とんきと言えば目黒のとんかつ店!長い伝統を誇る老舗に足を運ぼう!

2017年10月31日 (2018年3月29日最終更新)

目黒にあるとんかつ屋、とんきはとんかつの名店中の名店として、グルメ好きには知らぬ者のない老舗です。とんきの人気は凄まじく、全国各地の暖簾分けしたお店が大盛況になるほどです。そんなとんき目黒店の人気の秘密、名店中の名店である所以に迫っていきます。

目次

  1. 目黒の名店・とんき
  2. とんき目黒店について
  3. とんき目黒店のとんかつ
  4. とんき目黒店のメニュー
  5. とんき目黒店のつけあわせ
  6. とんき目黒店の店内
  7. とんき目黒店の醍醐味
  8. とんき目黒店へのアクセス
  9. とんき目黒店の営業時間
  10. とんき目黒店の暖簾をくぐる

目黒の名店・とんき

11376293 380701328795111 1540578637 n
tonkatsu_tonki

とんかつファンを、いえ、グルメを名乗るのであれば絶対に知っていなければならないとんかつ屋の名店、それがとんきです。目黒のグルメの中でも抜きん出た存在感のあるとんきは、とんかつ屋の中でも特に老舗で、中には親子三代に渡って通い詰める常連さんもいらっしゃいます。そんなとんきの人気の秘密は一体どこにあるのでしょう。

Original目黒のとんかつ特集!名店がひしめくエリアのおすすめ店情報!

とんき目黒店について

とんき目黒店の創業は昭和14年で、創業から70年以上、80年近くが経ちます。ただ老舗であるというだけでなく、人気グルメとして、グルメサイトでも常に上位に陣取っています。とんきのとんかつを食べたいがために、わざわざ目黒にいらっしゃる方もいるほど。目黒の名物グルメと言えば、とんきのとんかつなのです。

とんかつ屋は全国に多々ありますが、一度とんきを訪れた方は、他のとんかつ屋ではなんとなく満足いかない身体になってしまいます。それがどんなにおいしいとんかつであっても、とんきを体験してしまうと物足りなくなってしまうものなのです。それはただとんかつが美味しいだけでなく、この店内自体にも魅力があるからです。

22802508 1349618571815114 8904678119097499648 n
madrague_sanshiro

そんな大人気のとんき目黒店ですが、惜しむらくはランチの営業をしていないこと。ランチ営業をしているものだと思ってとんき目黒店を訪れた方が、降りたシャッターの前で肩を落としている光景がよく見られます。多くの方はとんきのランチ営業を望んでやみません。ですが、夜の来店者数を考えれば、それは致し方ないことかもしれません。

開店前にはすでに行列ができており、開店と共に座席は満席になってしまいます。それがずっと閉店まで続きますから、単純にランチの営業をするだけの余裕がないのも仕方のないことに思えます。しかしランチ営業が開始される可能性がまったくないわけではありません。ファンはいつかランチを食べられるかもしれないと、夢を見ています。

とんき目黒店のとんかつ

12070679 1174191655980238 222713285 n
tonkatsu_tonki

とんきのとんかつは、開店前の仕込みから始まります。凄まじい量の豚肉がカットされている光景は圧巻です。肉は処理によってその味や食感が決まります。職人さんが包丁を丁寧にいれた豚肉は、とんきのとんかつがおいしいことを証明する前提条件になるのです。そうした準備の上で、とんかつが揚げられます。

見事に揚げられたとんかつは驚くほどにジューシーに仕上がっています。豚の旨味を逃がすことなく揚げられたとんかつは、噛んだ瞬間に口の中で旨味が弾けるように広がります。それを可能にしているのは、とんきのとんかつの衣です。とんきのとんかつの衣はとにかくサクサクのクリスピー。揚げの工程の技術力の高さに舌を巻きます。

22710930 334937973636715 6280283492982980608 n
__jjinggram

とんき目黒店のとんかつには、大きな特徴が他にもあります。それは、横にも包丁が入れられていることです。よそのお店ではとんかつを縦にカットされているだけですが、とんきのとんかつは横にも包丁が入れられており、一口で食べやすい大きさになっています。こうした心配りは、とんきの真骨頂です。

とんき目黒店のメニュー

23098690 416827545402835 1527779051836538880 n
ms___song

とんき目黒店のメニューは非常にシンプルです。まずは定食が3種類、ロースかつ定食1900円、ヒレかつ定食1900円、串かつ定食1400円です。定食はこれのみです。また、サイドメニューも非常にシンプルで、ロースかつ1300円、ヒレかつ1300円、串かつ2本で800円と、メインとなるサイドメニューもこの3種のみです。

そして、ご飯お新香付き300円、とん汁300円、お新香盛り合わせ450円、枝豆、以上がフードメニューの全てです。その他はドリンクのみと、あくまでとんかつ一本に絞った、硬派なお店であることがわかります。こういったこだわりがあるからこそ、とんき目黒店のとんかつは本物の味であり続けることができるのです。

22639505 365852973856199 6310138527917015040 n
juncoco34

やはりおすすめはなんと言っても定食3種です。がっつりと脂身の甘みを感じられるロースかつ定食。驚くほどの柔らかさと肉の旨味を感じられるヒレかつ定食。玉ねぎと豚肉のコラボレーションを楽しめる串かつ定食。それぞれに別の楽しみがありますので、どれも甲乙つけがたいおすすめメニューです。

とんき目黒店のつけあわせ

22277674 1596542117077121 2953214530567536640 n
smp_prpr

あくまでとんかつで勝負するというとんき目黒店の硬派さが垣間見えるメニューでしたが、こだわっているのがとんかつだけで、付け合せをなおざりにしているのかと思われるかもしれませんが、そんなことは決してありません。とんき目黒店では、付け合せそれぞれがおすすめメニューと言っても過言ではありません。

22069978 1577572782336936 1279534623642091520 n
hkoishihara_inst

まずはとんかつに添えられた野菜たちです。シャキシャキのキャベツの千切りはとんかつに欠かすことのできない相棒で、添えられたトマトも口直しに最適です。そして見ていただきたいのがこの大きなパセリ。飾りと思われがちなパセリですが、とんきのパセリは食べるためのパセリですので、是非召し上がることをおすすめします。

21147946 506070403063634 6014154799493152768 n
ykoi

お新香にも手抜かりはなく、ビールを頼んだ時などのおつまみとしても最適です。そして何よりも味わっていただきたいのはこのとん汁。豚の旨味と脂身のコクが溶け込んだこのとん汁だけで、ご飯3杯はいけてしまう代物です。お椀を持つ手が止まらずに、一気に飲んでしまうなんてこともありえます。

とんき目黒店の店内

11033026 371108056417410 705930669 n
tonkatsu_tonki

とんき目黒店の店内は非常に広々としています。一階はカウンター席のみで30席、そして二階席にボックス席が30席と座敷があります。これだけの席が開店と同時に埋まってしまうのですから、その人気は恐るべきものであると言えます。入店して席が選べるようでしたら、是非カウンター席をお選びいただくことをおすすめします。

店内は非常に広々しており、窮屈さは一切感じません。店内は明るく清潔ですので、食べている間に不快感を感じることはありませんし、非常に気分良く食事ができます。店内に活気に溢れている点もまた、食事を進ませるエッセンスです。その点において、とんき目黒店の右に出るものはそうそうありません。

とんき目黒店の醍醐味

22071456 384605231959252 5321206631382384640 n
mafas__

とんき目黒店の醍醐味は、なんといってもカウンター席から見える厨房の光景です。厨房は隠すことなくオープンになっていますので、目の前で繰り広げられる光景はまるでライブを見ているような高揚感があります。スタッフの方々の連携が特に素晴らしく、分業で流れるようにとんかつができていく姿には、感動すら覚えます。

素晴らしいのは連携だけでなく、店員の方の気遣いです。ご飯とキャベツのおかわりは自由なのですが、少なくなるのを見るや、すぐにおかわりを用意してもらえます。そのため、ついついご飯を食べすぎてしまうなんてことも、とんき目黒店のあるあるです。キャベツも次々とおかわりを盛ってくれますので、野菜不足とは無縁です。

とんき目黒店へのアクセス

22857578 196623980882397 5724135118491090944 n
ichikawa_kenji

とんき目黒店の最寄り駅は目黒駅です。目黒駅はJR山手線、都営三田線、東京メトロ南北線、東急目黒線の4社が乗り入れしており、非常にアクセスの良い駅です。目黒駅の西口を出ましたら、三井住友銀行に沿って歩き、そのまま次の角を左に曲がると、とんき目黒店があります。行列がありますので、行けばすぐにここがとんきだとわかります。

22157357 1401178486647018 4535563194894123008 n
tachaaaaaaaan

周辺には久米美術館や目黒シネマなどの施設もあります。また、目黒のさんま祭りなどの際には周辺が非常に混雑します。せっかく目黒に来たのだから、とんき目黒店に行こう、という方も大勢いらっしゃいますので、非常に混雑します。行列に並ぶのもまたグルメのひとつということで、ご辛抱ください。

住所:東京都目黒区下目黒1-1-2
電話番号:03-3491-9928

Original目黒の焼肉屋おすすめランキング!人気の安いお店や有名店など!

とんき目黒店の営業時間

21568702 489051238141103 5369275780805165056 n
maco_spanner

とんき目黒店の営業は16時から22時45分のラストオーダーまでです。つまり、ランチタイムにはまだ営業が始まっていないということです。非常に残念ですが、なるべく早い時間にとんき目黒店のとんかつをいただきたいという方は、遅めのランチとして開店と同時に入店していただくか、早めのディナーとするかの二択になります。

軽めのランチを早めにいただいて、開店前から並ばれるのがおすすめです。また、毎週火曜日と毎月第三月曜日は定休日で、年末年始と夏季にも休業がございます。台風などの悪天候で閉店が早まる場合もありますので、有限会社とんきの公式Twitterをフォローいただくと、情報が早めに手に入ります。

とんき目黒店の暖簾をくぐる

21980302 118237558863810 5434185801938239488 n
h_m_ch_n

グルメ界にとんきありと名を馳せるとんかつの名店中の名店、とんき目黒店についてお届けしました。とんかつはもちろんおすすめですが、店内で繰り広げられる調理風景もご覧になることをおすすめします。とんき目黒店はグルメとしてだけではなく、店全体をエンターテイメントととして楽しめるとんかつ屋です。是非、ご来店ください。

Original渋谷のとんかつ屋特集!おすすめの名店や安い・美味しい人気店など!

関連記事

関連するキーワード

広尾・白金・目黒の人気ランキング

広尾・白金・目黒の新着のまとめ