地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

銀山温泉のおすすめ宿ランキング!大正ロマンの世界にタイムトリップ!

テレビ「おしん」の舞台となったことで、一躍有名になった銀山温泉は、連日予約が取れないほど人気のある温泉地です。一度銀山温泉を訪れたら、また来たくなるほどレトロ感にひたれる温泉は、大変魅力的です。今回は、銀山温泉でおすすめの宿をランキング形式で紹介します。

銀山温泉で癒されましょう見出し

Photo by ume-y

テレビ「おしん」の舞台となった銀山温泉は、何と言っても昔にタイムスリップしたかのような、レトロな感じがたまりません。銀山温泉で人気のおすすめの宿を紹介しますので、風情とお料理に癒された時間を過ごしてみませんか?大正ロマンを感じる銀山温泉のお宿で、心も体もリフレッシュできます。

銀山温泉おすすめ宿ランキング9位「藤屋」見出し

藤屋

レトロ感たっぷりの温泉宿で、ゆっくりと川のせせらぎを聞きながら過ごす1日は、とても充実したものになりそうですね。誰もが涙したテレビ「おしん」の舞台となった銀山温泉で、日ごろの疲れを癒してゆっくりと過ごせるのは魅力的ですね。山形へ観光で訪れた際は、是非立ち寄っていただきたいおすすめの宿です。

24時間入れる温泉

24時間、好きな時間に入ることができる5つの温泉で、ゆっくりのんびり疲れを癒すことができます。せっかく大正ロマンを味わえる銀山温泉に来たのだから、温泉と風情を楽しむのは醍醐味の一つです。貧血や便秘などにも効能のある温泉なので、遠くから立ち寄る観光客も多い人気の温泉宿です。

料理にも癒される

山形牛やお刺身など、お料理にも癒されるお宿で、ゆっくりと食事を楽しみましょう。出される料理の品数と、見た目の豪華さに目を見張ります。温泉に癒され、次は料理に癒され、そしてレトロ感漂う雰囲気に癒され、おしんの舞台となった銀山温泉「藤屋」は、人々を癒しで包んでくれる最高の宿です。

旅館 藤屋

住所:
山形県尾花沢市銀山新畑443
アクセス:
車/東北自動車道村田JCTより山形方面東北中央自動車道路へ~東根IC~国道13号線を新庄方面へ。ICより車で45分 車以外/JR山形新幹線で大石田駅下車 バス40分
料金の目安:
22,334円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:
銀山温泉の藤屋がかっこいい!隈研吾による建築の見どころをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
銀山温泉の藤屋がかっこいい!隈研吾による建築の見どころをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
山形県にある銀山温泉は、江戸時代から銀山の湯治場として知られる風情ある温泉街です。その銀山温泉で古くから続く温泉旅館の一つ「藤屋」が2006年に世界的に有名な建築家・隈健吾のデザインでリニューアルしました。今回は高級旅館「藤屋」の建築美をご紹介します。

銀山温泉おすすめ宿ランキング8位「古勢起屋別館」見出し

古勢起屋別館

ガス灯が昔懐かしい昔のロマンを感じる「おしん」の舞台にもなった銀山温泉の「古勢起屋別館」でゆったりとした時間が過ごせます。銀山温泉で古くから営業している老舗旅館で、美味しい食事と温泉で癒されること間違いありません。川と山の両方を満喫できる宿で日頃の疲れを癒して、またお仕事や家事に精を出しましょう。

雪景色も魅力的

山形は雪深いことでも有名です。冬に銀山温泉を訪れれば、一面真っ白な銀世界が広がります。普段の銀山温泉も情緒がありますが、雪景色の銀山温泉は、また一段と素晴らしく帰る時に名残惜しさを感じます。こじんまりとした昔を感じさせる温泉で、ゆっくりと癒されて新たな気持ちでスタートできますね。

山と海の幸

山と海の幸をふんだんに使った料理は心もお腹も満たしてくれます。ゆっくりと温泉に入った後に出てくる料理に舌鼓を打ちます。「おしん」の舞台になった銀山温泉で、日常を忘れてまったりと過ごせる「古勢起屋別館」はおすすめの宿です。家族皆でゆっくりと過ごせる温泉宿ですので、是非訪れてみてはいかがでしょうか。

銀山温泉 古勢起屋別館 

住所:
山形県尾花沢市大字銀山新畑417
アクセス:
車/東北自動車道から山形自動車道へ入り、山形方面へ~東根IC~国道13号線を新庄方面へ、尾花沢に入ったら右折し、国道347号線 車以外/JR大石田駅下車 市バス40分 タクシー30分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

銀山温泉おすすめ宿ランキング7位「旅館 永澤平八」見出し

旅館 永澤平八

「おしん」の舞台になった銀山温泉で、変わった名前の旅館を発見しました。「旅館永澤平八」は、レトロな建物と内装がなんとも落ち着けるおすすめの温泉宿です。貸切風呂もあるので、家族でゆっくりと温泉に入ることができます。レトロを感じたいのなら、「旅館永澤平八」に泊まりましょう。満足すること間違いありません。

旬な素材を使った料理

山形の旬な素材を使った料理は、どれも美味しくて満足です。しかも、お部屋で食事が食べれるのも嬉しいですよね。小さいお子様がいても、お部屋でゆっくりと美味しい食事を楽しめます。実は、私も一度訪れたことがありますが、とても落ち着きのある魅力的なお宿でした。予約が取れるのなら、また行きたい宿です。

銀山温泉 旅館 永澤平八

住所:
山形県尾花沢市銀山新畑445
アクセス:
車/東北道村田JCTより山形道へ、山形中央JCTを新庄方面へ~東北中央自動車道東根IC~国道13号線を新庄方面へ。尾花沢より銀山へ。(ICより45分) 車以外/JR山形新幹線大石田駅下車。市営バス銀山温泉行き40分
料金の目安:
16,200円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:
銀山温泉の観光スポット!おすすめグルメ・散策コース・周辺情報などご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
銀山温泉の観光スポット!おすすめグルメ・散策コース・周辺情報などご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
山形県尾花沢市の山間にある銀山温泉は、そのノスタルジックな町並みで人気の観光地です。大正ロマンの雰囲気を味わいながら日帰り温泉や足湯、地元グルメを楽しめます。また散策路も整備されており、自然の中でリフレッシュも。今回はそんな銀山温泉の観光案内です。

銀山温泉おすすめ宿ランキング6位「滝と蕎麦の宿 瀧見館」見出し

滝と蕎麦の宿 瀧見館

「おしん」で一躍有名になった銀山温泉の一番奥にあるのが「滝と蕎麦の宿瀧見館」です。見たことのないレトロな佇まいの温泉宿は、忙しい日常を忘れさせてくれます。自然豊かな風景を見ながら入る温泉も、ずっと入っていたいほど癒しを感じさせてくれます。滝を一望できる宿、お蕎麦の美味しい宿へ、癒しの旅に出かけてみましょう。

お蕎麦も絶品

山形の食材をふんだんに使った創作料理が味わえます。温泉を満喫したら、新鮮な山菜や魚でお腹を満たしましょう。自家製の蕎麦も「瀧見館」の自慢の料理です。このお蕎麦を食べたくて訪れる観光客も多いほど人気があります。レトロ感たっぷりの宿で、ゆっくりと1日を過ごしてみませんか?

滝と蕎麦の宿 瀧見館

住所:
山形県尾花沢市銀山新畑中山522
アクセス:
車/東北自動車道より山形自動車道へ入り山形方面へ~山形北~国道13号線を新庄方面へ。尾花沢から347号線へ 車以外/山形新幹線大石田駅下車後、市営バスにて約50分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

銀山温泉おすすめ宿ランキング5位「旅籠いとうや」見出し

旅籠いとうや

1日4組しか泊まれないという贅沢な宿「旅籠いとうや」で、「おしん」で一躍有名になった銀山温泉の風情を味わえます。創業100年という老舗旅館は、泊まりたくてもなかなか予約の取れないお宿です。和室、和洋室があって、どちらもくつろげること間違いありません。4組限定なので、レトロ感漂う銀山温泉を静かに味わうことができます。

心のこもった料理

山形でしか食べることのできない新鮮素材で作られたお料理は、ほっぺが落ちそうなくらい美味しくて大満足です。山形の人が心をこめて作った素材を、宿の料理人が心を込めて料理してくれるから、美味しいのは当たり前ですね。家族5人で営んでいる家庭的な旅館で心和む1日が過ごせそうです。ファミリー的お宿でゆっくり癒されます。

旅籠 いとうや

住所:
山形県尾花沢市銀山新畑447
アクセス:
車/東北自動車道村田JCTより山形道へ~山形北IC~国道13号線を北上。尾花沢市内へ。 車以外/JR大石田駅下車、バスターミナルより40分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

銀山温泉おすすめ宿ランキング4位「能登屋旅館」見出し

能登屋旅館

国の登録文化財に指定されている「能登屋旅館」は、まさに「おしん」で有名になった銀山温泉のシンボル的存在です。大正時代に使っていた階段もありますし、外観内観ともにレトロ感たっぷりのおすすめ宿です。山形の銀全温泉を一度訪れたら、他の温泉宿には泊まれないほど情緒豊かな温泉宿は魅力的です。

お料理も絶品

様々な温泉でゆっくりと疲れを取った後は、美味しい料理が待っています。尾花沢牛や鴨などの山形で取れた食材を使った料理に癒されます。家では滅多に食べることのできない新鮮な素材を使った料理は、どれも美味しくてお腹いっぱい満足です。魅力的なレトロ温泉宿で、ゆっくり過ごしてみませんか?

銀山温泉おすすめ宿ランキング3位「古山閣」見出し

古山閣

風情のある佇まいの「古山閣」は、銀山温泉の大正ロマンを感じることのできる魅力的な旅館です。心和む木造の建物と貸切露天風呂が、訪れた人を癒してくれます。時代を飛び越えてタイムスリップしたかのようなレトロな感じに、何とも言えない落ち着きを感じるお宿です。

山形のブランド牛が味わえる

山形ブランド牛の尾花沢牛や新鮮な地元素材を使った料理を楽しめるお宿です。口に入れたらとろけてしまう尾花沢牛は、一度食べたらまた食べたくなってしまうほどまろやかな味です。魚や山菜など旬なものをお腹いっぱい食べれるおすすめの宿へ泊ってみませんか?

古山閣 新館 クラノバ

住所:
山形県尾花沢市銀山新畑422
アクセス:
車/村田JCTより山形道を新庄方面。~東根IC~東根ICから国道13号を新庄方面。尾花沢市より国道347号。 車以外/JR大石田駅よりバスで30分。予約制無料送迎バスあり。
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 14:30 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

銀山温泉おすすめ宿ランキング2位「銀山荘」見出し

銀山荘

和の心を伝えてくれる「銀山荘」は、お部屋に半露天風呂が付いているのも魅力があります。「おしん」の舞台となった銀山温泉を一望できる宿で、ゆっくりと昔懐かしい雰囲気を味わうことができます。夜にはライトアップされた銀山川を眺めて心癒される一時が過ごせます。

郷土料理を満喫

黒毛和牛のステーキや、山形の旬の素材を使った郷土料理にお腹いっぱい満たされます。山形の地酒を飲みながら、ゆっくりと食事を楽しむことができます。食事の後は、半露天風呂にまた入って心地よい時間を過ごすのも良いですね。レトロ感をたっぷり感じることができる温泉宿で、心と体をリフレッシュしてみませんか?

銀山温泉 仙峡の宿 銀山荘

住所:
山形県尾花沢市銀山新畑85
アクセス:
車/東北自動車道から山形自動車道へ入り、山形方面へ~東根IC~国道13号線を新庄方面へ、尾花沢に入ったら右折し、国道347号線 車以外/JR大石田駅下車 市バス40分 タクシー30分
料金の目安:
12,420円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

銀山温泉おすすめ宿ランキング1位「旅館松本」見出し

旅館松本

家庭的な雰囲気の温泉旅館「松本」は、10部屋のみのこじんまりとした雰囲気が売りの宿です。ゆっくりと落ち着いたお部屋で食事を食べれるのも嬉しいです。胃腸や皮膚症などに効能のある源泉かけ流し温泉で、のんびりと時間を過ごせるので、癒されること間違いありません。

旅館 松本

住所:
山形県尾花沢市銀山温泉
アクセス:
車/東北自動車道村田JCTより山形自動車道へ~東根IC~国道13号線を新庄方面へ。尾花沢より右折 車以外/JR山形新幹線大石田駅下車(送迎あり)市営バス銀山温泉行き40分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

美味しい朝食見出し

山形の食材を使った夕食に満たされて、レトロな銀山温泉を堪能して深い眠りにつきました。翌日も美味しい朝食が待っています。旅館での朝食はなんて美味しいのでしょう。普通では絶対におかわりしないのに、なんと2杯、3杯ご飯をおかわりしてしまうほど、どれも美味しくてお腹いっぱいです。

銀山温泉で気分まったり幸せ気分見出し

一度行ったら、また行きたくなるのが銀山温泉の魅力です。こんなに風情のある温泉街はほぼ無いに等しいです。日頃の喧騒に慣れてしまっている私たちにとって、大正ロマンを感じることのできる銀山温泉は、癒しスポットと言っても過言ではありません。連日たくさんの宿泊客で賑わうのも納得できます。

雪の銀山温泉は最高見出し

銀山温泉で人気のお宿をピックアップしてご紹介しましたが、どこか気になるお宿はありましたでしょうか?大正時代にタイムスリップしたような雰囲気を味わえる銀山温泉のお宿は、お部屋もお料理も大満足することでしょう。家族連れや女子の旅行にも人気のある銀山温泉でゆっくりと過ごしてみませんか?

関連キーワード

投稿日: 2017年4月25日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote