地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

米子「とんきん」は美味しいカレー専門店!人気のメニューやアクセスもご紹介!

米子「とんきん」は美味しいカレー専門店!人気のメニューやアクセスもご紹介!

鳥取県・米子市で営業している「とんきん」は、美味しいカレー専門店です。ランチタイムには、店外に行列ができるほどの人気ぶりです。あまりの人気に県外からもカレーを食べに訪れるのだとか。そこで、「とんきん」の魅力や人気メニュー、アクセス方法などをご紹介!

とんきんは米子の人気カレー専門店!見出し

Photo by ttanabe

鳥取県・米子市に位置しているカレー専門店「とんきん」は、ランチタイムには、店外に行列ができるほどの人気店です。来店者の中には、県外からも足を運んでくる方もいるのだとか。

それは、本格的にスパイスを使って作るカレールーにあるようです。他にも、作り置きをせず出来立てを提供するという強いこだわりが、美味しいカレーメニューを出すことにつながっていると言えるでしょう。

人気&おすすめのメニューやアクセス方法もご紹介!

Photo by nikunoki

米子市・とんきんは、昔から絶大な人気を誇っており、カレー好きには訪れてほしいお店のひとつ。米子市近隣の方なら訪れるのは簡単ですが、遠くからとんきんに訪れるのであれば、定食メニューではなく、カレーのオーダーをおすすめします。

そこで、とんきんの人気のカレーメニューや、お店へのアクセス方法などをご紹介します。とんきんで美味しい米子カレーを食しましょう!

とんきんってどんなお店?見出し

Photo by shibainu

とんきんは、どのような特徴のあるお店なのでしょうか。ランチタイムにいつも行列ができるのには、何か秘密があるのかもしれません。

そこで、とんきんについて、深く掘り下げてみることにしました。より、とんきんへ行ってみたくなることでしょう。

日本人好みの美味しいカレー専門店

クミンやターメリックなどのスパイスが効いているカレーは、少し辛めではありますが、日本人好みの味わいに調整されており、家庭的な味に自然と食が進んでいきます。

この味に惹かれて、リピーターになる方も多いようです。この味わいが、いつまでも食べられると嬉しいとの声が多く聞かれています。とんきんのカレーは、米子のソウルフードであると言えるでしょう。

年配のご姉妹が元気に切り盛りするアットホームなお店

とんきんは、年配の2人のお姉さまが切り盛りしています。2人は姉妹で、カウンターの内側で一生懸命調理を進めており、その姿を見るのも、来店者の楽しみでもあるのです。本当にアットホームという言葉がよく合います。

来店者の細かい注文にも応えてくれ、価格もリーズナブル。これも、とんきんの魅力のひとつなのではないでしょうか。

ランチ時は行列ができる人気店

米子駅から徒歩圏内にあるお店で、ランチタイムはいつも行列ができている人気店です。周辺にもランチを楽しめるお店があるのですが、米子カレーを食したい方が行列を作って賑わいを見せています。

どんなに時間がかかっても、その味わいを楽しみたいと順番を待っているのです。行列に並びたくない方は、開店と同時に入店されることもあるのだとか。

待っている方も多いので、食べたら次の人のためにすぐにお店を出るという状況が多いです。店内でゆったりと過ごすといったことは、難しいのかもしれません。

カウンター席のみのこぢんまりとした店内

とんきんは、テーブル席がなく、カウンター席のみのこぢんまりとしたお店です。他に、待合席が6席程度あるので、ここに座ることができない方が、必然的に外に並んで待つことになります。

美味しいカレーと、昭和のレトロ感を同時に味わってはいかがでしょうか。何度も来店される方は、変わらぬ店内の雰囲気と年配のお姉さまの姿にホッとするようです。

米子市ランチ厳選15選!おすすめグルメやおいしいカフェをご紹介します!のイメージ
米子市ランチ厳選15選!おすすめグルメやおいしいカフェをご紹介します!
皆生温泉や大山トム・ソーヤ牧場など自然を活かした観光スポットが多い米子市は、ランチスポットも沢山!地元の人や観光客に人気のおすすめグルメや、おしゃれでおいしいカフェを厳選してご紹介しちゃいます。米子市でランチに困ったら、このお店に行けば間違いなしですよ。

とんきんのカレーの特徴・魅力見出し

Photo by Tranpan23

とんきんのカレーの特徴や魅力を掘り下げてみましょう。とんきんのカレーの特徴や魅力を知ることで、より深く味わいを楽しむことができるのではないでしょうか。

とんきん周辺には、飲食店がいくつもあるのにも関わらず、毎日行列ができていたり、遠方から何度も訪れたくなる秘密が、どこかにあるのは間違いありません。

スープのようにサラサラしているスパイシーなルー

とんきんは、創業から50年近く経っている、老舗のカレー専門店です。昔ながらのカレーといったことは無く、スープのようにサラサラとしたカレールーが特徴的です。

甘めを思わせるシンプルな見た目に反し、ターメリックなどのスパイスがしっかりと効いた、本格的な味わいを堪能できます。辛めの味わいは、いい意味で裏切ってくれる。どのような配合をしているのかが気になります。

家庭で作れそうで作れない、この味が美味しいと忘れられなくて、何度も通ってしまう方も少なくありません。中には、米子に訪れた際に必ず来店する方もいるようです。

作り置きせず出来立てが味わえる

とんきんは、「作り置きをしない」ことでも有名です。常に出来立てを味わうことができます。それは、注文を受けてから調理に入ることを意味します。

このこだわりがあるため、ランチタイムには行列になってしまうこともしばしば。行列になって待ってでも食べたいという来店者が多いと言えるでしょう。

看板メニューのバーグカレーのハンバーグでも、玉ねぎを刻むところから始まるので、提供に少し時間がかかってしまいます。美味しいと言われているバーグカレーは、ここにあるのかもしれません。

コスパが最高

とんきんは、カレーも美味しいですし、価格帯もリーズナブルでコスパが最高と定評があります。ハンバーグがトッピングされた「バーグカレー」は、たまご付きで750円、シンプルな「印度カレー」で500円となっており、1000円以下の高コスパ!

ライスとサラダがセットになった定食メニューには、さりげなくカレーも付いてくるのが嬉しいです。そして、価格は800円と、こちらもコスパ良し!

米子でグルメを楽しめるお店11選!ご当地名物や海鮮が人気の名店もご紹介!のイメージ
米子でグルメを楽しめるお店11選!ご当地名物や海鮮が人気の名店もご紹介!
さまざまな飲食店が勢ぞろいしている米子は、鳥取を代表する人気グルメスポットです。今回はそんな米子でおすすめのグルメをたっぷりとご紹介いたします。米子ならではの、ご当地グルメを楽しめるご当地グルメ店や、海鮮グルメが名物の夜ごはんを楽しめるお店をチェック。

とんきんの人気&おすすめのメニュー見出し

Photo by june29

とんきんは、カレーの専門店で、いくつかのメニューがあり、特に人気となっているのがバーグカレーで、初めて来店される方は、衝撃的な印象を受けるようです。

そこで、とんきんで美味しいと言われる人気のカレーメニューをご紹介します。米子市や米子市近辺に訪れた際は、ふらりと寄ってみたくなることでしょう。

とんきんの人気&おすすめのメニュー①:印度カレー

とんきんで、一番シンプルなメニュー「印度カレー」(500円)です。サラリとしたカレールーには、少しのお肉が入っており、カレーにありがちな大きな野菜が入っていません。

とんきんのカレーをシンプルに美味しく味わいたい方におすすめで、クミンやターメリック、コリアンダーなどのスパイスの味わいを感じることができるメニューです。

カレーの甘口が好みの方には、少々辛く感じるかもしれませんが、ご飯の炊き加減もちょうど良いので、美味しくいただけるのではないでしょうか。

男性

男性

印度カレーを注文しました。シンプルなさらりとしたルーは、スープカレーのようです。辛さの調節はできませんが、美味しいカレーなので、おすすめします!

女性

女性

ランチタイムは、いつも混んでいるお店。ルーは、スープのようにサラサラとしていますが、スパイスがしっかりと効いた美味しいカレーです。

とんきんの人気&おすすめのメニュー②:バーグカレー(玉子付き)

とんきんのカレーメニューの中でも、一番人気が高いメニュー「バーグカレー」(たまご付き・750円)で、とんきんの代名詞とも言われているようです。

オーダーをすると、玉ねぎを刻むところから調理が始まり、肉をこねてから焼き上げるスタイルとなっており、提供されるまでには10分から15分ほどの時間がかかります。

調理工程に時間が必要なのは、カレールー以外の作り置きをしないことにこだわっているからだといいます。そのため、作りたての手作り感満載のハンバーグがトッピングされたカレーを頂くことができます。

刻んだ玉ねぎが若干大きいのか、シャキシャキとした食感を楽しむことができ、スパイスの効いたカレーと合う、美味しいおすすめのカレーメニューです。

初見の方には、かなりのインパクトがありますが、米子に来訪した際は食べておきたいメニューと、リピーター続出の人気ぶり!

男性

男性

現地出身の方におすすめされたのですが、大正解!一番のおすすめはバーグカレーで、家庭で食べるような、熱々の肉厚のハンバーグがトッピングされます。

女性

女性

粗く刻まれた玉ねぎがたっぷりと練りこまれるハンバーグ。玉ねぎの甘みは、ルーのキリッとした辛さとスパイシーさを引き立てます。とんきんに来たら必ずオーダーするメニューです。

とんきんの人気&おすすめのメニュー③:チキンカレー

とんきんのカレーメニューの中で、意外とオーダーが多い「チキンカレー」(600円)は、揚げたチキンの衣が荒々しいと、来店者にインパクトを残すビジュアルが特徴的です。

チキンカレーは、揚げたてチキンが3個トッピングされ、チキンをカレールーに落とすと、じゅわっと音が聞こえてくるので、かなり熱々の状態で提供されるのが分かります。

熱々チキンとご飯、そして、スパイシーさが際立つカレーとの相性はバツグンで、「美味しい!」と、あっという間に完食してしまう方も多いようです。

揚げたチキンの食感も良いですし、カレーの味が忘れられないとの声が続出しており、リピーターになる方が多いメニューとなっています。

ランチタイムを過ぎると、チキンカレーが売り切れていることがあるので、お目当てにされている方は、早めの来店がおすすめ!

男性

男性

チキンカレーを注文しました。チキンはサクサクしていますが、柔らかく揚げられているので、美味しいです。カレーと絡めながら食べるのがおすすめ!

女性

女性

大きめの衣で、ザクザクとした食感が良い熱々のチキンカツは、カレーと良く合います。ランチタイムに売り切れてしまうことも多いので、早めの来店がよさそう。

とんきんの人気&おすすめのメニュー④:カツカレー

とんきんのメニューの中でも、少々、驚かれるメニュー「カツカレー」(600円)は、さほど待たずに提供されるのですが、それには理由があります。

それは、一枚ものの揚げたカツをカットするのではなく、カットしたお肉に衣をつけて揚げるのです。「この発想はなかった!」と、衝撃を受ける方もいるのだとか。

最初にお肉をカットし、細くすることで、揚げ時間の短縮になるようです。オーダーをしてから10分ほどで提供されこともあり、意外とオーダーされる方も多いのだとか。

ザクリとした衣の食感も良く、カレールーとの相性もgood!オーダーを受けてから衣をつけて揚げるので、揚げたて熱々を味わうことができる、おすすめの美味しいカレーメニューです。

男性

男性

一口食べて驚いた、美味しい!サクサクのカツに、スパイシーなカレールーが何とも言えないくらい美味しい。甘めの優しい味わいだと思っていただけに、想像を超えました。

女性

女性

11時から開店ですが、既に待ちの人がいました。今日は、カツカレーを頂きましたが、サクサクの衣で美味しい、スパイシーなカレールーは癖になります。

とんきんの人気&おすすめのメニュー⑤:玉子カレー

Photo by klipsch_soundman

とんきんで食べる「玉子カレー」(550円)は、やや変わったビジュアルとなっています。一般的な玉子カレーは、ゆでたまごがカットしてあったり、目玉焼きがトッピングされています。

しかし、とんきんでは、カレールーの中に、ダイレクトに生玉子が投入されているのです。玉子以外にトッピングはありませんので、生玉子が得意な方におすすめ!

辛味のあるカレールーが、生玉子があることで、マイルドな味わいになります。最初は抵抗があるかもしれませんが、意外と合うので試してみてはいかがでしょうか。

男性

男性

この日オーダーしたのは玉子カレーで、普通の白米に普通の生たまご、作れそうで作れない家庭の味のカレールー。行くたびに身体に馴染んでいく。また行こう!

とんきんの店舗情報・アクセス見出し

Photo by akira yamada

とんきんの美味しいメニューをご紹介しましたがいかがでしょうか。こちらでは、とんきんの基本情報やアクセス方法などをご紹介!来店したものの、定休日や営業終了だったのでは、残念な気持ちになってしまいます。

車で来店をされる方のために、駐車場情報も合わせてご紹介します。来店時の参考になれば幸いです。

営業時間・定休日

とんきんの営業時間と定休日ですが、営業時間は、11時から16時の昼間の時間帯のみの営業となっています。材料が無くなってしまった時など、時間よりも早く終了することもあるようです。

定休日は、日曜日となっており、火曜日から変更となっておりますので、来店時はお気を付けください。心配であれば、来店前に確認をすると良いでしょう。

空いている狙い目の時間帯は?

とんきんは、いつ来店しても混んでいるのですが、ランチタイムのピークを過ぎた、15時過ぎに来店すると、さほど待たずに提供されたとの来店者の声を聞きます。

混雑を避けようと、開店と同時に入店を試みる方も多いので、開店と同時に混雑しているという状況になることも多くあるようです。

ランチタイムを過ぎると、混雑は避けることができますが、好みのメニューが売り切れてしまい、選ぶことが難しいといったことも発生することも起こってしまいます。

待つのを覚悟で好みのメニューを食べるか、待たずにその時に食べられるメニューから選ぶか。どちらになさいますか?

交通アクセス

Photo by rail02000

とんきんは、米子市の老舗カレー専門店で、「米子のカレーは、とんきん。」と言われるほど、人気が高いお店です。

とんきんは、米子駅からわりと近く、徒歩圏内に位置しています。そこで、とんきんのアクセス方法をご紹介!電車でのアクセス方法、車でのアクセス方法をあげてみます。

県外からの来店者も少なくないので、お店の場所や駐車場のある場所を事前に知っておくと、来店時に迷わないで済むのではないでしょうか。

電車でのアクセス

とんきんへ電車でアクセスをする場合、JR米子駅が最寄り駅となります。米子駅で下車し、駅前には、「米子ワシントンホテルプラザ」が見えるので、鳥取大学医学部付属病院の方向へ進んでいきます。

道なりに5ブロック進んだのち、右手に「イタリアンバール・ピッコロ」と「中国労働金庫米子支店」が見えてくるので、この間の道を右折していきましょう。

右折した後、2ブロック進んでいくと、右手に「ワタベビル」が出てきます。このビルの1階に、とんきんが入っています。ガラスにも「カレー専門店 TONKIN」と記されているので分かりやすいです。

車でのアクセス

Photo byFotorech

とんきんへの車でアクセスする場合ですが、米子ICで米子自動車道を出てから、米子バイパスへと車を進めます。米子バイパスを6kmほど進んだ後、国道9号線の交差点を右折します。

右折した後、そのまま走り進めると、米子駅前に出ます。駅前にある「米子ワシントンホテルプラザ」が左手に見えるので、ここを左折し、ホテルを右手に見ながら直進します。

右手に「ホテルアジェンダ駅前館」が見えたら右折し、1ブロック分進んだのち左折します。そのまま直進していくと、左手にワタベビルがあり、1階にとんきんが入っています。

駐車場

Photo by iwazer

とんきんは、ビルの1階に入っており、駐車場はありません。車で来店される際は、近隣のコインパーキングを利用することになります。

とんきんは、ワタベビルの1階に入っているのですが、斜め向かいにコインパーキングがあり、こちらに車を停めて、歩いてお店に向かうとのことです。

Photo byFranckinJapan

とんきんの近隣には、いくつかコインパーキングがありますので、利用しやすそうなコインパーキングを事前に探しておくと良いでしょう。

とんきんから200m圏内のコインパーキングには、「ザ・パーク米子日野町」や「東町パーキング」などがあります。利用料金の相場は、60分あたり100円から200円が多いようです。

住所 鳥取県米子市茶町10
電話番号 0859-33-8170

とんきん周辺のおすすめ観光スポット見出し

Photo by mstkeast

とんきんで、美味しいカレーでお腹を満たしたら、米子市で観光を楽しまれてはいかがでしょうか。とんきんの徒歩圏内には、城跡や城下町、公園など、いくつかの観光スポットがあります。

お時間に余裕があるのでしたら、ゆっくり散歩しながら、観光スポットに立ち寄ってみるのもおすすめです。

米子城跡(とんきんから徒歩10分)

とんきんから徒歩で行くことができる「米子城跡」は、米子屈指の絶景スポットとして、多くの方に知られています。かつては、四層五重の山陰一の名城として、栄華を誇っていました。

米子城が確かにここにあったことを伝える、立派な石垣が残されている現在。米子市を見守るように石垣があるようにも思え、繁栄してきた歴史を今に伝えているかのようです。

そして、米子城跡は、桜の季節には桜の名所としても、多くの方に愛されているスポットとなっています。

城跡の頂から眺める桜は、青空・中海・大山のコントラストによって、一層美しく、鮮やかに。思わず写真に収めたくなるのではないでしょうか。夜桜のライトアップもされるので、明るい時間帯とは違う目線で桜を楽しむことができます。

北を眺めると米子市街地が見渡せ、東を向けば名峰と言われている大山の姿が視界に飛び込んでくるので、桜と一緒に絶景を写真に収めてはいかがでしょうか。

住所 鳥取県米子市久米町

米子城下町(とんきんから徒歩5分)

とんきんから徒歩圏内にある「米子城下町」は、米子の見どころがいくつもある、歴史を感じさせるスポットです。

全国でも珍しい9つのお寺が並ぶ「お寺銀座」と呼ばれる通りがあり、お寺は、米子城築城の際に移築されたものです。中には、室町時代に建てられた、歴史の長いお寺もあるのだとか。

それぞれのお寺の長い歴史を感じることができる、立派な建造物を見ることができます。お寺がお好きな方、お寺巡りをされてはいかがでしょうか。

お寺銀座の他にも、古い町並みの白壁土蔵や、加茂川の川べりの並木道、重要文化財である後藤家など、見どころがいくつもあるスポットとなっています。

時間に余裕があるのでしたら、米子城下町観光ガイドの方の話を聞きながら、ゆったりとお散歩をするのもおすすめです。(こちらは有料となります)

住所 鳥取県米子市加茂町2丁目

湊山公園(とんきんから徒歩14分)

とんきんから少し離れた場所に位置していますが、徒歩で行ける距離にある公園です。中海が近く、広々としているので、ゆったりと過ごすのに向いています。

四季折々の自然を楽しむことができ、散策に向いている公園で、米子城跡と合わせて散策される方も多いのだとか。

夕陽が美しいと評判で、沈む夕陽の名所として多くの市民から愛されているスポット。ボーッと海を眺めていると、心のざわつきが落ち着きそうです。

住所 鳥取県米子市西町

皆生温泉(とんきんから約4.3km)

とんきんから少し離れたばしょに「皆生温泉」(かいけおんせん)があります。日本のなぎさ100選にも選ばれた弓ヶ浜沿いにあり、中国地方を代表する温泉地となっています。

源泉かけ流しの温泉は、お湯が柔らかで、お肌がしっとりすべすべになると評判がよく、全室オーシャンビューのお部屋でゆっくりと過ごすことができます。

夏には、海水浴も楽しめ、温泉も合わせて楽しむことができる良い場所です。山陰の観光拠点としても良い場所にあるので、連泊して周辺の観光地を巡るのもおすすめ!

米子観光のおすすめスポット厳選!子供も楽しめる自然や公園もあり!のイメージ
米子観光のおすすめスポット厳選!子供も楽しめる自然や公園もあり!
米子は鳥取県にある歴史や自然に溢れた街です。大きな公園や名水が湧き出るスポットがたくさんあります。鳥取の観光スポットとして最近人気があり、ディープな自然を楽しむことができる場所がたくさんあるので、今回は米子のおすすめの観光スポットをたくさんご紹介します。

とんきんで美味しいサラサラカレーを味わおう!見出し

Photo by Sig.

米子市・とんきんのカレーやアクセス方法などをご紹介しました。とんきんは、老舗のカレー専門店で、スパイシーな旨さが後を引くのが特徴です。

その味わいに魅了され、多くの方が来店し、店内はいつも賑わっています。とんきんの看板メニュー・バーグカレーを食べに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

投稿日: 2021年1月17日最終更新日: 2021年1月18日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote