています。

柏・手賀の丘公園内にある手賀の丘少年自然の家の体験イベント見出し

手賀の丘少年自然の家では主に、自然体験、創作体験、スポーツ体験という3つの体験を基準に、種々の活動が行われます。例えば自然体験では、手賀の丘公園に生えている木々を探して特徴を良く観察することで、より一層自然と親しむことができます。その他にも、星座観察やウオークラリー、史跡巡りなど様々な自然体験ができます。

創作体験では、切り絵や紙飛行機、万華鏡、七宝焼き、創作うちわ、はんこ作りなどの創作を行うことにより物を創る楽しさを体験します。そして、スポーツ体験では、ドイツ発祥の三次元回転が可能なラートやリングキャッチ、グランドゴルフなど、誰でも気軽に取り組めるスポーツを体験します。

手賀の丘少年自然の家では、週末を中心に、月に2回から3回前後イベントが行われています。「みんなでおいでよ!プラネタリウム」や、「手賀沼フォトツァー」、「手賀の丘探検隊」、「野外炊飯研修会」など、子供たちがわくわくしそうなイベントがたくさん用意されています。

柏・手賀の丘公園を満喫しよう見出し

Photo by jinkemoole

手賀の丘公園は千葉県柏市にある緑に恵まれた広い公園です。園内には、木造りのどんぐりの家や子供たちが楽しめるフィールドアスレチックコース、芝生広場、バーベキュー広場、水遊びのできるじゃぶじゃぶ池などたくさんの魅力的な施設があります。ここではそんな手賀の丘公園について、駐車場や水遊びなどの情報も交えて説明してみました。

投稿日: 2018年7月9日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote