地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

テーブルマウンテン(南アフリカ)の見所!ケーブルカーや登山体験ツアーも!

南アフリカのケープタウンにあるテーブルマウンテン。雄大な山で、山の先端がスパッと切り取られたかのように平坦になっている特徴があり、有名な観光名所となっています。テーブルマウンテンの見所、また登山体験ツアーなどご紹介します。

雄大なテーブルマウンテン見出し

「テーブルマウンテン」は南アフリカ屈指の山で、国立公園に指定されていて、一帯はケープ植物区保護地域群として世界遺産に登録されています。そこは最古の街と言われるケープタウンにあり、ケープタウンのほとんどの場所から見る事が出来ます。とても雄大で、人気の観光名所となっています。そのテーブルマウンテンの見所や登り方をご紹介します。

テーブルマウンテンがあるケープタウン見出し

奥にある、山の頂上が切り取られたかのような、テーブルのような形をしているテーブルマウンテンは、ケープタウンにあります。ケープタウンは、南アフリカ共和国の第2の首都であり、立法首都と言われています。近代的な街並みもあり、カラフルな可愛い街並みもあり、自然もいっぱいで見所あふれる都市です。

南アフリカ・ケープタウン観光スポット!気候は?テーブルマウンテンからの絶景! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
南アフリカ・ケープタウン観光スポット!気候は?テーブルマウンテンからの絶景! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
南アフリカ共和国で観光地として有名なケープタウンは、南アフリカで最も古い歴史があります。世界の自然七不思議の中の1つ「テーブルマウンテン」もあり素敵な都市です。ケープタウンの観光名所、テーブルマウンテンからの絶景、また観光の注意点などもご紹介します!

ケープタウンから見るテーブルマウンテンの世界見出し

南アフリカのケープタウンのほとんどから、テーブルマウンテンを見る事が出来ます。テーブルマウンテンの存在感は偉大です。条件が合えば、テーブルマウンテンの頂上に雲が流れる様にかかっている「テーブルクロス」現象を見る事ができます。その不思議な景色は絶景ですので、時々気にして見てみて下さい。

テーブルマウンテンをケーブルカーで登る見出し

テーブルマウンテンは、ケーブルカー乗り場付近まで車、そしてケーブルカーで気軽に山頂に絶景を見に行く事が出来るとあって大人気の観光名所です。ケーブルカーはとても人気で、並ぶことがあります。並んでも30分以内に乗る事が出来ると言われていますが、並ぶ人数によります。あまり並ぶことが少ない早朝がおすすめです。

ケーブルカーは、65人乗りという大きな乗り物です。10分おきに運航しています。年間、世界中から観光に来る約80万人ほどの観光客を乗せて運行していて、とても忙しい乗り物です。運行を管理しているのは、スイス製の「Rotair」。ハイテク技術を搭載しています。

テーブルマウンテンは、運動が苦手な人にとっては嬉しい素敵な山です。標高1000メートルを超えるテーブルマウンテンのうち標高300メートルのターフェルバーグロードのロープウェイ駅までは、バスや車で登る事が出来、そこからはケーブルカーに乗り山頂付近を目指す事が出来ます。

ケーブルカーは、底が回転するようになっていて、ケーブルカー内で動かなくても360度の景色を見る事が出来ます。10分もかからないで山頂に到着するケーブルカー内からは、すでに絶景を体験する事が出来ます。

ケーブルカーで山頂付近に到着すると綺麗な空気、下の世界の絶景に感動します。しかし、ここは、標高1086メートルではありません。標高1086メートルの山頂を確実に体験したい場合は、ケーブルカーを降りた後、ハイキングコースを少し歩くとテーブルマウンテンのトップmaclear's beacon(マクリアーズ・ビーコン)に立つ事が出来ます。

テーブルマウンテンへ登山時の注意見出し

ケーブルカーの注意点

テーブルマウンテンは、年に1度の定期点検があり、運休します。確認しないで行くと、運よくその日にあたってしまいますので、ご注意ください。また雨や風で運行が危ないと思われた場合も、運休します。テーブルマウンテンに向う直前に、ケーブルカー運行状況を確認できる公式HPを確認してから行く事をおすすめします。

実際に登る場合の注意点

トレッキングなどで登る時は、各所に看板が設けられています。看板に書かれてある禁止事項はしないようにしましょう。南アフリカの中でもケープタウンは治安が良い方ですが、一人で行動するには危険な地域です。一人で登るのは止めましょう。また、山火事などを避けるため火気厳禁などの注意事項を守る事は大切です。

気温対策

また、ケープタウン市街とテーブルマウンテンの山頂は、10度ほど気温が違い、山頂は寒く感じます。天候が急に変わり更に寒くなる場合もありますので、ウインドブレーカーや薄手のダウンを1枚カバンに入れておくのをおすすめします。

南アフリカの治安まとめ!安全に旅行するための注意点と危険ポイント! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
南アフリカの治安まとめ!安全に旅行するための注意点と危険ポイント! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
南アフリカの最大の都市、ヨハネスブルクは、世界一治安が悪いということで有名です。今回は、南アフリカの治安情報と、安全に旅行をするための注意点と危険ポイントをご紹介させていただきます。これを見ないと安心して旅行に行けないかも⁈

ツアーでテーブルマウンテンへ見出し

テーブルマウンテンに登るツアーのほとんどは、ケーブルカーを使用してのツアーです。南アフリカの最古の街であるケープタウンを効率よく観光するために「テーブルマウンテン」を含めたツアーに参加する事が出来ます。

「リアアフォスター」や「abseil africa」やその他にも、テーブルマウンテンの登山を楽しむために、色々なタイプのツアーを計画している会社があります。テーブルマウンテンの低地を歩くツアーや5時間くらいトレッキングする本格的なツアーもあります。登山したい方は、自分に合うツアーを探してみてはいかがでしょうか?

山頂のトレイルツアー見出し

また、ケーブルカーを降りた頂上は、3キロにわたる平坦な地が広がっています。約2キロ散歩道が整備されていて、テーブルの上を散策する無料のツアーがあります。頂上のロープウェイ駅から1日2回ガイド付きで予定されていますので、ぜひ、時間を確認し参加してみるのはおすすめです。

ツアーを利用せずにテーブルマウンテンへ見出し

ロープウェイ駅まで車で行き、そこからトレッキング

登山する人は、いくつか方法があります。登山でもっとも有名なルートは、ケーブルカー乗り場までは車を使い、そこから約2キロのところにある「Pkatteklip」という登山口からテーブルマウンテンの山頂を目指すルートです。

ロープウェイ駅からの登山ルートは、整えられた階段状の道を約標高600メートを、約2時間かけて登る事になります。急な岩の所もありきついトレッキングになりますが、世界でも珍しい固有種植物の宝庫で、沢山の植物を見る事が出来、動物もいて、絶景があり、登山の疲れを忘れさせてくれます。

テーブルマウンテンを市街から直接登る

ケープタウン市街から直接テーブルマウンテンを目指す方法もあります。片道5時間ほどかかり、ハードなトレッキングとなります。ロープウェイ駅から登山する場所と繋がり、最後は、崖と崖の間の登山を体験できます。きつさもありますが、後ろを振り返るとそこはもう絶景!疲れも吹っ飛びます。

テーブルマウンテンを世界遺産から登る

テーブルマウンテンの東側には、世界遺産に登録されている「カーステンボッシュ国立公園」があり、そこからの登山ルートがあります。滑りやすい岩には、はしごが架けられています。深い林、南アフリカの固有種や、動物、カーステンボッシュからの絶景を見ながら登り、頂上を目指します。

テーブルマウンテンの厳しい道を行く

テーブルマウンテンは、テーブルのような平らな頂上に加え、垂直な崖が特徴です。この垂直な崖を、クライミングすることも出来ます。クライミングが大好きな人は、クライミングしながら頂上を目指しています。

テーブルマウンテン山頂で体験できる世界見出し

標高約1000メートルのテーブルマウンテンの頂上の世界です。山の頂上に来た感じがしないくらい平坦な地が続いています。この平坦な地からは、東西南北、景色をぐるりと歩く事が出来、見渡す事が出来ます。

ケーブルカーで登ったあとは、さすが観光地と思ってしまうほど、カフェやショップがあり、観光地感を出しています。少し休憩するのにぴったりです。また、ポストもありますので、手紙を投函することも出来ます。ビューポイントも設置されていて、双眼鏡も設置されていますので、子供たちが楽しんでみています。

テーブルマウンテン山頂の世界は、気候が変わりやすく一気に状況が変わる事があります。登る時は晴れていたのに頂上に着いた時は霧で覆われていたとか、頂上で晴れから一気に霧に覆われたとか、頂上半分は霧で半分は晴れだったとか面白い体験が出来るかもしれません。ぜひテーブルマウンテン山頂の世界を楽しんでください。

テーブルマウンテンから見下ろす世界見出し

テーブルマウンテンの山頂は、東西南北、下の世界を眺める事が出来ます。ゴツゴツした岩の上で過ごすことも出来ます。ごつごつした岩の上は、まさに天空の城に来た感覚に陥ります。ぜひ体験してみて下さい。

カフェなどの近くには、ビューポイントが設置されていて、そこから北東にあるケープタウンの街並みを双眼鏡でも見る事が出来ます。雄大な南アフリカの中の都市の全貌を見る事が出来、この絶景が人間の手で作られたことを考えると、人間のすごさを感じる事が出来ます。

南の方の景色も素晴らしい絶景が広がっています。「バック・テーブル」と呼ばれる低山が岬までずっと続いていて、ところどころにある貯水池がとても綺麗で、こちらもまた壮観な景色を見る事が出来ます。

テーブルマウンテンから見える尖った山は、「ライオンズヘッド」と呼ばれる山です。この山も観光名所になっていて、人気の山となっています。ライオンズヘッドから見えるテーブルマウンの景色は、壮大で素晴らしい絶景ですので、ライオンズヘッドへの登山もおすすめです。

早朝に上ると、日中とはまた違った絶景を見る事が出来ます。東から登る朝日を見ていると、地球のすばらしさを体験する事が出来ます。朝は、人が少ない時もありますので、ぜひ明け方に山頂を目指してみてはいかがでしょうか?

一人で登るのは、危険が伴いますので、グループで登る事をお勧めしますが、夜景は、息をのむほどの絶景です。素敵な景色に感動することでしょう。画像でもとても美しいのですが、実際に見るのは、それ以上の美しさで、素晴らしい体験が出来ます。

テーブルマウンテンで出会える動物見出し

ケープハイラックスという動物によく遭遇します。ウサギのようで、でも耳は短いのでモルモットのようです。クリクリツとしている丸い目でこちらを見てくれると、それだけでとても癒されます。観光客がいても、姿を見せてくれます。

このケープハイラックスは「ダッシー」と呼ばれています。ウサギと言われたり、タヌキと言われたり、ゾウの親戚と言われたり、不思議な動物です。触る事は出来ませんが、テーブルマウンテンへ登山した時は、ケープハイラックスに癒されて下さい。

テーブルマウンテンに登山しよう!見出し

テーブルマウンテンは、自然が作った壮大な山です。いつもの忙しい生活を忘れさせてくれ、新たに頑張れる力をくれる自然の偉大さを体験する事が出来ます。天空から下界を見下ろしているような体験は、人生に彩りを与えてくれます。テーブルマウンテンに、自分にあったルートで楽しく登山しましょう!

投稿日: 2017年7月31日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote